□ コンテンツ □
◆ アバウト ◆

◇ CG系 ◇

◆ 技術系 ◆

◇ BBS ◇

◆ リンク ◆

◇ 小春日和 ◇

■お絵描き講座って感じのもの■
「完全攻略−旅、和、星祭り編」
追加(01/11)

■ お絵描きコミュニティー ■
まだまだ仮運営中?


リンクについては↓のバナーをクリック
リンクについて
相互リンク大歓迎!
shin-bu@be.wakwak.com
神武館はnicky! を使用しています
Shin-Bu-Kan
COUNT
SINCE1998/07/30

Apr / 2005
Su Mo Tu We Th Fr Sa

12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

<-new / old->


最近の更新
02月18日ジュウニン(ヒ...
12月21日 かんたん接続?
13日 CLUB KEI..
07日 CLUB KEI..
01日あなたの面影は...
11月30日 ミニ講座−目線...
28日また塗ろう
25日たまには塗ろう


ログ一覧表示
画像一覧表示
過去ログ検索

andやorには対応してません

Pixia倶楽部
Pixia倶楽部
貧乏絵描きの会
貧乏絵描きの会
CGお薦め講座集
CGお薦め講座集

その他検索サイト

G-search
Cyber あまてらす
Surfersparadise

◆◇◆ おそらくは駄文的日常会話 ◆◇◆

ハチミツとクローバー
2005年04月17日 (日)01:35

春の新番組をほぼチェックし終わりました。一番気に入ったのはタイトルにした「ハチミツとクローバー」かな?ハチクロですね。「LOVELESS」も高河ゆんだから当然好きですが、ハチクロ良かったです。主題歌がYUKIだし。挿入歌がスピッツだったし。絵も綺麗で良いですが、全体としての雰囲気が好き。

そして今、久しぶりにスピッツを聴いている・・・ファンという程でもないですが、スピッツは好き。カラオケで唄うのはポルノ、スピッツ、槙原則之辺り?後は女性ボーカルだけどJUDY AND MARYとか。キーが高い歌が好き。てか声が高い?といって、流石に高音が厳しくなって来ましたけどね(苦笑)

という訳で、トップ絵もハチクロに変えてしまいました。だって花本はぐみが可愛かったんだもの。録画したアニメを見てて、あまりの可愛さに「これは描かねば!」と、思った訳です。特に資料もなかったんで公式サイトのキャラ紹介を参考に、トレースしても意味がないんで細部を真似たりしてませんけど。てか実物よりも少し写実っぽいというか、そんな雰囲気で?

当たり前な話ですが、アニメの絵というのはどんなに綺麗に見えても一枚絵=CGよりも一段下がったクオリティーなんです。これは動かさなくてはいけないという条件が付くからで、その為に線を整理して単純化している訳ですからね。単に絵がヘタになったというのとは違うんです。自分もたまにアニメに対して絵をもー少し頑張って欲しいなんて書きますが、それは最低限のレベルにも至ってないだろうという場合が多いです。

実際、例えば漫画を原作とする作品がアニメになった場合。静止画である漫画の方が絵として綺麗でも何ら不思議ではありません。そして、多少なりと動きやポーズを描かなければいけない漫画本編は扉絵や単行本の表紙よりも質が下がります。表紙に騙された〜なんて事よくありますよね?(苦笑)
これもまたイラストより漫画の方が色んな事が要求されるって事です。つまり、一枚絵のイラストやCGよりも色んな動きやポーズを描く必要のある漫画、それよりも動画として動かす必要のあるアニメが難しいと思えばいい訳です。だから、単純にアニメ版は絵が頑張ってないなんて言ってはいけないんです。私的にはイラストよりも漫画は3割、アニメは5割くらい出来を甘く見てあげます。

ついでに。こーした事は一枚絵においても同じように画力や技量を見る指針になります。例えば、どんなに上手に描けているように見えても少し動きのあるポーズになると下手だったり、慣れたキャラ以外は丸っきり描けなかったり。そーいう人は画力がある訳ではなく、単に慣れで描いているだけ。右脳型、左脳型なんてのがありますが、絵を描くというのは基本的に右脳でする事です。イメージして描くというのは右脳が発達していないと難しいといわれていますよね?ですが、実はある程度記号化して慣れで描くというのは左脳に頼るんです。

