<山小屋のハリクラフターズ>2011年

ハリクラが収まっている、山小屋の様子をご紹介します

  

  
ミカンの木をバックにしたハリクラ達とデノンのコンポです


<山小屋の歴史>
1980年代後半に房総半島南端の「館山」に勤務していました
館山郊外に位置する地球局の保守が主な担務でしたが、エントランス回線の保守で房総山中を走り回ることも多く、中継局の点検に行ったとき山中のミカン畑で小さな丸太小屋を見つけました

地元の方に聞くと「間伐材を使ったログハウス作り講習会」の作品と判り、何度か出入りするうちに借地権付で売りに出す話を聞きつけました
手頃な価格だったので、隠れ家に丁度良いと買ってしまいました


  

  
生活に必要な設備は一通り揃っています


<ロケーション>
海抜180m程の南面で、遠くに太平洋が見える絶好のロケーションです
ミカン畑の一画なので収穫期には食べ放題です(地主さんのOKを貰っています!)


  
ベランダからの風景です、遠くに太平洋が見えます

  
ベランダから手を伸ばすとミカンが取れます


<自前の電気工事>
小さな山小屋ですが、照明等の電気設備は充実しています
必要性を感じる度に自前の電気工事をやるので、本居にいるより便利なところもあります
(第1種電気工事士の免許を持っています)

  


<嫁さんの作品>
嫁さんの趣味の一つに、ステンドグラス製作があります
山小屋の照明は主に電球を使っていますが、ランプシェードは嫁さんの作品です

  

  


<Home>