長谷川酒造(株) Hasegawa Shuzo Inc. 長岡市



創業は江戸時代後期。創業者である信州屋重吉が天保13(1842)年12月15日、長岡蔵王権現様に酒造りの許可を願いあげたのが始まりとされている。
仕込み蔵は大正8(1919)年、また麹をつくる製麹室は大正12(1923)年に建てられ、昔とまったく変わらない環境が酒の味わいを作っている。
麹米は酒米「五百万石」、掛米は新潟県産米。仕込み水は信濃川の伏流水(軟水)を使用。新潟県産米のみを使用したオール新潟県産の日本酒です。
コメを傷つけず、コメの力を最大限引き出されるのが手作りのよさ。本当の手造りの酒をお届けします。
代表銘柄の「越後雪紅梅」は、作曲家遠藤実ゆかりの酒、「先代が遠藤先生と昵懇にしており、『こんな酒があるといいなあ』といったやりとりから生まれました。」という。







■長谷川酒造の飲める店





長谷川酒造  地図 ストリートビュー



【長谷川酒造】 From YouTube ※左上隅をクリックすると再生リストが表示されます




長谷川酒造 (新潟県)











長谷川酒造の検索結果




新潟県の長谷川酒造に関連するお店










大吟醸酒楽天ランキング





日本酒・焼酎グラス