◆◇◆ おそらくは駄文的日常会話ログ ◆◇◆

トップに戻るタイトル一覧画像リスト/ ログ検索

Jun / 2006
Su Mo Tu We Th Fr Sa

123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

<-new / old->


タイトルリスト
06月21日ミニ講座その1
20日もう朝ですよ
19日「過去バトン」
18日最近している事
17日 3→4
15日最近どーよ
03日モデルは居ませ...


過去ログ 1998年07月 
2004年09月 10月 11月 12月 
2005年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 05月 06月 08月 09月 12月 
2008年01月 03月 04月 06月 08月 11月 12月 
2009年01月 02月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年02月 

ミニ講座その1
2006年06月21日 (水)05:24

あまり講座を更新してないんで、簡単にですが俯瞰で描く時のコツみたいな話。まぁ、俯瞰というか画面に向かっての奥行きの使い方みたいな物なので水平に見たアングルにも応用出来ますけど。


まず、簡単な考え方は「画面に対しての奥行き、距離感の違う物は別のパーツとして考える」ってこと。例えば、素立ちの人物を俯瞰で見ても胸とお腹、腰というのは繋がった物だと思うでしょう。が、視点からの距離でいえば、胸の向こうにお腹、その向こうに腰というように別々に考えた方が形を立体的に考え易いし、実際に描き易いんですね。


↑一応、足場からシッカリという意味で足の方から描いたとしましょう。丁度、ソフビの人形をバラバラにしちゃったとか、プラモデルの組み立て途中みたいに思えばいいかな?アングル的に後々上半身で隠れるなら細部まできっちり描く必要はないですが、こんなポーズであれば「座ってるんだぞ〜」というのをきちんと意識して、体の厚みや位置関係はある程度考慮して描きます。


↑次に、上半身です。首のラインはほぼ見えないようなアングルになるので、如何にも首があるという描線はありません。ただ、水着の紐などは首に掛かる物なので、線として見えないだけで首の位置はきちんと考える。「見えない、描かないからどーでもいい」ではなく、「見えない、描かないからこそ」というのを忘れない。


↑最後に顔。といっても、カメラ目線で顔を上げてるんでいつもとあまり変わりません(笑)

と、こんな風にパーツに分けて描いた物を組み合わせる要領で描いて行くと水平以外のアングルでも割と整い易いです。隠れる部分も大まかな線を描いて補助線としてイメージの足しにするとかね。どーしても重ねてしまうとゴッチャになってわからないというなら、部分毎レイヤで分けて描くなんてのもアリでしょう。実際、今回の絵はミニ講座用にわざわざ分けて描いてますし。しかも、描いてる途中で講座にしようと思い立ったから線を描いたり消したり大変でした(苦笑)

そんなこんなで完成したのが下の奴ですね。真上からというよりは座ってる娘を写真で撮ったようなアングルなので斜め前くらいから見たような感じかな?こーいうポーズは座っているという腰の曲がった感じとか、脚と上半身の角度の違いが出ればいいんじゃないかと思う。

ちなみに、今回は俯瞰という上下だけでなく、人物の右側(向かって左側)が手前というような左右でのパースの違いというのも出してます。半身の作り方というか、手の位置とか体の捻りというのもありますしね。これで脚が左右対称でもそれは逆におかしいでしょうし?アングルを斜めにする事で奥行きが出し易いという利点もありますね(笑)
0517a.jpg 400×480 30K
名前  URL 

←プレビューで確認後に書き込み

もう朝ですよ
2006年06月20日 (火)05:19

ほんとは文章のネタも消化して行かないと溜まるばかりで困るんですが、流石に寝る時間が無くなるんで絵のコメントだけ簡単に(苦笑)

トップ絵とえらい画風が違いますが、こーいう方がモチベーションを保てるので描くのは楽な気がします。水着に指を掛けて脱ぎかけって感じがしないでもないし、左手の位置が微妙で余計に意味深に見えなくもない。でも何も見えてないし何も描いてない。ポーズってのは面白いもんですね。てか実際には腰の辺りに手を添えて振り返ったみたいなだけなんだけど。そーいう時に水着とかズボンに指を掛けたりってよくあるでしょ?それだけの事です(笑)
0516a.jpg 360×500 31K
名前  URL 

