◆◇◆ おそらくは駄文的日常会話ログ ◆◇◆

トップに戻るタイトル一覧画像リスト/ ログ検索

Jul / 2006
Su Mo Tu We Th Fr Sa

1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

<-new / old->


タイトルリスト
07月30日 さま〜ぐり〜て...
27日色々ありんす
19日かわいいは、正...
18日昔風
16日失敗から学ぶこ...
14日地道に一歩ずつ
09日お尻もいいもん...
05日 ミニ講座その3
04日ミニ講座その2
01日たまにはアップ...


過去ログ 1998年07月 
2004年09月 10月 11月 12月 
2005年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 05月 06月 08月 09月 12月 
2008年01月 03月 04月 06月 08月 11月 12月 
2009年01月 02月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年02月 

さま〜ぐり〜てぃんぐ
2006年07月30日 (日)04:35

しばらく涼しい日が続いたりしたんで「暑中」って感じもなかったですが、暦でいえばとっくに暑中なんですよ。単純に暑い盛りを暑中といわなくもないですが、夏の土用、立秋前の18日間を指していうのが一般的でしょうね。日付でいうと立秋が8月8日なんで、今月20日辺りから暑中だった訳です。暑中見舞いなんて8月になってからでもいいよなぁ〜なんて思ってる人も多そうですが、7月中に書かないと半分過ぎてからって感じになっちゃうんですね。既に遅い感じ?

特に、立秋を過ぎたらどれだけ暑くても暦の上では秋なので「残暑見舞い」にしないといけません。「秋なのにまだ暑いですね〜」って訳です。これから何か考えようなんて人は「残暑」にしといた方が無難かもしれませんね(笑)



という訳で、あまり遅くならない内に暑中見舞いです。ほんとは「summer greeting」と英語で書くといいんですが、アナちゃんは英語が苦手だから「さま〜ぐり〜てぃんぐ」なんですね。一応、フリーイラストって事で適当にお持ち帰りして下さいませ。

ちなみに、完成品では前回書いてる通りで線の細かい修正をしてあります。浮き輪は造形的にもかなり直してますしね。これは単純に曲線が綺麗に引けているかどーかなんて事だけでなく、線の雰囲気というのかな?塗りも含めてですが、柔らかい絵なのに線がクッキリし過ぎて硬かったりするとそれだけで違和感になるでしょ?クッキリとした線で抑揚を効かせてタッチを活かした方がいい場合も多いですが、全ての絵にそれがプラスに働くとは限りません。ただ単純に線を綺麗に整える事が絵にプラスだと考えるのも間違いでしょう。

だからこそ、線を整えるといった修正だけではなく、線の雰囲気を考えるなんて工夫も重要になって来るんですね。といっても、普通は自分なりの画風というのがある程度ある物なので「自分の描きたい絵にはどんな線が良いかな?」などと考えればいいです。本来、力強いタッチと柔らかいタッチは共存するような物でもないですし、綺麗な整った線を目指すのとラフな粗い線に魅力を感じるのでは方向性がまるで違います。色々な事が出来るようにとあれこれやるよりも、方向性を決めて頑張った方が無駄が少なくていいですよ。全てが一流になれば別ですが、そんな人はほぼ居ないでしょうしね。何でもそれなりになんてのは器用貧乏なだけです(苦笑)
・なおこ(2006/08/05 20:43)
暑中見舞いイラスト、ありがたく頂戴いたします。(^^)かわいく爽やかで良いですね。「アナちゃんは英語が苦手だから」……なるほど!そういう裏事情?もわかると、より楽しいですね。(^^)
・神武(2006/08/09 01:21)
ご報告ありがとうございます〜
フリーだ何だといっても貰ってくれる人がなかなか居ないんで嬉しいです(笑)
版権物はキャラの設定がシッカリしてるので描く時にイメージし易くていいですね。
名前  URL 

←プレビューで確認後に書き込み

色々ありんす
2006年07月27日 (木)04:45

0528a1.jpg 400×500 26K
「次回」が随分と遅くなってしまいましたが、ひとまず簡単に色塗り。浮き輪の辺りが特にですが線の甘い部分は直さないとダメですね。水着の細部もきちんと描かないといけないし・・・それを先にやらないのが自分らしいというか何というか。でも、これで塗りが淡かったりラフっぽいと然程気にならないだろうし、微妙な線の具合なんてのは全体として見た雰囲気で決めるのが良いんでしょうね。整ってればいいってもんでもないし。難しいもんです。てか「ひとまず」なんでまだ完成じゃありませんよ。時期的に暑中見舞いにでもしたいかな?


