◆◇◆ おそらくは駄文的日常会話ログ ◆◇◆

トップに戻るタイトル一覧画像リスト/ ログ検索

Nov / 2004
Su Mo Tu We Th Fr Sa

123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930

<-new / old->


タイトルリスト
11月30日pizzicato
29日 残り物
28日brillante
27日 パース5
26日 アルフォンス
25日 不調なので
24日 パース4
24日勤労感謝?
22日 パース3
21日気まぐれに
21日 パース2
20日パース1
19日お昼休みに
18日 ギリギリ?
17日 死にかけ
15日trill
14日必要最低限
14日cantabile
13日作成中
12日adagio
11日イメージ
10日意識
09日allegro ma non...
08日仕方なく・・・
07日tremolo
07日1週間経過報告
06日melancolico
06日アウトライン
05日応用力
04日andante
03日横顔
02日やりたいこと
01日帰省


過去ログ 1998年07月 
2004年09月 10月 11月 12月 
2005年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 05月 06月 08月 09月 12月 
2008年01月 03月 04月 06月 08月 11月 12月 
2009年01月 02月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年02月 

pizzicato
2004年11月30日 (火)00:23

どーせなら月曜の内にと思ってたんですが・・・仮眠してたら日付が変わってました(苦笑)

それはともかく、予定通りの音祭り9枚目ですね。タイトルはpizzicato(ピチカート)です。発音的にはピッチカートの方が正しいような気もしますが、ピチカート・ファイヴなんてのもいましたからピチカートの方が一般には馴染みがあるかと。まぁ、正式タイトルはカタカナ表記じゃないんでどっちでもいいんですけど(笑)バイオリンなどの弦楽器で弓を使わずに指で弾く奏法のことをいいますよ。

絵としてはいわゆる小指の赤い糸ですね。運命の人と繋がってるとか何とかいうアレです。弦の弾けて震える感じと胸がキュンとなるイメージが重なったので・・・まぁ、アイデアはかなり初期からあったんですが構図のイメージが固まらなかったんでこんなに後回しになりましたけど。

ちなみに、自分の左手が糸の先に繋がってるイメージで見るといい目線で上目遣いしてくれてます。そして糸を弾いて「ほら、繋がってるでしょ?」みたいな。その為に糸の向きを奥行きに対して強調して、そのような手の配置やらパースやらと・・・バストアップのアッサリした単純な絵に見せ掛けて、実は細かく考えているんですよ。
0302a.jpg 400×320 36K
名前  URL 

←プレビューで確認後に書き込み

残り物
2004年11月29日 (月)02:53

Pixia倶楽部の音祭りも残すところ29、30の2日間のみとなりました。皆様、投稿はお済でしょうか?なんて。休みの間にもう少し投稿があると思ったんですが、そーでもなかったですね。後は最終日の駆け込み投稿に期待かな?

昨日8枚目を投稿した訳ですが・・・実は既に9枚目と10枚目も描き上がってます。といっても、自分の絵なんでそんなに力作って程でもないですけどね。あんまりアイデアを残すのも勿体無いと思ったんで。一応、二桁枚数の10枚までは描きました。でも投稿ペースが早過ぎてもね。仕方なくタイミングを見計らってるという感じです(苦笑)

という訳で、今回は体調を崩したこともあり前回よりも枚数が少ない。余剰なネタがいくつもあります。残り2日で更に描くというのもアリですが、それこそ連続投稿状態になってしまうので・・・まぁ、後はのんびりします。なので「こんなのも考えてましたよ」って事で。アイデアのみ載せておきましょうという感じです。音祭りの残り物。

例えば、smorzando(スモルツァンド)とか。段々と遅く、消えるようになんて意味。雪が降っているシーンで段々とその雪が止んでいく、そんなイメージで考えてました。差し伸べた手の、その掌の雪が融ける所とか・・・絵になりそうでしょ?smorzandoのイメージとしても悪くないし。

それから、saltando(サルタンド)なんてのも。これは歯切れ良いスタッカートみたいなもので、このイメージでマシンガントークする女の子とか絵にしたら面白いなんて考えてました。最初は途切れないイメージでlegato(レガート)?とも思いましたが、マシンガンのダダダダダ〜って感じはスタッカートのイメージかと。更に語感の気に入ったサルタンド。まぁ、同じように話すイメージのcantabile(カンタービレ)を描いてたんで、似たような絵だと思い止めました。

あとは・・・ノヤさんの「手のひらの鼓動」と思いっきりイメージのかぶったcolla parte(コラパルテ)とか。これは主旋律や独奏者に従って〜みたいな意味になるんですが、そのイメージで男の子が女の子を引っ張る。もしくは、女の子が男の子に着いて行くみたいな絵を考えてました。といっても、女の子メインで男の子は手だけとか?そんな絵にするつもりで・・・構図決めかねてたらかぶったって感じ(苦笑)
他にもいくつか(いくつも?)考えてましたが、かなりイメージとして明確にあったのはこんなもんかな?

ちなみに、今回の祭り絵には全て詩を添えています。せっかく音楽のイメージでまとめているのに単なる説明文になってたら勿体無いし。音(曲)のイメージを絵にして作詞もしてる感じですね。作詞作曲。逆にその絵に対する説明を強引に詩的にしている訳ではないので、他の解釈がいくらでも出来ます。同じ曲に別の詞を付けるってのは別に珍しい事ではない。

例えば、昨日描いたbrillanteであれば・・・

人が死ぬと星になるというのは本当だろうか?
そんな話を信じて、僕は宇宙飛行士になった。
控えめな君の星は小さく、儚い光に違いない。
そんな小さな光も、ここなら見えるだろう。
ここからなら・・・僕の声も届くだろう。

なんて感じとか?これでもイメージした所は同じ。
brillanteであり、光が命(魂)であり。それがテーマ。

他には・・・trillの場合ならば。

夕陽の向こうに明日を見ている彼。真っ直ぐな彼。
けれど私は不確かな明日より昨日を振り返ってしまう。
確かな昨日。二人で積み重ねてきた・・・想い出。
でも本当に大切なのは今日。二人で過ごす今。
二人一緒だから感じられる、重なる鼓動。トリル。
それでも不安に顔を伏せてしまうのは・・・
夕陽の色が移ろう事を知っているから。
今が今として留まるものではないから。

とかね。説明の為に詩を書いてる訳でもなく、重要なのはその絵からどんな音が感じられるのか?その部分です。そしてその音のイメージがあるから詩になるんですよ。cantabileであれば詩がなくても楽しそうに話してる雰囲気がわかると思いますし、tremoloもドキドキした感じはわかると思います。伝わらない場合は・・・多分、実力不足のせいでしょうが。でもまぁ、コンセプトはそんな感じでしたとさ(笑)
名前  URL 

←プレビューで確認後に書き込み

brillante
2004年11月28日 (日)00:29

随分と間が空いちゃいましたが、やっとで音祭り8枚目を描きました。タイトルは「brillante(ブリランテ)」です。これまた音楽の発想標語で輝かしくとか華やかになんて感じの意味になります。まぁ、発想標語なんでどんなイメージにするかはこっちの勝手なんですけど(笑)ひとまず「輝く感じ」と受け取って、そのイメージを絵にしてみました。以前に8枚目用に地球の絵を描いてますなんてのを載せましたが・・・あれはボツです。結局、改めてそれっぽいのを描いて。あれはあれで絵の練習にならなくもないんで無駄だったとはいいませんけど(苦笑)

ちなみに、自分視点なんで手しか描いてません。バイザーのイメージを描いて反射で顔が見えるみたいな絵も考えましたが・・・実際、宇宙服のバイザーというのは太陽光を防ぐ為にかなりサングラス効果があって中に光が入って顔が見えるというイメージにはならないと思う。勿論、バイザーの外から顔が見えるというイメージにもなり難い。リアルに描くとそんな事になる。と、そんな感じです。

それから、宇宙空間では星の見え方も地上とは雲泥の差。本来はもっと沢山、それこそ星の海みたいなイメージでも良かったです。が、それはそれで嘘っぽく見えるので程々に?星の数は控えめにしてみました。あと宇宙空間は空気がないので星はキラキラしません。星がキラキラするのは空気の揺らぎ、対流による物です。なので、如何にもキラキラしてますよ〜みたいな効果にもしません。単なる光点というイメージが宇宙での星の描き方でしょうね。

という訳で、大した絵でなくともそれなりの知識は必要になります。「宇宙」を絵に描こうと思うだけでどれだけの事を考え、調べなくてはいけないか?勿論、かつての天体少年には元からある知識なんで改めて調べる必要もありませんけど(笑)
0309a.jpg 400×280 25K
名前  URL 

←プレビューで確認後に書き込み

パース5
2004年11月27日 (土)19:03

短期集中連載5回目。前回の予告通り、謎解きをしなくてはいけませんね。

という訳で、↑こんな図を用意してみました。前回「パース4」で正しい例として描いた絵を更に図解したような物ですね。床面に置いた立方体を真正面から見たところ。立方体の中心を水平に見た状態なので消失点の高さはAにあります。イメージし易いように奥行きのラインを引いて、立方体手前の面が接しているラインをEとしています。後は間の適当な位置をB、C、Dとして、E〜Aに向かって奥まっていくという感じでしょうか?逆にこれを簡略化すると前回の絵のようになりますね。

さて、謎解きに進む前に少し考えてみましょう。そもそも、床や地面が見えるのっておかしいとか不思議だと思った事はありませんか?例えば、少し離れた所に立っている人を見たとします。向かい合って話しているというイメージでもいいですね。絵にするなら顔を水平に見た状態=顔の辺りに消失点があるという事です。そして床は言うまでもなくその人の足元、顔から1m以上も下にあるはずです。消失点が視線の先にある物だとするなら・・・床を見ていない。床は見えないはずですよね?と、そんな疑問を持った事はないですか?