←プレビューで確認後に書き込み

「過去バトン」
2006年06月19日 (月)02:05

今回もバトンですね。kodyさんから回ってきました「過去バトン」です。でも、ほんとはこーいうのって謎のままの方が魅力的で良くないですか?(笑)


★Q1 あなたは昔は何系でしたか?
基本は理数系?
何の勉強が得意だったかという辺りでいうとですが、理科と数学は特別勉強しなくても偏差値60を切らない程度には出来てましたよ。といって、国語も苦手な訳でなく似たような成績は維持してましたけど。まぁ、考え方が論理的で理数系だったというのは確かなようですね。

でも体力バカ系?
細身で華奢に見えるようなんですが、実は体力があったり。中学のスポーツテストで学年ベストテンが貼り出されたりしてましたが、「垂直跳び」と「懸垂」の2種目でベストテンに入ってました。

芸術は無気力系?
絵が好きだから美術の成績も良かったんだろうと思うかもしれませんが、気に入らん事はしない主義というか作品提出しないので成績悪かったです。音楽もギターの成績がAだったり、合唱部にスカウトされたりしましたが、面倒な事はしたくなかったのでずっと帰宅部でしたし(苦笑)

★Q2 あなたは昔何か習いごとをしてましたか?
何もありません。習字やそろばんのような習い事もしてませんし、学習塾や家庭教師といった勉強に関する事も一切してませんね。高校中退なので勉強も半分くらいは独学ですし、PCも絵も独学です。大概の事はやる気になれば出来てしまうんですよね。そーでないかい?

★Q3 今と昔、一番変わったなーと思うことは?
絵を描くようになった事かな?学生時代はキャラ絵のような絵は描いてないし。意外に思うかもしれませんが、昔は全くといっていいほど絵を描いてません。勿論、絵は好きだったし、アニメや漫画も好きだったんだけど。でも、自分で描こうというか「描ける」と思っていなかったんですね。下手だったし。世の中には漫画を描く人も居れば読む人も居て、自分は読む方だと思ってたとか?って、そーした考えの根本にあるのは下手だから恥ずかしいという気持ちなんですけどね。

結局、昔の自分と今の自分の違いってのは恥知らずになった・・・ではなく、積極性というのかな?ひとまず、やらないで後悔するよりはやってみようとか。誰だって最初は下手なんだから始めたばかりの自分が下手でも当たり前だと開き直れるとか?少なくとも、ネットで見掛けるような絵は自分の最初の頃よりも上手に描けてますから。真面目に描こうという意思があって続けていれば描けないって事はないでしょうね。経験者は語るです(笑)

★Q4 今と昔、変わらないなーと思うことは?
ほとんどが基本的に変わらないですね。体格も体力も維持してるし、あまり老けてない。性格的には先の話のように積極性が変わったくらいかな?まぁ、それが大きな差になるんだけど。

★Q5 昔からのトラウマはありますか?
神経症やヒステリーなんてのは無いんで正確にはトラウマでもないですが、幼い頃に一番仲の良かった同い年の従兄弟が死んだ影響はかなり大きいです。だから簡単に「死ぬ」とか言う風潮が嫌いだし、目の前で言ってると叱ります。逆に、生きてるだけで丸儲けみたいな気楽な精神状態も作れてるんでプラス面もあるけど。逃げ道が無ければ作ってでも逃げろ。人間、死ななきゃ何とかなりますから。

★Q6 あなたの昔の失態を教えてください。
スーパーでバイトしてた時に卵を数え切れないほど割ったことかな?お店に行くと卵がケージというかケースみたいなので沢山置いてあるでしょ?あれを2列だか3列とも倉庫のシャッターに引っ掛けて倒しちゃったんだよね。仕入れ値で9万くらいの損益といってたんで・・・いったい何個だったのやら。といって、卵の納入業者の置き方にも責任ありって事で怒られもしなかったし、自己負担なんて事もないんで困ったりもしませんが。あ、これは失態というより失敗かな?(笑)

