◆◇◆ おそらくは駄文的日常会話ログ ◆◇◆

トップに戻るタイトル一覧画像リスト/ ログ検索

Dec / 2005
Su Mo Tu We Th Fr Sa

123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

<-new / old->


タイトルリスト
12月25日 Palette Baton
24日 学ぶ
23日 土曜の獅子の日
19日 もういくつ寝る...
17日理想の画材
16日無差別級
12日 自由という枷
09日 1日は24時間...
07日めりくり2
05日 地デジ
05日 IQ
03日夢、詰まってま...
01日 性格バトン


過去ログ 1998年07月 
2004年09月 10月 11月 12月 
2005年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 05月 06月 08月 09月 12月 
2008年01月 03月 04月 06月 08月 11月 12月 
2009年01月 02月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年02月 

Palette Baton
2005年12月25日 (日)06:02

ND!のなおこさんが「我こそはという方」という事だったので、バトン受け取ってみました(笑)

Q.よく使うアナログ画材は?
なし。って、いきなり素っ気無い答えって気もしますが・・・まぁ、タブレット主体の絵描きというのはそんなものでは?というか、アナログ(紙&鉛筆など)とデジタル(PC&タブレット)ではストロークと描線の感覚が違いますからね。そのズレがあるものとして慣らしているので、タブレット以外ではなるべく絵を描かないようにもしています。いくつもの画材を使いこなす程の力は無さそうですし、感覚で使える程の画材は今のところタブレット以外にないので・・・実はアナログ直筆よりタブレットを使った方が字も綺麗に書けたりします(苦笑)

Q.好きな色は?
ピンク。といっても、ショッキングピンクのようなビビットな色ではなくトーン(色調)としては淡い感じ。他の色でも基本はそーなんですが、桜色とか日本的な色が好きですね。微妙な風合いが良い。

Q.イラストのお供は?
タブレット絵描きなので絵を描く=PCなので、PC=TVの神武さんとしてはテレビ番組なんて事になりますかね?絵を描くのは19インチCRT、それ以外は17インチ液晶なんて風にデュアルディスプレイで2画面使ってますから、テレビの子画面が絵を描く邪魔になるなんて事もありません(笑)
ちなみに、飲み物だと最近はココアが多いです。起きていればほぼ飲み続けになるので、1日にココア10杯以上なんて事もありますね。

Q.描き始めたキッカケは?
ほんとのラクガキ程度はいつの間にかでしょうけど、現在のような形で始めたキッカケは雑誌付録のCD−ROMを使いたかったからです。

まず、当時のCD−ROMがほとんどWin95対応だったので、Win95の新しいパソコンを買った→そしたら、パソコンにモデムが付いていたのでインターネットに繋いでみた→ネットであれこれ見てる内に自分でも描いてみたくなった→気が付いたらフルカラーでCGを描ける、それなりの環境が揃っていた・・・なんて感じかな?

別に、この時にタブレットを買いましたなんて事ではないんですよ。なにせ初代タブレットはシリアル接続のArtPad2ですから、タブレット自体は15年くらい前から持ってます。ただ、その頃はPC−98(DOS/VのNXではなく、国民機と呼ばれた9801の方)でしたからフルカラーで描くなんて出来ませんし、Win3.1になってもフルカラーで思うように描くというレベルのハードもソフトも高くて買えませんでした。だってWin3.1を使う為に買った4MB(4GBではない)のメモリが約4万ですよ。中古で買った80MB(これまた80GBではない)のHDDが約5万ですよ。しかも、それで何が出来るかといえば、Win3.1がカツカツで動く最低レベルですから(苦笑)

タブレットやパソコン、CGの持つ可能性に魅了されて数年が経ち、やっとそれが自分の物になったという訳です。自分にとっては「CGだから鉛筆の代わりにタブレット」なんて軽い物ではなく、「これこそが理想の画材だ!」と恋焦がれていた物なんです。その上で、Pixiaというソフトとの出会い。これは某所の掲示板でソフトは何を使ってますみたいな話になって、そこで知ったのがキッカケでしたね。それすらも随分前の話ですから・・・Pixia歴だけでも4年半以上あるんだねぇ(苦笑)

ほんと、キッカケというのは些細なものですよ。家にパソコンがあったからでも、誰かの絵に憧れたんでもいいんです。勿論、うちの講座を見て「あ、これならやれそうかも」なんて思って貰えたら嬉しいですけど。と、そんなキッカケの為に現在の神武館は存在してます。自分の絵が、このサイトが、唯一人のキッカケにでもなれればいいですね(笑)

【次に回す5人!】
いつもなら止める所なんですが、無理矢理受け取った物なので・・・あやかちゃんとか?後は指名するほどでもないので相互リンク先などで適当に拾って頂ければ。てか内緒でリンクしてる人にもオススメだ!割とあちこち見てるんで、面白そうならコメントしに行きます(笑)
・なおこ(2005/12/27 01:41)
バトン拾っていただいてありがとうございます。1日にココア10杯ですか!私もお絵描き中はお茶とかひっきりなしに飲む方ですがさすがにそこまでは…。(^^;
・神武(2006/01/06 04:37)
マグカップで10杯飲んでも2リットル程度ですから。大した分量でもないですよ(笑)
名前  URL 

