<ハムライフ>

<鉱石ラジオとの出会い>1963年
小5の時に「電池が無くても聞こえる不思議なラジオ」という見出しの広告を雑誌で見つけ、これは一体何だろう?との疑問が全ての始まりです
やがて「鉱石ラジオのキット」を手にいれ理屈も判らないまま組み立てたとき、イヤホンからJOAKが聞こえてきたときの感激は今でも忘れられません


鉱石ラジオ(他のHPからのダウンロードです)

<真空管の世界へ>1965年
中1になって初歩のラジオなどを読むようになり、「真空管ワイヤレスマイク」の製作記事に目が止まりました
自分で電波を出したいとの強い思いから製作を始めましたが、田舎町での部品入手に大変苦労しました
思考錯誤の末なんとか完成し、従弟に協力してもらった伝播試験は楽しい思い出です
中2の秋に念願の通信型受信機を手に入れました
本命はデリカCS―7でしたがとても手が届かないので、「スターSR−100」のキットです
本機を手に入れてから、ハムバンドは勿論今まで受信できなかったBBCやラジオオーストラリアも受信できるようになり、SWLに熱中しました


1964年のワイヤレスマイク製作読本、最近入手しました 2003年



スターSR−100(他のHPからのダウンロードです)


1966年の初歩のラジオ、40年来のバイブルです


<アマチュア無線の開局>1967年
中3になる時の4月期国試で、現在の4級に合格しました
開局に向けてTXをどうするかあれこれ悩みましたが、手持の部品を最大限に活用して安く上げるため6AR5シングル程度が精一杯かなと考えていた時です
CQ誌の売買欄で「トリオTRH−1中古10K円」の記事を見つけました(TRH−1は3.5/7MのHFトランシーバです) 10K円の大枚はとてもありませんので叔父に相談したところ、合格祝いにプレゼントすると手渡し場所の秋葉原まで付き合ってくれました(VY TNX!)
10月に局免が届き、3.5Mと7Mで運用を開始しました
今まで受信のみだったローカル局とのQSOは楽しいものでしたが、すぐ問題に直面です
TRH−1は807シングルですが、変調部が受信部のPAと共用の6BQ5シングルでしたので、変調が浅く遠い局ですと「キャリアは確認できるが了解できない」との応答です
CWでは問題ありませんので、現在の3級を取得してCW運用を始めました


トリオTRH−1(他のHPからのダウンロードです)


<WA6IVMとのQSO>1968年
1968年10月16日21時35分(JST)のことです
CQを出して受信に入ると「JA6IVM」?から応答があり、名前を交換すると「RAYさん」でした
QSOを続けるうちやっと気づきました 「WA6IVM」を「JA6IVM」とミスコピーしていました(自分の電波がサンフランシスコまで届いているとは思わなかったのです!)
これが私の1stDXで、QSLカードを手にしたとき飛び上がって喜んだものです(TNX RAY OM!)


QSLマネージャーからすぐ届きました(TNX JA1DCY OM!)


<1970年当時のシャック>1970年
スターのハムバンド専用トリプルスーパー受信機「SR−600」と、オールバンド送信機「ST−333」を使っていました
中古を入手したものですが、メインに運用していた14MのCWでは十分な性能を持っていました




<連絡手段のハムライフ>
1975年〜1995年頃の約20年は、仲間との連絡に便利なのでVHF車載運用をしていたくらいです
公衆通信用無線設備のエンジニアリングが生業なので、公私とも電波漬けでは精神衛生に良くないと、アウトドアライフに専念していました


最初の職場だった、JCSが発行していた受信証です


<固定運用の再開>1999年
秋葉原のハムショップに立ち寄ったとき「IC−706MKUG」を見つけ、1970年代に使ったIC−22と同じ位の筐体に、HF〜430Mまで収まっているのにビックリして衝動買いしました
自宅にAIRバンド受信用のディスコーンANTを上げていたので、これを使い144MSSBの固定運用を始めると結構楽しめました




<HF運用の再開>2001年
IC−706MKUGでHFを聞いているうち、無性にHFの運用をしたくなってきました
ルーフタワーを上げ、思考錯誤を繰り返しアンテナ・システムを作りました
又、HFの本格運用のため「IC−746」にバトンタッチしました


FDAM−3の頃から「大のアイコムファン」です


<現在のアンテナ・システム>2014年
7MのV型DP、14/21MのHB9CVを上げています
国内QSOを中心に細々と運用していますので、聞こえておりましたらよろしくお願いします




<山小屋での運用>2014年

2013年4月から自遊の身となり、山小屋で過ごす日々が長くなりました
山仕事の合間に運用するのも良いなと考え、佐倉固定に加えて鴨川固定を開局しました
足場用の単管パイプでアンテナ柱を組み、7MのV型DPを上げました
山中なのでノイズ・レベルが低く、快適な運用を楽しめます




<D-STARの運用>2016年
無線とIPの融合に興味は無かったのですが、オンエアでD-STARの概要を聞き検討を始めました

D-STARは「公共レピータ」を使うこと、「コールサイン指定」で全国呼び出せる等、使い勝手の良いシステムです

モバイル運用も考慮してID-31を導入、新たに移動局の免許を取得しました

主な運用場所は固定局と同じ佐倉市及び鴨川市ですが、レピータへ確実にアップリンクするためビームANTを上げました

佐倉はCQ、鴨川はCQ八木です

7Mがフェードアウトした後のコンタクト等、便利に使っています


  
佐倉のCQです                    鴨川のCQ八木です


<Home>