自己流栽培用土編

 
 
 
色々と試行錯誤の結果現在の用土に落ち着きました。
 
 
        写     真       説           明
写真の通り現在は硬質鹿沼土・硬質赤玉土・軽石(小粒)を使用しています。どれもホームセンター等ですぐ手に入るものです。
今回は、気まぐれに根腐れ防止効果(?)があると言われているパーライトを混ぜます。その他に、桐生砂や富士砂を時々気が向いたら混ぜることもあります。
3種類の割合は、鹿沼:赤玉:軽石=3:3:4を基本ブレンドとしています。ただし高山系の野草を植えつける時は軽石を多めに、赤玉を少なくしています。
 
このぐらいまでまで混ぜて、後は用土が入っていた袋に戻して小出しに使用します。
戻る

Last updated: 2006/5/3