獅子舞トップ 櫛木獅子舞の紹介 北灘伝承芸能発表会 練習と準備 鳴門市広報584
home       メール

獅子舞の練習

獅子舞の練習、準備は、20日間で集中して、行います。獅子頭、太鼓の練習は、もちろん大事ですが、用品の整備も手が抜けません。わらじ作りも自分らでやります。もち米のわらを、打って、柔らかくしてからの一連の手順は、まだまだ、先輩諸姉に教わるところが、多いです。

↑恩師、三木先生が新調した太鼓に名前を書いていただいているところ。

うしろは、はるちゃんが、消防団の看板を架け替えているところ。

わらじつくりの講習会。

きょううち(大太鼓を打つ子供)が履く、わらじは自分らで作ります。

買ったら、1足、700円。それが5つ要るもんなあ。

講師は竹内さんとこのおねえさん。お孫さんがこのあいだ結婚した。

大太鼓を卒業して、小太鼓の練習、元気三兄弟。

 

櫛木獅子舞に戻る

 

獅子舞トップ 櫛木獅子舞の紹介 北灘伝承芸能発表会 練習と準備 鳴門市広報584
home       メール