大洋酒造(株) 村上市




 村上は、古くから酒造りの盛んな土地でした。大洋酒造株式会社の歴史は、地元の古い14の酒蔵が合併した時から始まります。 1945年に下越銘醸株式会社、酒名「越の魂(たま)」として発足し、その5年後に社名を大洋酒造株式会社、酒名を「大洋盛」に改名しました。 このように会社設立は、昭和の時代ですが、母体となった各酒蔵の歴史は大変古く、井原西鶴の「好色一代女」創刊よりも前の寛永12年(1635年)創業の蔵もあり、営々と酒造りを続けてきた歴史と伝統を誇りとしています。  日本で初めて吟醸酒を市販(1972年)したメーカだけに、こだわりは際限がない。 酒米は五百万石やたかね錦が中心。水は朝日連峰が源の、無機分の少ない軟水。ひたすら「美味い酒」造りに徹してきました。

2006年に本格栽培が始まった酒米「越淡麗」は打倒・山田錦を目標に掲げる。酒米を含め、オール新潟で作れるようにしたいというのが、酒どころ新潟の悲願だ。
大洋酒造は毎年5月末に地元の住民や飲食業者が参加して越淡麗の田植えをし、秋には収穫を共に祝う。
新潟県の「越淡麗」はコメを小さく削っても割れにくい山田錦を母に、収量が多い「五百万石」を父とする交配で誕生した。




〔地酒の宿〕大洋酒造と宿のコラボ企画 〔HP
瀬波温泉 夕映えの宿 汐美荘 icon 瀬波温泉 大観荘 せなみの湯 icon 瀬波温泉 くつろぎの宿 旅館 静雲荘 icon 瀬波温泉 椿の宿 吉田や icon 瀬波温泉 ゆうなみの宿 瀬波ビューホテル icon えちごせきかわ温泉郷 吊橋と離れの宿 鷹の巣館 icon えちごせきかわ温泉郷 四季の郷 喜久屋 icon えちごせきかわ温泉郷 ちょっといい宿 髙橋屋観山荘 icon





■大洋盛の飲める店

居酒屋 月ひかり (新潟古町)

ビアダイニング 麒麟 (新潟駅南口・けやき通り)

一家駅南 ひっこみ滋庵 (新潟駅南口・けやき通り)

焼鳥 まつ本(白山駅)
ダイニング ひな(新発田)
旬彩 末留田(豊栄駅)
酒と肴 福寄家(村上駅)
菜食健美 のどか (新潟駅前)
しののめ Picots ピコ (新潟駅前)
和食 四川料理 千経(村上駅)


大洋酒造   地図 ストリートビュー



【大洋酒造】 From YouTube ※左上隅をクリックすると再生リストが表示されます











大洋酒造の検索結果




新潟県の大洋酒造に関連するお店  





焼酎飲み比べセット