←プレビューで確認後に書き込み

学ぶ
2005年12月24日 (土)05:38

先日、実家に帰った折に久方振りで「宇宙家族カールビンソン」を読んでみました。といっても、うちにあるのは完全版じゃなくて徳間発行の奴なんで途中までしかないんですけどね。一応、持ってる分の12巻まで読んで来ました。で、何巻だか忘れましたが、作中でコロナちゃんが小学校に通う辺りで「学校とは何ぞや?」というような部分があるんですよ。

無能が無知に無用をつめ込む所なんていった人がいたようだけど
まぁ教わる気でいるとなんの役にも立たない所で
学ぶ気でいれば少しは足しになる所だな


ライカという登場人物が「学校って何だ?」と聞かれてそれに答えた台詞ですが、この台詞からでも学べる人は学べるでしょうね。あまりピンと来ない人も居るでしょうが、学ぶってのはそーしたもんです。

簡単にいえば、「教わる」というのは受動的とか。仕事でも勉強でも、何かをやろうとした時に「教えて」という相手任せ。逆に、「学ぶ」というのは能動的。自分からやろうとする自主性、積極性があると考えればいいかな?単純に「学校で教わった」と「学校で学んだ」という響きで考えても、その違いはわかるんじゃないですか?と、それが感じられるくらいなら元から「学ぶ」って意識がありそうですけど(笑)

少しばかり前になりますが、某所ブログでの「絵の描き方を教えてくれる人の方が大抵スキルが高い」というような話に対してラクガキングで有名な寺田克也さんを引き合いに出し、「『人に絵を教えてもらおうと考える暇があるなら一にも二にも絵を描けよ、ぼけぇ!!!!!』と言った寺田さんは下手だという事ですね・・・」などとコメントがありまして。これ自体が前もって私見であるとした物に対して、しかも本文で触れてもいない人物を引き合いに出したおかしなコメントというのもあるんですけどね。それ以前に、寺田さんの言葉から何も学べていないのが残念だなぁと思ったんです。

例えば、誰かに絵の描き方を聞いたとしましょう。その時に、上記の寺田さんのような答えが返って来たとして・・・それを「少しくらい教えてくれてもいいだろ〜!このケチ!」なんて思って終わるのなら、それは学ぼうという意識がないんです。実際、この言葉も「教わろうと問い、答えを待っている暇(時間)があるならその時間も描いて練習した方がいい」という風にも受け取れますし、「ただ教わるよりも自分で試行錯誤して描いていった方が身に付く」とも解釈出来る訳です。つまり、この言葉自体が彼の「教え」かもしれませんし、たとえ教えでなくとも、そこから「学ぶ」ことは出来るって事です。

何かしらの教えにしても、うちにあるような講座にしても、それらはデータ(情報)に過ぎません。データというのは解釈や解析をして、活用しなければ意味がない物です。講座を見て、「ふ〜ん、そんなのもあるんだ〜」で終わるだけでは上達しないでしょう?逆に、お絵描き講座のような物でなくても、日々の生活の中で少し注意して物を見るようにするだけでも、とにかく何でも描いてみるんでも・・・何からでも学べる、学ぼうとする姿勢が大事なんじゃないのかな?

という、この文章にも学ぶことはあるかもしれません。もし、こーした考えが間違っていると思うのであれば、それもまたこれを反面教師として学んだことになりますから。無用の用や無知の知があるように、良くないと思うことにすら学ぶことはあります。今回例に出したコメント云々というのも、これによって寺田克也さんの事を知ってプラスになったなんて人も居るかもしれない。何から学べて、何がプラスになるかは本人次第。というか、物事は考え方でプラスにもマイナスにもなりますから。ポジティブに行くのがいいんじゃないですか?
名前  URL 

←プレビューで確認後に書き込み

土曜の獅子の日
2005年12月23日 (金)08:01


さて、ここはどこでしょう?って、普通に「四季劇場」の文字が見えてますけどね。タイトルからもわかる(?)ように、先週の土曜日はあやかちゃんと一緒にライオンキングを観に行ってました。四季劇場のライティングも綺麗で良いのです。


満月よりは少し欠けていますが、ほぼ真ん丸の月が出ていたので2枚目はそんなのを入れて。月の絵を描く時にやたら大きく描いてしまいますが、実際の月というのは手を伸ばした時の指先よりも小さく見える物なんですよ。


クリスマスらしく、劇場前にはツリーがありました。後ろに見えるポスターが如何にも「劇団四季」って感じですね。ちなみに、三脚を使っているので手ブレはありませんが後ろの人がボケてますよね?こーいうのがシャッターの遅さによる被写体ブレという物です。三脚や手ブレ補正があれば何でも平気って訳でもなく、きちんと撮りたいのであれば考える事はいくらでもあります。


次に移る前に少しばかり。もし手持ちだったらという実例で1枚。これでもなるべく体を固定してシャッターも0.8秒開けてるんですが、F8.0まで絞っているのでどーしても薄暗くなります。てか手持ちで夜景を撮る場合ははISO感度を上げる、絞りを開放にする。逆に、三脚を使う場合は感度を下げる、絞りをある程度以上絞るってのが基本ですね。


という訳で、同じ所で今度は三脚を使ってシャッターを4秒開けてます。流石にここまでシャッターを遅くすると手持ちって訳には行きませんね。ちなみに、イルミネーションの光がキラキラと星型(?)みたいになってますが、これは特別なレンズフィルターを使った訳でも、撮影後ソフト的に手を加えた訳でもありません。こんなのを撮るだけでも、マニュアル設定の出来るデジカメには利点があるって事ですね。


これまたキラキラですね。流石に光が強過ぎて白い部分が気になりますが、カメラの性能的に暗い部分と明るい部分のどちらかはあきらめるしかないので。やはりもう少し絞れるか、NDフィルターでも使うといいんでしょうね。てかこのクラスのカメラにそこまで求めちゃいけませんけど(苦笑)


これなんかは普通に遊歩道という感じで撮ってきたので、キャラの背景に使ってもいいかも?