ちなみに、何でこんなに間が空いたかというと妹のパソコンが壊れたんで新しいのを探してたんですね。要望としてはB5サイズ以下の小さめノートで5万以内。基本的にネットを見れればいい程度なんでCPUなんかはあまりこだわらない。という事なんで、ThinkPadのX20シリーズ辺りで探してみてX22(2662-75J)の良品を送料込み約3万で買ってみました。実際にはOSインストールの都合もあるんでウルトラベースX2も1万くらいで買ったんですが、これは自分の趣味で買ったようなもんなんで。本体としては3万ですね。これにOSを入れたりOfficeを入れたり、使い易いように設定を直したり週末はあれこれ大変でした。

で、折角ウルトラベースもあるんで自分用にX24も購入。CPUがモバイルPen3の1.06GHzでメモリが640MBの最大積載。送料込みで約4万5千円なんでバカ安いって程でもないですが、ノート用の512MBメモリだけでも1万くらいにはなるんでパーツとして元を取るくらいにはなるでしょう。今までサブで使ってたリブレットと比べたら普通に使えるしね。リブレットは新品を10万で買ったからあれの半額以下ですよ。妹の使ってたバイオのC1なんて中古でも10万したし・・・ノートPCも随分と安くなったもんです。てか今年こそはパソコン買うまいと思ってたけど結局買ってしまいましたな(苦笑)
名前  URL 

←プレビューで確認後に書き込み

かわいいは、正義!
2006年07月19日 (水)05:41

という訳で、昨日のちぃちゃんも自分の画風とか可愛い雰囲気って辺りではいいんですが、似てるかどーかみたいな所は不満もあるんでまた苺ましまろ。でも、どーせなら違うキャラの方が良かろうって事で今日はアナちゃん。子供っぽいプロポーションは逆にバランスが取りづらいです。ポイントとしてはお腹のポッテリ感とお尻の小ささ?てかバランスを直すのに手間取ったので色塗りは次回って事で。久しぶりに色なしラフです(苦笑)
0528.gif 400×500 21K
名前  URL 

←プレビューで確認後に書き込み

昔風
2006年07月18日 (火)06:10

あまり時間もないので簡単に1枚。突発的に苺ましまろですが、ちぃちゃんも妹キャラなんですよね。一応。てかこんなキャラでバストアップ、チェック柄の背景に文字入れって如何にもな感じだな。昔はこんなんばっか描いてた気がする(苦笑)
0527a.jpg 440×360 57K
名前  URL 

←プレビューで確認後に書き込み

失敗から学ぶこと
2006年07月16日 (日)03:53

メジャーリーグも後半戦が始まり、イチローもマルチヒットというそれなりの滑り出し。昨日現在で打率.344、安打数131になってますね。普通に考えると相当な成績なんですが、彼にしてみると特別良い成績って訳でもなく・・・まぁ、それが逆に凄いという事かな?てかそれにしても打率3割ナンボの話ですよ。あれだけのバッターにしても3分の1程度しかヒットにならんのです。少し横暴な言い方をすれば、3分の2が失敗と考えてもいい訳です。


絵を描いている時も、特に描き始めた頃というのは失敗が多いですね。打率のようにきちんと計算する人も居ないと思いますが、あまり良い率は残せて居ないのでは?実際、何十枚もラフを描いて完成させるのが2,3枚なんてのは比率でいえば1,2割になりそうですしね。自分も練習で描いてる枚数を含めて考えれば半分以上が失敗かもしれません(苦笑)