例えば、目の前に居る人の顔を描こうとしたとしましょう。その時、目の形をよく見てどんな角度やどんな大きさになっているだろう?という風にするとこれは右脳で描く絵になります。逆に、「目とはこーいう物だ」というのは左脳で描く絵。目の辺りをよく観察する訳でもなく、記号化された目をその辺りの位置に描くというだけですね。描き慣れた漫画家などが同じ人を何度も同じ顔として描けるのは「そんな顔」や「そんなパーツ」として記号化しているからです。漢字を覚えていないと書くのが難しいですが、その漢字として覚えてしまえば「○○という字」というように書く事が出来る。それと似たようなもんです。左脳型の絵描きの場合、上達というのは上手なパーツを覚えたというような慣れによる場合が多い。って、別にこれが悪いという事でもなく、繰り返し同じ人を描く必要がある漫画には必要な能力だろうと思う。

というか、これもまた方向性なんです。いつも「同じような絵になってしまう」とか「同じ顔になる」というのも、逆に考えれば「同じ顔に描ける」という長所です。同じように描きたくても描けない人もいる訳です。そして、そーいうタイプの人は元々左脳が発達しているので記号化して繰り返すのが得意な筈ですから、違う顔を描きたければ新しい顔=新しいパーツを考えたり覚えたりすればいいだけ。と、それが苦手なのはそんなタイプの人がキャラを作ったりイメージをする右脳が未発達だからといえるでしょう。反対に色んなキャラを描けても安定しないというのは記号化して覚える左脳が未発達という事ですし。どちらが得かわかりませんが、タイプが違うんだとわかるでしょう。あなたはどちらのタイプ?

さて、トップ絵のラフを文字違いの「honey and clover」バージョンで。微妙なラインの取り方で表情が変わっていたり、ラフの段階でそこそこの線を描いているつもりでも相当の修正が入る訳です。てか普段からラフなのは画風と言ってますが、修正する必要があれば修正もします。整える気があれば出来ない訳でもありません。そして時間さえ掛ければいくらでも、キリが無いほど修正して整える事は出来るんです。でも、もし本当に絵を上手にと思うのであれば綺麗な線にしてパッと見だけ良くしようとするのではなく、デッサンを整えたりもっと他に時間を掛けるべき所がある筈です。それは仕上げよりもラフやあたりを付ける段階、最初の設計図のような段階でする事ですよ。ポーズに違和感がある、狂いがあると思うなら色を塗り始める前にする事があるでしょう。狂いがわかっているのに「色を塗れば何とかごまかせる」では上達しませんよね?

「頑張って描いているのにいつまでも上達しない」訳じゃありません。上達しないような描き方をしてるんです。デッサンの狂った線の綺麗な絵と、線はラフで粗くてもデッサンがシッカリしている絵。どちらを目指してもいいですし、どちらを好むかは個人の勝手です。でも、自分は後者を評価しますし、そちらの方が画力は高いと思います。少なくとも、CGというソフトの機能でごまかしの効く絵において、線の綺麗さや仕上がりの良さはそのまま画力に結び付くとは思えませんし。ちょっと元サイズを大きくすればそれだけでも線は滑らかになりますから。パソコンやソフトの性能に依存する物が画力である訳がない。
0381.gif 400×300 27K
・神武(2005/04/17 01:57)
追伸>「honey and clover」バージョンはPixia倶楽部のギャラリーAに投稿しておきました。DLするならあちらがオススメ
・hilo(2005/04/17 11:48)
原作は知らないのですが、絵を見て凄くかわいい!と思っちゃいました(*^^*) 色合いも素敵です。
・神武(2005/04/18 01:26)
可愛いですよね〜惚れて描かなきゃ男じゃないです!って、男らしい絵でもないですが(苦笑)
名前  URL 
 
よろしければ『書き込み』ボタンをクリックしてください(戻る