□ コンテンツ □
◆ アバウト ◆

◇ CG系 ◇

◆ 技術系 ◆

◇ BBS ◇

◆ リンク ◆

◇ 小春日和 ◇

■お絵描き講座って感じのもの■
「完全攻略−旅、和、星祭り編」
追加(01/11)

■ お絵描きコミュニティー ■
まだまだ仮運営中?


リンクについては↓のバナーをクリック
リンクについて
相互リンク大歓迎!
shin-bu@be.wakwak.com
神武館はnicky! を使用しています
Shin-Bu-Kan
COUNT
SINCE1998/07/30

Apr / 2005
Su Mo Tu We Th Fr Sa

12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

<-new / old->


最近の更新
02月18日ジュウニン(ヒ...
12月21日 かんたん接続?
13日 CLUB KEI..
07日 CLUB KEI..
01日あなたの面影は...
11月30日 ミニ講座−目線...
28日また塗ろう
25日たまには塗ろう


ログ一覧表示
画像一覧表示
過去ログ検索

andやorには対応してません

Pixia倶楽部
Pixia倶楽部
貧乏絵描きの会
貧乏絵描きの会
CGお薦め講座集
CGお薦め講座集

その他検索サイト

G-search
Cyber あまてらす
Surfersparadise

◆◇◆ おそらくは駄文的日常会話 ◆◇◆

お絵描きコミュニティー
2005年04月11日 (月)03:41

以前から何かするぞと言ってましたが、やっと時間が取れたのでWikiを設置してみました。機能的には素直にWalWikiを使うというのもアリなんですが、手を加える楽しさを考えてYukiWikiにしてみました。既にあれこれとカスタマイズされてますけどね。これから更に手を加えて行くつもり・・・って、そーした話に詳しくない人にはWikiとか言われても何だかわからないと思いますけど(苦笑)

http://park2.wakwak.com/~shin-bu/cgi-bin/e/wiki.cgi
よーするに↑これです。「お絵描きコミュニティー」というのを作ってみました。ページの作り方も余程凝った事をしようと思わなければ割と簡単だし、単にテキストを書いただけでも掲示板のように使えます。元からあるページなどを真似て作るんでもいいですし、とにかく参加型です。イタズラ以外なら、遠慮なく使って下さいね。って、解説ページもそのうち作りますけど。ひとまず、掲示板にあった質問のお返事としてPixiaで閉領域→塗りつぶしとした時に白く塗り残る部分の処理について書いておきました。

ちなみに、閉領域の使えるような線画というのをあまり描かないので「あんな使い方も知っているよ」というだけで、実際に使うことは皆無に等しい。画風が色々とあるように、ソフトの使い方も一元的な物ではないんです。その中で、効率や画風に合わせて自分なりの使い方というのが出来て行くんですね。といって、例えば色マスクを使って領域選択をした上で水彩のように塗れば色の食み出しが無くて塗りの雰囲気は良いとか?利点を活かして応用するようにして行けば色々な使い方を思い付きますよね。

絵を描く発想、アイデアというのは目に見えて凄いというように誰にでもわかる部分が多いです。が、あまり目立たなくてもフィルタなどソフトの使い方が上手い、凄いというのもあるんです。単にその絵が綺麗で凄いと思って見るだけでなく、その絵がどんな風に描かれているんだろう?とかどんなフィルタやツールを使って描いたんだろう?と想像してみて下さい。そして、少しくらい図々しいようでも描いた本人に聞いてみたり、逆に聞かれた方も答えてくれたらなぁ〜なんて思います。

これは考え方に個人差があるので聞かれるのが嫌だと思う人も少なくないようですけどね。実際、それも当然だと思うんですよ。それこそ、プロの絵描きが一々全てに答えるなんてやる暇もないでしょうし、絵に関する事でお金になるプロに無料で何かをして貰おうってのはおそらく間違いです。これがプロでなくても、労力や手間が掛かった分だけ答える方は大変なんです。知り合いや友達ならいざ知らず、全くの他人にあれやこれや細かく答えるなんて逆にどーかと思うでしょう?そんな事するのは余程の変わり者か奇特な人ですよ。

という訳で、自分は変わり者なんです。流石に体を壊すほどの無理はしようと思ってませんが、片手間にでも出来る程度なら後進の役に立ちたいと考えてます。今回設置した「お絵描きコミュニティー」のような場の提供というのもそんな一環として。そして、以前からいっているように誰かが教えて教わるというような上下関係ではなく、お互いに教え合うという形が取れるWikiを選択した訳です。勿論、初心者で描き始めたばかりの人はまだまだ教わってばかりかもしれません。が、そーやって覚えて行った物を更に後から来る人に伝える事は出来る。そーでしょう?

プロを目指したいなら他の人には目もくれず一直線に頑張って下さい。それでいいです。けれど、そんな風に「自分だけ上達すればいい」という考えばかりでは絵描きの裾野も広がらないし、絵描きの世界はつまらない物になってしまうと思うんですよ。それはキッカケを失った大きな才能を埋もれされる事になるかも知れないし、逆に「気軽に教われる」という雰囲気が絵を描き始めるキッカケになるかも知れないですよね?そんなキッカケ作り。お絵描きコミュニティーがそんな所に育ってくれれば嬉しいです。
名前  URL 
 
よろしければ『書き込み』ボタンをクリックしてください(戻る