プロフィール 雑感  ホーム



<リンクフリー> リンクはご自由に。どのページでも可。連絡も不要です。


●片倉隆幸建築研究室
住宅設計の第一人者。大学の講師でもあり、建築賞を何度も受賞している。

●みすゞ設計
飯田市の建築家松下重雄さん。設計に対する真摯な姿勢には、いつも感心させられる。

●下崎建築設計事務所
「ローコスト住宅」ではなく「ハイコストパフォーマンスな家づくり」。そして、プラスα。

●萌 建築設計工房
建築士の池森梢さん。目指すは、笑いの絶えない生活空間。

●ぐりっぷ建築設計事務所
千曲市の設計事務所。緑川さん曰く。手のひらのぬくもりが伝わるような建物を作りたい。

●シーンデザィン一級建築士事務所
建築家の宮本圭さん。モノのデザインではなく、歴史や物語を綴れるような暖かい設計を心がけている。

●村松弘敏写真事務所・写真日記
長野市の広告カメラマン。知識と人望があり、長野電塾でも中心的な存在。

●甘利享一建築設計舎
小諸市の甘利享一さん。どの建物も品格があり、個性的で美しい。

●アトリエ15
住宅と旅館の設計に力を注ぐ野溝俊志さん。住みやすさと美しさを常に考えている。

●安曇野 麦わら帽子 通信
東京から安曇野に移り住んだ方のHP。新鮮な目で安曇野を紹介している。毎日更新中の菜園日記もおもしろい。

●萌工房
長野市の飯綱高原にアトリエを構えた染織家moeさんのblog。自然がいっぱいでうらやましい。

●水引家紋の頁 
水引細工が生業の水心さんが、水引と家紋について詳しく解説。ちょっと難しいが、なるほどと感心する。

●楕円球
スポーツカメラマン今野完治さんのサイト。ラグビーの試合風景などを多数掲載。

●工房ジネン 〜信州・松本〜
イラスト・ロゴデザインから造園設計まで幅広く活躍している柳サオリさん。庭の写真や話などいろいろ。

●日本の美術 茅葺き民家を求めて
茅葺民家の模型制作(忠実に縮尺)をしているのだが、製図はもとより、材料の選定から組み立てまで実に精緻。

●Country Studio
滋賀県のカメラマン冨江 公夫さん。身近な大自然ということで、家の周りや滋賀県かの風景などを紹介。写真はどれも味わいがある。

●星稜剱岳星 The Earth with the Wind
富山市在住の写真家中川達夫さん。山岳・高原での星空、オーロラ、日蝕、身近な自然などの写真を満載。

●良ちゃんWorld
釣行日記のほか、山菜やキノコ採り、ガーデニング、料理方法など盛りだくさん。

●郷愁小路
孫右衛門さんの全国の町並を紹介したサイト。ページ数も内容も半端ではなく、分厚い百科事典のよう。

●〜夢想庵〜茅葺民家の模型と写真の世界
写真はただシャッターを押せばいいが、模型となると大変。いろいろな分野の知識が必要だ。とにかく感心してしまう。

●秋田の茅葺き民家
五万米(ごまめ)さんは秋田県の69市町村をくまなく回り、貴重な茅葺き民家のいろいろな表情を追い続けている。

●茅葺民家の美
奈良を拠点に茅葺民家を撮影してショーケンさんのサイト。そのエリアの広さにはびっくり。

●ふるさとの民家(DACCS Web)
佐野昌弘さんは、「茅葺きの民家」(グラフィック社)、「かやぶき民家の四季」(扶桑社)の著者。

●日本の原風景を求めて
柳下征史さんは、茨城県内の「茅葺き民家」や「伝統的な祭礼」などを長年追い続けている。

●パートタイム田舎暮らしと自然
週末田舎暮らしの楽しみ方、趣味の写真や、カメラ、アウトドア、音楽、四季の写真集など、もりだくさん。

●アーバーホーム 土壁の家
茅野市のスギヤマさん。自然素材(特に土壁)の家づくりに奮闘している。

●この国の民家と風土
日本中を旅して、各地の古い民家や町並みを記録している。学術的でいつも感心してしまう。

●照さんのメモリアル映像館 1950年代の映像
戦後という時代が終わりかけたころ、そして高度成長の前夜ような時代、それが50年代。

●はちべえの写真館「そよ風〜♪」
「ふるさと散策」や「自然の詩」などのギャラリー。はちべさんは、カワサキZRX(1200cc)のライダー。

●宮崎学 写真館【森の365日】
「けもの道の四季」(平凡社 1984年)は画期的な写真集で、実に衝撃的だった。

●100% CINEMATIC JUICE
いろいろな映画のランキングや満足度を%で表示したり、書き込みによる評価を掲載。

●MY GARDENING LIFE
鳥や虫たちに優しい庭作りをしている奈美さん。花の絵もきれい。WEBサイトもそうだけど、センスが似ている。

●La vie des fleurs
花の好きなミントさんのサイト。いけばな(嵯峨御流)の写真やベランダで育てている植物などを紹介。

●キーズ ミネラル コレクション
小さい頃、鉱物が大好きだった。今も、そうだ。写真を見ているだけで、ついうっとりしてしまう。

●世界のナイフショールーム 山秀
カスタムナイフを写真入りで紹介。ナイフ好きのおれは、見ているだけでウットリ。

●筒井康隆ホームページ
公式のHP。学生時代、好きな作家のひとりだった。

<リンクフリー> リンクはご自由に。どのページでも可。連絡も不要です。


プロフィール 雑感  ホーム