では改めて。目の前の人を見ているとしましょう。同じような身長なので顔を水平に見た状態=その辺りに消失点です。で、その人を絵に描こうと思った時、足元を描くにはどーするでしょう?当然、足元を見ますよね?腰の辺りを描く時にはそこを見ると思います。何を当たり前の事を言っているんだと思うかもしれませんが、実はこれが謎解きのヒント、糸口になります。

透視図法を使って空間や奥行きを考える時、消失点=視線の先という決まりごとがあります。というか、そのように思いますし、そのように教わります。先程の図でもそーですが、実際そんな風に描いていますよね?けれどこれは正解であって間違いでもあります。物を見るとき、絵にする為に観察するとき、人の視線は固定される物ではありません。風景などを描く場合、透視図法で考えると消失点から線が広がっているイメージがあります。が、実際に物を見る場合には目の位置=視点から世界が広がっているのです。実際には視線の位置が変われば消失点の位置も変わります。けれど、絵にする時にそれでは考え難いので、道路や建物の向きに合わせた方向に消失点を固定して一点透視や二点透視などで描く訳です。


さて、先程の図を今度は横から見た状態にしてみました。右端にあるのが目の位置=視点です。視点から左に真っ直ぐ伸びている線が先程の図のAに相当する消失点の高さになります。で、実際に立方体を描くという事は、それぞれの部分を描く(見る)ときに視線が動いているんです。先の図でEとして表した立方体手前の面が床に接した部分を見る時にはかなりの俯瞰であるとわかるでしょうし、途中のCやDの位置も俯瞰で見ているとわかるでしょう。

よーするに、CのラインやDのラインを消失点の高さとしたいくつものイメージの連続をAの高さを消失点としてまとめた物が先の図や一般的な透視図法の絵という事になります。そして床や地面というのは目線よりも下にある物なので俯瞰のイメージになり、当然そこに置いてある物や立っている人を描けば床面は奥に向かって傾斜したイメージになる。と、そんな風に考える事が出来ますね。この「水平に見た物には傾斜した床面のイメージ」というのが身に付くとパースがイメージし易くなると思います。

ひとまず、水平のイメージと床面の見え方の基本としてはこんなもんで。改めて書いてみるとパースが難しいと言われるのがよくわかる気がする(苦笑)あ、わかり難いようだったら聞いて下さい。簡単な例を考えて解説します。てか更に難しい話は次回に続きます(笑)
名前  URL 

←プレビューで確認後に書き込み

アルフォンス
2004年11月26日 (金)00:43

いまどきアルフォンスといえばエルリック(弟)のアルだと思いますが。某所の掲示板でハガレンの話題が出てて、アルフォンスってパトレイバーがなんたら〜ってのを見掛けたんですよ。パトレイバーというのはアニメにもなっているんで細かい説明も要らんと思いますけど。一応説明すると、近未来にレイバーと呼ばれる汎用機械=よーするにロボット?が普及して、それが犯罪を起こしたりした時に取り締まる警察のレイバー=パトレイバーって事で。そんなお話。

で、このパトレイバー新型機イングラムに主人公である泉野明が付けた名前がアルフォンス。いまどきでない古いタイプのアニメファンならアルフォンスといえばパトレイバーって連想になるでしょうね。バイクならサンダー、車ならアスラーダ、そしてレイバーならアルフォンス・・・って、レイバーは架空の物ですが。そんなネーミングのイメージってのはありますね(笑)ちなみに、1号機の野明と2号機の大田。これは仮面ライダーに置ける「技の1号、力の2号」のイメージと思われる。

さて、思いっきり横道にそれてばかりですが。曲がりなりにも絵描きですから。アルフォンスといえばミュシャが思い浮かびますね。誰それ?なんて言う人も少なくないと思いますが、おそらく絵を見たら覚えがあると思います。音祭りの作品でもそれっぽい物がチラホラ・・・って、感想でそんな事も書きませんけどね。「○○さんの絵みたいですね」というのはそれを真似たり目指して居たとしても、その絵に対する否定でしょうし。褒め言葉ではないと思う。そしてアール・ヌーボー風に適当な装飾があるとミュシャっぽくなる。それだけの絵が多いので。大概にしてそれっぽく見えるだけだったりもする。

で、アルフォンス・ミュシャ。基本的に手抜きが多いのでアール・ヌーボー調とかそんな様式的な絵も描きませんが、例えばシリーズとして連作的に描いてみたり。ポスター的なイメージでまとめてみたり。そーいう所で影響を受けているんだろうな〜なんて事はある。そもそもミュシャはポスターデザイナーという人ですし。芸術家=美術というよりは商業デザイン的なところがあるね。勿論、芸術的に劣るということではなく、「印刷する」という制約の為にいい意味での洗練された部分があったりとか。後はロゴ?ロゴを入れる、ロゴでまとめるという画風も元を辿ればミュシャなのかもしれない。これが実に上手い!四部作の「芸術」辺りも流れの表現がめちゃくちゃ良い。絵に対してクドイほど「流れ」と表現するのもこーしたイメージがあるからですね。多分。ちょっと画集が欲しいとか思っている今日この頃なのです(笑)
名前  URL 

←プレビューで確認後に書き込み

不調なので
2004年11月25日 (木)00:58

今日も練習を沢山。一応、保存してもいいかな〜というレベルで3枚。実際に描いたのはその数倍ですが・・・3枚ラフが描けたと思えばそれなりに回復傾向?


ひとまず、そんな1枚目。おでこの辺りデッサン的に厳しいけど、目元と眉を直すと優しい表情になりそうなので保存。アップで表情を練習って感じ?ほんとは右目の辺りにもー少し厚みを出さないといけないんですが、鼻の向こう側というのはバランスが難しいので練習程度に適当には描けませんね(苦笑)


そして2枚目。顔だけ描いててもなぁ〜と、ポーズの練習なので服は着せてませんが・・・てか天使は服なくてもエッチとかエロとか考えちゃいかんよ。それに服でごまかすような事してると体のバランスは覚えられません。練習くらいは服描かないようにしましょう。実際に絵にするなら回転してアングルを変えた方が面白い絵になるでしょうね。でも下半身のバランスが悪いし顔もイマイチなんで。これくらいの絵はラフとして描いただけで終わるんだろう。


で、3枚目。目の下にあるのはタトゥーとかシールみたいなもんでギャグマンガのようなベタな涙を描いた訳ではないですよ。イメージとしては道化師とか?何かしらの技の途中とかアクション系で。流石に枚数描いてくるとそれなりにバランスは取れてきますね。まぁ、線が粗くて仕上げるには大変でしょうけど。気が付けば今日は横顔ばかり・・・でもまだ横顔は苦手って事にしておこう(笑)

練習で描く時にはテーマを持つ事が大事です。1枚目の表情、2枚目のポーズ、3枚目の動き。そんな風に「この絵はこれがテーマ!」ときちんと決めて描く。特に不調な時はあれこれ全部を整えて描くのは難しいので、1つずつ自分なりの課題を作ってそれをクリアしていくように考えます。そーすると不調が長引きませんし、不調の後には自然とレベルアップします。壁に当たっても挫けなければ壁を越える力が身に付くって事です。

それに壁に当たるって事は壁を感じられるだけ上達したって事ですよ。今までの自分に不満が出るのは更に上を目指そうという向上心があるから。それは悪いことじゃありません。壁、大いに結構。もし越えられそうになかったら・・・迂回でも破壊でもして下さい。越えなきゃ行けないルールはありません。ただ、先には進みましょう。方向性はどーであれ、それが上達ってもんだと思いますよ(笑)
名前  URL 

←プレビューで確認後に書き込み

パース4
2004年11月24日 (水)19:52

短期集中連載もやっと4回目。今回は前回の話でわかったようで、実は多分わかっていないであろう当たり前なのに理解し難いこと。例えば、最初の時に立方体を描いてみました。真正面から、手前の面に平行な位置から見たら単なる正方形みたいに見えるんですよ〜って事を説明しました。では、人物が地面に立つように床の上に立方体が置いてあったとします。サイコロが机の上に置いてあるとでも思えばいいですね。さて、その立方体が床に置いてあるのを真横(真正面?)から見たところを絵にしたら・・・どんな風に描くでしょう?よーするに、床に置いてある立方体が正方形に見えるような状態で床面のイメージもしてみましょうって事ですよ。わかります?


一応、絵にしてみましたが、そんな絵を描いて下さいと言われればほとんどの人がAのように描くでしょう。真横から見たら床面だって一直線で間違いないでしょ?とか、立方体が正方形に見えてるんだし、おかしくないでしょ?なんて思う。でも思いっきり間違いですよ。正しくはBのようになります。立方体が正方形に見えるという事は、消失点はその正方形の中心にあるという事になります。これは前回の話にあった水平に見える位置=消失点の高さという考え方の復習ですね。この辺りが当たり前なのに理解し難いところです。

といっても、実際に試してみればわかると思いますよ。例えば、下の図のように机の端の方に消しゴムとかライターとか適当な大きさの物を立てて置きます。それを真横から、物の中心が水平に見えるような位置から見てみます。そーすると、さっきのBのような感じに見えると思います。といっても、正確な意味での消失点は視線の先、床面を果てまで伸ばしたような所にありますから。机程度の奥行きだと消失点よりも少し低い位置に見えるんじゃないかと思いますけどね。


何故に床面や地面、風景というのがそんな風に見えてしまうのか?それには理由がある訳ですが・・・そんな謎解きは次回話す事にしましょう(笑)
名前  URL 

←プレビューで確認後に書き込み

勤労感謝?
2004年11月24日 (水)00:41

勤労感謝というのは誰がしてくれるんでしょ?という訳で、今日も仕事。あ、12時過ぎたから昨日か?そろそろ月末なので忙しいです。風邪も治りきってないのでだるくて疲れます。普段だと月火が終わると水木辺りで少し楽になるんですが、今週は特別な仕事をしている人が水木お休み。そーいう特別な仕事というのは自分が穴埋めするので・・・これまた大変なのです。あまりやらない事や初めてやる事はそれだけで緊張して疲れます。そーいうもんです。てかこの前1度聞いただけですよ。それで出来ると思われてるのも・・・いや、出来るんでいいですけど。疲れるのは確かです(苦笑)

絵は相変わらず不調。全く描いてない訳でもないですが、祭り絵として投稿するほどきちんと描けてはいません。というか、イメージはあるんでそれが思ったように描けなきゃ出しません。適当に描いて枚数増やそうとかそーいうのはないですよ。「なんとなくこんな絵になった」では面白くない。明確なイメージ、メッセージ、意図、そーいうものがあって初めて作品として仕上げようと思うんです。そーじゃなきゃ普段のらくがきや習作と何ら変わらないでしょ?作品として描く意味がなくなります。

お祭り。単純に「参加する事に意味がある」かといえば無いと思っている。描きたいテーマ、モチーフがあるから描く。そーいうもんだと思う。単に連続参加が途切れるのが嫌だからというだけの理由なら・・・少なくともいい印象は受けません。これは例えば野球の連続試合出場記録みたいなもんです。その記録の為だけにケガをしているのに一回だけ打席に入るとか?成績が悪いのにお情けで代打出場するなんて事もありますね。それで連続記録が途切れなかったと・・・素直に喜べます?