遅いシャッターでノイズリダクションが効いたせいか、画像補正技術DIGICのお節介かわかりませんが、ちょっとノッペリし過ぎているのが残念ですね。まぁ、絵描きとしてみればノッペリ絵的に撮れても悪くないとか思っちゃうんですけど。


こちらのイルミネーションは赤が強めですね。キラキラというよりは燃えるような雰囲気?てかホワイトバランスをオートにしていないのでより一層赤みが増してたりもしますが。


先程の場所から道を挟んだ反対側へ。左奥に見えるガラス張りの建物が以前に少し話も出た国際フォーラムですね。という訳で、ここがどこかというと東京丸の内。東京駅と有楽町駅の間くらいになります。いつも電車から見ながらそのうち撮りたいと思ってたんで、ライオンキングを観た後に撮った訳です。めちゃくちゃ寒かったですけど(苦笑)


せっかっくなので作品っぽく1枚。シャッターの遅さを利用して、手前にテールランプの光を入れてみました。映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のデロリアンが通り過ぎた後のように、テールランプの光が街路樹に移ったような・・・そんな風に見えなくもないでしょ?簡単に撮ってるように見えますが、車の速度とかも考えて構図にハマるようにしないといけないんで。なかなか難しいのですよ(苦笑)
名前  URL 

←プレビューで確認後に書き込み

もういくつ寝るとクリスマス
2005年12月19日 (月)06:33

クリスマスを過ぎてしまうと流石に少し間抜けな感じになるので、遅ればせながらお台場の写真を載せてみたり。一部を除いて、いつも通りクリックで大きな画像が表示されます。


これはヴィーナスフォートのクリスマスツリーですね。特別変わったツリーではないですが、3階分くらいの高さがあってそれなりに大きいです。


同じツリーですが撮る角度を変えて。今度はヴィーナスフォートの入り口がバックに入るように。普通にツリーを撮るとスケール感も出ないので、こんな風に背景や他の物と組み合わせると面白いかもしれません。


これはヴィーナスフォートの中にある噴水広場。クリスマスなので、時間によって特別なイベントがあります。曲に合わせてライティングが変わったり、更に「奇蹟」と呼ばれるお楽しみがあるんですが・・・ネタばらしになってしまうので内緒にしときます。と、幻想的で素敵なイベントを見ながらも「使徒みたいだよね〜」とまたそんなオタッキーな話をしてましたけど(苦笑)


こんな風に普通の通路部分にもあちらこちら飾りがあって、これがイベントのタイミングに合わせて光ったりします。それなりに雰囲気があって綺麗です。


ついでに。以前にもハチクロカフェがあるとかお台場は微妙にオタクっぽいなぁ〜なんて話もしましたが、今回はヴィーナスフォートでパラキスがありました。ゆりかもめの中に「舞−乙HiME」の広告があったり・・・アニメファンにもなかなか楽しい所かも?(笑)


ここからしばらく観覧車のあれこれ。一応、クリスマス限定で普段とは違ったイルミネーションになってるらしいですよ。これは虹のようなグラデーションですね。


これは少し角度が悪いですがリボンみたいです。リボンだけでも3種類くらい色がありましたよ。


これがわかり難いんですが、サンタクロースらしいです。左上が真上になるように斜めに見ると少しはそれっぽいかな?赤い帽子と白い髭って事らしい。


これもまた斜めに見て、クリスマスツリー。所々に違った色の部分がありますが、あれがツリーの飾りって事みたいです。


これは十字架って事なんじゃないかな?多分。これもリボンと同じく、同じ形で何色かのパターンがありましたね。


これは星形・・・だと思う。最初、雪の結晶かと思ったんだけど頂点が5箇所なんで。


これは真ん中が光ってないドーナツ型なんでクリスマスリースなんだと思う。


これはベルですね。上の部分がリボンで下の黄色い辺りがベル。変な角度になってる事が多かったんですが、これはいい角度でした(笑)


最後はキャンドル。火のついたキャンドルがクルクル回っているのもどーかと思いますけどね。てかこーして観覧車を撮る為に寒空の下で10分以上も定点観測してるんですから。傍から見たらバカみたいですよね(苦笑)


観覧車にも飽きたのでお台場側に移動して今度はデックス前にあるツリーですよ。ここのツリーはレインボーブリッジをバックに撮れるので、構図的にも楽しめるかもしれません。


撮る位置を変えてますが同じツリー。このツリーは微妙に光り方が変わるので、撮るタイミングで違うツリーのようになります。あと、少し小さくてわかり難いですが、右の方に東京タワーも入っていますよ。


