◆◇◆ おそらくは駄文的日常会話ログ ◆◇◆

トップに戻るタイトル一覧画像リスト/ ログ検索

Nov / 2009
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930

<-new / old->


タイトルリスト
11月30日 ミニ講座−目線...
28日また塗ろう
25日たまには塗ろう
23日 よりぬき11+...
16日 重ね重ねボウリ...
15日 よりぬき10
06日NEWリンク


過去ログ 1998年07月 
2004年09月 10月 11月 12月 
2005年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 05月 06月 08月 09月 12月 
2008年01月 03月 04月 06月 08月 11月 12月 
2009年01月 02月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年02月 

ミニ講座−目線と表情
2009年11月30日 (月)02:58

2004年の12月に「気になるところ」ってので目線の描き方とか変え方みたいなのを書いてるんですが、あまりに簡単だったんで改めてミニ講座としてやってみましょう・・・という話。



まず、基本形は↑これですね。先日の「たまには塗ろう」で描いた奴ですが、目線とか表情の話なんで顔の部分だけにしています。では、そもそもこの絵で目線がこの向きになっているのは何故かというと、絵が右から左に流れているのでそれに立ち向かうようにしているんですね。

顔を少し手前に向けているので斜に構えたようになりますが、目線の方向としては横顔で真っ直ぐ見つめた絵と同じようになるので、そこに集中したりという意志の強さみたいな意味を持ちます。細かい解釈は受け手の感性もあるので難しいかもしれませんが、「単純に何かを見つめている」みたいな事はわかるんじゃないかと思います。


で、目線を少し変えてみる。目線の変え方は「気になるところ」でやったのと同じく目玉だけを動かしてるんですが、こんなんで顔の向きと目線がほぼ同じじゃないかと思う。これでも「どこかを見ている」という絵に見えなくもないですが、目線の向きに意味を感じ難いと思いませんか?下手をすればただボーっとしているだけにも見えます。

正面顔で目線が真っ直ぐであればカメラ目線になるので「こちらを見つめている」という意味になるでしょうが、この向きではそーした意味もありません。ただ単純に目線が真っ直ぐであれば意味になるという訳ではないという事ですね。


更に目線を変えて。斜め顔でカメラ目線というありがちな絵になってますが、さっきのように中途半端な目線であれば、この方が「こちらを見つめている」という意味に感じられていいんじゃないでしょうか?

と、「気になるところ」では正面顔で説明しましたが、斜め顔でも目線の考え方は似たようなもんですね。単純に色んなパターンで絵を描いてみて、それを見てどんな風に感じるか?なんて辺りからでも考えてみればいいんじゃないかと。下手な鉄砲でも数打てば当たります。ラフでも練習でも描いた経験を無駄にしなければ蓄積されます。

さて、「気になるところ」では目線だけでしたが、ここからは表情を変える話。


という訳で、カメラ目線にしたところから涙を流してみました。表情として変えた訳ではないですが、涙を流しただけで悲しい表情に見えなくもない。単純に「涙を描く」というのが悲しさの表現だといえばそれまでですが、もし「表情とはその程度のもんだ」で終わってしまうと勿体無い気もします。


で、次にこちらは口を開けてみて。素の顔と笑顔の差が口の開け閉め程度の書き分けならこんなんでも笑った、楽しいといった表現になります。てか表現云々はともかく、口だけでこんなに印象が変わるんですから表情って面白いなぁ〜と思いますよね。


で、先ほどの絵で目の表情も変えてみて。笑うと目尻が下がりますからタレ目っぽいような感じにして、眉もカーブを大きくして山なりにしています。さっきのが笑うだったら、こっちは微笑むみたいな感じかな?

勿論、どっちが正解というよりは絵の意味やら意図で使い分ければいいってこと。カッコイイ女性を描きたいみたいな事なら最初のパターンの方がスマートな笑顔に見えなくもないし。ただ、「口を開けてりゃ笑ったように見えるだろ」くらいの考えよりは「笑えば口だけでなく目の表情も変わる」って事でこっちのように考えるのはいいと思いますけどね。


最後に、涙を流したのも少し手直し。極端に描くならもっと眉をハの字にするとかありそうですが、ギャグマンガのキャラでもないのでそこまではしません。というか、泣くにしても笑うにしても極端なデフォルメでしか表現出来ないのは逆にパターンとしてしか表情が描けないという事ですから。それはいい事ではありませんよね?僅かな差として表情を出すのが面白いんですよ。