といって、失敗ばかりだと悔やむ事はないんですよ。何故かといえば、成功から学ぶのは難しいからです。例えば、何かしら難しいポーズを描いたとしましょう。それが上手に描けたとして、そこから何を学べるでしょう?「なんとなく描いてたら描けた」なんて物からコツは掴み難いですし、そーした感覚的な部分は論理的説明も出来ません。おそらく、そーした絵は「良い絵が描けたなぁ〜」と自画自賛して終わります。それを「描けたんだ」という自信にはなっても、積み重なる物はあまり多くないでしょう。

逆に、失敗からは学び易い。例えば、腕の長さがおかしいと思えばそれを直そうと思えるし、そんな風に失敗と修正を繰り返して行けば色々な事がわかって来ます。すぐに成功すると「なんとなく」になってしまう物も、何度も繰り返す事で「微妙な狂いの許容範囲」みたいに理解する事も出来るしね。「失敗は成功(発明)の母」なんて言葉もあるように、失敗から面白い表現やアレンジを見付ける事もあります。そーした事も、何度も失敗すればこそ。失敗が多いだけ上達のチャンスもあるとプラスに考えてもいいくらいですね。

重要なのは、失敗から学ぶこと。失敗した絵を恥ずかしいからと破いたり消したりせず、きちんと向き合って見ること。そして、失敗した理由は何なのか考える事です。苦手な事がすぐに克服出来たりはしないと思いますが、どこがダメだったのか把握するのとしないのでは次の絵を描く時に大きな差になります。仕事などでもそーですが、失敗をするのは悪い事ではないんです。初めてやる事で失敗するのは当たり前。知らないんだから仕方ないんです。でも、同じ失敗をいつまでも繰り返していれば、それはどーかと思うでしょう?

例えば、顔を描くのが苦手だとして。いつも目が大きくなり過ぎてバランスが悪いと思ったとする。というか、失敗した絵を見てそんな風に考えたとする・・・と、次の絵を描く時には「目を小さめに描こう」と意識出来ますよね?更に、単に目を小さくしただけだと変だなぁ〜なんて事になれば、「目と目の間(距離)にも気を付けてみよう」なんて風に段階的に直す事も出来ますよね?勿論、すぐに良いバランスで描けたりもしないと思いますが、どこに注意しようとか何を意識しようと思って描いていれば失敗もグッと減って来ます。で、顔を描くのが苦手でなくなれば他の部分を描く余裕も出てきますし、そーやって描ける物がどんどん増えて行きます。気長な話ですが、焦らなければそれなりに楽しい作業ですよ。

さて、あまり本文と関係ない絵ですが1枚。暑い日が続いて早くも夏バテって感じですが、バテないように気を付けましょう・・・ですね。いくら暑いからといって会社や学校で水着のままって訳にもいかんと思いますが、寝る時くらいは軽装がいいですね。まぁ、となりでこんなのが寝てたら逆に「寝ない」という選択肢が出ちゃいそうですけど・・・あ、「寝かさない」が正解ですかね?(笑)
0525a.jpg 475×380 36K
名前  URL 

←プレビューで確認後に書き込み

地道に一歩ずつ
2006年07月14日 (金)05:11

という訳で、地味に練習ばかりなんですがあまり更新しないのも悪いんでラフを1枚。

上達ってのが高みに上る事だとするなら、日々の努力は階段を上るようなもの。上るのが楽なようにと考えるなら一段の高さは低く、段数を増やした方がいいでしょう。逆に、一気に上りたいのなら段は高い方がいいですが、段が高過ぎればこの絵のようによじ登らなくてはいけなくなります。というか、手も届かない程に高くなれば段どころか壁と同じで行く手を遮られるだけですよね(苦笑)

時間さえ掛ければ、段がいくら低かろうが少しずつ高いところへは行けます。が、焦って先を目指そうとして難しい事ばかりしていれば、それは崖を登るような事になるかもしれません。行き詰ったり、停滞したように感じた時は上や先ばかり見ないで逆に戻ってみたり、もっと楽に上れる回り道を探すのもいいですよ。少なくとも、足を滑らせて転がり落ちるよりはマシですし、今の足場を広げたり固めた方が上には上り易くなります。まずは落ちない努力が必要?(笑)
0524a.jpg 400×500 38K
名前  URL 