先程の写真ではあまりにも東京タワーが小さくてタワー好きとしては物足りないので?今度は場所を変えてタワーが目立つ構図で1枚。やはり三脚があると夜景が綺麗に撮れますね。


で、同じ所からズームを使わずに1枚。タワーをメインに考えるとイマイチな感じもしますが、そこに続くライトとか奥行き感を考えるとアリかな〜なんて。その場合はメインになる人物(できればカップルとか?)を配したいですね。


また少し撮影位置を変えて。レインボーブリッジの橋脚を両方入れて撮りたいと思えばこんな感じに撮るんでしょう。よく見ると橋のライトも赤と緑でクリスマスカラーになってるのがわかります。


ちょっと毒々しくも見えるピンクのツリーはアクアシティのツリー。ここからだとツリー、自由の女神、レインボーブリッジ、東京タワーと色々な物が盛り込めるので、欲張りさんにオススメかも(笑)


ラス前は説明用ですが、「マネーの虎」で有名だとか何だとかあったのでちょこっと撮ってみました。クリィミーマミのクレープ屋さんみたいなクレープ屋さん・・・なんて言えば雰囲気は伝わるんでしょうか?(苦笑)


そしてラスト1枚が今回の私的ベストショット。前にあやかちゃんの脚を撮りましたが、これもまた光の具合がいい感じです。これも、クレープを食べようと並ばなければ、「マネーの虎」とかくだらん物を撮ろうとしなければ気付かなかったかもしれません。写真には運や出会いも必要です。てか出掛けたといえば甘い物を食べてばかりですね。えぇ、クレープも美味しかったですとも。
名前  URL 

←プレビューで確認後に書き込み

理想の画材
2005年12月17日 (土)04:33

度々言ってますが、Pixiaというのはいい画材だと思う。フィルタに頼った描き方をしていると物足りなさを感じるかもしれませんが、単純に絵を描く為の画材と考えればかなり使い易いです。絵なんてのは鉛筆一本でも描ける訳ですし、それが太さも変えられて色も変えられる・・・いわゆるエアブラシのシミュレーターとしては必要十分以上の機能はあると思う。勿論、それだけで足るように補う腕は必要になりますけど・・・まぁ、間違っても使い物にならないような画材ではありませんよね?

さて、自分なりに理想の画材というのがあります。例えば、線画を描くのに使う画材であれば、線の抑揚(強弱)がないのは面白くないので付けペンのように入りや抜きが出来ること。それから、ペンを持ち替えるのも面倒なんで手先の力加減だけで丸ペンからGペンの範囲で使えると理想的。欲をいえば、細筆辺りまでカバー出来れば完璧・・・なんて事を考えると、実は現実の画材よりもタブレットに慣れる方が遥かに楽なんです。てか現実にそんな便利な画材があるかといえば微妙ですしね。強いて挙げれば、細筆を極細の線も引けるくらいに使いこなすなんて事が考えられますが・・・細い線どころか筆ってのは歪みのない線を引くことすら難しいですから(苦笑)

てか、不慣れな人にとってはタブレットこそ使いづらい画材に思えるかもしれませんけどね。でも、ペン1本に慣れてしまえばこれは鉛筆にも付けペンにも、はたまたパステルにもスプレーにも・・・工夫次第で何種類にも使えるんです。タブレットに慣れる事はそれだけ得だと思いません?使わないのは勿体無いですよ。

という訳で、昨日考えたセッティングに慣れる為に1枚。どーも缶とか物ばかりでキャラを描いていないようなので、描き易いところで無難に小春さんにしてみました。相変わらずで苦手な横顔ですね。まぁ、基本は線の練習なんで細かいデッサン狂いはいいんですけど。なるべくタッチがわかるようにどーせなら原寸が良かったんですが・・・これで50%縮小です。流石に原寸だと大き過ぎたので仕方なく半分に。それでもいつもより大きめ。でも、その分タッチはわかり易いんじゃないかと思う。今の設定だと、きちんと描けば入りと抜きが出来ます(笑)
0474a.jpg 400×600 33K
名前  URL 

←プレビューで確認後に書き込み

無差別級
2005年12月16日 (金)05:45

しばらく前になりますが、「K−1 WORLD GP2005」でセーム・シュルトが優勝しました。あまり格闘技に詳しくないという人も多いと思いますが、このシュルトというのはとにかくデカイ。巨神兵なんていわれたりもしますが、身長212センチで体重130キロ。最近、人気の出てきた韓国のチェ・ホンマンの218センチ、160キロに比べれば多少は小さいですが、ビーストと呼ばれるボブ・サップでも身長は2メートル。逆に、「スムーズに動ける体重」というのを考えると130キロ辺りがウェイトとしてはバランスがいいですし、ヘビー級というクラスにおいても最大級であるのは確かでしょう。PRIDE参戦時のイマイチな印象もあるんで私的にまだ絶対的な強さとまでは思えないんですが、少なくとも立ち技主体のK−1ではシュルト時代が続くかもしれませんね。

と、そんな事も考慮しつつ・・・K−1やPRIDEにも体格によるクラスというのがあります。ボクシングでもヘビー級やらバンタム級、フライ級とか色々ありますよね?よーするに、格闘技においてはデカイ奴の方が強くて当たり前で、体格の良さ=強さというように考えられている訳です。実際、筋肉の量が多ければそれだけパワーもありますし、ウェイトがある分だけパンチもキックも重くなりますからある意味正しいともいえますね。

さて、別に格闘技好きのマニアックな話を続けたい訳ではない。単に絵の話の前振りです。実は、絵というのも体格差に相当する物があるんです。例えば、絵を描くには画材を買わなければいけませんよね?コピックのようなペンの種類をある程度揃えようと思ったらそれなりの金額になりますし、枚数をこなして行くと油彩にしても水彩にしても絵の具というのは結構な出費になります。この辺り、財力なんてのが体格差みたいなもの。ウェイトトレーニングで鍛えて筋肉を付ける=頑張って働いて画材を買うとか。親が金持ちなんてのは天性の体格の良さなんて思えばいいかな?

