◆◇◆ おそらくは駄文的日常会話ログ ◆◇◆

トップに戻るタイトル一覧画像リスト/ ログ検索

Jul / 2005
Su Mo Tu We Th Fr Sa

12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

<-new / old->


タイトルリスト
07月30日おめでとう私、...
27日裸を描こう
26日姫だもの
23日練習、練習、ま...
22日これから寝ます...
21日描かないで学ぶ...
20日細かく描き過ぎ...
19日雑多なこと
17日 Musical Baton
17日美術
16日胸が痛い
13日バージョンアッ...
11日7月×7万×7...
01日 ぼかし


過去ログ 1998年07月 
2004年09月 10月 11月 12月 
2005年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 05月 06月 08月 09月 12月 
2008年01月 03月 04月 06月 08月 11月 12月 
2009年01月 02月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年02月 

おめでとう私、ありがとう私
2005年07月30日 (土)10:21

という訳で、毎度お馴染みのこのフレーズ。予定通りというか予想通りというか、一昨日の28日23時24分にカウント7万になりました。これで7月、7万、7周年のスリーセブンです。一応、29日までに7万超えたらいいなぁ〜と思ってたんですよ。満年齢も誕生日前日で繰り上がりますしね。前日までにクリアしたいというか。ほんとはもう少し余裕を持って超えてた筈なんですが・・・流石に更新をサボってばかりだとカウントも増えませんね(苦笑)

ちなみに、ここ数日は月末で忙しかったのと体調が悪かったので更新してなかっただけですよ。絵もあんまり描いてませんでしたし、記念絵なんてとてもとても。って、全く描いてない訳じゃない辺りが「だったら更新しろ!」って感じがしないでもないですが・・・そーいうのは気力というか気分の問題なんで。気分屋というのはそんなもんです。それに義務的に更新しようなんてのは何年も前に間違いだろうと気付いてますし。

例えば、毎日絵を描いて更新した事があります。去年の今頃も月に28枚カラーで描いてますし、今でも毎日描こうと思えば描けなくもないと思う。当時は半年という期間、毎日カラーで描いてましたから・・・これがレベルはともかくどれだけ頑張ったかはいうまでも無い。でも、たぶんこれは間違い。そもそも、「毎日描こうと思ったキッカケは何なのか?」といえば、それは絵が上手くなりたいと考えたから。上達の為にはとにかく描けってのはよく言われる事ですし、描いてればそれなりに慣れるだろうとも思うし。流石に半年も描き続けていたのだから、上達しないなんて事はない。

でもね。「毎日描くこと」は目的ではなく手段ですから。目的が上達であるのなら、たとえ1日描かなかったとしてもプラスになる事があったかもしれない訳です。逆に、無理して毎日描いた事で「手抜き」が身に付いたかもしれないし、そーした「いい加減さ」に慣れたのかもしれません。勿論、毎日きちんと考えて休まずに描き続ける事も可能かもしれませんが、あくまで目的は「毎日描くこと」では無いだろうと思います。手段の為に目的を忘れては本末転倒ですよね(苦笑)

絵を描くことで、また絵を描く為に学んだ事は少なくありません。例えば、「学校の勉強が何の役に立つんだ」なんて文句を言う人も少なくないと思いますが、絵を描く為には数学も物理も役に立ちます。運動して自分の体を動かす事も役立ちます。全ての経験は、それを活かせるかどーか。その経験を無駄にするのも活かすのも自分次第。それが無駄な勉強なのではなく、その勉強を無駄にしている自分が居るだけです。そして、そーした勉強がただ1枚の為にでも役に立ったのなら、それは無駄ではないと思えること。たかが1枚の為にと思わないでいられること。そんな風に絵を描いて行ければいいですね。

さて、話は堅いですが絵は柔らかく。最近は頭身の高い絵が多いですが、こんなバランスが好きですね。普通に得意分野?というか、きちんとデッサンしたり練習する事はこーいう絵にも活きる訳で、それはこーいう絵ばかり描いて慣れで描けるようになるだけよりも上達します。もし同じような絵ばかり描く場合は、「なんとなく慣れ」ではなく、きちんと「コツ」として自分なりのポイントを確かめると良いですよ。単純化した線にしても「どの部分をどんな風に単純化しているのか?」と、理解した上で描いていれば写真や実際のモデルから線を起こすのが簡単になりますしね。
0424a.jpg 500×500 51K
・ミサナ(2005/07/30 16:07)
お久しぶりですいません…。色々おめでとうございます!スリーセブンだなんて素晴らしい!(^▽^)これからも是非是非頑張って下さいー。
・hilo(2005/08/01 16:56)
7周年おめでとう御座います!自分からすると、気の遠くなるような継続年数です!努力と言う言葉だけでは表現しきれない長さですね。お体不調との事ですが、ご自愛なさって下さいね。
・神武(2005/08/02 08:10)
お二方ともありがとうございます。体調が悪いとなかなか思うように行きませんが、無理せず頑張ります(苦笑)
名前  URL 

←プレビューで確認後に書き込み

裸を描こう
2005年07月27日 (水)06:13

別に「エロ絵描きを目指せ!」なんて話ではないですが、体のバランスを覚える為にもたまには裸の絵を描いた方がいいです。例えば、腰くらいまでのほとんどバストアップというような絵でも、服を描かないとあれやこれや難しく感じる部分があると思います。肩の付け根、鎖骨や首の周辺。胸の形なんてのもそーでしょうし、胸から腰までのラインなんてのも普段は服で隠れているので慣れていないと難しく感じるかもしれません。特別難しいポーズを描こうとしなくてもいいので、描き慣れたポーズで服を描かないだけとか?これは逆にポーズとしては慣れた筈の物なので、どれだけ骨格やバランスとしていい加減になっているかの確認にオススメです。

