経営革新計画の承認制度 ―多額の資金調達に強力な手段―

新しい取り組みに挑戦することで経営向上を達成しようとする中小企業を支援する制度です。
類似の制度に経営力向上計画認定制度、先端設備等導入計画認定制度があります。

ものづくり補助金の採択審査でボーナスポイントをもらえる

経営革新計画の承認制度は、中小企業(会社または個人)が設備調達をするときの強力な手段になります。

なぜなら、自社の「経営革新計画」を策定し、その計画が都道府県に「これは相当な経営向上が期待できる計画だ」と承認されると
・ものづくり補助金の採択審査の採点時にボーナスポイントをもらえる
・公庫の「新事業活動促進資金」枠で低利、長期の融資の対象になる
・それも融資限度額は7,200万円(うち運転資金4,800万円)

という特典が付いてくるからです。

この二つの特典を組み合わせれば、補助対象事業に採択されやすくなり、会社の持ち出し分(※)や補助金が入金されるまでのつなぎ資金(※)を好条件で調達できるのです。こんなお得な官製ツール、使わない手はありません。


(※)補助対象事業にかかったお金の一部を国が後から補填します。補助金が会社の口座に振り込まれるまでに相当な時間がかかりますので、その間は補助金相当額を会社が建替えるつなぎ資金が要ります。

また、補助金で補填される額が補助対象事業の実施にかかったお金の半分だとすれば、残りの半分は会社の持ち出しです。

当事務所の仕事

一般に、事業計画を策定する際には、外してはならないポイントがあります。いくつか例示すると、

・中長期にわたって儲かる仕組みが出来上がる計画になっているか
・自社の強みを生かして経営課題を解決する取り組みか
・計画を実行するための経営資源が揃っている(確実に得られる)か
・販売計画の数値に論理的な根拠があるか

などが挙げられます。

こうした計画は、当事務所の勝手な想像で作ってよいものではありませんし、できもしません。

創業からこれまでどんな仕事をしてきたのか、どんな苦労や失敗があったのか、今の心配事は何か、これから先どんなビジネス展開を望んでいるのか、そんな生のお話を伺ったり、ビジネスモデルに関する意見交換から掘り出されたビジネスのアイデアを糸口に、人員や保有設備などの状況なども勘案して実行可能な事業計画に仕上げることが当事務所の仕事です。

各社の経営革新計画を審査するのは役人ではなく外部の経営や技術の専門家です。専門家が「これなら儲かりそうだね!」と納得する計画書に仕上げられるよう、ご協力をお願い致します。

ごくたまにですが、「中身は何でもいいから、とにかく承認されるように書いてよ」という社長さんがいますが、そんな薄っぺらい計画は間違いなく審査員に見透かされます。当事務所は、そうしたお申し出はすべてお断りしております。悪しからずご承知おき下さい。

経営革新計画の承認と類似の制度 ―経営力向上計画認定制度、先端設備等導入計画認定制度―

類似の制度に「経営力向上計画認定制度」、「先端設備等導入計画認定制度」があります。認定を得れば、それぞれに特典がついてきます。

①経営力向上計画の認定

経営力向上計画を認定するのは国(事業分野を所管する各省)です。

自社の「経営力向上計画」を策定し、その計画が国に「現有資源の活用度を高めて利益を増やす計画だ」と認定されると、

・小規模事業者持続化補助金の採択審査で採点上のボーナスポイントが与えられる
・公庫の「新事業活動促進資金」枠で低利、長期の融資の対象になる
・それも融資限度額は7,200万円(うち運転資金4,800万円))

といった特典があります。

また、経営力向上計画を実施するために設備(最新式のものに限る)を導入したときは、所定の税手続をすることで、その設備の償却資産税が減免されます。

②先端設備等導入計画の認定

先端設備等導入計画を認定するのは、償却資産税の課税権限を有する市町村です。

設備投資を予定している企業が自社の「先端設備等導入計画」を策定し、その計画が市町村に「投資効果の高い最新式設備の導入計画だ」と認定されると、所定の税手続をすることで、その最新式設備の償却資産税が減免されます。

当事務所の報酬額の目安

経営革新計画書作成報酬:税込み16.5万円~
経営力向上計画書作成報酬:税込み11.0万円~
先端設備等導入計画書作成報酬:税込み3.3万円~

事務所概要

事務所名 行政書士事務所プログレス経営計画
代表者 田辺晋
業種 行政書士
ビジネスプラン・アドバイザー
設立 2007(平成19)年8月1日
事業内容 事業計画策定支援、各種行政書類の作成及び申請手続代理
小企業のM&A準備支援(売り手側企業の価値向上)
住所 〒300-0312 茨城県稲敷郡阿見町南平台3-37-4
電話番号 050-3561-1451
メールアドレス tanabepbp@gmail.com
Copyright(c)2022 行政書士事務所プログレス経営計画 All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com