CGの場合も、使っているパソコンのスペックによって色々なクラスがあって然るべきなのかもしれません。ディスプレイやタブレットの大きさ、種類が違えば描き易さにも差がありますし、メモリの搭載量が多ければそれだけレイヤを増やしても楽に描けたり?CPUの性能が良ければフィルタ処理も早く済むので複雑な事がし易いですし、絵の上手下手以前にそーした差もあるんです。そもそも、同じ土俵で戦っていないんですね。

例えば、線画の綺麗さなんてのを画力をみる指針にしている人がいます。デッサンの狂いがどーとかは別として、線が綺麗に引けるというのも画力のうちです。デッサンが確かであっても、きちんとした線でないとどこか荒れた画風に見えますしね。では、「線画は紙に描いてスキャンしてます」という人だったとして。A4の紙に描いた物を300dpiで取り込んだとしたら・・・画像のサイズとしては2480×3508という事になります。これ、HPなどに掲載する一般的なサイズに比べると結構なサイズだと思いません?実際にはもっと大きなサイズで取り込む人もいますけど、よーするに原寸がこれだけデカイ訳ですから。線画をスキャンしてる人は多少線が綺麗に見えても当たり前と思えなくもない。漫画でも生原稿より雑誌サイズ、それよりも単行本サイズというように縮小すると線が綺麗に見えますし。画集を買ってガッカリしたなんて経験もありますよ・・・誰とは言いませんが(苦笑)

とにかく、そーしたパソコンのスペック差や環境の差というのは歴然としてある。その上で、同じ土俵で戦わなければいけない。つまり、CGってのは無差別級なんです。ヘビー級で大した練習をしなくても体格の良さだけで勝てるような相手に、ストロー級の貧乏ボクサーが挑むような事になるかもしれません。勿論、パワーだけが全てではありません。軽量だからこそのスピードで対抗する事も出来るでしょう。パワーやスピードが無くても戦略で勝てるかもしれません。ただ、体格の良い選手が有利なのは確かな事です。そして、そーでない選手が工夫もしないで勝てるような事はまずありません。

というか、体格というのはある程度以上が天性の物ですから。それを理由にダメな言い訳をしても仕方ないんです。自分の体格なりの工夫をしたり、体格=スペックに依存しない部分を向上させたり。CGではなく、もっと基本にある絵の上達を目指したり。負けて当たり前な状況の中で、それでも勝ちに行く。自分なりに出来ることを探すのも、出来ない人間が人一倍努力するのも、それに苦労するのも当たり前。格闘技でも体格の良い奴が強いなんて面白くないでしょ?絵でも同じです。高価なパソコンやソフトを使ってる方が単純に上手いなんて事になったら面白くないですから。フリーソフトでも出来ること、ソフトの機能に依存しない「絵」の部分を向上させること。どーしても、そーした部分は頭にあります。

さて、話は変わりますが、パソコンが不調だったのでまた再インストールしてたんですよ。今回は突発的におかしくなったのですっ飛んだデータもいくつかあるんですが・・・まぁ、よくある事なので気にしないけど。で、実はうちのマザーボードはLANとUSBが弱いんでUSBインターフェイスを増設してみた。今までよりも速度が出るし、安定しているのが良い。何より、スキャナを使っても問題が出ないのが良い。ついでなんでタブレットの設定も変えてみた。てか最新のドライバーだとあまり細かい設定が出来ないんであれこれ思案した結果、今はスライダー1つ分だけ柔らかい方にしてます。その上でPixiaの筆圧曲線をマイナスに5つ下げて「濃度に反映」と「ブラシサイズに反映」にチェック、使うペン先は今まで通りですがサイズを5×5と少し太めにしてみた。筆圧感度が下がった分だけ細い線の加減はし易いですからね。少しくらいペンサイズを大きくしてもそんなに太くはなりませんし、慣れたら極細から少し太いくらいまで手先の感覚だけで使えそうかも。

という訳で、簡単に練習って事でまた缶を描いてみました。夢祭りの絵はこれくらいまでで5,6時間掛けていた訳ですが・・・これは3分くらいかな?線がイマイチ整っていないように見えるかもしれませんが、フィルタ処理とか線画の補正を一切していないからですよ。おまけにこれが原寸そのままで消しゴムも使っていない一発描き。流石にまだ筆圧の感覚が掴みきれないんで思ったよりも線が太くなってしまってますが、これにいつも通りの線画処理をするだけでも細くはなりますし。肘を使えるだけで線を引くのは楽でいいですね。まぁ、この所の寒さで肘がかなり痛みますけど(苦笑)
can.gif 360×440 8K
名前  URL 