という訳で、今日のラフも薄着ですね。流石に裸絵をトップに置いとくと困る人も居ますし・・・まぁ、裸のままより水着を描く練習にもなると思えばいいかな?ポーズがまた微妙な捻りやらあって立体として捉えるのに難儀しますが、投球フォームの途中みたいなポーズと力の掛かり方と思えば大体合ってると思います。少し屈んだようになるんで腰が前屈気味で、肩が開く分だけ胸が反り気味。なんかややこしいぞ(苦笑)
0420a.jpg 500×500 33K
名前  URL 

←プレビューで確認後に書き込み

姫だもの
2005年07月26日 (火)05:11

Pixia倶楽部のお祭り、テーマが「姫」に決まりましたね。あまりに具体的なテーマなので、否定的というか困ったような意見を見掛けます。まぁ、私的に考えても今までであれば「どーなの?」って感じであまり好意的には思えないテーマです。実際、「姫」のテーマでお姫様というのは面白みがない。「刀」のテーマでただ刀を持った人を描いただけとか、「空」のテーマで空を背景にしただけとか。

といって、果たしてそれはどーなんでしょう?例えば、「刀」と言われると日本刀が思い浮かんで武士や忍者、和風イメージが浮かぶかもしれません。でも、これが固定観念であるのは言うまでもありませんよね?勝手な思い込みです。日本刀に限らず洋刀もありますし、そーした広がりだけでも西洋の騎士や貴族、また海賊などのイメージへと膨らんで行きます。もっと柔軟なアイデアというのもありましたし、その描き方も色々。って、こんなのは実際に今までの祭りを見て来た人には今更な話ですね。

「姫」も色々です。おとぎ話や昔話で馴染みのお姫様も、そのイメージは決まった物では無い筈です。どんな場面を描くかによっても伝えたい物は変わる筈です。例えば、何か一つの話だけで考えろと言われたとしても、様々な場面と多様な表現。そーやって考えて行けばどれだけ描ける物があるか?と、そー思えるのもイメージ力を高めた結果かもしれませんけどね。まだ祭りが始まってもいないんだから、もっと頭を柔軟にして考えた方がいいですよ。こーいうテーマは勝手な思い込みで一元的に見てしまうと面白くなくなります。

という訳で、ラフを1枚。更新してないからって別に絵を描いてない訳でもない。ここ2,3日だけでもラフを10枚以上描いてますし・・・イメージを作るってのはなかなか難しいもんです。で、今日は何を描いたかといえば姫祭り2枚目予定のシンデレラですね。灰かぶり姫。お姫様だからお淑やかなんてのは当たり前なんで、思いっきりアクションシーン?てか別に水着で動き回るようなシーンではないですよ。実際にはドレスを着てますし。動きもあるんでデザインが考えどころですね。

ちなみに、このシンデレラと1枚目予定の人魚姫、あと1枚アイデアは出てるんで最低でも3枚は出せる模様。今回はあまり難しい事はしないつもりなんで、考えるのが楽でいいです。たまには可愛い娘を思う存分描きたくもなります(笑)
grp0726051144.gif 360×480 21K
・もび(2005/07/26 11:32)
いいですね〜!腕と足のなめらかな動き!あ。ご無沙汰ですみません。
・神武(2005/07/27 06:26)
まだまだ細部を整えないといけませんけどね。デフォルメとデッサンのどちらに寄せるかが考えどころです(苦笑)それからご無沙汰はお互い様というか自分もROMばかりなんで。たまにコメントがあるだけありがたいです(笑)
名前  URL 

←プレビューで確認後に書き込み

練習、練習、また練習?
2005年07月23日 (土)21:24

練習というのはテーマを持って、「重点をどこに置くのか?」や「この絵は何に気を付けているのか?」など、描いてる最中もそれを忘れないようにした方がいいですよ。といって、実際これもやってみると難しいもんです。例えば、いつもはラフな線だから今日は「線の綺麗さ」に気を付けて描こう・・・なんて思ったとする。なのに、いつの間にか造形としてデッサンの狂いの方が気になっていたり?勿論、テーマとした「線の綺麗さ」もあればその上でプラスなのでいいですが、練習くらいでそこまで高いレベルというのはなかなか無理があります。いくらプラスがあっても、テーマに対してマイナスになれば練習としてはあまり良くないんですね。

スキル(画力や技術)というのは、綺麗な線を引くことやデッサンとして形を整えることなど、いくつかに分けられると思います。正確な分類はともかく、自分なりにも「こーいう所が苦手だなぁ」とか「これが得意」なんて風にあると思います。もし、きちんと作品を描くという時にはトータルスキル、特に得意な所を活かした絵にすると良い。作品というのはスポーツでいう試合みたいなもんですからね。点が取れるように、勝てるように、活躍出来る様にと考えるものです。で、そこでいきなり練習していない事をしてもあまりいい結果が出ないのは当然ですよね?そして、いざ試合となった時に困らないように、普段から色々な練習をしているのが良いというのも納得でしょう。

先日、動きを描く時には細かく描き過ぎない方がいいと書きました。これは重点を置く所が「動き」であり、それ以外に気にする要素は少ない方が良いというテーマの明確性によるものですね。造形を単純化する事で動きが見え易くなるというプラスもありますし、そーした部分でも具体的なテーマを持った練習というのは有用です。勿論、逆に細部の描写=ディテールなんてのがテーマであればそこに重点を置いて描く。テーマが「表情の良さ」であれば、多少のデッサン狂いなんてのは気にしなくていいので、心底気持ちが伝わるような表情というのを考えて描くようにします。

