top

研修部

 

東京速記士会

【東京速記士会平成30年度上期研修会報告】

 

 

 526()大井町駅前の「きゅりあん」にて、上期研修会が41名の参加者のもと行われた。

 

佐々木会長の挨拶から始まり、第Ⅰ部はジャーナリスト・作家の高橋俊一氏による「文章力を鍛える!~読む側に立った原稿づくりとは~」の講演。

 

まずは、自己紹介。毎日新聞、朝日新聞を経て、現在は日本大学で教鞭をとっているとのこと。(アメフトの話題もサラリとふれてくれた)

 準備していただいた例文(悪例と適切な文がありとてもわかりやすい)をもとに、良い文章づくりのポイントをお話しいただいた。

 高橋氏の教えは、文章を短くすること、やさしくすることが基本。とにかく削りまくる。

長いダラダラした文章を、文(センテンス)を短くして読みやすくする。不要な接続詞を省き、段落、句読点を適切に使い、読み手を疲れさせない。この点を例文を通してお示しされた。

 細かいキーポイントとして「常用漢字と現代仮名づかいを貫く」「カタカナ言葉が多すぎるのはNG」等々を説明。

 最後に、文章力を鍛えるには「長く書いて削る」のお言葉をいただく。新聞の社説を紙に書いて、削れそうなところを探すのも上達する方法の一つとのこと。

 

第Ⅱ部は株式会社
NHKグローバルメディアサービス・松隈天氏、須藤竜平氏、渡邊朱里氏による「字幕勉強会」の講演。

 松隈氏は、新聞社へ入社するつもりが、お父様の勧めでテレビ局へ入社されたそうです。

金メダリストやプロ野球選手との写真を披露された。

 NHKの字幕の取り組みの概要。総務省の指針などからこれからの字幕についてお話しいただいた。ちなみに日本で最初に字幕がついた番組は「おしん」とのこと。

 ドラマやバラエティー番組等の事前に収録する番組の字幕は「完プロ」といい、民放では「完パケ」というそうです。

 ニュース等の生放送は生字幕。生字幕は、3つ方式について説明された。

 渡邊氏は、主に完プロ字幕の制作について、実際の映像を使ってお話しいただいた。

完プロ字幕は、限られた時間で、一瞬で意味が伝えられるように作らなければいけない、センスが問われるクリエイティブな仕事です。各局でルールが異なるのが今後の課題です。

 須藤氏は、NHKグローバルメディアサービスの自主事業についてお話しいただいた。なんと日本で一番、生字幕を手がけてきたとのこと。落語、漫才といった劇場に来た方へ向けての字幕について説明され、実際に字幕入力している会社の方も紹介されました。

 

最後に副理事長挨拶で閉会。研修会終了後の懇親会では、Ⅱ部の方も3名参加していただき、非会員、会員との交流が活発に行われた。

★研修会の詳細は『速記時報』に掲載されますのでぜひお読みください。

研修部C.S.