★Q7 今と昔の異性の好みを教えてください。
昔からあまり変わってませんがワガママな娘が好きですね。勉強でも何でも大概の事は自分の思うように出来てしまうので、そーならないのが面白いというか、振り回される感じが楽しいんですよ。そーいう娘は表情もコロコロ変わるから見てて飽きないし。天然ボケとかもそーだけど、どちらかといえば変な奴が好きですね。

★Q8 できるなら、あなたの昔の写真をはりつけてください。
できないので貼りません(笑)
てか基本的に撮ってばかりなので自分の写真って無いんですよ。
顔としては↓こんなんです。1年くらい前なんで昔といえば昔?
http://park2.wakwak.com/~shin-bu/2005/0377.gif
あやかちゃん曰くめちゃくちゃ似てるそうです。

★Q9 過去を知りたい10人に回してください。
他人の過去にはこだわらないので回す人も居ませんね。付き合った相手にも昔の事を聞いたりしたことないもの。

という訳で、バトンはこんなもんですね。
で、折角「過去」って事なんで昨日の話にあるトップ絵の元になったのを載せておきましょう。線が粗いのは使用ツールがD-Pixedという256色のソフトで描画サイズ自体も800×800とあまり大きくなかったのが原因かな?その環境でドットをプチプチ修正しようとまでは思ってなかったしね。だから、単純に線が粗いみたいなのはパソコンやソフトの性能差と考えていい。

それよりも、バランスの取り方や骨格の意識があるかどーかの違い、ちょっとした事が差になっているとわかりますよね?絵の出来にはそんな少しの差というのが大きいんだというのがわかると思います。といって、どちらの絵も同じ人間の描いた絵ですから、この違いは才能の差ではなくキャリアの差。描き続けていればそれなりに描けるようになるって事ですね(笑)
sbcg081.gif 400×400 14K
名前  URL 

←プレビューで確認後に書き込み

最近している事
2006年06月18日 (日)06:34

おそらく気付く人も居ないと思いますが、去年と今年の絵には違いがあります。描き方というか描く時の状況というか環境というか・・・意図して変えている事があるんですね。さて、それは何でしょう?って、わかる訳ないんだけど(笑)


実は、描画サイズを小さくしているんですね。完成品のサイズはあまり変わっていませんが、実際に描いている時のサイズは以前よりも小さいんですよ。何故にそんな事をしてるかといえば、縮小して線の粗さを誤魔化すのを極力避けたいと思ったからなんです。

例えば、400×400ピクセルというサイズにしようと思ったとして。これを1600×1600ピクセルで描画すれば4分の1に縮小する事になる。でも、1200×1200ピクセルで描けば3分の1だし、800×800ピクセルで描けば2分の1ですよ。原寸に近い分だけ線をきちんと描かなくてはいけませんし、色を塗るにしても面積が狭くて細かい作業になります。まぁ、面積自体は狭くなってるんで上手に塗りさえすれば実作業は減ってる筈なんだけど(苦笑)

てかね。実際にCGを描いてる人ならわかると思うんだけど、絵描き歴が長くなればなるほど絵の細かさみたいな部分はレベル的に高くなるでしょ?で、それを描こうとした時にどーしても描画サイズでカバーしようと思うんですよ。最初は1000ピクセルくらいで描いてたのが2000になり、3000になりみたいな・・・勿論、そーした事でよりレベルの高い作品が描けるのは確かだし、それに見合ったレベルの作品になって行くならいいです。でも、描画サイズみたいなのって慣れになる部分も多くて、特に細かい絵でもないのに大きなサイズで描いてしまったりもするんだよね。

そーした場合、それは小さなサイズで描いた時よりも線の粗さには寛容で、確かにその分だけ完成品は綺麗に描けているようにも見えるけど、実際はあまり上手に描けていない。ともすれば、以前よりも線画の出来は悪くなっていたりする・・・と、そんな事にもなるんですね。上手に見えるようになっても、下手になっているのでは意味がないでしょう。見栄えを気にしている訳ではありませんしね。

で、去年と比べて最近の描画サイズは3分の2から半分くらいの大きさになってます。それだけ以前の描画サイズが大きかったというのもあるでしょうけどね。今はそれだけのサイズの差があっても同程度の線画が描けるようになりましたし、細かい絵だからといって極端に大きな描画サイズで描かなくなりました。やはり、マシンスペックに依存するよりも自分の腕を上げる方が上達としては良いんでしょう。てか古い考えの人間なんで、基礎になる線を自分で引けなくて絵が上手とは思えないんですよ。定規を当てて直線が引けるのなんて当たり前ですから(苦笑)