絵でもスポーツでも、楽しいのが一番という人は少なくありません。ツライだけの反復練習よりも試合をしている方が楽しい。だから試合ばかりがいい・・・なんて思う。そこで、もし試合に負けたとする。「たまには負けることもあるさ」という程度ならいいですが、負け続けたらどーでしょう?「楽しいからいいよ」と勝ち負けを気にしない人も居るでしょうが、大概の人は次こそ勝とうと練習するんじゃないですか?確かに試合をするのは楽しくていいです。でも、同じ試合をするなら負けるよりは勝った方が嬉しいし、もし負けるにしても精一杯やったという充実感でもなければ好きで居続けるのは難しいのではないですか?結局、「いつも負けてばかりで楽しくないから」なんて理由でやめてしまうかもしれません。

案外、人というのは結果よりも経過を重視するもんです。試合に負けたとしても、「いい試合だったなぁ〜」なんて思えればそれで満足出来ます。そして、そー思う為には自分なりに頑張ったと思えること。これが重要ですよね。もし試合に勝てるなら、練習しなくてもいいです。まぐれで勝っても、ひとまず勝った事で嬉しいし、勝てるから続けようと思えるかもしれません。でも、最初から絶対勝つつもりでいるってのは随分と思い上がった奴だと思いません?そーは思わないからこそ、負けても悔いが残らないように練習しましょう。当然、積み重ねた物は結果にもなりますしね。

さて、動きやポーズといった絵が続いていたので今日はバストアップ。顔だけ描いても今更なんで、ガッツポーズみたいな感じにしてみました。普段は割と適当に描いているので、手とか腕の微妙なラインに気を付けて?そんな所が今日の絵のテーマですね。普通の女の子なので筋肉が割れていたり筋張った感じにはなりませんが、それでも筋肉がない訳ではないのでそれを無視した形状にはなりません。肘の辺りも曲げた時には骨が目立つので、細かく見ればなかなかややこしい形をしていますね。程々リアルに描きつつ、丸みがなくなって可愛くならないようにってのは難しいもんです(苦笑)

ちなみに、たまにこーしてディテールに気を付けて描くという事をすれば形としてのイメージが出来てきます。そーすると、大まかに描いただけでも自分の中にはこーしたイメージがある訳で・・・つまり、何となくで描いたような時にも、部位の長さや大きさといったバランスが自然に取れるようになるんですね。と、それを最初から複合して「動きと造形を綺麗な線で!」なんて風に描こうとするからパンクしちゃうんですよ。地道に一つずつスキルを身に付けて行けば、その内に全体としてのレベルも上がります。地味なようでも一つずつ。

実際、自分の場合もPixia倶楽部の祭り毎、ここ1年で4つくらいしかテーマというのは設けてません。大きな練習テーマってのはそれくらいの物だし、絵の上達なんてのもライフワークとかそれくらいのスパンで考えていればすぐに上達しないからと悩むような事は無い筈です。1枚上手く描けなかったからと、それを気にするような事でもないんです。それを悔やむ暇があったら、その間に次の1枚を描きましょう。ダメな所があったなら、それを反省点として次に活かせばいい。全ての絵は次への習作・・・そんな風に思っていれば練習もまた楽しめる。というか、思ったように描けない方が楽しくないですからね。技術至上主義的に上達しようというのは違うんじゃないかと思いますが、画力が足枷になって表現出来ないのは嫌ですから。最低限、好きなように描く為の画力は身に付けた方がいいとは思う。
0413a.jpg 500×500 40K
名前  URL 

←プレビューで確認後に書き込み

これから寝ます?(笑)
2005年07月22日 (金)06:26

いつ寝てるんだろうと自分でも不思議になる今日この頃ですが・・・間違っても早起きして更新しているんではない。そして夜更かしという時間でもない。それなりにやる気のある時というのは困ったもので、絵が調子良く描けてしまうのですね。というか、昨日書いたようにイメージ力を強化したので絵が描き易いのですよ。流石に1週間くらい描いてれば線を引くのも楽になってくるし。そして生活サイクルが乱れて体調を崩すんだよね。困ったもんだ(苦笑)

という訳で、今日は千夏で1枚。走っているようにも見えますが、ここから後ろ蹴りという感じ?蹴る時に上半身を逆に捻ってやるといいです。反動を活かすって事ですが、実際にやってみればわかるんじゃないかと。てか走るポーズにも応用が利くように描いているから紛らわしいんだけどね。走るにしては力の向きが違うんですよ。勿論、逆に走るポーズとして描くならそーいう所に気を付けて描けばいいって事でしょうね。
0412a.jpg 500×500 28K
名前  URL 

←プレビューで確認後に書き込み

描かないで学ぶこと
2005年07月21日 (木)05:57

実は、しばらく絵を描いていなかったのですよ。まぁ、更新しても一時期写真ばかりだったので意外という事もないと思いますが。忙しかったり、体調が悪かったり、あれこれ考える事があったり・・・あまり絵を描くような状態ではなかったというのもありますが、どちらかといえば意図的に描かないようにしてました。といって、別に絵をやめようなんて思っていた訳ではない。そんなに簡単にやめられるならとっくにやめてます(苦笑)

毎回、Pixia倶楽部の祭りが終わった後には反省点が見えてきます。今までにもテーマや色や線といった部分を直してきましたが、空祭りで気付いた点は観察力やイメージ力の低下。これが身に染みてわかりました。別に考えてない訳でもないですし、それなりに見てもいます。イメージが弱い訳でもないでしょうし・・・でも、足りない物が何か考えた時にそこに行き着いたんですね。

どんなによく見ようと思っていても、描きながらになると描く方に重点を置いてしまう。よく見ていない事が原因なのに、描き方が悪いとか思うように描けないと考えてしまう。そーした描き直しの上でそれなりに描けたとしても、これって違うと思うんですよ。まず何を描くのかがわかっていないのでは、思ったように描いたとはいえません。描く前に見る、イメージする、考えるというのは当たり前のことですよね?

