フラメンコ愛好家グループの結成 
千葉熟年フラメンコギター愛好家グループを結成しようという動きは、2000年末から始まっていました。インターネットという時代を変革するパワーにより、いままで見ず知らずの人々が「フラメンコ」の名の元に結集するということが可能になったのです。
初めての練習会は以下のような計画で進められました。
    ・日時:2001年1月27日(土)13時〜16時
    ・場所:船橋
    ・参加予定者:4名
しかし、好事魔多しという例え通り、当日は千葉県に大雪警報が出るという異常気象に見舞われました。やむなく集会は延期。そのあたりの言い訳...じゃなくて経過は「定例会報告」の一番アタマに書かれています。そして、一週間後の2001年2月3日(土)めでたく第1回定例会兼発足式が行われたのであります。
   グループ名の決定 
 2001年2月に発足した千葉熟年フラメンコギター愛好会の愛称がメンバーの投票により決定しました。在千葉メンバ4名と特別メンバの管理人ことぼらーちょ氏の5名の厳正な投票により、11もの愛称候補より選定されたのです。
 愛称は・・・千葉ティオフラメンコです。千葉のフラメンコおじさん、てな感じでしょうか。
 仕事を忘れ、人生気ままに生きるジプシー的要素を持つおじさん集団、ぴったりの愛称ではないでしょうか。そこには、人間味のあるやさしさと、人生経験豊富な郷愁を漂わす泥臭さがあふれているのを感じることでしょう。
 今後、フラメンコギター合奏(4重奏、2重奏等)ばかりでなく、バイレやカンテの伴奏にも挑戦していく予定です。千葉圏内はもちろんのこと、関東いや日本全国にその愛称を、フラメンコ魂をそしてもちろんすてきな音色を広め、各地のフラメンコ仲間と交流を深めていきたいと思っています。ご期待下さい。
                                           2001年 2月吉日

  ▼ 千葉ティオフラメンコのメンバー募集について ▼

 千葉ティオフラメンコではいつでもメンバーを募集しています。
 メンバーの条件は「楽しくフラメンコができる人」です。
 千葉ティオはフラメンコっぽい曲ならなんでもオーケーなので、
 「これはフラメンコではないから、ダメ」とか言う人はパス。

 ギターが全くの初心者では、ちょっと苦しいかも知れません。
 千葉ティオでは「初心者に教える」余裕がないからです。
 月に1度程度の定例会では、自宅で練習した合奏曲を「合わせる」ぐらいの時間しかありません。

 ギター重奏が主体ですが、カンテやバイレが揃えばそれなりの練習もしようと思います。
 バイレの練習は場所の問題がありますが...。
 カホンやベースをやる人が入ってくれるともっとにぎやかで楽しくなりますね。
 ラテンやフォルクローレもやるのでケーナやフルートとかもいいですね。

 定例会は月に一度程度で、最近はもっぱらギター重奏の練習をしています。
 ときどき千葉近辺のイベントに出たり、お店でライブをやったりします。
 どんな感じかは、「定例会報告」をご覧ください。
 会費は特にありませんが、定例会のとき集会所利用費として500円程度を徴収しています。

 見学はいつでも受け付けています。
 興味がある方はトップページの一番下にある、まかなーの公開アドレスまで。
 アドレスは自動収集を防ぐため画像にしてあります。
 お手数ですが、キーボードで打ち込んでください。

                                     2008年7月吉日 まかなー