誤解しないで欲しいのは「単純に」というところ。「ケガしてるんなら出るな!」ではなく、「打席に立つからにはケガしていても振れ!」とか。参加するからには全力で頑張りましょうって感じ?自分だって気乗りしなきゃ参加しません。実際、最初は参加する気ほとんどなかったし。でも、参加するからにはきちんと描きます。音についても考えるし、音楽の勉強だってし直しました。資料集めだけでも相当の時間を掛けてます。てか当たり前だけどね。テーマやモチーフについて掘り下げないでどれだけの絵が描けます?絵を描くってのはそーいうもんだよ。

という訳で、絵は不調なのでパースも一休み。今日はフィルタ効果のみで雨を描く方法を考えてました。なかなかいい感じ?まぁ、元から使い方のイメージはあるんで実践するかどーかだけの話だけど。フィルタや機能に頼った描き方は好きじゃないんです。絵描きとして上達しないんじゃ意味ないでしょ?でもこの雨で考えるのに5分くらい。実際の処理は1分も掛からんしなぁ・・・フィルタは使いこなすと便利だよね(笑)
ame.jpg 400×300 47K
名前  URL 

←プレビューで確認後に書き込み

パース3
2004年11月22日 (月)01:04

という訳で、お客を無視したペースで短期集中連載3回目。今回は人物のパースですね。まず、適当に人物を描いてみましょう。パースの確認なんでなるべくなら全身描いた方がいいですよ。

こっちは描くのも手間なんで適当に↑これとか。さて、なんとなくでこんな絵を描いちゃったとします。パースを意識していなくてもこの程度の絵は描けるもんです。で、ここからが問題。このキャラのパースはどのように考えればいいんでしょう?

例えば、全身を描いているので足(靴、てかサンダル?)を見れば地面の角度というのがわかる。足の甲の見え方や靴底のラインを考えれば、足の辺りに関しては上から見た俯瞰(ふかん)だとわかるでしょう。次に腰の辺り・・・は、それほどハッキリとはわかりませんね。そして顔の辺り。顔は割と水平に近いイメージだとわかるんじゃないかと思います。細かい事を抜きにすると、これは水平に近いイメージの軽い俯瞰で描かれた絵ということになります。というか、普通に人物を描くとこんなアングルにするんじゃないか?ってくらいの感じですね。

同じように↑こんなのでも考えてみましょう。全身ではないですが下から見た煽り(あおり)である事はわかりますね?先の絵よりも角度のイメージはし易いと思います。絵に収まってませんが実際の目線としては膝か膝下、その辺を水平に見ていると考えられます。もっと単純に足先が水平と考えてもいいですね。地面スレスレからキャラを見上げているとか?そんなイメージ。

透視図法の場合、視線の先が線の集約する所=消失点という事になっています。なので、人物に当てはめるならこの水平に見える位置=絵の消失点の高さというように考えられなくもない。まずは自分の描いた人物のどこが水平位置なのか?そんな所から考えて行くのが良いですね。これが第一歩。そしてそれだけでは何か違うぞ?上手く行かないぞ?という事がわかれば・・・やっとその先に進めます。
という所で、次回に続くのでした。いつまで続くのだろう?(笑)
・白瀬耕祐(2004/11/22 20:26)
>水平に見える位置=絵の消失点の高さ なるほど!
・神武(2004/11/23 12:43)
まず基本。視点の意識、水平の意識がないとパースを整理して考えられないですね。
名前  URL 

←プレビューで確認後に書き込み

気まぐれに
2004年11月21日 (日)17:44

パースの話ばかりでも書きたい事が消化出来ないので。気まぐれに他の話もしてみる。

昨日、気まぐれに髪を切ってみた。「切りに行った」ではなく「切った」です。エドのコスプレが出来るほど後ろ髪が長かった訳ですが・・・久しぶりに短くしました。風呂に入った時とか突然「髪が邪魔だなぁ〜」なんて思うと切ります。前髪なんかはかなり気軽に。流石に後ろ髪は揃えるのが難しいんでよっぽど気乗りしないと切りませんけどね。髪が長いのは女の子に評判がよろしくないのでそもそも伸ばす意味がない。切るのが面倒だと勝手に伸びて行くだけ・・・スケベだと髪伸びるのが早いってのは多分ほんとだろう。メチャクチャ早いし(笑)

昨日、気まぐれに自転車を買ってみた。木曜の午後から天気が悪かったので会社の人に車で送って貰ったりしてたんですよ。まぁ、いつもの事ですけど。で、通勤用の自転車は置きっぱなし。不便なので自転車を買った。といっても、前々から買い物用の自転車は欲しかったんですよ。いわゆるママチャリ。通勤用はカゴのないATBなんで買い物には不向きだし。やはり買い物にはママチャリが良い。

しばらく体調不良から絵を描いていなかったら「絵が描けない病」になり掛け。改めて音祭り用にネタを考えて更に5,6枚分アイデアは出たものの・・・絵にならない。イメージは出来ているのにそれを思ったように描けない。これはなかなか気持ちの悪い状態です。右脳と左脳が噛み合ってないとか、頭と体が別とか。内と外のバランスが取れていないようなモヤモヤした感じ?ひとまず適当に練習しながら勘を取り戻そう。

ひとまず絵。何も形になってませんけど、水のイメージ?Pixiaのフィルタ処理のみで水が描けないかあれこれ試してました。きっちり水面を描くにはまだまだですが、水の効果を出す程度ならフィルタだけでも何とかなりそう。あとは工夫次第か?


それから抽象画とか。タイトルは「冬の街」かな?空のイメージを持ちつつ都会なので星が無かったり。窓枠の線は寒さ=凍ったイメージ。刺々しさも都会の冷たさ。窓のイメージでありつつそこに暖かさも明るさも無く、そんな所も都会=街のイメージ。窓枠だけの空虚感も都会的。人物メインの絵ばかり描いてるように見えますが、そればかり描いている訳でもない。ただ抽象画とか幻想的な作品ってのは見ていても自己主張や思い込みばかりで然程面白くない場合が多いので。見せようって気はあまりない。画面に赤や青の色があるだけでこれが「怒れる男」ですとか言われてもわからんしな(苦笑)
a001.jpg 400×320 34K
名前  URL 

←プレビューで確認後に書き込み

パース2
2004年11月21日 (日)17:03

短期集中連載・・・といいつつ、短期で終わるかわかりませんけど(苦笑)
前回、単純な「ずらし」が良くないと書いたのには理由があります。それは絵の中に曖昧な要素が増えると描いた本人にもパースがわからなくなるという弊害があるからです。

例えば、目の前に立方体があるとします。少し大きめのサイコロ、もしくはそんなイメージの箱があると思ってくれればいいと思います。その立方体のある面に平行な位置から真っ直ぐ見たとします。さて、あなたはどんな絵を描くでしょう?

普段、単純な「ずらし」で描いている人は↑こんな風に描くんじゃないかと思う。が、当然の事ながらパースを考えるなら間違いですね。


実際には↑左の正方形のみの状態。これが立方体を正面から見たところです。これは右の絵(透視図?)のように正面から見るというのは消失点がど真ん中にあるということで、他の面(線)は手前の面より奥にあるので見える訳が無いからです。立方体と考えずに四角い箱の手前の面が空いた状態や部屋の中のように思うとわかり易い。そしてそのまま部屋の壁や箱の面で塞ぐと・・・手前の面だけが見えるのがわざわざ言われるまでもなく当たり前な事だとわかりますよね?逆に、先に挙げた「ずらし」を用いた絵はそれだけで消失点が中心ではなくなる=パースの狂いに繋がるとわかるでしょう。

こんな所からも、人物と背景の関係やパースの狂いを考える前に実は人物や小物といった部分的なパースが取れていないとわかります。これはキャラを描くのにパースの意識がない=その風景、場景、空間の中の人物として描けていないという事でもあります。そしてそれを考える為には人物のパースをきちんと把握しないといけないと思いますよね?まずは人物のパースという辺りから再確認して行く事になる・・・はず。でも予定は未定(笑)
名前  URL 

←プレビューで確認後に書き込み

パース1
2004年11月20日 (土)10:12

既に今更な感もありますが、立体や空間を表すのに使うパース。正式にはperspective(パースペクティブ)で、日本語にすると透視投影なんて事になります。消失点の取り方で一点透視や二点透視、三点透視と多少の違いがある訳ですが、基本的に線が消失点に集約される=遠近感の違いとして表していますね。