だから描かずにいました。上達の為には一にも二にも描くもんだと思っているかもしれませんが、そもそも考えて描けが自論ですしね。重要なのは考える方。絵の為になる事を考えていればそれだけで上達する部分もあるんです。というか、例えば1時間絵を描いたとします。その分の上達があると思います。でも、特に考えもなく1枚描いただけでは然程の上達にもなりません。ちょっと慣れただけ。場合によっては「今日も1枚描いたぞ」という自己満足。もし、この1時間を使ってアニメを観たり漫画を読んだりしたらどーでしょう?勿論、何となく観るのではなく絵の勉強になるようにですが・・・もしかしたら、色んなポーズや表情の描き方のコツに気付けるかもしれませんよね?もっと単純に、ゆったりと過ごすことでイメージが湧くこともあるかもしれません。描かなくてもプラスになることはいくらでもあるんです。

という訳で、1ヶ月くらい絵を描いていませんでした。流石に線を引く技術は衰えたりしてますが、それ以上に学んだことは多いです。描く時のポイントの見極めであったり、立体や空間の把握。勿論、こーいうのは写真をまたやり始めたというのも大いに役立ってますが、根本にあるのは見たりイメージすること。そーした目を養うこと。そーした意識を持つこと。上達の為には描かなければいけないと思い込まないように。その上で、毎日のように描くように?矛盾しているように思うかもしれませんが、「描くだけ」にならない事が重要なんでしょう。

さて、そんなこんなで今日もラフを1枚。「小春さん新体操するの巻」って感じですが・・・流石にモデルなしでこーいうポーズはイメージを固めるまでが大変ですね。疲れます。てか凝ったポーズになるとバランスを真面目に考えるんで体型がリアルになって嫌だなぁ・・・私的にはもー少し丸みのある漫画っぽいのが好きです。

ちなみに、左手で上げた脚を支えてますが、この手が無かったとして見て下さい。さて、どんな風に見えます?実は軸足の傾きなんかもありますが、ちょっと上げた脚の角度を変えてやれば蹴りの動作になるんですね。回し蹴りとか。よーするに、昨日と同じく格闘技の動きと大差ないんですよ。好きなことや得意なことのイメージは自分の中にあったりするので、何かを描く時にそーした経験のあることや見慣れた物を応用して活かせるようになると描き易くなります。てか蹴りが身に付いてるってのもろくな経験じゃ無さそうですね(苦笑)
0411a.jpg 500×500 33K
名前  URL 

←プレビューで確認後に書き込み

細かく描き過ぎないこと
2005年07月20日 (水)06:22

絵を上手に描こうとするとあれこれ細かく描いてしまいがちです。これが動きを考える時には割とマイナスに働く。アニメーターの人などもよく言うのですが、動作を考える時にはなるべく単純な線で表した方がいいんですね。関節の位置や部位の長さなど要点として適当になってはいけない所はあるんですが、例えば顔をそれほど細かく描く必要はないでしょうし、手の形や向きがわかれば指先まで細かく描く必要はないんです。って、あくまで動きを考える段階の話ですよ。

動きを描くのが苦手な人は大雑把な線でいいのであれこれラフを描いて練習するといいですよ。この時に気を付けるのは動きであること。当たり前だと思うでしょうが、これがなかなか難しい。動きってのは方向のあるものです。腕を振ったり、脚を上げたり、それを止まっているポーズとして描くのと動作の途中として描くのでは違うでしょう?丁寧に、デッサンの狂いがないようになんて描き方をしてると逆に動きが見えなくなって来るものです。勢いで描ける線や絵というのもあるので、動きは動きとして速さを活かした方がいいのかも知れませんね。

という訳で、1枚。動きといえば千夏ですね。こーいうひっくり返ったような絵をあちらこちらで見掛けるんですが、何の動作なのかわからない物が多い気がする。これは「縦に近い斜めロールの回転浴びせ蹴り」ですかね。このまま右の踵落としのような蹴りを食らわせます。左腕の畳み込みとか、腰や股関節が微妙に捻りから蹴りに向かった開きの動作に入ってるのがポイント。似たような動きは新体操なんかでも見掛けますが、自分がこの蹴りをやる場合は体が硬いのでここまで前屈の状態には出来ません(苦笑)
0409.gif 500×500 35K
名前  URL 

←プレビューで確認後に書き込み

雑多なこと
2005年07月19日 (火)04:02

○その1
気付いてない人も居そうですが「完全攻略」書いてます。空祭り編ですね。流石に次回のテーマアンケートも始まったんで放っておく訳にもいかず・・・というか、ほんとは随分と前にほとんど書いてあったんですが、あまりに難解になったから書き直してみました。そもそも、「空」の本質を考えた時に般若心経が思い浮かんで、それがメインテーマになってます。で、般若心経といえば「色」と「空」でしょ?それで「花の色は移りにけりな・・・」の小野小町の歌が出てきて、移ろいを考えるのに卒塔婆小町まで出てきた辺りでこりゃダメだと思った訳ですね。「一夜賢者経」の話なんてのも面白いんですが・・・流石にそんな宗教染みた話は要らんか(苦笑)