さて、トップ絵を久しぶりに変えてみました。これの元絵は7年半くらい前に描いた物ですが・・・知ってる人は相当の神武マニアでしょうね。コンセプトとしてはお兄ちゃんのお下がりを強引に着ている妹とか。もしくは、拾った子に着せる物もないんで自分の服を与えたみたいな感じとか?だから靴もデフォルメキャラ特有の末端肥大というよりはそのまま大きな靴でいいんですね。当然、サイズも合ってないんでダバダバとかカポカポと歩きます。その様がまた可愛いとか?(笑)

一応、こちらには線画を載せておきます。トップ絵よりも大きいですが、これで描画サイズの半分ですね。実寸は縦1200ピクセルあります。って、原寸に近い方がタッチがわかったりして良い所もあるんですよね。フルタブレットなんで完全なデジタル絵描きですが、描き方としては極力アナログ派ですから。ほんとはタッチの活きるこれくらいのサイズがいいのかもしれない。

という訳で、クリックで原寸が見れるようにしてみた。細かい修正をしないのはいつもの事ですが、原寸でそれほど酷いかといえばそーでもないですね。折角なんで塗り絵に使いたいとかあればご自由にどーぞ。「ここから貰いました」とかリンクでも貼っといてくれれば掲載もOKですよ。リンクウェアみたいなもんだと思えばいいやね。線の粗いのは適当に直して下さい(笑)

0515a.gif 600×1200 92K
名前  URL 

←プレビューで確認後に書き込み

3→4
2006年06月17日 (土)18:15

前回、Pixiaのバージョンが上がった云々書いて、コメントでも多少の事を書いてますが、あまり詳しく話してないんで少しばかり私的な使用感と考察を付け加えておきます。


まず、見た目の大きな差というのはありません。デフォルトのアイコンが4.0qから変更になってますが、ツール配置が変更になったりという使い勝手を左右する変更ではありません。アイコンのデザイン自体も自分で変更出来ますし、前のままが良ければ入れ替えちゃえばいいからね。とにかく、そーした見た目のデザイン、配置という所に差異はほとんどないと考えていいでしょう。

で、見た目も変わらんのに何故バージョンが上がるかというと、前回のコメントにも書いてますがメモリ管理エンジンというプログラムの核になる部分をA/PIXIAの物に入れ替えたらしいんですね。中身がかなり変わっているのでバージョンも3から4へ。目立たないようでも、それなりの差もあるって事です。

といっても、自動車のエンジンがV6からV8になったと言われて何が違うんだと差のわからない人にわからないのと同じように、プログラムやソフトの中身が変わったといってもあまりピンと来ないと思う。なので、単純明快に便利になった所を挙げてみよう。

例えば、普通にCGを描いていればレイヤを何枚も使うと思う。そーした時、今までのバージョン3(以下V3)ではレイヤを移ってアクティブレイヤが替わってしまうとアンドゥが上手く効かないという事がありました。実際、細かく動作を見ているとレイヤを移っても一動作毎に状態を保存してるんですが、レイヤに関係なく動作毎なので使い勝手が悪いというのかな?色を塗ってから線が気になって線画レイヤだけアンドゥしたいと思っても、共通でアンドゥしてしまうから全てを元通りにして行かないと直せないとか。

これが、バージョン4(以下V4)ではアンドゥがレイヤ毎に保持されているらしく、アンドゥボタンを押すとアクティブになっているレイヤだけが元に戻ります。これは複数のウィンドウを開いて絵を同時進行した場合にも有効で、今までは他のウィンドウに移るとアンドゥがまるで使えなくなっていたんですが、ウィンドウを移ってもアンドゥが使えます。V4はアンドゥの回数自体も環境設定で100回まで増やせますし、失敗が多くてアンドゥを多用する人にはかなり便利になったといえるでしょう。

