検査部門サービス
Companion Bird Laboratories(CBL)




  当院では、コンパニオンバードを対象とした検査部門
Companion Bird Laboratories(CBL)を運営しておりま
す。
 
目的 我国のコンパニオンバードにおける臨床医学の発展を支援
する。
検査項目 遺伝子検査:オウム類の嘴-羽毛病(PBFD)
         セキセイインコのヒナ病(BFD)
         ヘルペスウイルス感染症(HER)
         鳥クラミジア症(CHL)
         アデノウイルス感染症(ADE)
         マイコプラズマ病(MYC)
         サルモネラ症(SAL)
         鳥結核症(ATB)
         ヘリコバクター感染症(HELI)
         カンジダ症(CAN)
         アスペルギルス症(ASP)
         クリプトコッカス症(CRY)
         雌雄鑑別(SEX)

  NEW 新項目です!
         ニューカッスル病(ND)
         鳥インフルエンザ(AI)
         鳥ボルナ病(ABD)

細菌検査:細菌および真菌の分離・同定、薬剤感受性試験

病理検査:病理解剖検査、病理組織検査
検査材料 遺伝子検査および細菌検査では、血液、羽毛、糞便(クロア
カスワブ)、分泌液スワブなどを用います。
病理検査では体表または内臓に出現した新生物や死亡個
体を取り扱います。
検査結果 検査の所要期間は、基本的に遺伝子検査で約1週間、細
菌検査で約1週間、病理検査で約2週間です。
他病院
での利用
本来は当院専属の検査部門なのですが、他の動物病院の
先生方にも広く利用していただけるように門戸を広げており
ます。CBLの利用は会員登録した動物病院開業の獣医師
のみが対象となりますので、利用を希望される場合は、か
かりつけの先生にCBLの会員登録手続をとってもらって下さ
い。直接ペットオーナーさんから検査を受ける事は出来ませ
んのでご注意ください。
連絡先
会員登録希望または会員の先生からの
問い合わせにのみ御利用願います。

郵便文書またはFAXにて御用件を承ります。

〒277-0843 千葉県柏市明原3-20-2
小鳥の病院 BIRD HOUSE CBL

FAX:0471-40-2860

※このFAX番号はCBL専用ですので、診察に関する用件を受けることは
  できません。
  診察については診療時間内に病院の電話にてお願いします。
  また、病院の電話ではCBL関係のお問い合わせはお受けしておりま
  せんのでご了承ください。