今回の絵は最初から特定の目線や表情を描こうとしていた訳でもなく、無理矢理変えているので微妙なところもありますが、逆に表情ってのはあくまでその人の顔の変化でしかないというのはわかり易いんじゃないかと思います。表情を変えるのが苦手って人も居るかと思いますが、こんな風に素の表情で描いてから変えてみたらどーでしょう?少しずつ変える事で、「どんな目や口の形がどんな表情に見えるか?」なんてのがわかるかもしれませんよ(笑)
名前  URL 

←プレビューで確認後に書き込み

また塗ろう
2009年11月28日 (土)03:33

線画を描くのにSAIを使い始めて約9ヶ月。指をケガした違和感も無くなり、てか逆にリハビリがてら線を引く練習ばかりしていたせいもあってか手に馴染んで来た感じがする。書き味って意味では10月にアップデートしたタブレットのドライバも良かったんかな?久々にアタリのバージョンな気がする。まぁ、ドライバの入れ直しによる変化かもしれないし、実際に違いがあったとしても個人的な好みなんでアップデートのオススメもしませんけど。

で、それなりに調子良く描けているのでまた色を塗ってみる。昔の塗り方と最近の処理を組み合わせて、更にトーンフィルタでハイライトを掛けて写真撮影のレフ板みたいな効果を与えて陰影を増すという横着な技も使ってみました。でも肌色ばかりな上にかなり適当なので色塗りは30分くらい。写真も何もなしでポーズを考えたんで線画は多少掛かりましたが、それでも2時間くらい?相変わらずで妥協点が低いなぁ(苦笑)

ちなみに、色塗りは未だにPixiaを使います。SAIで色塗りまで出来ると回転とか出来てやり易そうなんですが、なんか丁度いい感じの設定が見つからないんですよね。たまにあれこれ試してみるんですが、未だにこれは手に合いません。てかPixiaはなんやかんやで9年以上使ってますからね。流石にSAIとは慣れが違います。
0794.jpg 500×400 30K
名前  URL 

←プレビューで確認後に書き込み

たまには塗ろう
2009年11月25日 (水)03:32

0793a.jpg 500×500 51K
しばらく色のある絵が無いなぁ〜なんて思っていたら、今のトップ絵を描いて以来なので約3ヶ月ぶりになるらしい・・・という訳で、久しぶりに色を塗ってみました。

最近描いてたのって、どちらかといえば漫画っぽいというか如何にもキャラ絵的な物が多かったですがこーいう感じに描いてた頃もありましたね。まぁ、画風が変わったとかでなく、その頃のマイブームがこんな感じの画風だったというだけの話ですが。リアルに近い画風の方が描くのは楽でいいですね。
名前  URL 

←プレビューで確認後に書き込み

よりぬき11+α
2009年11月23日 (月)03:36

先週、最初から10ポンドのボールで投げてみたら?なんて事を書いたんで試してみたんですが、筋トレと指の回復もあって今週は既にボールの重さとのバランスが悪くなってしまった・・・ってのはボウリングの話。筋力やら体のバランスってのは難しいもんで、パワーがあり過ぎるとボールが軽くて指に掛からない感じになります。


土曜の最初、ストライク連発で始まったから上手く行くかと思いましたが、1ゲーム目の後半からフォームのバランスを崩して結局スコア173。よーするに、肩が温まってないような肩慣らしの段階で合っていただけで、ボールが軽くて腕が振れ過ぎるみたいな状態でした。それからボールを12ポンドと併用しつつ2〜4ゲーム目までなんとか160台キープで投げて、あまりにストライクが少ない=微妙なミスが多いんで5ゲーム目で15ポンドのボールを使ってみたり。

実際、今の投げ方で15ポンドってのは重過ぎるんですが、多少重いボールの方が指に掛かる感じがわかり易いので。おかげで5ゲーム目はストライクも無くスコアも140台でしたが・・・まぁ、それでも感覚を戻すには仕方ない。それに最低限でアベ160行ってりゃいいって事で。てか10ポンドから15ポンドまで使うと重さの幅が凄いな(苦笑)

で、日曜は2ゲームしかやらなかったんですが、10ポンドのボールで投げてスコアが161と177でストライクが5回ずつ。テークバックで溜めを作った上で腕を振るスピードを増して、でも腕の力でブレを押さえ込む感じかな。ボールがあまりに軽いんで力の抜き加減を間違うとすっぽ抜けたように投げてしまってスペアミスするんですが、その辺りが身に付けばかなりスコアは伸ばせそう。15ポンド投げられる筋力で10ポンドですからね。ほんとソフトボールでも投げるくらいの感覚だわ。