それから、通常使用ではよくわからないポイント。メモリの使用状態の違いも実は大きいんです。例えば、1000×1000ピクセルで絵を描こうと思ったとする。PixiaのV3でこのサイズの白紙を開くと約19MBのメモリを使いますが、V4だと約14MBで済みます。これが2000×2000ピクセルの場合はV3が約41MBでV4が約31MBだし、もっと大きな5000×5000になるとV3で約191MB、V4で約154MB。ほぼ最大の10000×10000ではV3が約716MB、V4が約591MBという事になる。と、ここまでの検証でもメモリの使用量が2割前後抑えられているのがわかると思う。

更に、レイヤを使用した場合にはもっと差が大きくなる。例えば、1000×1000ピクセルでレイヤを4枚追加してレイヤ5枚構成にしたとする。この状態だとV3は約44MB、V4は約26MBを使用する。2000×2000のレイヤ5枚構成ではV3で約121MB、V4で約67MBになる。5000×5000×レイヤ5ではV3が約631MB、V4が約353MBという事で、レイヤ5枚でのメモリ使用量は4割以上の差、倍近い差が出る事になる。

ついでにいうと、ここまでのメモリ使用量は白紙作成後に少し時間を置いて、一時使用メモリを開放したと思われる安定した数値で比較してます。が、V3においては白紙作成時の一時使用量が非常に多く、1000×1000ピクセル辺りでは気になりませんが、2000×2000ではプラス10MBの約51MB程度。5000×5000ではプラス80MBの約271MB程度。10000×10000に至ってはプラス345MBの約1061MBになります。OSや他のソフトの使用量もありますし、この辺りになるとメモリ搭載1GB以下では白紙作成すら出来ないって事ですよね(苦笑)

それから、アンドゥの仕様の違いからも読み取れるようにレイヤを移った場合のメモリの使い方にも差があります。V3ではレイヤの移動に関係なくアンドゥをする為にレイヤ移動するだけでキャンバス1枚分のメモリを使用しているみたいなんですね。例えば、5000×5000ピクセルでレイヤ5枚構成なら1GBもあれば使えそうに思えますが、実際にはレイヤを移動する度に100MB近く食うのでメモリを2GB搭載したPCでもまともに使えなくなって来ます。が、V4はそーしたレイヤの移動でメモリを使う事はありませんから、5000×5000×レイヤ5枚でもストレスになりません。

ちなみに、上記のような大きな描画サイズでの注意点は不用意に全画面コピーをしないこと。例えば、5000×5000で全画面コピーをすると300MB以上のメモリを余分に使用する事になります。メモリに余裕があれば別ですが、ギリギリで使っている状態から一気にそれだけのメモリを使うとOS自体が不安定になったり、ソフトが固まったりする可能性も出てきますよね?また、全画面でフィルタを使用する場合も同じく要注意で、コピー程ではないですが5000×5000では100MB程度のメモリを使用します。元の状態を保持する訳ですから、フィルタ1回毎に画像1枚保存してるような物だと思えばわかり易いかな?フィルタの多用、連続使用というのもメモリに優しくないんです。

一応、色々と書いてみましたが、CPUがある程度速くて描画自体が遅くなったりしないのであればV4を使った方が便利で良いように思います。5000や10000といった極大なサイズで使用しないにしても、1000や2000といったサイズでもレイヤを使った場合にはメモリ使用量が半分程度になりますから動作ストレスも少なくなる筈ですよ。

あ、最後にひとつ。マシン固有っぽいですがうちで確認している動作の問題点はペンティアム4のHT(ハイパースレッディング・テクノロジー)機能に対応していないっぽい所。HT機能を使うようにすると以前に保存した画像を読み込む時に落ちたりします。これの回避方法は、そのままズバリでHTをオフにして使うこと。ただ、これだとPC性能が著しく低下するのでPCでテレビや録画した番組を観ながらとかはちょっと難しくなります。で、もう一つの回避方法はWin98/WinMe互換モードで使用すること。これによって使用しない命令なんかがあるのかも知れませんし、その為に機能的には普通に使うよりマイナス面があるようにも思えます。でも、ひとまずこれで使えるので問題なし。メモリ関連のプラス面とアンドゥの便利さはそれ以上でしょう(笑)

