雑感 NEW

プロフィール リンク ホーム

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22


ということで、こちらはほったらかし。
雑感は、
住宅写真の撮り方写真雑感で少しずつ更新しています。

 いっぱいだ

契約しているプロバイダはwakwak。ホームページの契約容量は50MB。で、「信州の民家」の現在使用量は48MB強。そろそろいっぱいだ。さて、どうしたものかな。ほんのときおり「雑感」を書き加えているだけで、ほったらかしのホームページだが。
それにしても、48MBという使用量は少し納得がいかない。そんなにあるのかな。まっ、いいや。めんどうだ。

「雑感」をブログにする手もあるが、毎日のように書く元気もないし。どうしたものか。「信州の民家」そのものをやめて、なにか違うものを立ち上げてもいいかな。ちらっとそんなことも。

2008.11



 株下がり

株価の7200円割れというのは、26年ぶりのこととか。世界中が大騒ぎらしいが、我が家はいつもと変わらない毎日。

昔の話になるが、おれはというと、バブルの恩恵もバブル崩壊による損出もほとんどなにもなかった。ほんとうはたくさんあったんだろうが、身に覚えがない。鈍感なんだろうね。というか、経済感覚がゼロに近いのだろう。
もう少し広い視野で世の中を見ないといけない。そう思っても、これがなかなか‥。

「株下がり なぜかうれしい わたしたち」という川柳がある。おれも、そのわたしたちの中に入りそう。まあ、ノーテンキなこと。
「損した人はお金のあった人」という川柳もある。ニュースを見ながら、女房はこう言った。どの銀行がつぶれても、どの保険会社がつぶれても、うちなんかちっとも困らないわ。預金もないし、生命保険にも入っていないからだ。まあ、女房はおれに輪をかけてノーテンキ。よくもまあ、今までやってこれたものだ。

だからかな。お金がちっとも貯まらないのは。おれの稼ぎが悪いのを棚の上に置いての話だが。

ちょっと見栄を張って、
      「株また下がり 困った振りをする」

2008.10



 恐るべし、クモの糸

自宅の駐車場でのこと。車に乗ろうとしたら、小鳥の羽ばたく音が。見上げると、ザクロの木の横でスズメがバタバタともがいていた。どうしたんだろう。目を凝らしたら、クモの糸に引っかかっているではないか。あらららら。こんなことってあるんだね。初めて見た。恐るべし、クモの糸
数回シャッターを切ったところで、スズメは無事脱出。さぞかしびっくりしたことだろう。

庭木も、どんどん紅葉している。秋だね。カキも色づいて、とてもきれい。ときどき枝からもいでは、ガブリとやっている。
ほったらかしの庭なので、植えてもいない植物がにぎやかだ。たとえばマユミだが、やたら元気がいい。処遇に困っていたら、おれの背丈ほどになってしまった。横のナツハゼがかわいそう。この実生のマユミ、どうせヒヨドリが運んできたものだろう。南の庭には、クワ、ユスラウメなども同じように大きくなっている。これらもヒヨドリが犯人に違いない。

庭はクモの巣だらけ。歩くと、顔や頭に糸がからみつく。ほとんどジョロウグモだが、大きなオニグモもいる。このオニグモ、昼間はどこかに隠れていて、夕方になると巣に登場する。名前も姿も立派なので、つい触ってみたくなる。何度かかまれたことがあるけど、痛いぞ。オニグモは存在感があって、大好きだ。


女房にスズメの話をしたら、「写真なんか撮らずに、すぐ助けてあげればよかったのに」と言われた。その通りなんだよね。そしたら、着物姿の美しい女に変身したスズメがお礼に来たかも。スズメの恩返しというやつ。
いつぞやは危ないところをお助けいただき、命拾いをいたしました。今日はそのお礼に参りました。なんてね。あっ、ヨダレが出てきた。

2008.10



 いつか王子様が

朝からPCでの作業。のはずだったが。机に向かったものの、イマイチ集中できない。コーヒーを入れ、iTunesを開く。元気がないから、チック・コリアの名曲「Spain」でも聞こうかな。チック・コリアのCDは何枚か持っているが、今日はCherylnn Popeのボーカルにしよう。♪♪♪悪かないけど‥。やっぱ、寺井尚子のほうがよさそう。う〜ん、そうそう。こっちのほうがいい。バイオリンの音色が心にしみるぜ。スペインという感じなんだよね。うん、うん、名演奏だ。
さて、仕事でもするか。と思ったら、ケータイの音。仕事の打ち合わせだ。