←プレビューで確認後に書き込み

自由という枷
2005年12月12日 (月)03:44

例えば、学生の制服というのは堅苦しいイメージがある。規則に縛られたような・・・制服を着崩している方が勝手気まま、自由にしているように思えたりしません?スカートのウエスト部分を折り返して短くしたり、校則では許可されていないソックスを履いてみたり。規則に縛られるのは不自由だから、そこから外れるのは自由なんだろうなんて考え方ですね。

でも、よく考えてみて下さい。自由というのが自分の思った通りにする事だとしたら・・・どーでしょう?規則を守りたくない、縛られたくないと思う人もいれば、それを守りたいと思う人も居るんです。制服を着たくないと思うのが自由なように、制服を着たいと思う自由もあるんです。規則通りなのが不自由なのではなく、自分がどんな風に思って実際がどーであるか?それが自由、不自由の違いという事なんです。

例えば、自由というテーマで絵を描くとします。如何にも自由奔放というような絵を描いたとして・・・果たして、これは自由なんでしょうか?世の中には自由奔放である事を望まない人もいるでしょうし、自由=自由奔放という決め事のようになってしまえば、それ自体が型にはまった堅苦しい物に見えはしないでしょうか?「自由でなければ!」と思い込んで不自由になるのであれば、枷になるのであれば、それは決して自由などではないでしょう。

「もっと無邪気にしてろ」と、子供に「子供らしさ」を要求する大人も居ます。実際、子供が子供らしくするのは楽なように思うかもしれません。が、中にはそれが苦手な子も居ます。感情を出すのが苦手な子にとって、そーした振る舞いを求められる方が苦痛にもなるんです。「子供は子供らしいもの」という決め付けも、「もっと自由にしていいよ」という自由の押し付け。その子にとっての自由は傍から自由に見えない今のままの状態かもしれません。自由に見える事が必ずしも自由ではない。自由という枷は要りません。

あなたは自由ですか?「自由」という型にはまっていませんか?
名前  URL 

←プレビューで確認後に書き込み

1日は24時間らしい
2005年12月09日 (金)04:42

1日の時間を延ばす方法って知ってます?
1.あまり寝ない
2.真っ当に生きない
3.死んだ気になると案外どーとでもなる
という訳で、あまりオススメ出来ませんが、1日の時間が延びたように使うことはそれほど難しくはない。睡眠時間を削るだけで1日が30時間くらいに感じます。まるで魔法のようですね(笑)

で、夜中まで何をやっていたかといえば・・・絵を描いていたんですね。トップのクリスマス絵を仕上げてました。流石にチェック柄なんて使うと凶悪にファイルが重くなってきますが、何とかあのサイズで100KB以下にはなりました。てかちょっとした画像の荒れを気にしなければもっと大きくても平気なんだけどね。そのちょっとを気にしないとダメな場合も多いですよ。自分のPCのモニターを信じちゃいけません。特にCRTのみって人は要注意。液晶の方がモアレが目立ちますから。

ちなみに、ひよこのフォントを使ったのは今年が酉年だからですよ。年賀CGがニワトリのコスプレだったんで、最後のクリスマスCGも酉年らしい感じにしたかったとか。配置的に2005年と入れ難かったからひよこ=酉年って事だけで今年らしいという事にしたとか。まぁ、可愛いから使いたかったというのもあるよ。可愛い物は好きです。かえるのフォントもそのうち使いたいなぁ〜・・・来年は蛙年だったりしないもんかな?って、ムチャ言いすぎ(苦笑)
名前  URL 

←プレビューで確認後に書き込み

めりくり2
2005年12月07日 (水)12:28

0322e.jpg 250×500 30K「あけましておめでとう」が「あけおめ」なんだから「めりーくりすます」は「めりくり」ですよね?・・・何かの間違いでもデジャヴでもなく、昨年と同じ書き出しにしてみただけ。わからん人は「めりくり」でログを検索すると出て来ます。てか1年も前の話を覚えている熱心なファンも居なかろう(苦笑)

という訳で、そろそろクリスマスシーズンなのでクリスマス絵を描きたいと思ったんですよ。でもそれほど描きたい絵もない。で、去年アップした時に間違えて「2005」にしたのが残ってたんでそれをそのままアップしても面白かろうな〜とか思ったんです・・・が、流石にそれもつまらんでしょ?だからアレを手直ししてたんです。一応、線を綺麗にしたりってだけだと面白くないんで、1年後に同じ娘がポーズを真似たって感じかな?服はそのままだけど成長したんで微妙に服がキツそうとか体の線が目立つとか?頭身が変るって程じゃないけどバランスは変ってたり。袋の持ち方も同じようで違ってたり。

で、構図とかは別物にしようと思ってるんでキャラを描いた所で作業終了。てか気が付いたら午前3時を過ぎてましたし。実は普通に1枚描いた方がよっぽど楽だったり・・・集中力があるのも困ったもんです。ちゃんと寝ないとダメですよ。ほんと。
名前  URL 