ついでのついでにもう一つ。Pixiaではありませんが、JTrimだと「クリップボードのクリア」というのも使えます。Pixiaに限りませんが、大きな画像をコピー&ペーストした後にクリップボードがクリアさせず無駄なメモリ占有があるとか、そーいう場合に使うと空きメモリが増えて全体の動作がスムーズになったりします。メモリ搭載量が少ないPCの場合にはこーした機能も有用でしょうね。
名前  URL 

←プレビューで確認後に書き込み

最近どーよ
2006年06月15日 (木)04:09

以前からあやかちゃんにホームページビルダーを教えてくれと言われてたんで、最新ではないですが先日V9を手に入れてうちのパソコンに導入してみました。といっても、ひとまず立ち上げて数分眺めただけでも大よその操作はわかったんで改めて聞かれるまで放っておいたんだけど(笑)

ビルダーは流石に初心者でも使えるように簡単に出来てますね。逆に、初心者向けの為かバックアップや自動保存の設定とかにデフォルトでチェックが入ってるのがウザいけど。知らんうちにファイルをいくつも作るので、こーいうのが嫌ならチェックを外した方がいいだろうね。といっても、間違いが多いような人はチェック入ったままの方がいいですよ。アップロード時にバックアップファイルがあると邪魔に感じるならFTPソフトの設定で.bakをアップしないとか設定してあればいいだけだし。この辺りは使い方の問題。

それと、タグのダブルクリックで属性ダイアログが開くようにしておくと効率が良くなりそう。他にもオプションにある設定でかなり変更出来るんで、気になるようならいじった方がいいでしょう。ソフトが使いづらいとかわかり難いと文句を言う人も多いですが、設定もいじらずツールバーのカスタマイズもしないようではいけません。自動車でいい運転をするにはシートの位置も変えるもんです。そーした設定も出来ないような場合に、初めてソフトが悪いといえる。

そーいえば、PixiaはテストしてたVer.4.0シリーズが正式版になっちゃいましたね。未だにWin98を切り捨てないだけマシなんですが、いよいよWin95は動作対象外になってしまいました。まぁ、現行までのバージョンでも十分以上に使えますからね。その辺りのOSのマシンだとスペックで考えてもソフトについて行けなくなるだけだろうし。仕方ないという所かな?てか、うちの環境でも4シリーズは落ちたりするんだけどね。流石に正式版になったって事で落ちない方法も見付けたからいいけど。落ちる理由はマザーの問題かな(苦笑)

という訳で、Ver.4.0tで試し描き。また「あずまんが大王」を再読してるので、ちよちゃんなんぞ描いてみたり。どーも、この髪型は流れも何も無いのが逆に描きづらいです。でも、だからといって下の絵のようにしてしまうと何だかありがちな普通のツインテールになってしまうんですな。いや、これはこれで可愛いような気もしますが・・・この髪型では空は飛べそうにないか。
0514.jpg 300×600 42K
・nikki(2006/06/15 20:05)
4と今までの差はどんな具合ですか?描き味とか使い勝手とか。(他力本願ですんません(^^ゞ)
・神武(2006/06/15 22:10)
私的な使用感ですが、描き味というのはあまり変わらないと思います。
3から4への大きな変更点はメモリ管理エンジンをA/PIXIAの物にしたという事で、
やはりメモリ周りの恩恵が多いようですね。その辺りで使用OSも限られますけど(苦笑)

一応、メモリの使用状態を見ながら試してみたら、大きな画像サイズを扱った場合に
半分から6割程度のメモリ使用量で済みますから、それだけ動作はスムーズになります。
特に大きなサイズでのレイヤの切り替えは実測値で見てもかなりの差になりますね。

ただ、描画サイズがあまり大きくない場合にはそこまでメモリを気にしないですし、
マシンスペックが低いと逆に動作が重くなるというような事例もあるようです。
当然、そーいう場合には描き味が落ちるという事にもなりますから、
実際の描き味は環境による所が大きく、個人差があると考えた方がいいです。
ひとまず、別フォルダに入れて使用感を確かめてみるのがオススメですね。
http://www.joininclothes.com 人気ブランド腕時計,腕時計 ランキング レディース,女性 腕時計 ランキング,ブランド腕時計 ランキング
http://www.lieinclothes.com iphone ブランドケース,人気 iphoneケース ブランド,ブランド iphone,iphoneカバーケース ブランド
http://www.jkgfq.com マークジェイコブス 財布,マークジェイコブス 財布,財布 メンズ,サマンサタバサ 財布
http://www.listenintoclothes.com ナイキid スパイク,ナイキの新しいスパイク,ナイキ 新商品,ナイキの
http://www.notinclothes.com ブランドのiphoneケース,iphoneカバー ブランド,ブランド iphoneケース 人気,iphoneケース 人気ブランド
名前  URL 

