□ コンテンツ □
◆ アバウト ◆

◇ CG系 ◇

◆ 技術系 ◆

◇ BBS ◇

◆ リンク ◆

◇ 小春日和 ◇

■お絵描き講座って感じのもの■
「完全攻略−旅、和、星祭り編」
追加(01/11)

■ お絵描きコミュニティー ■
まだまだ仮運営中?


リンクについては↓のバナーをクリック
リンクについて
相互リンク大歓迎!
shin-bu@be.wakwak.com
神武館はnicky! を使用しています
Shin-Bu-Kan
COUNT
SINCE1998/07/30

Dec / 2008
Su Mo Tu We Th Fr Sa

123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

<-new / old->


最近の更新
02月18日ジュウニン(ヒ...
12月21日 かんたん接続?
13日 CLUB KEI..
07日 CLUB KEI..
01日あなたの面影は...
11月30日 ミニ講座−目線...
28日また塗ろう
25日たまには塗ろう


ログ一覧表示
画像一覧表示
過去ログ検索

andやorには対応してません

Pixia倶楽部
Pixia倶楽部
貧乏絵描きの会
貧乏絵描きの会
CGお薦め講座集
CGお薦め講座集

その他検索サイト

G-search
Cyber あまてらす
Surfersparadise

◆◇◆ おそらくは駄文的日常会話 ◆◇◆

「テーマ」ってなんだろう?
2008年12月15日 (月)04:17

既に描いてから1年経っていますが、久しぶりに完全攻略を追加しています。華祭り編と闇祭り編ですね。実際には今年の3月、闇祭りが終わった時点で書けていたんですが、その後にあった秋葉原の例の事件とか社会情勢に色々と考えるところがあったり、春以降の仕事の都合とかで今更な更新になってしまいました。てか改めて書き直そうと思っていたので先延ばしになっていたんですが、書き直すのも後付けのようなので直さずにおきました。


Pixia倶楽部の祭り絵は、その時々に私的なテーマを持って描いています。過去ログとかで度々出てきますけどね。線の描き方だったり色だったり。この頃からのテーマはなるべく描かない事。少し前の蒼祭りの絵なんかもそーですが、表現したい事の深さと絵の密度(複雑さ?)は比例しない筈なんです。沢山の時間を掛けたとか、色んな事をしたとか・・・「だから凄い絵なんだ」なんてのは自己満足に過ぎません。少なくとも、自分の求めるモノはそこにはありません。

例えば、原稿用紙何百枚もの文章を書くのは凄いように思えますが、それを一つのセンテンスで表現する事も出来るかもしれません。映画の宣伝文句、キャッチコピーなんかにもありますよね。その一言が全てを語っているみたいなこと。それってのは、「たかが一言」と言ってしまえばそれまでですが、それ以上にない要約でもありますよね?小説よりも短歌や俳句みたいな感覚とでもいうのかな。今はそんな辺りを重視しています。

こーいう話をすると、「文章と絵は違う」なんていう人もいる。でも、それは間違いだと思う。まず「表現したいこと」が有って然るべきでしょ?「絵にする」というのは手段です。楽器の出来る人ならそれを音楽にして表現する。文章の書ける人なら小説にするとか、映像の撮れる人なら映画にするとか。勿論、絵が描けるなら絵にする。それが「好きなキャラを描きたい」なんて理由でも、自分が自分なりに描くという表現である事に変わりはない。

祭りの「テーマ」とは何だろうか?そのテーマを考え、どう表現しようか悩むこともある。が、どちらにしても表現である。例えば、これが課題料理だったとしましょう。「肉じゃがを作りなさい」なんて感じね。美味しく作ろうと思うのは当然として、でも「肉じゃが」がテーマですから。それがどんなに美味しくともシチューやカレーになっちゃいかんのです。

特定の素材がテーマだったとしても、「それを一応使っている料理」と「その素材を活かした料理」ではまるで違うでしょ?それは、「その素材の持ち味は何なのか?」なんて事を考えるところから始めて、「その素材を使うからこその調理法」になって、だから「その料理」になる訳です。テーマがあるからこそ、辿り着くところもあるんですね。こーいうのは、「テーマを適当に使おう」と考えると逆に難しくなります(苦笑)

料理の話ついでに。何もないところから献立を考えるのは案外難しいもんです。でも、これがシチューや肉じゃがといった料理や、はたまた人参や大根といった特定の素材が決まっているのならそこから考える事が出来ます。また、「何も決まっていない」から「何もない」と思っているだけで、人には必要な栄養素がありますから。それを基準とすればたんぱく質を摂るには何を献立に入れようとか考える事は出来る訳で、料理を作るのに「何もないところから」という考え方は存在しないともいえますけどね。

絵にも似たようなことはあるんじゃないかな?栄養素とは言いませんが、経験的にでも知識的にでも取っ掛かりはあったりしますよね。どんなテーマでも。
名前  URL 
 
よろしければ『書き込み』ボタンをクリックしてください(戻る