←プレビューで確認後に書き込み

お尻もいいもんだ
2006年07月09日 (日)06:33

という訳で、時間もないので手短ですが。てか絵を描くのに時間が掛かったので手短ですか(苦笑)

ひとまず、お尻を描くのも楽しいんですが、顔も描こうと思うとこんな振り返りになりますかね?ポーズといい、背景の使い方といい、如何にも「神武さんらしい」という感じで。露出が多いようでそーでもなかったり、脱いでるようで脱いでなかったり・・・そんな所も「らしい」ですか?(笑)
0523a.jpg 475×380 42K
・あやか(2006/07/10 23:28)
タイトルがキモいよ。。。
「も」って。他になんなんだよ、他に(笑)
さっきテレビで「中年男性に何が!?増える性犯罪」ってやってたよ。
え?だから何って訳じゃないけど。げふんげふん。
・神武(2006/07/11 00:54)
特定のパーツフェチじゃないから「も」なんだよ。
てか何時ぞやは「手取り足取り」でエロいと言われるし。
俺は陽あたり良好の美樹本伸か(苦笑)
名前  URL 

←プレビューで確認後に書き込み

ミニ講座その3
2006年07月05日 (水)06:09

絵を描き始めてすぐの頃はポーズをあれこれ考えるのが苦手とか、どんな風に描いたらいいのかわからないなんて事も多い。素立ちの状態でも体のパーツを描けないのに、それが動いたり捻ったりなんて事になったらそりゃ難しくも感じます。という訳で、今回は体を捻ったりした時のイメージを簡単に考えてみようという話。


↑まずは簡単に箱型です。体を描く時にこんな箱型をベースにしたり補助線のように使ったりという事もありますね。で、Aの部分は肩の辺り、Bの部分が腰の辺りとでも思って下さい。この箱型で胴体とか?これはアングル的に少し俯瞰に見たような状態ですね。


さて、体を捻って左肩が手前になった・・・とでも思って下さい。といっても、肩と腰の面の間を直線で結んだだけなので、これだと少しばかり無理がありますけど(苦笑)


そんな訳で、肩と腰を繋ぐ線を曲線にしてみる。上の面を肩の角度として考えれば少し前傾なので左脇腹辺りがかなり窮屈そうというのがわかりますね。上半身の捻りの為に腰から上が右側(向かって左)にスライドしたようになっているのもわかるかな?こーいう所で力の溜めや、力の逃げ(流れ)ってのが見えるようになります。で、当然ですが力の掛かり方や重心ってのも見えてきますね。


こっちは同じ肩と腰の面を使って繋ぎ方を変えたパターン。前のは腰を反らした状態で、これは背を丸めたという感じかな?こーして見ると、肩や腰は大まかな向きのイメージで捉えて平気だと思えませんかね?で、それをアウトラインになる線で繋いでやればいいとか。


これは最初の絵に似てますが、肩の面がこちらに向いています。つまり、前傾姿勢という事になるんですが、肩と腰を直線で繋いでいるのであまりそんな風に見えません。

そこで、肩と腰を繋ぐ線の長さから考えてみましょう。前屈して肩の面がこちらに向いたのですから、背中側のラインは引っ張られるように伸びますよね?これは逆に、お腹側のラインが縮む=曲がるって事にもなる訳です。


と、そんなイメージで直してみたのがこれ。単純に背中側とお腹側の長さを同じようにしようと曲線にしただけですが、なんとなく前屈したように見えてきません?体のパーツや人体の構造なんて考えると難しく感じますが、物の向きや長さとして考えるだけでもこんな風にイメージは出来るんですよ。てかこーいうイメージから「前屈すればお腹の辺りが窮屈そう」というような力の掛かり具合もわかるって事ですし、だからポーズは形だけを描くんではないと理解出来るんですね。
名前  URL 

←プレビューで確認後に書き込み

ミニ講座その2
2006年07月04日 (火)04:27

前回、ポーズの練習もしてますなんて事を書いたりしたんで。講座というより「こんな風に考えたり描いたりしてます」って感じ?