←プレビューで確認後に書き込み

モデルは居ません
2006年06月03日 (土)04:14

モデルになってポーズを取ってくれる人が居ると楽でいいよね。デッサン練習用にポーズ集みたいなのもあるけど、自分の描きたいポーズやアングルがどれでも載っているという事はないだろうし。写真を基にするよりは実際にモデルを見て真似た方が線を拾う練習にもなるし。眼前のモデルの方が立体感も存在感も理解し易い。勿論、それを表現出来るかどーかは別物だけど(苦笑)


という訳で、モデルさんを見ながら描いてみました・・・なんて事になればいいんですが、そんなモデルは居ません。基にした写真も絵もありません。それほど凝ったポーズでもないんで、これくらいなら頭の中だけでも何とかイメージ出来るようです。美術教室なんかで裸婦デッサンとかありますが、よくわからん布を巻いたりしてますよね?一応、あれやこれや隠すというのもあるんですが、布地のシワなんかもきちんと見て描けって事なんですね。凹凸だったり陰影だったり、こんなちょっとした布だけでも色んな要素があるようです。って、モデルが居ないんだから布も見て描いてる訳じゃありませんが(笑)

ちなみに、ポーズとしては金剛力士像辺りをイメージするといいかも。当然、そんなに力んだポーズではないですけどね。半端に布地のある感じとか腕の使い方とか。口を閉じてるんでおそらく吽形でしょう。あと、表情が無いのは絵のモデルっぽく「無表情にしている」という感じですね。表情が出ないのとは違う、無表情にしようとしている表情という、描いてる本人もよくわからない事をしてます。逆に難しかったです。

それから、気付く人は気付くと思いますが祭り絵以外のここ何枚かの絵はみんなポーズの基本形が同じです。元々この角度の腰が好きってのもあるんですが、腰の入れ方の違いとか腰は同じでも脚の使い方が違うとか、腕の上げ下げや肩の使い方が違うとか。似たように描いていても力の掛かり方は違うんだって辺りが出てるようで描き切れていないような?まぁ、細かいですがそんな意識も持って描いてます。

例えば、5月4日の「この位は成長しました?」というアレは左腕で腰を後ろから押すようなポーズなので、その分だけ少し腰を捻ったようになっている。それに対して、今回の絵では腰(お尻)を上げるようにしている。これは左手を支えるようなポーズだからですね。とはいえ、腰の形としてはどちらも似たような物だし、頭身もかなり違いますが基本とするところは一緒。おそらく、どちらかのポーズが描けるのであればどちらも描けるという事です。

逆に、ポーズは形を描くんじゃなくて動きや力の掛かり方を描くんだってのもわかったりしませんかね?似たような絵ばかりになるのが嫌だからと突飛なポーズばかり描こうとする人も居ますが、普通のポーズを自然に描く方がよっぽど難しいです。似たように見えて、でも違うなんて細かい差をきちんと描き分けられるようになれば相当のもんでしょう。てか、似たようなポーズといっても数枚や数十枚のレベルの話でしょ?ポーズをきちんと描こうと思ったら、それだけ描いても足りないくらいだと思いますよ。自分もこーいう腰を何枚も描いてますが、未だに「これだ!」ってレベルでは描けませんから(苦笑)
0513a.jpg 400×440 35K
名前  URL 

←プレビューで確認後に書き込み

過去ログ 1998年07月 
2004年09月 10月 11月 12月 
2005年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 05月 06月 08月 09月 12月 
2008年01月 03月 04月 06月 08月 11月 12月 
2009年01月 02月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年02月 
<
トップに戻るタイトル一覧画像リスト/ ログ検索