□ コンテンツ □
◆ アバウト ◆

◇ CG系 ◇

◆ 技術系 ◆

◇ BBS ◇

◆ リンク ◆

◇ 小春日和 ◇

■お絵描き講座って感じのもの■
「完全攻略−旅、和、星祭り編」
追加(01/11)

■ お絵描きコミュニティー ■
まだまだ仮運営中?


リンクについては↓のバナーをクリック
リンクについて
相互リンク大歓迎!
shin-bu@be.wakwak.com
神武館はnicky! を使用しています
Shin-Bu-Kan
COUNT
SINCE1998/07/30

Apr / 2005
Su Mo Tu We Th Fr Sa

12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

<-new / old->


最近の更新
02月18日ジュウニン(ヒ...
12月21日 かんたん接続?
13日 CLUB KEI..
07日 CLUB KEI..
01日あなたの面影は...
11月30日 ミニ講座−目線...
28日また塗ろう
25日たまには塗ろう


ログ一覧表示
画像一覧表示
過去ログ検索

andやorには対応してません

Pixia倶楽部
Pixia倶楽部
貧乏絵描きの会
貧乏絵描きの会
CGお薦め講座集
CGお薦め講座集

その他検索サイト

G-search
Cyber あまてらす
Surfersparadise

◆◇◆ おそらくは駄文的日常会話 ◆◇◆

空想の産物
2005年04月09日 (土)23:06

SFとして未来の世界を描く。その頃には海が汚れきっていて赤い色をしているかもしれませんし、空はいつも雲に覆われて薄暗く、昼でも陽が差さないなんて事になっているかもしれません。こーした想像というのは全く根拠がない訳でもないですよね。科学が進歩、発達する過程で自然が蔑ろにされるというのは過去にあった事ですし、現在でも環境問題というのは存在します。そーした事実が改善されなければ未来の世界はそんな風になってしまう・・・と、誰でも思い付くような仮定の世界観。

別の話。ファンタジーな世界の動物を考えてみる。全く見た事もない動物ってのはそうそう思い付く物でもないので既存の動物からアレンジしたり、そんな動物のパーツ同士を組み合わせたりして考える。単純に亜人として猫耳や犬耳のキャラを考えるのもパーツの組み合わせでしょうね。猫など動物の耳を人間に付ければそれだけで人間ではないという事になる。象の鼻を短くしたり、犬に象のような長い鼻を付けてみたり、馬の足が極端に長いor短いなんて程度でも想像上の動物と言えるかもしれません。

Pixia倶楽部のギャラリーや他所のサイトで「○○をイメージして描きました」なんてコメントを見掛けます。これ、実際に写真などの資料を見ずに描いたというような意味だと思います。「イメージを膨らませる」なんていうように、自分なりの解釈をしてアレンジするというのは悪くない。そーした部分が創造であり、そんな部分にセンスや才能というのが出るんでしょう。が、「資料集めが面倒だから適当に描いた」や「考えるのも面倒だから適当に済ませた」というのは「イメージ」とは違うと思う。

先程の動物を考えるというもの。その見た目(形状)になるには「環境への適応」など理由があるんじゃないでしょうか?例えば、大きさ。同じような種類であれば寒い地方に住む動物の方が体が大きくなります。これは体積(体重)と体表面の比率で考えればわかりますが、熱が逃げ難い=体温が維持出来るという寒さへの適応ですね。いわゆる、ベルクマンの法則と呼ばれるものです。つまり、そこが「どんな気温なのか?」という世界観が動物の個体サイズにも影響するって事です。

また、猫耳などの亜人だったとして「耳のサイズをどーしよう?」と考えたとします。ベルクマンの法則では寒い所の動物が大きくなるんだから、寒い地方=大きな耳が正解のように思うかもしれません。耳が大きい方が耳に包まって暖かそう・・・なんて絵にもなりまそうです。が、少し違う。実はベルクマンの法則とは別にアレンの法則というのがありまして、寒い地方の動物は耳などの突起部分が小さくなるんですよ。これは冬に耳が寒さで痛くなるなんて経験があると理解し易いと思いますが、手足の末端や耳などの突起部分は熱が逃げ易いんですね。耳なんて放熱し放題ですし・・・場合によっては血行不良の為に体組織がダメになる事もあります。寒い所で大きな耳ってのはそれだけで不自然なんですね。

空想というのは現実にない事柄を想像すること。そして、想像というのはそーした現実にない物や経験していない事を推し量ることです。ここで重要なのはこの「推し量る」ということ。物理法則の存在する世界であれば重力の影響も受けるでしょうし、生物というのは案外理に適った形状に進化しているものです。少なくとも、「どんな理由でそんな形になった」という説明くらい出来なければ、それは空想ではなく妄想です。根拠もなく思い浮かべることは妄想なんです。

ファンタジーやSFという世界は適当に描いた事をごまかす為にある訳ではないでしょう。猫耳にして「人じゃないですから」ってのはデッサンをごまかしてるだけじゃないですか?犬をきちんと描くのが面倒だからとファンタジーの世界にして「犬みたいな動物」でもないでしょう。現実を描くのは難しいです。実在の銃を描けば正解があるので間違った絵にもなります。だからオリジナルデザインの銃にしたり、カスタムメードにしたり・・・銃のデザインも頑張ってみたというプラスならいいですが、正しく描けないからオリジナルって事にしてごまかしたというマイナスであれば良くないですよね?

画風としてアレンジするのはいい事です。自分なりの世界観を持つ、考える・・・創造というのはそーした物です。けれど、根底にある物がごまかしであったりすればその世界はどーなるんでしょう?適当に考えた世界の中で、そのキャラ達は活き活きと暮らせるんでしょうか?自分の絵が不自然に見えるというのは上手に描けていない以外の理由があるかもしれません。キャラでも服でも小物でも、描く対象をきちんと考えるってのは写実画にも空想画にも必要な事ですよ。思い入れのないキャラが可愛くならなくても当たり前。逆に、少しくらい失敗しても思い入れのあるキャラは可愛く思えるものです。

絵を描くというのは自己表現です。自画自賛して何も悪いことはありません。それくらいの気持ちがないのなら、そもそも投稿したりサイトを始めたりしていない筈です。もし自画自賛が恥ずかしいと思うなら、それが恥ずかしくないくらいに上達しようと頑張ればいいことです。すぐに上達しないかもしれませんが、少なくとも精一杯頑張ったことを恥ずかしく思ったりしないでしょう?それが出来ないのはどこかで手を抜いていたり、適当に済ませていたり、その絵に対して後ろめたさがあるって事ですよ。

自分に嘘を吐かない。気持ちで負けない。胸を張って行こう!(笑)
名前  URL 
 
よろしければ『書き込み』ボタンをクリックしてください(戻る