さて、+αの話は置いといて。↑これは今年の1月に載せた奴ですね。普段、手とか細かい部分をあまりきちんと描いてませんが、それを描く事に意味があったり手がメインであればきちんと描く訳ですね。いつも適当に描くほどいい加減な訳でもありません。


で、それを適当に真似てみた・・・というと語弊もありますが、絵を描く時どこに重点を置くか?みたいな事を考えてみました。例えば、この2枚はキャラとしては全然違いますが、腕のラインの取り方は似ています。肘から先の湾曲のラインや肩甲骨の辺りとか、ポイントがあるんですね。

ただ、逆にいうとこーした身体パーツの描き方というのは正しい描き方(もしくは、自分なりの描き方)としてある程度は決まっている物なので、真似たからこーいう絵になったという訳でもなく、こんなポーズを描けばこーいう絵になるという事なんですね。例えば、元絵だと体が後ろに傾いていますが、これは腕を高く上げているから体が反る訳で、目線もそのラインに乗せてカメラ目線になってるんです。で、この絵では腕をそこまで上げていないので体も傾かず、目線も前方にあってカメラ目線にならないって訳ですね。


それともう1枚。一見して大した絵じゃないですが、私的に何が描きたかったかといえば女の子の雰囲気です。このところ仕事が忙しいやらで精神的な余裕もなくてしばらく出掛けたりってのが減ってたんですが、先週の木曜に女の子と舞台観て来まして。実際に女の子と接していると雰囲気みたいなのがわかっていいですね。てかそーいう機会がないと雰囲気みたいなのって難しいです(苦笑)

写真や絵を模写する時、形ばかりを気にして寸分違わず真似ようとする人も居ますが、物にも人にも雰囲気というのがあります。例えば、似顔絵描きの描く似顔絵ってモデルと比べて「寸分違わず」というような絵にはなりません。その人の特徴をデフォルメしたような絵だったりしますよね?そーいう特徴が真似るポイントにもなりますし、それが雰囲気を描くって事にも繋がるんじゃないかと思います。

といっても、何でもデフォルメして描けって事ではないですよ。模写するように写実的に描くとしても、その物の本質やら特徴、雰囲気になっているのは何なのか考えるって事です。例えば、料理やお菓子だったら美味しそうな雰囲気なので硬い線よりは柔らかい線の方がいいとかね。女の子も単純に考えると柔らかい感じがしますが、実際のところ可愛い女の子は柔らかいですが綺麗な女の子ならシャープな少し硬いイメージ。モデル体型とか骨張ってる感じでしょ?あと性格的にも柔らかさが少ないとか(笑)

で、そーした雰囲気って人であれば性格なんかが多少はわからないと捉え難いものなので。ただ写真を見て模写して練習するだけではなく、友達やら何やらと接して人の雰囲気を学んだ方がいいんですね。勿論、街中で見掛ける様々な人の表情やら体型、服装なんてのも全てが絵の参考になるんですから。普段からの意識が大事なんだってのは言うまでも無いですが、ボーっと過ごしてたら勿体無いですよ。
名前  URL 

←プレビューで確認後に書き込み

重ね重ねボウリング
2009年11月16日 (月)05:04

利き手をケガして絵を描くのがリハビリ中ならボウリングもリハビリ中という事でして。まぁ、流石に骨がどーこーいう時に5キロも6キロもあるボールを投げる訳にも行かないんでしばらく左だけで投げてたんですけどね。先月の終わりくらいからテーピングで固定した状態で投げてみて、先週辺りからはテーピングも外して投げてます。

で、絵を描く時に細かい力加減が出来ないというのも問題なんですが、一ヶ月近くも指に負担が掛からないようにしていたので力自体が落ちている訳ですよ。単純に指一本といっても右手だけで重い物を持ったりすれば自然とケガした指にも力が入ってしまいますからなるべく右手を使わないようにもしてましたし。ちょっとした事ですが、例えばペットボトルやビンの蓋を開ける時なんかも負担にならないようにとかしてた訳です。