←プレビューで確認後に書き込み

地デジ
2005年12月05日 (月)03:48

「デジ」とい付いてるだけで「でじこ」が思い浮かんでしまうのは人間として問題があるんじゃないかなぁ・・・というのはどーでもいいんですが。1日に撮ってきた東京タワーの写真です。一応、クリックして大きな画像が出ますが、タワーの鉄骨が細かいせいか、いつもよりも画像が重いのでナローバンドの人は気を付けて下さいね。といって、気を付けても軽くなる訳じゃないけど(笑)


まずは1枚目。ビルの谷間にケムール人・・・というのは前にも書きましたけど。赤く光るライトが目のようだし、青く光って浮かび上がる感じがなんとも不気味。というか、手前の電線の入り方とかどーしてもこーいう特撮っぽい構図を撮ってしまうんですね(苦笑)


2枚目。高さ3mもない標識と300m以上のタワーが並んで見えるというのが面白いかも?こーいうのもパースを考えれば当たり前なんですが、実際に絵にしようと思うとなかなか構図が決まらないんですよね。


3枚目。展望台にある「地デジ」のアップですね。青いライトアップが目当てで撮りに行きはしたものの、実はこの文字が無粋な感じであまり嬉しくない。まぁ、物珍しさで撮っておく分にはいいんだろうけどね。てか今回から三脚も使ってるんで夜でもクッキリ。やはり三脚があると一味違った作品が撮れますね。


4枚目。写真としては露出オーバーでかなり間違った感じなんですが、絵描きとして見るとこーした表現も面白くてアリかなと思う。地デジの文字が目立たないのも良い・・・って、それを言っちゃあダメですかね(苦笑)


5枚目。単純に鉄骨が綺麗というか、光の感じがいいと思いません?東京タワーってのも綺麗なもんだなぁ〜と、惚れる人が居るのもわかりますね。


6枚目。撮影場所を少し変えて足元から見上げる感じで。あやかちゃん曰く、5枚目の見え方は女性的でこっちは男性的なんだとか。こーした見え方の違いというのも、絵の構図やアングルを考える参考になるんじゃないかと思います。


ラストの7枚目。一応、クリスマスらしくツリーを入れた写真も載せときます。ほんとはもー少しツリーの写真とか入れてもいいんですが、タワーのツリーはそれ程でも無かったんで。てか実際には100枚以上撮ってるんですけどね。タワーばっかり、そんなに代わり映えするもんでもないですから。それを平日の仕事終わりに、しかもこの寒い時期にわざわざ撮りに行くんですから。趣味ってのも考えなきゃいけませんね。写真もそれなりに苦労が多いです(苦笑)
名前  URL 

←プレビューで確認後に書き込み

IQ
2005年12月05日 (月)00:46

あまり日が経つと今更って感じになるんで早めに。先週でしたか私的に年末恒例になりつつある「テスト・ザ・ネイション」が放送されましたが・・・やりました?古舘伊知郎司会によるあのIQテスト。今年は脳タイプや適職診断という新要素も入ってましたが、やってる事は変わりませんね。いわゆるIQテスト。

見てない人の為に簡単な説明もしておきますが、よく右脳タイプとか左脳タイプなんて言い方をするでしょ?それを更に入力と出力、もしくは理解と表現というように分けて、左左型や左右型のように4分類にするという事らしいです。で、自分が何型だったかというと・・・一応、左左型。クリエーターとしては思いっきり問題がありそうな結果に?

でもな。最初の15問ってほとんど日本語を使ってれば当たり前にわかるような問題だったし、全問正解しちゃうのも仕方なかろう。という訳で、右が劣ったというよりは左が勝ったという事で。出力(表現)が左なのも左右共に13問正解なんで解き易かった左って事にしただけ。感性がないんじゃないという事にしておこう。

次に適職診断というのは更に志向性をチェックして、人と物のどちらに興味があるかで分類されます。これによって出た結果、向いている職業が裁判官、弁護士、外交官、経営コンサルタント、フライト・アテンダント、ツアーコンダクターらしいです。説明としては「ルール・規則を大事にしなければならない職業です。言葉を尽くして相手を納得させる仕事でもあります。」という事らしい。如何にもな感じがしないでもないですが・・・結局、明らかにクリエーターじゃないですね(苦笑)

ちなみに、IQは132でした。前の時が131だったから一応は上がったというか、130台キープというか・・・それでもまたスタジオ解答者に負けたのが悔しいんだけど。まさか名も知らんような小娘アイドルに負けるとは。知識はともかく、年を取ると頭の回転は衰えるんですよ。気を付けた方がいいですね。
名前  URL 

←プレビューで確認後に書き込み

夢、詰まってますか?
2005年12月03日 (土)01:15

0473b.jpg 500×400 33K
という訳で、夢祭り1枚目にして最終作ですが・・・ピンク色を使ってなければ空も描いてない。名前を変えて投稿してたら自分の絵だと気付かれないんだろうな〜ってくらいの絵ですね。一応、萌えとかキャピキャピした絵ばかり描いてる訳ではないんで。こーいうのも描けるんですよ。女の子を描くのが好きなだけです(笑)

ちなみに、背景も真っ白だしキャラも描いてないしで簡単なように見えますが、今までに描いた祭り絵の中でも時間の掛かった部類に入ります。考える時間から含めれば最長でしょうし、描く時間だけに限っても3日間。流石に丸3日掛けましたとは言いませんが・・・それなりの時間は掛けてます。忙しいから手抜きしてこんなので誤魔化しとけ!なんて事ではありません。真っ当に考えたからこそ、こんな絵になったんですよ。詳しい話はまた完全攻略で書きますけど・・・まぁ、投稿時のコメント(詩)でも大体のイメージは伝わりますかね?描かないからこそ「夢」が広がるんです。