絵としてはオススメ出来ないので今まであまり言いませんでしたが、立体を表すにはparaline drawing(パララインドローイング)というもあります。日本語にすると平行投影。絵の技法というより製図などで見掛けると思います。一応、下の方に画像を載せて置きますが、左のAがisometric projection(アイソメトリックプロジェクション)で一番手前側の角を見るとわかりますが、この角度(X,Y,Z軸の関係)がそれぞれ120度で同じ。等角投影法なんていいますね。

右のBはaxonometric projection(アクソノメトリックプロジェクション)で日本語だと何だっけ?まぁ、絵にした時に直角で表す部分があるとこっちという事で。一般にパースペクティブをパースと省略するようにそれぞれをアイソメ、アクソノメなんていいます。語感的に似ているので混同している人もいますが、似て非なるものですね。というか、こーいう描き方は普通の絵の中では明らかに間違った立体表現になるんでダメですよ?全ての軸が平行線で構成出来る様なことはまずありません(苦笑)

他には日本古来の絵巻物など、牛車の車輪を少しずらす事で立体感を出そうとする極単純な「ずらし」なんて物もあります。刀祭りの時に実際のパースと関係なく刀の鍔を斜めにして立体感があるように描いた人も居ましたが、あんな表現も「ずらし」に相当します。コップの縁を真横から見れば直線で表現して何ら間違いでない筈なのに、「コップ(円柱形の物)は曲線で描かれるもの」という先入観などから縁を楕円や曲線で描いてしまうのも「ずらし」です。表現として、画風として出来上がっている場合はそれでもよしとされる所ですが、リアリティの点、パースからすると間違いの場合がほとんどなので単純に「ずらし」=立体感と思って描くのはやめた方がいいですね。
axo-iso.gif 400×235 3K
名前  URL 

←プレビューで確認後に書き込み

お昼休みに
2004年11月19日 (金)12:28

帰ってから起きている自信もないのでお昼休みに更新。ひとまずcantabileのラフなんて載せておきます。最初の段階ではこんな風に携帯電話を持ってませんでした。テーマにしているのが携帯=音ではないので、唄うように楽しそうに話す彼女になっていれば絵になります。といっても、実際に向かい合って話すイメージであればカメラ目線の方がそれらしいし、雰囲気を考えると携帯電話だろう・・・なんて事になって完成形のようになる訳です。

ついでに、最近ろくな更新も出来ていないのでcantabileとadagioの大きなサイズも置いときます。
cantabile→http://park2.wakwak.com/~shin-bu/img/cantabil.jpg
agagio→http://park2.wakwak.com/~shin-bu/img/adagio.jpg

大きなサイズといってもcantabileで元サイズの45%、adagioで30%サイズですから。adagioの元サイズ2000×3000・・・19インチでも入りきらん(苦笑)

そうそう、パースに関して書いたら役に立ちますか?以前から考えていたパースの考え方(特に背景と人物のバランス?)のコツみたいなのが少しまとまりかけてるんで要望があれば早々に書きますけど。
grp1119125115.gif 400×320 24K
名前  URL 

←プレビューで確認後に書き込み

ギリギリ?
2004年11月18日 (木)12:41

という訳で、ひとまずお祭りの感想は書いたんで、ついでにここにも少しだけ。ほんとはラフくらいでもアップしようと画像をメールで会社に送って置いたんですが・・・その筈なんですが・・・送るファイルを間違えてしまったのでダメでした。それくらい頭がボーッとしてるって事ですね(苦笑)

ふと気付きましたが、このところ寒いんで肘が少し痛いです。今年はいつまでも暖かだったんで忘れてましたが、肘が痛むというのは持病というかもう仕方のない事なんで。やはりダメかという感じ。腕が動かないとか線が引けないなんてほど酷くもならないんでいいですけど。そろそろ絵は描き難くなるかもしれないなぁ〜と。少なくともストレスなく絵が描ける季節は終わってしまいました。困ったもんです。
・もび(2004/11/18 17:42)
肘を冷やさないようにお気を付けくださいね。アロマオイル入れたお湯で温めては?関節の痛みって対処療法しかないのがつらいですね。お大事に。
・神武(2004/11/19 08:08)
ありがとうございます。それほど酷くないんで大丈夫ですよ。たまに思い出したように痛むとか?そんな感じです。
名前  URL 

←プレビューで確認後に書き込み

死にかけ
2004年11月17日 (水)07:36

色々とやりたい娘が居るのは・・・じゃなくて、やりたい事があるのは山々ですが。とても具合が悪いです。月曜の寒さで風邪が悪化しました。仕事は仕方なく薬飲みながらなんとかこなしてますが、それ以外がダメ。帰って来ると起きているだけの体力がない。祭り絵の感想とか描こうと思ってもだるくて辛くて気力が持たない。hiloさんの絵とか書きたい事があるんですよ!といって、順番飛ばしてそこだけコメントする訳にもイカンので。困ったもんです。

当然、絵も進んでません。帰ってきたらほぼ寝てるだけですから。携帯のコールにも気付かず寝てます。「なんで出ないのよ!」とお叱りのメールが来てましたが・・・俺だって出たかったわ!女の子と電話するのは好きです。てか男と電話しても楽しくなかろう?用件だけで。女の子のあの他愛ない話で長電話ってとこがいいんだよ。初電話でも1時間は当たり前。長いと一晩中、4,5時間とか行きますよね。長電話好きです。BBフォンの人お友達になりましょう。通話料タダだし(笑)
・hilo(2004/11/17 13:47)
お体大事になさって下さいね。自分の名前を見つけてビクッと反応。お手柔らかにお願いします。(^^;)
・神武(2004/11/17 15:05)
大丈夫ですよ。いい絵だったんで褒めたいのと高度な部分でアドバイスとか?悪い事は書きません(笑)
・白瀬耕祐(2004/11/18 00:01)
>色々とやりたい娘が このギャグは私も使ったことがあります(w
・神武(2004/11/18 08:03)
ありがちなネタですし。凝った事を考える余裕も無い(苦笑)
名前  URL 

←プレビューで確認後に書き込み

trill
2004年11月15日 (月)03:48

音祭り7枚目。タイトルのtrill(トリル、記号はtr.)は装飾音の一つ。ドレドレとか上下の二音を繰り返したりします。これ自体で曲を表すイメージもないんでタイトルにはどーかと思ったんですが、2つの鼓動、2つの音のイメージでこんなのにしてみました。1つでは単なる音でも2つが重なれば音楽になるみたいな?それに「悪魔のトリル」とか曲名としてない訳でもないから良かろう。

さて、絵です。このカップル身長差がありますが、彼の鼓動が聴こえるようにそーいう設定になってます。身長差=音の高低のイメージもあったし、トリル=デカチビコンビ!と、これは最初からあるイメージでしたね。でも構図とかシチュエーションがなかなか決まらなくて珍しく苦労してます。

それから、夕焼けは「この世の終わり」のようなイメージで。綺麗なんだけど怖くなるような夕焼けってたまにありません?綺麗過ぎるもんは怖いです。眩しくて鮮やかで。大自然の雄大さは恐れにも繋がるところがあります。てかこの彼氏、後で絶対目が痛くなったに違いない。見つめ過ぎですね。ちなみに、今回文字入れてません。絵の雰囲気に負けて入れられませんでした(苦笑)
0298a.jpg 350×420 47K
・こつむ(2004/11/16 21:45)
鼓動が聞こえてきそうです(ドキドキ)
・神武(2004/11/17 07:55)
ドキドキはいいですね。恋して下さい(笑)
名前  URL 

←プレビューで確認後に書き込み

必要最低限
2004年11月14日 (日)16:54

カップルで何かしているという表現がしたい時、どんな絵を描くでしょう?もっと具体的に・・・例えば、2人で楽しく話している。そんな雰囲気を描きたい。さて、どんな絵を思い浮かべます?テーブルに向かい合って座る男女。それを横からの視点で見て・・・なんてのは如何にもですね。ソファーに2人が横に座ってなんてのも思い付きそう。

どちらにしても、普通に考えると2人で話すという絵をイメージすると2人描かないといけないと思う。でもこれは固定観念。頭が固いです。今日の朝に投稿したcantabileなんていい例ですが、電話でも2人で話す絵になりますよね?電話に独り言をいうおかしな娘でなければ普通は相手が居るもんです。でも描くのは1人で済みます。「2人で話す」ことがテーマ、条件であるなら2人描く必要はない。

実は音祭りの7枚目はキャラを2人描いている。いつものように見せてもいいですが、今回は見せない方が面白そうなんでまだ見せません。代わりに8枚目用に描いている地球を載せときます。「描いている」なのでまだ途中。2,30分描いてやっと形になった程度ですね。てかどーせ縮小しちゃうんだからこれでもいいような気がする。あんまり時間掛けても意味ないし。完成品も大して変わらんかもな(苦笑)
earth1.jpg 320×320 36K
名前  URL 

←プレビューで確認後に書き込み

cantabile
2004年11月14日 (日)04:48

音祭り6枚目、タイトルはcantabile(カンタービレ)ですね。ゆったりと流れるように、唄うようになんて意味になります。最近は某漫画もあるのでカンタービレという言葉自体は聞き覚えがあったりするんじゃないでしょうか?といっても、「のだめ」読んでません。今度貸して下さい・・・って、誰に向かって話しているのやら(笑)

よーするに、携帯だから着信音とかあって「音」なんだよ〜なんて単純に考えた訳ではない。唄うように楽しそうに話す娘というのが居て、そのイメージがcantabileだなぁと。そこに音的、音楽的なイメージが湧く。そんな感じ?だから携帯は無くてもいいんです。まぁ、せっかく携帯持ってるんで詩はそんなイメージで書きましたけど。

ちなみに、遠距離といかないまでも中距離くらいで付き合った経験は多々あります。毎日のように電話したり、そんな所で繋がっているなぁ〜ってのは実際に思ったりするところ。経験豊富だと絵のアイデアに困らないってのはあるかもしれない。てか実際には大変である。1日1時間話すと月に30時間。携帯の料金がいくらになる事か!一番凄かった時は月に60時間越えましたし。携帯の料金が約5万・・・今ならIP電話とかあっていいですが、当時は大変でした(苦笑)

