よくあるご質問

中小企業の事業計画づくり・小企業同士のM&A、さらに遺産相続まで

Frequently Asked Questions

Q1.電子申請システムの入力代行を頼めるか

当事務所では電子申請システムの入力代行は承っておりません。事業再構築補助金やものづくり補助金の電子申請システムへのアクセスには「GビズIDプライムアカウント」が採用されています。このアカウント及びパスワードを外部支援者等の第三者に開示することは、GビズID利用規約第10条に反する行為とされているためです。事情ご賢察のうえ、悪しからずご了承下さいますようお願い致します。


Q2.料金はいつの時点で請求されるのか

事業計画書の納品日から一週間以内に請求書をお送り致します。補助事業採択に係る成功報酬については、御社が補助対象事業者に採択されたことが発表された日から一週間以内に請求書をお送り致します。いずれも一括でお支払い下さるようお願い致します。なお、ご入金の期限及び振込先を請求書に明示しておりますので、必ずお確かめ下さるよう、併せてお願い致します。


Q3.小規模事業者持続化補助金の計画づくりを手伝ってほしい

申し訳ございません。当事務所では承っておりません。小規模事業者持続化補助金は、事業計画の作成から実行に至るまで、地域の商工会又は商工会議所の助言・指導を受けながら進めることができます。お近くの商工会又は商工会議所と相談しながら申請されることをお勧め致します。採択審査上の加点項目とされている「経営力向上計画の認定」の手続支援はお力になれます。


Q4.事業計画書を自作したのだが、第三者の意見を聞きたい。内容をチェックしてくれないか

事業計画書を自作されたのは素晴らしいことです。当事務所では、計画書を拝読して所見を申し上げることも承っております。これは、当事務所のコンサルティング業務の一環として提供している有償サービスですので、ご依頼をお受けするにあたり、個別にコンサルティング料金を頂戴致しております。


Q5.企業の事業計画づくりを支援しているとのことだが、生活者のための仕事は一切していないのか

一般の方から寄せられる相談事で最も多いのは遺産相続に関することです。その件数は群を抜いています。こうした強い要望にお応えるするため、当事務所では、遺産相続手続きの支援も手掛けております。詳しくは遺産相続手続きの支援をご覧ください。

事務所概要

事務所名 行政書士事務所プログレス経営計画
代表者 田辺晋
資格 行政書士
設立 2007(平成19)年8月1日
事業内容 事業計画策定支援、各種行政書類の作成及び申請手続代理
M&A売り手企業支援
遺産相続手続きの支援
住所 〒300-0312 茨城県稲敷郡阿見町南平台3-37-4
電話番号 050-3561-1451
メールアドレス tanabepbp@gmail.com
Copyright(c)2022 行政書士事務所プログレス経営計画 All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com