○その2
先日、Tシャツを6枚買いました。あまり高い物は買わないから6枚といっても大した事はない。それに2枚はパーカーだから平気だ。って、何が平気かわからんわ。で、ジーンズも2本買ったのですよ。痩せているからジーンズはレディースを買っているんですが・・・ウエスト61が緩い。ゆるゆる。物によってサイズの差があるとはいえ、流石に61でここまで緩いとは。

○その3
更新が停滞していたので書いてませんが、先月「スルース(探偵)」という舞台を観に行ってます。結末は内緒にというお約束なんで特に内容も書きませんが、演劇ってのも面白いもんです。来月になったら「夢から醒めた夢」を観に行って、10月には「リバーダンス」でしょ。後は来年2月に「キャッツ」と予定はそれなりに?って、それだけチケット代も掛かってるって事ですが・・・映画くらい安いといいんだけど。

○その4
そろそろ学生さんも夏休みですね。この夏休みを使ってCGを始めてみよう!なんて思っている人も居るんじゃないかと?そんな訳で、講座を充実させたいなぁ〜なんて考えてます。やる気さえあれば書ける事は多々ありますし、初心者向けにやりたい事もある。で、何がないかといえばそのやる気だけ・・・困ったもんだ(苦笑)

○その5
次回の祭りテーマアンケートで「姫」が健闘しているので、困らないように1枚ラフを描いてみました。一応、千秋が人魚姫のコスプレをしたという事で?おそらくこれはモノフィンを付けたような状態だと思うんですが、実際のところ人魚姫って人間の姿になったくらいだから脚の骨格は無視しちゃいけないと思うんですよね。と、そんな所が私的なこだわり。

ちなみに、髪が少し不自然にも見えますが、これは全体で円形イメージを作ってデザインに活かしたいからですよ。実際に絵にする時にはもー少し手直しないといけませんけどね。真ん中の空間にロゴを入れてイラストっぽさを増すとか、色々と考えはあるのですよ。てか記念絵に使うつもりなのさ(笑)
0408.gif 500×500 28K
名前  URL 

←プレビューで確認後に書き込み

Musical Baton
2005年07月17日 (日)19:43

一応、ダルマンさんからリンク先の方へという事なんで。というか、ほんとに流行ってるようであちらこちらで見掛けているんですが、うちに回す奴も居なかろうと高をくくっていたらそーでもないようで?遅ればせながら、ひとまず受け取ってみました(笑)

○Total volume of music files on my computer (コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)
IEのキャッシュなんかで多少はあると思いますが、音楽を聴く為のファイルとしては現在ほぼゼロですね。以前にMP3プレーヤーを使っていた時にはギガサイズで入れてありましたが、今はMDしか使わないので。新しいパソコンにしてからわざわざ音楽ファイルを扱う事はないです。

○Song playing right now (今聞いている曲)
無し。パソコンを使っている時は基本的に録画したテレビ番組を観ているので、それ以外の音源を使うことはほとんどありません。てかそーでもしないと観る番組が多くて処理出来ません(苦笑)

○The last CD I bought (最後に買ったCD)
ポルノグラフィティのアルバム「サンプ・サンプ・サンプ」ですね。
内緒にしてる訳でもありませんが、神武さんはポルノファンです。

○Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me (よく聞く、または特別な思い入れのある5曲)

1.ポルノグラフィティ「パレット」
以前、何を描いたらいいのか悩んでいた時にふと気付かせてくれた曲。その頃、絵の意味を考えて「特別な何か」を描かなければいけないように感じていました。が、あるがままを描くだけでも絵を見た人がそこから何かを感じるだろうし、逆にそーして感じる絵にすればいいと思った訳ですね。日常のちょっとした事やふとした表情、そんなものを描くようになったキッカケの曲です。

2.JUDY AND MARY「風に吹かれて」
ジュディマリだと他にも「ステキなうた」とか「ジーザス!ジーザス!」なんて辺りも好きなんですが、歌詞とかメロディー全体でみるとこの曲が一番好きっぽい。ジュディマリは失恋ソングだったり、報われない恋だったり、それでも健気に頑張ろうみたいな所がいいのかな?そしてYUKIの声が好きなのです。最近のYUKIの曲もいいですが、私的には変な外人さん(とか言うな!)と一緒にやってたNiNaのアルバムなんてのもオススメだ(笑)

3.スピッツ「愛のことば」
「くだらない話で安らげる僕らは その愚かさこそが 何よりも宝もの」という歌詞が、些細で当たり前で、でも恋愛経験が増える程に実感します。彼氏や彼女とどこかに行って楽しかったなんてのは、その相手が友達であっても楽しさにどれ程の差もないんです。楽しい事をすれば楽しく思う。恋人の居る時はその相手が彼氏や彼女であるというだけ。それが、くだらない話やただ一緒に居るだけで安らげたり楽しく思えたら、それが一番いい事ですよね。と、そんな風に思わせる曲。「運命の人」辺りも恋愛感に影響ありかな?