絵は技術的に凄い事はしてないんで特に・・・塗り方はこーいう絵の為に前回の刀祭り以降に覚えたものですね。水彩でない柔らかい塗りってのが良い。こーいう塗りの為にパレット変えたようなもんだし。こーいう絵で違いが出ます。まぁ、描いてる本人にしかわからんと思いますが。画面の構成なんてのは今言っちゃうと読み解きの楽しみが減るんで、お祭りが終わったらまた完全攻略でもしましょう。
0293a.jpg 450×360 36K
・poro(2004/11/14 15:55)
色々発想出ますねー、むしろ文字のフォントが可愛い感じで羨ましいw
・神武(2004/11/14 16:09)
これはflower1ってフォントですね。ロゴ好きなんでフォントは山ほど入ってます(笑)
・こつ(2004/11/14 16:10)
ほんとですねwピンク系でほんわり♪
・神武(2004/11/14 16:49)
ほんわりはいいですよね〜♪でも携帯はシッカリ・・・普段はこの辺が手抜き(苦笑)
名前  URL 

←プレビューで確認後に書き込み

作成中
2004年11月13日 (土)11:52

ひとまず音祭り6枚目の線画はほぼ完成。どーにも構図の決まらなかった7枚目もさっき洗い物をしていた時にふとアイデアが浮かんだので、それが絵として描けるようなら何とかしたいところ。8枚目は割とイメージ出来てるんで大丈夫でしょう。てか7枚目と8枚目は逆になるかもしれないなぁ・・・まぁ、順番はどっちでもいいですが。間違っても全部が休み中に描き終わったりしないようにしよう。

さて、6枚目の線画です。5枚目が割と凝った絵だったんで、今度はアッサリ目。ポーズよりも表情重視。といっても、微妙な表情というのもそれはそれで難しい。バストアップは顔が大きくなるだけごまかしが効かんしね。そして携帯を持つ手が面倒・・・ちょっと嫌かも(苦笑)

携帯電話で音なんだなんていうと今までの絵に比べて単純ですね〜なんて思われそう?でも携帯はおまけです。イメージの明確化に付け足しただけで実際、最初は携帯持ってませんでした。じゃあ何をテーマに描いてるんだといえば・・・何でしょうね?タイトル共々、5枚目同様考えてみるのも面白いかもしれません(笑)
0293.gif 400×320 23K
・こつ(2004/11/13 16:28)
ネタきれました(笑
・神武(2004/11/13 22:41)
切れましたか〜自分もそろそろ・・・って、まだありますが。描き難いのが残ってます(苦笑)
名前  URL 

←プレビューで確認後に書き込み

adagio
2004年11月12日 (金)05:11

音祭り5枚目「adagio(アダージョ)」です。その気になるとすぐ完成しますねぇ・・・妥協点が低いとか(苦笑)アダージョはゆるやかに、ゆっくりとなんて意味の速度標語ですね。ラルゴとアンダンテの中間なんて注釈が・・・てか相変わらずですが速度標語の説明はわからんて。ちなみに、速度的にはラルゴの方が遅くていいようにも思えますが、ラルゴになるとゆったりというより重々しいとか堂々としたような重厚な遅さなんで。お風呂のイメージはアダージョではないかと?

で、絵です。星空はいいよね〜描くの簡単だし。しかも今回、服も着てないからキャラを塗るのも楽だ。凝ったように見えて実は彩色に3時間くらい。線画も大して掛かってないから、トータルしても5時間掛かってないはず。一応、ワイングラスの透明感や質感辺りが見所としてはオススメだ。よく質感がどーとか偉そうに言ってますが、硬いもんは硬く、柔らかいもんは柔らかくってのは当たり前。透明なもんを透明に描くのも当たり前。普段から質感を考えて描いたり、塗ったりしてればワイングラスだからと特別難しく考える必要もない。

例えば、ガラスは表面が滑らかで硬い。金属でもそーですが、硬い物はハイライトを強めにする。これは表面が滑らかな物ほど光の反射が均一で強くなるからですよ。綿や麻で出来た布地なのに金属のような光沢になっていたら変だし、質感も考えずに服にテクスチャとかそーいう使い方は間違いって事です。肌が意味もなくテカり過ぎるのも変。肌は案外、滑らかではない。

実はお尻と脇の体を支える所だけグラスに触れるから肌色が目立つとか、細かい部分でリアリティは出している。こーいう絵はたまにしか描かんのでガラスの描き方も含めて技術の出し惜しみはしてません。てかワイングラスに浸かっている時点でリアルでもないですが・・・お風呂とワインのクロースオーバーしたイメージを絵にまとめたって事で。でも幻想的だから、空想だから嘘でいいって事ではないよ。そしてほんとに普段手抜きなんだなぁ〜って納得して下さい。描けない言い訳じゃありません(笑)
0273c.jpg 300×450 55K
名前  URL 

←プレビューで確認後に書き込み

イメージ
2004年11月11日 (木)05:22

デッサン力は技術力。思った通りの線を引く、絵を描くということは自分の腕や手を思った通りに動かせるということ。例えばこれは料理の時の包丁捌きであったり、野球のピッチャーの変化球の握り、力加減であったり。運動能力や手先の器用さにも通じるものです。なので、筋肉の動きとして体で覚える・・・そーした慣れが必要。技術とはいいますが、慣れが大きいものだろうと思う。

パースは感覚。まずは「そーいうもんだ」と頭で理解する事が必要ですが、物を立体的、空間的に把握するというのは実は非常に感覚的。それをほんとに感覚でわかろうとすると天性の物が必要になる。センスに頼る。でも、実際には全ての人がそんな感覚を持ってはいない。例えば、男性の方が方向感覚が優れているという。地図の読めない女・・・なんて言い方も少し前に某書籍タイトルで流行ったりしましたが、実際に狩猟を仕事としてきた男性の方がそーした感覚が培われた。ただそれだけのこと。

逆に女性は言葉を操るのが上手い。左右の脳を繋ぐ脳梁(のうりょう)が発達していたり、脳の作りとしても違いがあるくらい。絵の表現として女性の方が幻想的であったりするのもそんな所が影響しているかもしれない。といっても、脳の作りが男性的、女性的という区別の部分が大きく、実際の性別とは男女の分け方が違ったりするのも難しいところ・・・とにかく、パースは感覚。女性に平面的な画風の人が多いのも立体的、空間的な感覚がないからそーした画風に行き着いているとも考えられるでしょう。

で、結局のところ絵はイメージ。想像=創造することです。リアルに描く場合でも確かなイメージが必要。幻想的、空想的に描くなら尚更。頭の中の考えをきちんと絵にするにはイメージが固まっていなければ無理ですね。もしイメージが「何となくこんな感じで」という程度でも、その方向性が確かでなければ全く違ったものになってしまう。実はこれ難しいところ。Pixia倶楽部の投稿でもよく見掛けますが、「思っていたのと全然違う絵になってしまった」なんて本人のコメント。これ、あきらかにイメージが足りてません。というか、イメージの方向が途中で狂っています。

イメージというのは明確なテーマとしてない場合は抽象的なものです。例えば、「可愛い女の子を描きたい!」とイメージしたとする。でも、「可愛い」というのは具体的ではない。せいぜい泣いているよりは笑っている絵だろうくらいのもんだ。ここで問題なのは、「可愛い」というイメージの捉え方。「可愛い」というイメージのみを純粋に考えた場合、割と大人しい淑やかなイメージではないだろうか?というか、最初はそんなイメージで捉えたと思って下さい。これが実際に絵にして行く途中で「元気で可愛い」なんてイメージに変わる。更に「元気」だから動きのあるポーズにしようなんてそっちに気が行くと、「可愛い」が抜けて「元気」だけの絵になる。そんなこんなで完成したら「元気な女の子」になっていた・・・なんて事になる訳です。

イメージがズレても絵になったからいいという感覚で描いているなら、それは「なんとなく」で描いている事になります。どんなに上手に見えても、どんなに上手に描けていても意思や意図のある絵とはいえません。練習で描く場合にも、作品として仕上げる場合でも、「ここだけは絶対に外さない」という芯になる部分はイメージがズレないようにするといいです。これだけで方向の違う絵にはなりません。イメージしましょう。

さて、昨日は仕事の後に出掛けていたので絵が進んでいません。絵を最重要課題にしているように見えそうですが、女の子が一番。最優先事項ですから。風邪気味で体調が悪かろうが、仕事で疲れていようが、女の子に誘われたら行くもんです。それに女の子が凹んでる時に放っておけるような性格はしてません。自称「いいひと」は伊達ではないのです。って、別に自称しなくても「いいひと」と言われますが・・・自称するのがいいところ(笑)

で、絵がないのもつまらんのでラフでも載せておこう。初見ですが、この前描いてたうちの1枚。描いてて「こつむぢさんみたいな絵だなぁ」とか思ったんですが・・・なんだ?眉か?なんか面白そうなのでとにかく載せておきます。

ちなみに、昨日は出掛けていて絵は進んでいませんが、どこに居ても頭の中で考えることは出来るので1枚新しい絵のイメージが出来ました。これで描き掛け(5枚目)が1枚。構図が出来ていて線画を整えて仕上げる途中が1枚。イメージがあるけど構図が決まらないのが1枚。そして新しいイメージが1枚。あ、4枚同時進行は流石にツライなぁ・・・どこから手を付けるかが問題だわ(苦笑)
0272.gif 300×300 10K
名前  URL 

←プレビューで確認後に書き込み

意識
2004年11月10日 (水)02:41

パースが狂う、わからない。特に初心者であればありがちな話。というか、それなりに絵を描いて、描けている筈の人でもパースが苦手だったり。キャラは上手いのにパースがね〜ってなもんです。これは意識の問題。「構図の考え方」にも書いてますが、キャンバスは空間です。宇宙のように上下左右ありませんというのなら別ですが、地面があったら人はそこに立ったり座ったりしているものです。その意識でキャラを描くのが当たり前。そーした意識。