で、今日は何を描きたいと思ったかというとお尻です。基本的に女の子の顔を描きたいと思うので人を背中からとか後ろから描くというのはあまりないんですが、たまにはお尻をメインで描いてもいいんじゃないかと・・・まぁ、ポーズの練習としては顔を描かないようなポーズやアングルも描いてるんですが、そーいうのは見てもあまり面白くないのかな?と思ってしまうんで見せる機会もないんですけど(苦笑)


そんな訳で、まずは↑これ。1年半くらい前に描いた奴ですね。「整理整頓」でログを検索すると出てきますけど、靴下を履こうとしてる所みたいなラフです。といっても、当然これは後ろから描いてません。こんな感じの所を後ろから描いてみようかな?なんて思った訳です。


↑で、はじめの一歩。大雑把というか何というかですが・・・あまり覚えのないポーズやアングルなのでパッとイメージ出来たりしないのですよ。大まかな体のバランスを考えるだけで、まだ重心がどーとか細かい所までは考えてません。おそらく、根気の無い人はこれくらいの段階で「私には描けない!」なんて思ってあきらめてしまうかもしれませんが、自分が描いても最初はこんなもんです。なので、「アレよりはマシかもなぁ〜」なんて思って少しだけ頑張ってみましょう(笑)


↑んで2枚目。最初の絵の違和感がどの辺りにあるかというと、あまり左脚が上がっていないところ。てか片脚を上げたとしましょう。体を真っ直ぐにしたままよりは、軸足の上に重心を移すように体を斜めにした方が自然じゃないですか?で、そーすると腰の辺りから上は捻ったような状態になったりとか・・・と、そんな感じで脚を上げて靴下を履いてるイメージを固めてきたのがこれですね。1枚目は左脚が爪先立ちくらいで、これがきちんと脚を上げたというように考えてもいいかも?


↑で、3枚目。一応、練習とはいえ裸のままで色を塗るのもなぁ〜と思ったので体操服にしてみました。足の辺りが少し小さいように感じますが、アングル的には俯瞰なので足先に向かってパースが効いてしまうんですね。

と、そんなこんなで着色したのが下にあるこれ。バランスを崩して画面からはみ出しそうにも見えるし、「おっとっと」なんて感じに慌てて足を下ろしそうにも見える。片脚を上げたポーズというのは不安定で危うい感じがするんですね。てかどちらにしてもそこに動きや重心というのが見えるって事だし、そこからの想像が絵を見る楽しみにもなるんでしょう。こんなアングルだと背中もチラッと見えていいとか・・・これも背を丸めたポーズだからこそ?(笑)
0522a.jpg 480×480 21K
名前  URL 

←プレビューで確認後に書き込み

たまにはアップもね
2006年07月01日 (土)06:35

やはりシェフチェンコだけではイタリアの守りは崩せませんなぁ・・・という訳で、ドイツ−アルゼンチン戦はともかくイタリア−ウクライナ戦まで観ると疲れます(苦笑)

と、そんな試合の合間に描きました1枚。1試合目がPK戦までもつれ込んだおかげで時間が無いこと・・・でも、だから顔だけって訳でもないんですよ。ここ数日はポーズの練習ばかりで顔をあまり描いてなかったんで今日はアップにしたんです。って、更新してない時に描いてる事もあるんですよ。ポーズの練習なんて山程してますし。残す程にもならないのを山程描いてるんです。描くのに熱心過ぎると更新する間もなくなりますけど・・・まぁ、更新が第一目標ではないので仕方ない。

ちなみに、またトップ絵と画風が違う感じになったので間違いなくうちの絵ですって事で文字を入れときました。こーいう画風はクドくなり過ぎない適度な線の省略ってのが難しいですね。鼻筋や小鼻、頬の筋なんかはクッキリ描かない方が可愛く描き易いですし。そーいう感覚的な部分があるので自分なりの画風にもなるんでしょうけど?(笑)
0519a.jpg 480×400 43K
名前  URL 

←プレビューで確認後に書き込み

過去ログ 1998年07月 
2004年09月 10月 11月 12月 
2005年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 05月 06月 08月 09月 12月 
2008年01月 03月 04月 06月 08月 11月 12月 
2009年01月 02月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年02月 
<
トップに戻るタイトル一覧画像リスト/ ログ検索