そんなこんなで、右手の握力が10キロくらい落ちてしまったり。腕や肩の筋肉も落ちているので球速にして2キロくらい遅くなっていたり。練習を1日休むとその分を戻すのに3日掛かるなんて言いますが、ケガをした後のリハビリってのはその比ではありません。以前に肘の骨をやったのは何日どころか何年単位で影響ありましたし・・・何をするにも健康が一番ですよ。無事これ名馬です。

それはともかく、球速2キロくらいなら大した事なかろうと思いそうじゃないです?実際、5キロも10キロも遅ければ目に見えて違いますが、逆に2キロくらいなら体感的にも「遅い」って程は思いません。でも、これって実際には結構な差になるんですよ。

という訳で、わかり易いよう表にしてみました。縦がボールの重さで横がボールの速度です。重さと速度の交差するところの数値がボールの威力みたいに思えばいいです。実際には運動エネルギー(J=ジュール)なんですが、単純に速度やら重さだけを考えるよりはマシなんで。あと表示はポンドと時速(km/h)だけでもいいんですが、計算し易いようにキログラムと秒速(m/s)も記しときました。



例えば、自分が普段使ってるのは12ポンドのボールで、時速26キロくらいで投げてますから・・・運動エネルギーでいうと142.0になる。これが2キロ遅くなると時速24キロ=121.0ですから、威力から逆算すると10ポンドのボールを26キロで投げた時と大差ないという事になる。単純に重いボールの方が威力があるイメージってあると思いますが、球速が2キロ遅くなった事で2ポンド軽いボールを使ってるようなイメージになる訳です。

てかね。重いボールの方が威力があってピンが沢山倒れそうなイメージってありますけど、普段使ってるボールよりも重いボールを使うと1キロや2キロ遅くなるもんです。あまり力のない人であればもっと遅くなるでしょうし、1球や2球投げる程度ならともかく、重いボールで1ゲーム投げ切るのは体力的にも大変です。逆に、1ポンド軽いボールにしても球速が速くなれば威力は変わりません。低負担の方が持続し易いというのは当然の事ですから、1ポンド重くして1キロ遅くよりも1ポンド軽くして1キロ速くの方が楽だったりしますよ。

後は・・・球速が遅い方がボールが曲がり易いということですかね。ある程度曲がった(角度が付いた)方がピンは倒れ易いですから、その丁度いい曲がり具合になる球速に合わせるのがいい訳です。これが実際にはオイルコンディションやらで変わる部分もあるんで単純に時速何キロで投げようなんてのは出来ないとも言えるんですが、今はとにかく最高速というか思いっきり投げても球速が出ない訳なんです。

てかこれが困ったことに、自分の今の投げ方ってのはほとんど曲げないんですが、全く曲げない訳でもなくほんの少しだけフックで食い込むように投げる訳です。それを丁度よく「ほんの少し」にする為には球速が必要になるんですね。今の球速だと曲がり過ぎてしまうんです。しかも、力を入れてる筈なのに遅いって状態なんで感覚的にズレがあって微妙に合わない。おかげで、少し食い込み過ぎてスプリットが多発してます。

まぁ、多発といってもこの土日でも1ゲーム平均1.8回だから普通っちゃ普通なんですけどね。てか一般的にはこれでも少ない部類なんでしょうけど、自分としてはとんでもなく多いんです。実際、今月の先週まで15ゲームのスプリットは1ゲーム平均0.93回ですからこの土日の約半分。先月はあまり右で投げてませんが、11ゲーム投げて1ゲーム平均0.55回。約2ゲームに1回しかスプリットは出てない訳ですね。9月も左投げ重視で右投げは不調な上に15ゲームしか投げてませんが、それでもスプリットは1ゲーム平均1回以下です。

よくスプリットメイクがどーとかありますが、自分の場合はそれを気にしなくてもいいくらいに出ないんですね。それが、感覚よりもほんの僅か、ほんとに少しだけ厚く入る訳です。じゃあそれにアジャストすればいいだろうと思うかも知れませんが、そもそもボールを曲げて角度を付けてミスをカバー出来る範囲を広げるという当たり前な道を捨てた訳ですから。角度がなくてもきっちりポケットに入れりゃいいだろうってのが入らないのは仕方ない訳ですね。

でも、あまりにスコアが悪かったんで土曜はちょっとズルして5ゲーム目だけ10ポンドのボールで投げてしまいました。基本的に10ポンドのボールで指が入るようなのは無いんですが、そのボウリング場に1つだけ指の穴が大きい10ポンドのボールがあるんですね。いつもだと軽過ぎて使い難いところもあるんですが、今はこの軽さでスピードとコントロールがカバー出来る訳です。