動きというのも意識していると良くわかる。動かすための力が働けば、逆に止めるための力も働く。体を前に倒せばそれを支える背中の力、前傾の重心を支える脚の力。動く時には重心移動や制動、作用反作用。物理的に考えれば当たり前な事だし、そこまで難しく考えなくても体を動かすイメージってのがある。少なくとも、絵と同じポーズを実際に自分でやってみれば何となくでもわかる。動きを描く時には頭の中で自分が動く、筋肉が反応する。そーした意識。

普段から景色を切り取って見る癖が付いていると構図を考えるのは難しくない。実際、誰でも旅行に行った時や高いビルの展望台から景色を見た時に「絵になるなぁ〜」なんて思ったりする。その延長。いい景色は観光地にしかない訳でもなく、そこら辺の街角にもいつもの通り道にもある。それを「絵になる」と思える感性があるかどーか?そーした意識。

音。幸いにして五体満足なので音の無い世界に暮らしていない。音は否応無く自分の周りに、自分の中に存在する。例えば自転車に乗って走るとき。アスファルトと擦れるタイヤの音。リムの回転する音。ブレーキの音。追い越していく車の音。風の音。そして鼓動、自転車を漕ぐリズム。絵を描くのがイメージすることだとするのなら、音楽も同じくイメージすることです。

適当な線を引いて、適当な色を塗って。それが絵になる。適当な音を並べて、適当なリズムになって。それが音楽になる。いい絵やいい音楽になるには上達が必要でしょう。でも、敷居は高くない。子供時代のらくがきすら描いたことのない人は居ないと思う。音楽だって、意味不明な鼻歌やバカな作曲をしていないだろうか?「今日のごはんはハンバ〜グ〜」なんて、小学生の頃に口ずさんだりした経験はありそうだ(笑)

さて、文章だけでもつまらんので音祭り用5枚目のイメージ彩色。他のサイトを見てると、ほんとにあたり付けただけのラフとか色設定とか色んな段階踏んで描いてる人が多いんで?たまにはそーいう描き方してみるかみたいな感じで。自分の場合はラフと線画が一緒の上に複雑なポーズでなければあたりも付けない。色やトーンのイメージは頭の中で済ませますし。背景も明確なイメージが出来ていれば先に決めますが、キャラを塗ってから考える事も多い。勿論、元々の絵のイメージはあるのでそれに合った物として完成させるだけ。

これ、前回見せた時より上のスペースが広がりました。てか最初からこんなイメージなんでそれに合わせたパースで描いてましたけど。縦に長い構図には当然意味がある。ほんとはもっと長くてもいい。でも投稿サイズが縦600までなんで。この辺りが限度(苦笑)左手のポーズはグラスの縁に添えるのとどっちがいいかな〜と考えてましたが、ダラッと下ろしていた方がそれっぽい気がしたんでこんなのに。

実際にこんなポーズをしてみるとわかると思う。肩が上がって、その為に肘が適当に曲がって、力が抜けている手首は掌側に曲がる。そして力が抜けていると指(特に小指と薬指)はほど良く曲がる。ただ腕を下ろしているという絵でも直立したまま横に下ろすのとは描き方が違いますね。といっても、少し考えたり実際にポーズを取ってみればわかること。これが意識ですね。
0273a.jpg 300×450 20K
名前  URL 

←プレビューで確認後に書き込み

allegro ma non troppo
2004年11月09日 (火)00:28

タイトルは「アレグロ・マ・ノン・トロッポ」なんて読めばいいんじゃないでしょうか?allegro(アレグロ)はandante(アンダンテ)と同じくそんなに詳しくない人でも知ってるくらいの言葉だと思いますが、意味は快速、軽快になんて感じになります。速度標語ですね。プレストとアレグレットの間の速度・・・って、これまたわかるかい!って注釈が付きます。ハッキリいってどこを基準にしてどれがどんな速度だかわかりゃしない(苦笑)

後ろにくっ付いてる余分なのは、troppoがキチガイとか気がふれたみたいな意味で、nonが英語でいうnoだから。気がふれていない=度を越さないとなって、allegro ma non troppoで軽快に、でも急ぎ過ぎないようになんて事になります。音楽用語的にはallegro non troppoでもいいんですが、語感や字面が微妙に嫌なんでallegro ma non troppoを採用。maが入った方が「でも」とか「しかし」みたいな感じがしません?

で、絵です。前もってトップ絵で見せていましたが・・・こっちが本物。やはり横の長さがあると違うね。横から照らす日差し、薄っすらと白い澄んだ空。朝の空気は気持ちがいいです。軽快なイメージの女の子なんで爽やかな朝。朝が重要。「朝から元気だねぇ」なんて呆れられるパターンでしょうが、でもそこが魅力だ。彼女に会う為だけに早起き。そんな純情少年の視点で?

おそらく9月上旬の朝7時から7時30分の予定に「土手に行く」を選ぶとフラグが立って彼女に会えるようになる・・・って、そんなフラグも立たなきゃ恋愛SLGでもないわ(笑)
0268a.jpg 450×300 45K
名前  URL 

←プレビューで確認後に書き込み

仕方なく・・・
2004年11月08日 (月)04:55

トップ絵変更しました。実際には音祭り用の4枚目に描いたものです。てかそれ用にも既に描き上がってますけど・・・流石にまだ投稿の間がなさ過ぎるんで。夜になったら投稿しますよ。この絵がどんなタイトルになって、どんな詩が付いて、どんな音になるのか考えるのも楽しかろう・・・と、今回は絵を先に見せる逆パターンにしてみました(笑)

といっても、トップにあるのはトップ用に縦横比が違っていたり?それだけでも絵の意味が変わる。雰囲気や印象の違う物になります。少なくとも、この比率で構図を考えたんではないんですね。そんな違いを見るのも面白い。ちなみに、これまた先日お見せしていたラフが元になってます。まぁ、あっちは左右逆だしスカート描いてないけどね。

以前にも書いた事がありますが、毎日のように絵を描いていれば毎日のように投稿する事も出来ます。単に枚数アップしようと思うのであれば、前回刀祭りの12枚ってのを超えるのはそんなに難しくもない。てか実際に抜けそうな枚数に抑えましたし。他の人の投稿ペースから考えても、抜かないまでも3日で1枚=月に10枚くらいは頑張れば描けるんじゃないかと思う。驚くほど凄い枚数ではないよね。

今回もネタはあるんですよ。使えるネタ、使えないネタ、使い辛いから使いたくないネタ。今月に入ってからやっぱ参加しないのもなぁ〜と「1枚くらいは描くか!」って時点で10枚分くらいのアイデアは出てます。といっても、別にネタの湧き出る壺を持ってたりはしません。元から音楽関係に疎い訳でもないですが、それでもネットで色々調べたりもしてますし。少なくとも綴りは確認しないと怪しいしなぁ(苦笑)

絵にしても、例えば「melancolico」を描く為に横顔の練習をしたり。いい表情を描く為にあえてバストアップばかり、顔を重視して描いたり。Pixiaのパレットだって使い易いように改めてます。涙の表現、水滴の表現というのも再確認で試してますし。せっかくなんで載せておきましょうか?毎日のように絵を載せてるんで見える努力も当然のようにしてますが、それ以上に見えない努力もしています。まだ足りんなぁ〜手抜きだなぁ〜ってレベルの自分でも努力してます。頑張り足りてますか?(笑)
suiteki.jpg 300×150 5K
名前  URL 

←プレビューで確認後に書き込み

tremolo
2004年11月07日 (日)09:35

という訳で、描き上がったんで投稿してきました。音祭り3枚目「tremolo」です。読みはトレモロ。意味はともかく、曲名に使われたりするんで耳に馴染みがあるんじゃないかと思う。で、意味は震えるとかそんな感じ。演奏する時に音を反復して繰り返す・・・奏法?マンドリンを思い浮かべるといいです。あんなのがトレモロ。

絵は場景描写なんで割とそのまま。ラブレターを渡そうと電柱の陰に隠れて待つ女の子。別に電柱が傾いてるとかそんな事ではないですよ。不安感を煽る為にわざわざアングルを斜めにしてます。といっても、最初から斜めに描いてます。フリーハンドでパースを考えるのは割と疲れました。でもまぁ、それほど狂ってないんで。我ながら大したもんだ。デッサンはともかくパースは得意だね。てか線が粗い。そして絵を描くよりコメントに書く詩を考えるのに手間取ったわ。これ(苦笑)
0276a.jpg 450×360 47K
名前  URL 

←プレビューで確認後に書き込み

1週間経過報告
2004年11月07日 (日)01:56

7日です。Pixia倶楽部の音祭り開始から1週間になりますね。今日はお休みなんでそれなりの投稿枚数があるんじゃないかと思いますが・・・今現在で39枚でした。テーマが難しいとか何とか言う方も多いですが、それなりの投稿数になるんじゃないでしょうか?今回初参加って人もまた増えてますしね。

常連さんには今更な話になりますが、今回のお祭りにあまり乗り気じゃありませんでした。実際、1枚目を描いたのが3日目と遅かったですし。でも気が付けば2枚目を投稿して・・・6日で2枚だから1枚当たり3日掛かる訳で、1ヶ月だと10枚。このペースでも二桁投稿になっちゃうよなぁ〜と、今回はそこまで頑張りたくないので一生懸命ブレーキを掛けながらセーブしてます。描くの早過ぎると投稿見合わせたり面倒なんだもの(苦笑)

掲示板でちょろっと書いてますが、今回の祭り絵を描くのに自分なりの規制、マイルールを設定してます。先日書いた音符云々の話もそーですが、あまりに考えられる範囲が広過ぎると面白くないんで逆にアイデアを限定させようって感じとか?例えば、楽器やMDプレーヤーのような音楽機器は描かない。キャラに唄わせない。音符や擬音を使わない。よーするに、音や音楽として当たり前になり過ぎる直接的な物は却下です。