4.槇原敬之「どうしようもない僕に天使が降りてきた」
「『愛を勘違いしないでください』って」のフレーズがなかなか痛くて、結局のところ改めて考えてみると勘違いや甘えで恋愛はダメになる事が多いなぁ〜とか?結婚でも恋愛でもその関係に甘えて手を抜いちゃいけないんです。と、経験者は語る(笑)
曲としては随分とベタな感じがしないでもないですが、「チクタクまるで時限爆弾」の辺りやサビの部分が唄っていて心地いい。彼の曲はキーが高くて唄い易いのです。

5.FIRE BOMBER「LIGHT THE LIGHT」
ファイヤーボンバーといえばマクロス7のアレ。バサラですね。「TRY AGAIN」とどっちにしようかと思いましたが、思い入れとしてはこっちが上だろうという事で。この曲の出だし、「神様は忙しくて 今手が放せない」というフレーズが好き。いい事ばかりある訳じゃないけど、神様が居ない訳じゃない。今ちょっと忙しくて手が放せないだけだよ?なんて。実際、そんなにつらい事ばかりじゃないですし。希望を捨てない事が大事なんだろうと思う。

最後がアニソンというのがらしい気もしますが、基本的に誰が唄っているから良いという事もないんですよ。ひとつの物に固執できる性格ではないですし、その時々に「これはいい曲だなぁ〜」なんて思う。それも時の流れの中にあればいい事で、無理に残そうとしている訳でもない。それでも、残っていくのがこーした曲達なんでしょうね。

で、バトンはどこにも回しません。止めます。チェーンメールとかは回さない主義なんで。てかリンク先とかほとんどの所で既に書いてますしね。今更回す所もないですよ(苦笑)
名前  URL 

←プレビューで確認後に書き込み

美術
2005年07月17日 (日)00:06

例えば、景色を見て綺麗だと思う。風景画や風景写真というのがあるくらいなので、こーした景色も美術や芸術なんじゃないかと思いそうですね。文字そのままに考えても、「美」と付くくらいですし。実際、景色を見て美しいと思うし、自然の中に美はあります。というか、それが美です。で、実はそーした美しい物を自ら創造しようとしたり、模したりするのが美術や芸術という物なんですよ。つまり、ただ自然そのままの物は美しくあっても美術ではなく、そこに人の介在があって初めて美術と成りえるんですね。

たまに絵を描くサルやイルカなんてニュースがあったりします。逆の言い方をすれば、サルやイルカの描いた絵があるって事ですが・・・果たしてそこに彼らの意思は存在してるのでしょうか?筆や画材を持たされて、それで何がしか色を付けたり線を引いたり。けれど、それはそーした芸として仕込まれたに過ぎないし、少なくとも特定の何かを描こうとして絵になったのではないでしょう。結果、綺麗な物や魅力的な絵になったとしても、それは自然が美しいというのと同じ。美術や芸術として考えるような物ではないのかも知れません。

景色を見る。ただそれだけで美術にはなりません。が、これを絵にした時、それは美術になる。景色の切り取り方は人によって違いがあるでしょうし、ただそのままを絵にしただけと思っていても描いた人の意思の介在があるって事です。写実系というのはそーした絵ですよね?でも、これは写真の登場と共に廃れて行きます。何故なら、ただそのままであれば絵にする必要がないし、それが綺麗なだけの絵であれば基にした景色や物や人が綺麗というだけのこと。絵の良し悪しとは関係なく、モデルが良かっただけでしょうという話になってしまうからです。だったら、より確かな写真に撮ればいいと思うでしょ?

多少なりと経験者なので写真は得意です。だから自然や人や物、この世界に綺麗なものや美しいものが沢山あると知っています。というか、どこかにそんな物があるというだけでなく、そこかしこからそんな物を見つける事も探す事も出来ます。写真はそーした目を養うという経験になっています。その上で、絵は現実を超えられる良さがある。モデルも何もない所からでも創造して行ける。そんな所が面白い。

さて、そんなこんなで絵を1枚。最近、凝ったポーズで描くこともなかったんで少し動きのある感じに・・・長い髪で描き易いというと千秋になりますね。千秋はプロポーションも良いので女性らしいポーズにも向いてます。てかもー少し普通のポーズで良かったんですけどね。重心とか動きの方向を考えてたらこんな風になってました。

ちなみに、この絵を左に90度回転させて頭が下になるようにすると、いい感じで錐揉みジャンプしているようになります。というか、ほんとはそんな絵でもいいんですが、運動神経の悪い千秋にそんな事は出来ないので。てか回転方向にしか力を感じないように描いてるんで90度毎どの方向に変えても問題ないはず?動きを考えるのは面白いですね。描くのは苦手ですけど(苦笑)
0402a.jpg 380×400 41K
名前  URL 

←プレビューで確認後に書き込み

胸が痛い
2005年07月16日 (土)05:47

別に何か心苦しいことがあるとか恋してるなんて訳ではない。言葉そのまま胸が痛いのです。しばらく前から胸骨辺りにヒビが入っている模様。で、なるべく大人しくしてたんですが、荷物を持つ時に気を抜いたらしたたか痛かったのですな。胸骨や肋骨は固定するような場所でもないんで、どちらかといえば治りが遅いんですよね。結局のところ安静しかない。まぁ、ケンカを買ったりしなければ問題なかろう・・・てか何でそんな事になってるんだかなぁ(苦笑)

ちなみに、固定も出来ませんが腕や足のように大きく動く所でもないのでそれほど頻繁に痛いという訳でもない。ふとした拍子に痛い。これが微妙。痛くなくても治っていないんだと自覚しておかないと無理しちゃうし。姿勢や力の入れ方もどの程度まで平気なのか、どの程度まで影響してるのかが良くわからない。で、常に気を使ってると肩が凝ったり背中が張ったり。無駄に疲れます。腕の骨折とかの方がギプスで固めちゃえば痛くもないし楽ですね。