あ、今回は無粋な感じがしたんでコメントに書いてませんが、いつも通り縮小と保存にだけJTrimを使って、それ以外=絵としては全部Pixiaで描いてますよ。線画もタブレットでフリーハンド。結局、絵描きとしての上達ってのが一番いいんでしょうからね。絵を描く為の画材としてみるとPixiaはかなり優秀だと思います。実際、この絵なんてサイズ的にも余裕があるから保存までPixiaでもいいし。その辺りは癖というか作業の慣れもあるんでJTrimを使ってるだけね。基本、Pixiaのみで描けないような絵は描きません。てかPixia倶楽部経由で来ていない人は投稿した方も見て下さいね。あっちの方がサイズが大きいですよ。
名前  URL 

←プレビューで確認後に書き込み

性格バトン
2005年12月01日 (木)01:49

バトンというのも色々とあるもんですね。今回、ミサナさんから「性格バトン」というのを廻されたんで受け取ってみました(笑)

Q1)あなたは賑やかな人と大人しい人どっちですか
落ち着きがない大人しい人とか。

Q2)あなたの性格に相応しい単語を5つ挙げてください
気まま、しゃかりき、のんべんだらり、合理、女好き(は性格とは言わんのか?(苦笑))

Q3)好きな友達のタイプは?
ない。というか、嫌いな奴は知り合いであっても友達ではなかろう?
「友達」という時点で好きですよ。まぁ、基本的に誰でも好きですけど。
その上で更に好きな大好きな人も居るってだけ(笑)

Q4)嫌いな友達のタイプは?
Q3の通り、嫌いな友達は存在しません。

Q5)立ち直りは早い方ですか?
早くない。凹んだりすると思いっきり長引きます。
が、それに耐えるだけの精神力はあるんで立っていられる。
てか立ち直りが苦手なんで柳のように往なして倒れないようにしてます。

Q6)恋人にしたいタイプは?
一緒に居る空気感が良くて可愛いと思えれば特にタイプってのはない。
強いて言えば自分を好きな娘かな?愛されるってのは幸せですよ。
それに恋してる娘は可愛いですから。それだけで大丈夫でしょ(笑)

Q7)恋人と一番の親友、選ぶならどっち?
どーせ女友達ばかりなので、一番の親友が恋人という図式なら何の問題もない。
答えは「両方選ぶ」でしょう。真っ当に両方選べてしまう設問が問題ですね。

Q8)バトンを廻す5人を選んでください
バトンは廻さない主義なんで止めます。

とまぁ、こんなもんで。性格の良さが滲み出てますね。えぇ。よく「いい性格してる」と褒められますから・・・って、それは褒めてないって(苦笑)
・ミサナ(2005/12/01 18:52)
押し付けてしまってすいません(;´▽`A``さっそくお応え頂いてありがとうございます!!
・神武(2005/12/03 01:24)
嫌な時は見なかった事にするんで・・・というのは冗談ですけど。こーいう繋がりがあるのも相互リンクの楽しみですから。大丈夫ですよ(笑)
超軽量スーツケース(2013/10/19 20:02)
Wow that was strange. I just wrote an really long comment but after I clicked submit my comment didn't appear. Grrrr... well I'm not writing all that over again. Anyhow, just wanted to say superb blog!
超軽量スーツケース http://www.indfly.com/5〜7日の旅行【M】-japan-5.html
iphone5 ケース(2013/10/23 05:41)
Terrific post however , I was wanting to know if you could write a litte more on this subject? I'd be very grateful if you could elaborate a little bit further. Appreciate it!
iphone5 ケース http://www.afacude.com/アパレルその他-japan-1.html
HERMES iPhone5s ケース(2014/04/19 04:58)
何がマイナスという事実にもかかわらず、あなたの心の中の任意の誤動作や、プロジェクト、? どのような場合には、あなただけの上figureoutするために、異なるコミュニティで新しいオプションを買っているか、非常に精神的なアクションを得るためにそれを作成しますか? もしそうであれば、あり明確な使用を強化するフレーズのショートリストを持っており、それは、典型的には、すべてのより多くの楽しみである。 mearlyフレーズではなく、事や提案にbeging。 今ではすべてあなたが考えることができるでしょう変換の概念を追加します。この理由のためのOtterBoxは、概念上の驚くべき訴訟を改善できますか? もちろん。 本当に、ある。 ランデータのための研究。
mbt shoes uk(2014/05/02 07:02)
mbt shoes online sales ◆◇◆ おそらくは駄文的日常会話ログ ◆◇◆
buy hermes kelly1(2014/05/05 21:21)
hermes shop velbert ◆◇◆ おそらくは駄文的日常会話ログ ◆◇◆
名前  URL 

←プレビューで確認後に書き込み

過去ログ 1998年07月 
2004年09月 10月 11月 12月 
2005年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 05月 06月 08月 09月 12月 
2008年01月 03月 04月 06月 08月 11月 12月 
2009年01月 02月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年02月 
<
トップに戻るタイトル一覧画像リスト/ ログ検索