ケータイを充電しながら、メールのチェック。案の定、迷惑メールがたくさん。ケータイのメールは、ほとんど使わない。チェックも3日に一度くらいだ。とはいっても、迷惑メールには困ってしまう。面倒だから、アドレスを変えよう。
変更は、どうやるんだっけ。

また電話の音。明日、松本に行けるかという内容。町並なんかを撮るのだという。明日ならOKと返事をした。電話を切り、天気予報を見たら、明日は雨のち曇り。どうしよう。いいのかな。

「Somewhere over the Rainbow」を聞く。この曲はそれこそいろんな人が歌っているが、お気に入りはハリー・ニルソン。つい目を閉じてしまう。
この曲で連想するのが、「Someday my prince will come(いつか王子様が)」。定番は、やはりマイルス・デイビスだろうか。聞き慣れているし。

全然関係ないが、「夢に見た 王子は中古車 乗って来た」という川柳があったっけ。世の中、まあそんなもんだろう。

気がついたら、もう昼。ああ、午前中はなにもしなかった。

2008.10



 庭のネズミ

何気なく庭を見ていたら、地面でなにやら動くものが‥。目を凝らすと、なんとネズミではないか。落ちた柿を一生懸命食べていた。小刻みにせわしなく動いているので、250分の1秒のシャッタースピードが必要だった。

庭でネズミを見るのは、もちろん初めてのこと。曇天とはいえ、真っ昼間にうろうろするとは。とにかくびっくり。大きさからいって、ハツカネズミだろうか。なんともかわいらしい。このネズミ、どこからやって来たんだろう。いつからいるんだろう。また見れるだろうか。

写真の落ち葉は、秋の落葉ではない。伝染性の病気だと思う。アズキナシが小枝ごと枯れた。枝の数は10本ほど。根元のユスラウメ(実生)も半分の枝が枯れた。ウリハダカエデは、もう完全に枯れてしまった。ウィルスかな。心配だ。

2008.09



 友人F 2の2

Fのところにいたのはほんの3カ月間だが、とにかくいろんなことがあった。9月に入ると、大学の授業が始まった。おれの学校は江古田。アパートも江古田。歌舞伎町は遠いんで、バイト先を池袋に変えた。池袋は、西口にあったアダムスアップルという店。数カ月後、江古田から目白に引っ越して、歌舞伎町のカンタベリーハウスに戻るのだが。

特別な事件やトラブルがあったわけでも、意識して避けたわけでもないが、だんだん東中野から遠ざかった。大学の4年のころには、ほとんど行かなくなった。そして卒業後、2年ほどしておれは長野に帰った。帰る間際、Fに電話した。その当時、Fの住まいは新宿。電話で聞いたマンションを尋ねると、Fは不在。M子がいて、ふたりで花札(こいこい)をした。これがM子に会った最後。

それから数年後。Fが長野に戻り、コンビニを始めたという噂を聞いた。場所は長野市の川中島。国道沿いの実家の敷地だ。夜、そこを通るたびに、車窓から店内を見た。ときおりFがカウンターに立っていた。
おれは、そのコンビニには一度も行かなかった。会わない理由はなにもなかったが、なぜか会わなかった。

一昨年のこと。中学校の同窓会に行ったら、Fが来ていた。会うのは27年ぶりだ。並んで座り、一緒に酒を飲んだ。たいした話はしなかったが、Fはどんどん飲んだ。級友に会えて、うれしかったのだろう。そして、しまいには酔いつぶれてしまった。おれが送り届けるからと、タクシーを呼んでもらった。Fを車に押し込み、おれはFの家に向かった。タクシーの中で、Fはこう言った。なあ、林。もう一軒行こう。昔みたいに。なんなら、おれの店に行こう。たいした店じゃないけどさ。
Fは、スナックをやっていたのだ。コンビニを閉店したのは知っていたが、スナックのことはちっとも知らなかった。そのスナックにFを置くと、おれは同窓会の店に戻った。Fの友人だったKがおれを待っていて、こう言った。悪かったな。Fとは、もうつき合っていないんだ。なんとなくね。おれは、Kの言葉に驚いた。KはずっとFとつき合っているものとばかり思っていたからだ。

昨年の中学校の同窓会には、Fは来なかった。

そして昨夕、Fとすれ違った。でも、おれはFを呼び止めなかった。考えたことはなかったが、Fはおれの人生を大きく変えた人間なのかもしれない。よかったのか、悪かったのか。今になっても、それはわからない。

昔のことをだんだん思い出した。Fよ、覚えているかな。おれが女装したときのことを。どうしてあんなことをしたんだろう。その辺のことはちっとも覚えていない。M子とS子が、化粧をしてくれた。とんでもない厚化粧。M子の浴衣を着て、M子の下駄を履いた。出かける段になり、M子がタンスからブラジャーを取り出し、こう言った。これを付けて。さすがに断ったが、もう大騒ぎ。タクシーに乗り、みなで歌舞伎町に繰り出した。おもしろかったなあ。Fよ、そんな昔話をいつかしよう。ゆっくり飲みながら。