これは固定観念、こだわりを捨てるという考え方です。前回のテーマ「刀」であれば、日本刀=侍なんてのがこだわりで固定観念。ストレートな表現は面白味がないので出来が全てになります。例えば、電化製品や音響機器を買おうとした時、どれを買うか決めるにはデザインや性能など色んな要素があると思います。ストレートな表現というのはアイデアであっと言わせるような部分がないので、そんな要素を1つ欠いた状態。製品でいえば性能のみとか、逆にデザインのみなんて事になります。もしパソコンを買おうと思った時、デザインのみで買います?性能を無視出来るほど気に入るデザインってのは相当のものです。ストレートなネタはそれだけ大変だって事ですね。そんな所で勝負出来るレベルに居ませんから。ネタを考えますよ(笑)

さて、色の付いたのは今日中に1枚くらい投稿しそうなんで、今回は音祭り用の下絵など。この前載せたラフの中の1枚ですね。それをアングル変えたり表情変えたり描き直してます。手のポーズはこれから考えますが、「音」のテーマでこれがどんな絵になるかはお楽しみってとこですな。まぁ、これの前に2枚くらい描いてるんでおそらく5枚目になる予定?気分次第ではこっちを先に描きますが・・・てか3枚同時進行じゃん!気を付けないと前回よりもハイペース(苦笑)
0273a.gif 320×400 11K
名前  URL 

←プレビューで確認後に書き込み

melancolico
2004年11月06日 (土)08:34

音祭り用2枚目・・・といっても、10月24日に描いてあった絵の手直しみたいなもんですが。てか泣いているこっちが最初から描こうとしていた物で、前のが涙の表現とか時間的に厳しいんであんなのにしてごまかしてただけ。まぁ、実際顔の輪郭も直してますし。それ以外の線もほぼ描き直し。目は重要なんで完璧に塗り直し。雨で濡れてるから髪の具合も変わってます。絵の意味も違うんで横長になって配置イメージも変わってますね。

今回のタイトル「melancolico」はメランコリコと読みます。前回同様で音楽関係の用語ですが・・・憂鬱な、もの悲しいなんて感じの意味になります。哀愁の意でメランコリーとか、あとメランコリックなんて辺りなら聞き覚えがあるんでないかな?そんなようなものだと思えば大丈夫でしょう。なるべく簡単な用語にして行こうと思ってましたが・・・2枚目で既に微妙だな(苦笑)

さて、その絵です。涙とか水滴の表現というのが難しい・・・なんて事はいいません。元から描き方くらいわかってますし、それくらいの練習はしてます。ただ自分の画風であまりにリアルな水滴ってのはそこだけ浮くでしょ?以前から何度も言ってるように、絵全体での整合性とかまとまりってのがないとおかしいものですから。涙の表現を抑え気味にしたり、逆に線や塗りを普段よりも整えたり。そんな事に気を付けてます。祭り絵はちょっと本気モードですから(笑)
0297a.jpg 450×300 31K
名前  URL 

←プレビューで確認後に書き込み

アウトライン
2004年11月06日 (土)03:05

絵を描く時にいくつか気にすること、気にするべきことがあります。大別すると2つ。一つは色。もう一つは線です。CGにしても線画を描いてそれに色を塗るんだから当たり前じゃん!なんて思う人も居そうですが、それとはまた別の話。ちょっと違った話です。

例えば、油絵に代表されるような西洋画は色です。線で形を表すというよりは色を置いていく画法。下絵として目安になるデッサンを描いたりはしますが、油絵という手法自体がナイフで絵の具をペタペタ付けたり削ったりなんで。「そりゃそーいう絵になりますよ」って感じですね。以前に書いた事もありますが、スフマートなんてぼかしの技法も線より色を重んじた結果生まれたといえなくもない。絵を描くときに「物体は色で存在する」というようなイメージがあるんでしょう。

逆に日本画というのは線です。浮世絵というのも色とりどり華やかに見えますが、線がハッキリクッキリしてますよね?勿論これは版画というスタイルがそーした絵になり易いという訳ですが・・・この時代既に北斎漫画なんていわれるようなコミカルな画風というのもあったし。ある意味、日本でアニメや漫画が発展したのは文化的に当然といえなくもない。って、それはともかくこちらは「物体は線で存在する」ってイメージですね。

今回はひとまず色は置いといて、線の方。タイトルの示す通りアウトラインです。輪郭と考えるのが一番簡単ですが・・・何か物体があったとします。人間でもいいですね。この物(人)の後ろに光源があって、逆光の中にシルエットが浮かんでいる。このシルエットがアウトライン。この形を捉えるのが大事です。ポーズを考える時にあたりを付けるなんていうのを正確なラインにしたような感じかな?細かいシワや陰影に頼らずに物の形がわかるくらいに描けるのが理想でしょうね。

一応、以前に描いたラフでそれっぽいのを載せてみる。左が脚を揃えて立っているところ。背筋伸ばしてるぜ!みたいな感じが強いんで少し背中が反ってるくらいのイメージで?重心が後ろに傾きがちなんで、頭は少し前気味かな。このまま上を向いたり頭を後ろにやると重心的に厳しいかも(苦笑)

真ん中は前屈気味に前に重心を掛けたところ。首と背骨は繋がっているので、自然な状態だと同じ方向に反ったり曲がったりします。この絵のように顔を上げているなら背中は反った状態。反対に顔を下げているなら背中も少し丸まったようになるはず。そして重心がかなり前方に移動するので、その分腰は引いた感じにしたり?重みを支えられるように足も多少広げた方がいいですね。

右はアウトラインというより単にラフですが、軽く走っているとか移動している感じで。「andante」を描く練習でもないですが、体重移動のイメージを試しに描いたとかそんなもんです。ちょうど右脚に重心が移動して左脚から重みが抜けた辺りでしょうね。走ったり歩いたりする場合は前に倒れるイメージで少し重心が前気味になります。体が倒れるのを支える為に足を前に出す=歩く、走るという事ですね。
0271.gif 400×320 13K
名前  URL 

←プレビューで確認後に書き込み

応用力
2004年11月05日 (金)04:44

調理器具にピーラーというのがある。日本語でいうと皮むき器?ジャガイモやニンジンの皮がスルスル剥けて便利ですね。「皮を剥く」というのは、よーするに物の表面を薄く削ぎ落とすってことです。皮むき器というのはそんな道具。それをする為の道具。

「皮むき器」と名前が付いていますが、この道具はそれ以外の使い方も出来ます。例えば、キャベツを削いで行くと簡単に千切りが作れます。元々が皮を薄く剥くための道具ですから、それはもう細かい千切りになります。包丁を使うのが苦手な人にはオススメですね。ダイコンに櫛型の切れ目を入れて、その切れ目を削いで刺身のツマも作れます。ニンジンだとサラダなんかにも使えますかね?ジャガイモを薄切りにして、それを油で揚げればポテトチップも作れますし。とにかく、皮剥き以外の事に使える道具です。便利です。

Pixiaの機能というのも応用の利くものです。「○○効果」なんてフィルタは他の事への応用が出来るかもしれませんし、その効果や機能がどんな絵に使えるのか?どんな部分に使えるのか?そんなイメージがあるかが問題だって事ですね。試しにワッフルのような物を作ってみました。PixiaTipsの「ロゴ」にあるテクニックを応用してます。これくらいなら数分で出来ますよ。模様を簡単に立体的に出来ますから、使い方次第で色んな部分に使えますね。
moyou2.jpg 300×254 28K
・kotsumudi(2004/11/05 21:54)
いろいろ使えるのにつかえない・・・
・神武(2004/11/06 04:17)
模様とかテクスチャとか作れるのに作らない・・・機能を知っててもほとんど使わない。素材とか作って置いといたら役に立つんだろうか?(笑)
名前  URL 

←プレビューで確認後に書き込み

andante
2004年11月04日 (木)02:58

Pixia倶楽部の音祭り用1枚目。andante(アンダンテ)ですね。あちらのコメントにも書いてますが、音楽標語の一つで歩くくらいの速さでゆっくりとなんて意味の速度標語です。モデラートとアダージョの間くらいの速度とか「言われてもわかるかい!」みたいな注釈が付いたりしますが・・・まぁ、とにかく「歩くイメージのリズムだ」くらいに思っとけばいいです。

あんな標語は指針として書いてあるだけで演奏者の解釈でいくらでも変わります。絵でも同じ。こんなイメージだろうと解釈してそれに合わせて描いちゃえばこっちのもんだ。文句があっても知りません。音楽標語なんてそんなもんなんです。

で、絵ですよ。何をするでもなく歩くだけを描くのは割と微妙。逆に難しいかもしれない。役者に演技しないで自然にしてろってのが難しいのと同じですね。まぁ、2時間くらいで描いたんで最初からあまり期待しちゃいけませんけど(苦笑)

歩くという表現として、例えばマンガでいえば効果線なんてのがある。歩くくらいの速さで効果線でもないですが、走ったり位置の移動と考えればそんな表現はアリでしょう。「歩いてきた」という表現でいえば、「スタスタ」や「ペタペタ」なんて擬音を使うのもアリ。多少反則気味だけど足跡を残すのもありかな〜?なんて思い浮かぶ。

といっても、「音」がテーマなので擬音を描くのはナシだと思っている。他のテーマであれば動きを擬音で表現してもいいです。でも、それがテーマですから。刀を持たせて「これは刀ですよ」とト書きや注釈を付けるようなもんで・・・変だしカッコ悪い。唄ってますという表現に音符を散りばめるのも私的にはNGです。ゼスチャーで喋る、絵スチャーで文字を書くのと同じくらい反則臭い。