最初は普通に5ゲーム目で200オーバーを狙えばいいやと思ったんですが、1フレでいきなりオープンしちゃってね。流石にそこから200はキツイってんでボールチェンジ。で、2フレから5フレまでストライクのフォースにしてひとまず200ペースにして、前半集中して疲れたから残りはスペアを続けて204のスコア。10ポンドだと今の手の状態でも28キロくらいは出るんで、12ポンドで26キロと威力もほとんど同じだし。軽い分だけコントロールのミスもない。

そんなこんなでボウリングもリハビリ中ですが、今月のアベレージが158なんで本調子じゃない割にはそこそこにはなってるような?てか日曜のアベが150以下ってので一気に落とした感じで・・・10ポンドのボールが空いてなかったから誤魔化せなかったのが痛い。てか今度、10ポンドのボールで5ゲーム投げてみるかな?コントロールだけでどれくらいストライクが取れるか試してみたいかも(笑)
名前  URL 

←プレビューで確認後に書き込み

よりぬき10
2009年11月15日 (日)03:46

絵を描いてない時期=ブランクがあったりして、また描き始めた時にリハビリなんて言ったりしますけどね。今は実際にケガをしてリハビリな訳でして・・・絵を描きつつも半分くらいは線を引く練習で終わります。てか違和感があってペンのサイドスイッチが引っ掛かるというか上手く握れなかったんでサイドスイッチを外してみたり。細かい力加減がまだまだですね(苦笑)



という訳で、ちょろちょろ描いてるうちの1枚。今年の2月辺りに描いてたのを真似て描いてみました。ここんとこ載せてたみたいなリメイクとかじゃなくて模写って感じ?


これもまた模写っぽい感じで。まぁ、1枚目よりは真似ようって気がないですね。てか線が硬いし元絵にあった「楽しそう」みたいなところがイマイチ描けてない。こーいう部分がまだまだリハビリ中って訳です。


こっちは少し雰囲気が出てるかな?ポーズとして素にならないとかもありますが、ほんのちょっとの違いで可愛くなったりならなかったり。顔なんかは特にですが、思った通りがどーとか以前に思ったように指が動かなかったりするから困りものです。


大した絵でもないですが、これなんかはイメージとの差が少ない。線が柔らかくならないからシャープな画風と割り切って描いてる感じかな?セーラーの襟の立ち具合とかも立体で捉えるとおかしいですが、絵の形的には割と好き。


で、この辺りからが極最近のでサイドスイッチ外してから描いた奴。ペンの握りを気にしなくて済むんで多少はスムーズに線が引けます。てか柔らかさみたいなのは細かい加減が出来ないと難しい。なんとなくでも出来ていた物が今は意識しないと出来ません。


これはプロポーション的にもう少し肩とか細い方がいいんですけどね。逆にデッサンやらが悪くても雰囲気は好き。絵の良し悪しって単純な上手下手ではないですよね。


んで今日の最後。一見すると眉と目の間隔やら左右の胸の大きさがアンバランスなようにも感じると思うんですが、その辺りが実はわざとだったりします。例えば、左の目と眉の間隔が広いことで目配せとか表情の動きみたいに見えたりとか?胸の左右の差は体の伸び縮みやらと動きの強調ですかね。絵の雰囲気として弾んだ感じを出すみたいな。髪をも少しふわっとさせたかったんですが、流石に長い曲線はまだ無理だわ(苦笑)
名前  URL 

←プレビューで確認後に書き込み

NEWリンク
2009年11月06日 (金)

dummy.gif 1×1 0K
デッサンの基本から応用までわかりやすく解説という事なので、絵を描き始めたばかりの人やこれから始めてみよう!なんて人にオススメ。CG云々ではなく、アナログ描きでのデッサンの画材なんて辺りから書かれてます。リンクページも、特に美術系が充実してるんで1度覗かれると良いですよ。

デッサン描き方入門 緒方さん デッサン描き方入門
名前  URL 

←プレビューで確認後に書き込み

過去ログ 1998年07月 
2004年09月 10月 11月 12月 
2005年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 05月 06月 08月 09月 12月 
2008年01月 03月 04月 06月 08月 11月 12月 
2009年01月 02月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年02月 
<
トップに戻るタイトル一覧画像リスト/ ログ検索