2008.08



 友人F 2の1

昨夕のこと。コンビニの入り口でFとすれ違った。すぐ振り返ったが、Fはそのまま行ってしまった。おれに気がつかなかったのだろう。おれは、呼び止めなかった。

Fは中学校の同級生。職員室前の廊下に何度も正座させられた仲間だ。Fは、おれとは別の高校に進学。Fが起こした事件の噂を何度も聞いたが、高校時代はほとんど会うことがなかった。Fの父親は有力者だったので、Fはなんとか高校を卒業。そして、東京の大学に進学した。

おれが大学1年の夏のこと。東中野のFのアパートを尋ねた。どういうきっかけ、どういういきさつかは、どうしても思い出せない。昼飯でも食べてすぐ帰るつもりだったが、数年のブランクがあったにもかかわらず、Fとたちまち意気投合。なんと、そのまま秋までFのアパートに居候してしまった。江古田の自分のアパートには週に一度くらいの頻度で帰ったが、郵便物などをチェックし、すぐまた東中野に戻った。

Fは、福島出身の色白のきれいなM子と暮らしていた。元バスガイドとかで、歌が大好き。話をしていても、突然歌い出した。まるでミュージカルのよう。笑ってしまう。M子は花札やさいころに目がなくて、こいこい、おいちょかぶ、チンチロリンなんかの相手をよくさせられた。歌舞伎町のクラブに勤めていて、夕方になると、念入りに化粧を始めた。
FはFで、歌舞伎町のマドレーヌという小さなバーを任されていた。時間になると、M子とタクシーに乗って歌舞伎町に出勤。勤めに行くのも帰るのも、いつもタクシー。東中野なので、夜でも500円か600円くらいだったはずだ。
おれは、たいていは留守番。といっても、いつもひとりじゃない。おれは居候だけど、遊びに来ているのがだれかしらいたものだ。自分もそうだけど、わけのわからない男、女がたくさん出入りしていた。今思うと、別世界だ。

Fたちはベッドの部屋。おれたちは居間で雑魚寝。朝は10時頃起きて、カレーとか焼きそばなんかを作ってゆっくり食事をした。そして、マージャン。土日は、朝から競馬。Fは、知り合い相手に競馬の呑み屋をしていた。競馬新聞を開き、短波ラジオを聞きながら、客からの電話を待った。客は十数人ほどだったが、「払い戻しは月曜日、支払いは1割引きで金曜日」という取り決めなので、そこそこ人気があった。ときおり高額配当の注文があるときは、横にいるおれまでビビったものだ。そういうレースはやばいんで、外(場外馬券売り場)にいる友人に券を実際に買ってもらったりした。お遊びの呑み屋なんで、儲けなんかたかが知れていたが、なんかおもしろかったなあ。

水商売の女もたくさん出入りしていた。「お茶を引く」とか「お茶っ引き(おちゃっぴき)」などという言葉を覚えた。店によっては、客と一緒に出勤する「同伴日」というのがあって、頼まれてその役をしたこともあった。もちろんロハで。

そのころの写真が何枚か残っている。1974年8月、みんなで山中湖に行ったときのものだ。キャンピングカーを手配して運転したのは、おれの高校の同級生のT。これが不思議。FとTとは面識がなかったはずだ。紹介したのは、おれではない。Tは、Fの友人の友人だったのだ。おれの高校の同級生だったということは、偶然の偶然。実際、高校時代はTとは同じクラスにいながら、ほとんど口をきいたことがなかった。卒業後に仲良くなるなんて、夢にも思わなかった。
写真の話。山中湖でボートを漕ぐおれの前で笑っているのが、M子の友人のS子。笑ってはいるが、左手首の包帯が生々しい。実は数日前に手首を切って、救急車で運ばれていたのだ。詳しい話は聞かなかったが、恋愛関係のもつれらしい。S子は酔うと、おれにいつもこう言った。わたしのだんなになって。もちろん冗談。S子はおれよりずっと年上だと思っていたら、実際の年を聞いてびっくり。きれいな女だったらフラフラしたろうが‥。なんといっても、別れ話で手首を切るような女だもんね。気の小さいおれは、完全にビビってしまった。