そこで文字である。ロゴデザイン。お祭りの投稿を見ていて思いますが、ロゴの使い方が上手い人は少ない。てかロゴを使う人がまず少ない。ロゴデザイン、タイポグラフィ、そーしたものも美術、芸術としてあるものですから。もし職業として絵を描きたいと思っているのなら尚更。商業デザインの場合、ポスターにしても雑誌の表紙にしても絵はそれ単体ではなく文字と一緒。そーしたデザイン全体のセンスが必要になります。

この絵でいえば、足跡であり足音をロゴで表現した形になっている。互い違いに傾いた文字が歩く感じ、そんなはずむ様な上下動を思わせるようにも見える・・・かもしれない?少なくとも単にイタリックのように同じく傾けたり、整然と並ばせた文字より歩くイメージは出ると思う。こーした事を考えるのがデザインですね。絵が描けなくても配置や色感覚の優れたデザイン向きの人は居ます。そんな方面から芸術に進むのもアリですよ(笑)

あ、前回の刀祭り同様、投稿した方がサイズが大きいのでオススメです。他の人の投稿作品もなかなか良いので、あちらをご覧になると良いですね。トップページ下の方にPixia倶楽部へのリンクもありますから、そちらからでもどーぞ♪
0296a.jpg 450×360 24K
名前  URL 

←プレビューで確認後に書き込み

横顔
2004年11月03日 (水)01:26

横顔を描く時の楽しみ方がなんとなくわかってきた。私的に見ても「完璧!」というレベルには程遠いですが、違和感は減ってきたかな?結局、慣れてしまえばそれなりに描けるもんです。見慣れたから違和感が分からなくなった・・・なんて事ではないはず(苦笑)

という訳で、横顔を1枚。男の子が続いてたんで今日は女の子にしてみました。ピンクのツインテールでセーラー服。描き上がった時にコクリコ?とか思ってしまいましたが・・・特に似てませんでした(笑)
横顔の時に光源をどーするかちょっと考えますねぇ・・・前髪も微妙。描き慣れてないと輪郭や目の位置が難しいように感じますが、それはすぐ慣れますね。
0295a.jpg 400×400 36K
・poro(2004/11/03 11:19)
あ、コクリk(違 ピンクのツインでセーラー服はひそかに好きだったりしますよ、ええw
・神武(2004/11/03 18:04)
コクリコの髪はピンクじゃないし髪型も違うんですけどね。てかサクラ大戦も初代以外はあまり思い入れがないなぁ
名前  URL 

←プレビューで確認後に書き込み

やりたいこと
2004年11月02日 (火)00:11

結構前になりますが、ガンダムのゲームを2本職場の人から借りてます。でも未だにやってません。だって絵を描いてるとゲーム出来ないし。ゲーム始めちゃうと描かなくなるもんな。そこまで時間ないし。

昨日、実家から帰って来る時にゲシュタルトを全巻借りてきました。でもまだ読んでません。だって絵を描いてると読む暇ないし。読み始めちゃうと・・・とまぁ、絵にはそれなりの時間を費やしているのです。

といって、間違っても「頑張ってエライね〜」って話ではない。好きでやってることです。好きの配分として絵が勝ってるので絵を描く。他に絵よりも好きなことがあればそっちが優先される。彼女が居れば彼女が一番。当たり前でしょ。彼女よりも優先される事なんてありません。あっちゃいけません。あっても言っちゃいけません・・・てかほんとにないけどね。だからデートで忙しいと絵を描かなくなったりするし。そーして放っておいたから未だにうちは小規模営業なんだけどな(苦笑)

音祭りも始まったんで真面目に描くかな〜なんて事も思う。今日も仕事中にいいアイデアは出てたりしますが、音祭り全体としてのまとまりがまだ決まらないんで放ったまま。単品で「こんなの」という絵になった上で全体としての意味が欲しい。とても欲張り。それがアイデア、企画的には十分に考えられて、でもそれを真面目に描くとめっちゃ面倒で手間が掛かりそうなんで困るんだわ。どーしたもんかな。

さて、女の子も描きたいんですが、どーも男の子を描くのがマイブームらしい。キレイな男の子もいいけどね。これはジャニーズ系か?若い頃の国分太一とかそんな感じとか。
0291a.jpg 375×400 25K
名前  URL 

←プレビューで確認後に書き込み

帰省
2004年11月01日 (月)01:52

この土日は実家に帰ってました。といっても、土曜の夕方からだし?しかも無理すれば自転車でも帰れるような距離。まぁ、「帰省」なんてタイトルにしてますが、そんなに大仰なものでもない。てか特に帰らんでも良かったんですが、帰って来いと言われたんです。

まずはテレビ。パソコンでテレビ観るんで要らんという事で、自分の使ってたテレビ(21型ステレオ)を妹にあげました。ついでにビデオも欲しいと言っていたのであげました。購入価格は安くとも5,6万してますが、勿論タダで。その為に帰ったようなもんですが・・・甘いですか?妹には甘いですよ。去年はパソコン買ってあげたし。中古の安物だけどな〜。実妹でなくても甘いですし。妹分はお得です(笑)

それから、姉の旦那=義兄さんが新しい無線LANのパーツ=イーサネットコンバーターってのを買いまして。その設定やら何やらとやって来ました。実家のLANはルーターの設定とか自分がしてるんで細かい事は他の人には出来ません。おまけに義兄はそれほどネットワークに詳しくない。技術系の職種であっても専門外の事には疎いもんです。そんなもんです。だから文句言っちゃいけません。

てかね。メルコの製品ってば親切なようで他社製品と一緒に使ってると微妙に不便な事が多いです。流石にネットワーク機器が「他社製品とは繋がりません」なんてフザケタこと言わないからいいですけど。ルーターに引っ掛かるMACアドレスがコンバーターのじゃなくてパソコン本体のNICのだとは!確かにIP消費しませんとか書いてありましたけどね。ほんとにスルーするだけの物だとは思ってなかったよ。って、ほとんどの人に意味不明な内容だなこの辺り(苦笑)

そーいえば、スーパーに買い物に行きましてな。そこにガチャガチャ(ガチャポン)がありまして。色んなのがあるなぁ〜と思って眺めてたんですが、ハガレンのがあるんですよ。小学生とか低年齢層にも人気なんでわからなくもないんですが・・・描いてある絵が上半身裸のエドでね。それがどーも大きなお友達(主に腐女子?)向けという感じがしないでもない。もしくは子供の内から洗脳しとこうなんて戦略かもしれない・・・なんて事を思ってしまった(苦笑)

おまけに!DOA(デッド オア アライブ)もあるじゃないですか。DOAといえば乳揺れゲーじゃないですか。格ゲーとしてもシステムやら何やらと悪くないんですが、明らかに子供向けじゃないですよね。あれ。子連れで来たおとうさん狙いか?もしくはやはり子供の内から・・・以下同文(笑)

とまぁ、そんな訳で実家に帰ってました。これといって絵も描いてません。なので前に描いてた絵に色塗ってみました。線が粗いのは気にしなくて良いです。ほとんどラフですから。整える気がないだけ。アウトラインを捉えるのに線の丁寧さは必要ありません。練習は無駄を省いて枚数こなした方が効率が上がります。男の子も描き慣れるとそれなりに・・・でも、これくらいの子は太過ぎず細過ぎず?体の肉付きが難しいですね。マッチョ過ぎはどーも好みと違うんですよ。
0288a.jpg 400×400 26K
・Exc(2004/11/01 14:52)
メルコ、昨日買ったけど本当訳わかりませんなw Lanのアドレスが192.168.11.Xだったり…今使ってるのが192.168.1.Xだから色々設定変えないといけなくて。面倒っぽいから放置ですよw
・神武(2004/11/01 21:31)
メルコも初心者が一式揃えて使うにはいいかもしれませんけど。LANはあれこれ面倒が多いですね〜
ナイキ スニーカー(2013/10/20 16:12)
Amazing blog! Do you have any suggestions for aspiring writers? I'm planning to start my own website soon but I'm a little lost on everything. Would you suggest starting with a free platform like Wordpress or go for a paid option? There are so many options out there that I'm completely overwhelmed .. Any suggestions? Many thanks!
ナイキ スニーカー http://www.zhoucongyy.com/スニーカー-japan-19.html
iphone5 ケース 革(2013/12/03 15:38)
「あなたも、あなたの実際の自宅の電話のロックを解除するイベントに走査装置の利点を取るよここには仕掛けが存在しない
wholesale bags(2014/02/19 07:02)
◆◇◆ おそらくは駄文的日常会話ログ ◆◇◆
iphone5ケース おすすめ(2014/03/12 04:08)
それは専門家の助言、診断、潜在的に考慮に代わる選択肢として使用するべきではありません。男は廃棄にパチンコを利用している業務の彼の分野に素晴らしい近い、あなたが小さな砂利を撮影したい場合は、彼は文字列の一部を解放する方法は、鞭になってきたように、騒々しい亀裂ブランド。
iphone4sケース革(2014/03/12 04:09)
シックまたは任意の種類の知っている、同一の製品やサービスのための家の計画を返信する必要があります。 ノーランは、実際に消費されるようになりましたし、彼女は子犬と一緒に軌道に乗ると、彼女または彼は再びもてあそんイベントで狂犬病との完全ないじめから臨んだ。通常、Androidの臨時は途方もなく一流利用できるようです。 ロードマップ、交通、Gmailは、典型的な完璧な救済策である。
・moncler-gamme-rougeガム-ルージュ(2014/08/28 18:16)
ルイヴィトン 斜めがけ
moncler-gamme-rougeガム-ルージュ http://plaza.rakuten.co.jp/metelof39/diary/201408270003
名前  URL 

←プレビューで確認後に書き込み

過去ログ 1998年07月 
2004年09月 10月 11月 12月 
2005年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 05月 06月 08月 09月 12月 
2008年01月 03月 04月 06月 08月 11月 12月 
2009年01月 02月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年02月 
<
トップに戻るタイトル一覧画像リスト/ ログ検索