さて、そんなこんなで疲れてますが1枚描いてみました。考える余裕はないから描き易いところで小春さん。前回が小さめ(幼め)のアレンジだったので、今日はリアル気味に。胸のボリュームの無さもリアル気味・・・なんて言ってると怒られるに違いない。てかほんとにリアルに描くと普通の娘の体型って割とゴツい感じに見えちゃうんで、程々細めにアレンジした方がイラストとしては見栄えがいいですよね。
0400a.jpg 320×440 30K
・hilo(2005/07/16 10:02)
胸骨にヒビとは大変ですね。一箇所でも体に痛い所があると、健康って有難いなと実感しますよね。行動に制限がかかるのって本当に不便です。お大事になさってくださいね(^^)
・神武(2005/07/17 00:20)
既に半月くらい経つんでそんなに酷くもないんですが、ふとした時に地味に痛いという感じで。頬杖で肘をつくのが割と痛いかも(苦笑)ほんと健康は大事ですね。
名前  URL 

←プレビューで確認後に書き込み

バージョンアップ
2005年07月13日 (水)05:22

Pixiaの新しいバージョン(Pixia計画のVer.3.2j)は表示倍率のリストを編集出来るようになったのが便利。少し前のバージョンから導入された細かい倍率変化ってのはそれなりに有用だったんですが、それを更に使い易くした感じ?実際、環境や描き方によって丁度いい表示倍率ってのが違うんで細かい倍率変化ってのは必要なこと。でも、10%刻みってのが細か過ぎてちょっと・・・という人は居たようで?その辺り、早々に直されるのがPixiaの良さですね。対応が早いこと。

ついでに、JTrimもVer.1.47が出てますよ。こちらもこまめにバージョンアップされてるのでたまにHPをチェックすると良いかも。といって、こーいうのは気にしない人は気にしないしね。使ってて不便がなければそのままのバージョンで問題ないし。逆にバージョンアップしたら不具合が出ましたなんてのもよくある話。フリーソフトの最新版はβ版みたいなもんだから、しばらく様子を見るなんてのが正しいのかもしれない。

そんなバージョンアップ。人の場合も年齢が変わったり、学年が変わったり、それなりにバージョンアップして行きますね。まぁ、バージョンが変わっただけで中身は大差ないって場合もあるし、ソフトにもあるように前のバージョンの方が良かったなんて事が無い訳でもない。それでも、積み重ねて来たものは確かにあるので、昨日今日の変化は感じないにしても去年の自分よりは向上したなぁ〜なんて思いたいものですね。

で、そんな事を考えていたら、去年の今頃はアホのように絵を描いていたのを思い出した。月に30枚近くカラーで描いてました・・・ほぼ毎日ですね。えぇ。それで1年でどれだけ上達したかといえば・・・「これが上達だ」と認識出来るくらいの上達という感じかな?実際、1年前の方が上手に描けてるように思える部分も多々ある。多少ではなく多々。それでも、細かい部分で確かな物がある。偶然の産物で上手に見えるというのではなく、少なからず意思の上に存在するもの。というか、ただ単に丁寧にとか整えてという方向に進んでいないからこの1年は上達したように見えないんだよね。たぶん。そーいう中で何の為に何をしたか、そして何が出来たか。それを自分なりに納得出来ているからいいんですよ。上達ってのは自分の中にあるもの。絵や作品として残った何かではないと思っている。

さて、そんな訳で1年前にアホのように描いてた小春さん。前回は等身をアレンジする余裕もなかったですが、今日はちゃんと小春らしい等身で。これくらいラフっぽく、塗りもアッサリ適当な方が私的には好き。微妙な表情もただ笑ってるだけより雰囲気があって良いかな?てか疲れてるから絵も疲れてるとか何とか・・・気分屋だから絵に出ますね。これでもう少しだけ線が整えばいいんでしょうが、程よく整えるってのは描き慣れてないとダメですね。今は無理だわ(苦笑)
0397a.jpg 400×400 37K
名前  URL 

←プレビューで確認後に書き込み

7月×7万×7周年
2005年07月11日 (月)05:55

という訳で、あっという間に7月も中盤になってますが(苦笑)
実は、7月といえば神武館の開設された月なんですね。今月末になれば7周年。ついでにカウンターも7万くらいになりそうで・・・7並びでメデタイ感じがしないでもない。777(スリーセブン)ですよ。その割に放置してますけどね。一応、その内に何かしたいような?てか、何かして下さい。もしくは、何か下さい(笑)

って、それはともかく久々の更新ですよ。そんなに忙しいという訳でもなかったんですが、梅雨の時期は苦手です。別に猫憑きじゃないから雨がダメとかいう事もないと思いますが、テンション上がりません。雨が降ると写真も撮れないし。防水じゃなければカメラを壊すだけなんで無理して写真撮っちゃいけません。気を付けましょう。てか写真撮ってばかりでなくてもいいんですが。それを言っちゃイカン。

サイトが7周年で大した年数ですね〜なんて思いますが、まともにCG描いてるのも似たような年数なんでそれもまた大した年数ですよねぇ〜なんて?でも、写真はそれよりも遥かに長い年数やってるんです。デジカメ全盛の昨今、現像経験があるってだけでも本格的にやってたっぽいだろうし・・・まぁ、写真部在籍といっても不良部員だったから活動自体はあまり褒められたものじゃありませんけどね。てか、それを今まで微塵も出さなかったのが凄いよね。いや、活用してなかったといった方が良かろうか?座右の銘が「宝の持ち腐れ」なので仕方ないか。