高校の同級生Tと相談した。夜、歌舞伎町で働こう。で、行ったのがカンタベリーハウスギリシャ館というディスコ。

2008.08



 女房のこと

「あの年頃の女の子って、本当にかわいい」と、買い物帰りに女房が言った。すぐ妙齢のかわいい娘を探してしまったが、女房の言ったのは手を引かれた3才くらいの娘のことだった。あきれ顔の女房。いつものことだけど。

女房は、おれより七つ年下。ヨガ教室のインストラクターの助手のようなことをときどきしている。きれい好きで、毎日1時間かけて掃除(雑巾がけなど)をする。きれい好きはいいんだけど、ちょっと迷惑なときも。

女房は、まったく化粧をしない。これほど化粧しない女も珍しいのでは。考えたら、化粧した顔を見たことがあるのかな。思い出せない。おれたちは結婚式をしていないので、女房は花嫁姿になったことがない。そういえば、15年くらい前かな。義妹の結婚式のときは、直前に口紅を塗ってたな。もちろん口紅は借り物。女房は化粧品を一切持っていないのだ。本人曰く。わたしくらいお金のかからない女はいない。それはそうだけど。

つき合う前、女房が22才か23才のころかな。なにかのパーティで着物だったけど、あのときは化粧していたかも。それにしても、あんときの女房、着物姿でほんとにかわいかったなあ。つい見とれてしまった。これは、映画の有名な台詞。知り合ったころ、女房は食べてしまいたいほどかわいかった。今にして思えば、あのとき食べておけばよかった。

女房の体型は、まあ普通。普通なんだけど、体重が乱高下するらしい。ときおり洗面所から悲鳴が聞こえてくる。
ここで川柳を一句紹介。 世界一 怖い乗り物 体重計


先日、珍しく女房と飲みに出かけた。10年ぶりかな。ひょっとして15年ぶり。考えたら、今まで二人で飲みに行ったのは、計10回あるのかな。これからは年に一度くらいは飲みに行こう。あの手この手でご機嫌を取っておかないとね。

とにかくいい女房だ。

2008.07



 娘のこと

娘は、中学の2年生。ほっそりしていて、背が高い。もうすぐ170cmだろう。バスケットをしていて、いつもお腹を空かせている。「なにか食べるものは」というのが口癖。好物は、餃子、カレー、ハンバーグ、チョコレートなど。

本が大好きで、毎日なにかしら読んでいる。勉強はあまりしないが、成績は息子に比べるとかなりいい。
明るくてとてもいい性格なのだが、片付けが大の苦手。出したら、出しっ放し。脱いだら、脱ぎっぱなし。林さんにそっくりと、女房がこぼしている。
最近の悩みは、足のサイズが大きいこと。履ける靴がなかなかないのだ。かわいそう。

中2になっても、まだおれにまとわりつく。うるさいくらい。「邪魔だからあっちに行け」と言っても、ちっとも気にしない。ときおり一緒に寝ようと誘いにくる。忙しいからと断ると、ふくれてしまう。女房がどうしてとと(おれのこと)と寝たいの?と聞くと、寂しいからと答える。おれが横で、「まあ、たいがいの女はおれと寝たがるな」と冗談を言うと、娘はキャーキャーと大喜び。女房はというと、またまたあきれ顔。

娘は、夏休みに家族でキャンプに行きたいらしい。そういえば、去年も一昨年も行かなかったなあ。今年は重い腰を上げようかな。

とてもいい子だ。

2008.07



 息子のこと

息子は、高専の1年。普通高校には行かなかった。ちっとも理数系じゃないのに。
身長はおれと同じ174cm。あと5cmは伸びそう。バスケットをしていて、帰宅時間は夜の9時過ぎ。なんでもよく食べるが、好物は甘いもの。

「将棋をやろうよ」と息子によく言われるが、最近はやらない。もう勝てないからだ。昔は楽勝だったんだけどね。映画の好みは多少違うが、DVDはよく一緒に見る。

中学校では無遅刻無欠席。まあ真面目でおとなしい性格なのだが‥。とにかく、なにごともぐずぐずのろのろ。なにをやらせても、やたら遅い。気の短いおれとしては、腹が立つほど。朝もすぐ起きられない。目覚まし時計のアラームが鳴っても、微動だにしない。3度ほど起こしに行くのだが、いつも呆れてしまう。着替えもしかり。食事もしかり。バッグに本やノートを詰め込むときも、そばでイライラしてしまう。電車に乗り遅れることも度々で、将来が心配だ。
「一を聞いて十を知る」という言葉がある。息子はほど遠い。川柳に「一を聞き せめて一だけ やってくれ」というのがある。まあそんな感じ。とはいっても、おれの高1のときに比べたらずっとましかな。

なんだかんだいっても、とてもいい子だ。

2008.07



01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22

プロフィール リンク ホーム