ちなみに、写真の腕は鈍りまくりなんで勘を取り戻すまでが大変です。例えば、物との距離感。昔のカメラというのはピントは自分で合わせる物だったので、写真をやっていると対象物までの距離というのが大よそわかったりしたんですね。それが今はかなりあやふや。てか考えないと距離がわからないという感じなんで、これがパッとわかるくらいまでならないと困るなぁ〜と。

実は、こーした距離感というのは絵を描く時にもそれなりに必要な物だと思っている。「相対している誰かを描いた」という絵ならそーした距離感で人物を描くべきだろうし、「広い景色の中に小さな人物」というように描かれていればどこか俯瞰的なイメージで身近さは感じないでしょ?全身を描きたい、景色を描きたいというのはある意味では状況説明的で絵としてプラスに働かない事もある。必要な事は何なのか?クローズアップやトリミングして見せたい部分は無いのか?絵として考えてしまうと細かく描いたり沢山の物を描いた事で満足してしまいがちですが、絵でも写真でも構図として考えれば同じこと。画面に全身が入っているのとバストアップなのは表現の違いだけ。どちらが「難しい絵を描いた」や「凄い事をした」なんてものではなく、どちらが自分の絵に必要な表現なのか?ただそれだけですね。そんな事を理解するにも、写真というのもたまにはいいもんです。


さて、そんな訳で1枚。空の写真が多いのは空が好きだから。それでも色んな表情があるのが空の良さですね。似たような写真に見えても、同じ空なんてのは無いんです。日々、「同じ毎日」と思っている人には感じられないかもしれませんけどね。きちんと見ていれば空でも景色でも、全てが違う日々の積み重ねなんです。


夕焼けでも寒色系な感じにピンクとか紫っぽい色になるとどこか幻想的で綺麗な気がする。絵的な表現としては朝焼けっぽいようにも感じるけどね。


麦芽100%なんて感じでビールの広告になりそうな雰囲気ですが、手前にあるのはムギクサという道端の雑草です。難しい写真に見えないかもしれませんが、このムギクサの背丈は2,30センチ程度。地面スレスレから思いっきり煽りで撮っているんですね。こんな構図は得意な所。

それから、最後に絵も1枚。久しぶりに描いたら小春さんは後ろ髪がスッキリと夏向きになってました。てか久しく描いてなかったのでポーズに凝る余裕も等身をアレンジする余裕もないです(苦笑)
grp0711055549.jpg 400×400 25K
名前  URL 

←プレビューで確認後に書き込み

ぼかし
2005年07月01日 (金)04:28

昨日の話。絞りやシャッター速度を天秤に掛けて、釣り合うように設定するんだと思えばわかり易いかもしれない。絞りを1段変えて暗くなったら、その分シャッター速度を遅くして光量を確保とか?この天秤の釣り合った状態が写真を撮るのに丁度良い明るさ。専門用語では適正露出や適正露光なんていいます。

さて、そんな明るさだけを考えるならカメラ任せのフルオートで構いません。写真を撮るのに必要な光量さえあれば問題ありませんし、最低限の写真にはなるでしょう。が、それをわざわざマニュアルで設定するのはどーしてかといえば、以前にも書いたようにそこに表現が入るからですね。絞りを開ける事で背景がボケ易くなったり、シャッター速度によって動きが違って見えたり。と、ここで少し残念な話。実は、デジカメというのはCCDサイズの小ささなども影響して、あまり細かい表現が得意ではない。


例えば、↑絞りの違い。左がF8.0で右がF2.6です。一応、右の方が多少ぼけて見えるとはいえ、表現としてぼかしたという風には見えませんよね?一般的なコンパクトデジカメでは少しくらい絞りを変えても大した変化にはならず、絞り優先AEなどあってもあまり意味がないだろうなんていう人も居る訳です。というか、実際にこの程度しか変わらないなら表現も何もなかろうと思いますよね(苦笑)


そこで、少し工夫したのが↑こちらの例。先程と同じく左がF8.0で右がF2.6で撮影した物です。さっきとはちょっと距離感が違ってますが、じゃあ近付いただけなのかといえばそーでもない。マクロモードで撮影しているんですね。花などの小さな物を接写する時にマクロモードを使ったりすると思いますが、そこで絞りを変えるとこれだけ違いが出るんですね。もし、絞り優先AEなどがあれば試してみるといいですよ。接写だから背景がぼけた方がいいと決まったものではないですし、逆に接写で背景をあまりぼかしたくないならマクロモードで絞りを閉じるなんて設定で対処出来るんです。


それから、これは絞りではないですが望遠を使ったぼかしの例として。左が望遠なしで右が4倍ズームで撮影したもの。マクロモードは接写用なので遠い距離の物には使えません。で、そーした風景などでぼけを使うには望遠を使うのが良いです。望遠で撮影した方が背景部分がぼけているのがわかりますよね?望遠にすると見え方の違いも当然ありますが、背景がぼけ易いという利点もあるんですよ。

とまぁ、使い方によって色々と表現は出来るもんです。設定がどーこー知らなくても、実際に色んなパターンで試していれば自分で気付けることもありますし。少なくとも、ただそのままフルオートで撮るだけよりは変化のある写真が撮れると思います。面白いですよ(笑)
名前  URL 

←プレビューで確認後に書き込み

過去ログ 1998年07月 
2004年09月 10月 11月 12月 
2005年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 05月 06月 08月 09月 12月 
2008年01月 03月 04月 06月 08月 11月 12月 
2009年01月 02月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年02月 
<
トップに戻るタイトル一覧画像リスト/ ログ検索