著作権重要判例要旨[トップに戻る]







手あそび歌振付の著作物性
「‘手あそびうた’振付けDVD付き書籍出版事件」平成210828日東京地方裁判所(平成20()4692 

【コメント】以下に掲載する「『キラキラぼし』の振付け」の他、本件では、「『いっぽんといっぽんで』の振付け」、「『ピクニック』の振付け」、「『グーチョキパーでなにつくろう』の振付け」、「『さかながはねて』の振付け」の各原告主張部分について、「ありふれたもの」であるとして、「原告主張の上記振付けは,創作性を有する著作物であるものと認めることはできない。」と判示しています。

 「キラキラぼし」の振付け
 原告が独自に創作したと主張する振付けは,…のとおり,堀野真一が作詞した「キラキラひかるおおきなほしはたのしいうたをうたっているよピカピカひかるちいさなほしと」の歌詞に合わせた振付けであり,「キラキラひかる」との歌詞に合わせて両手を頭上に挙げて両手首を回す,「おおきなほしは」の歌詞に合わせて両手を挙げたまま左右に振る,「たのしいうたを」の歌詞に合わせて手を順番に胸の前で交差させ首を左右に揺らす,「うたっているよ」の歌詞に合わせて手を順番に口の横に当て,首を左右に揺らす,「ピカピカひかる」の歌詞に合わせて両手を胸の高さに挙げて両手首を回す,「ちいさなほしと」の歌詞に合わせて両手を挙げたまま左右に振るというものである。
 そこで検討するに,堀野の歌詞は,キラキラ光る大きな星が,ピカピカ光る小さな星と一緒に,楽しい歌を歌っているという内容のものであり,この歌詞に合わせた振付けを考えた場合,星がキラキラあるいはピカピカと光る様子,キラキラ光る大きい星とピカピカ光る小さい星との対比,楽しい歌を歌う様子を表現する振付けになるものと解される。そして,「キラキラひかる」や「ピカピカひかる」の上記歌詞に合わせて両手首を回すことは,星が瞬く様子を表すものとして,誰もが思いつくようなありふれた表現であり,また,「キラキラひかるおおきなほし」と「ピカピカひかるちいさなほし」の対比として,前者では両手を高く上げて腕を大きく振り,後者では,胸の高さに挙げた両手を小さく振ることも,大小の対比として自然に思いつく,ありふれた表現であると認められる。さらに,「うたっているよ」の上記歌詞に合わせて手を順番に口の横に当て,首を左右に揺らすことも,歌っていることを示す動作として,ありふれた表現であると認められる。
 そして,「たのしいうたを」の上記歌詞に合わせて,両手を胸の前で交差させて首を左右に揺らすことについては,原告書籍より前に発行されたポプラ社書籍に掲載された「キラキラぼし」において,「おそらのほしよ」との歌詞に合わせて右手と左手を順に交差させて胸に当て,体を左右に揺らす動作が記載されていることからすれば,両手を胸の前で交差させ,体を左右に揺らす動作は格別な表現ではなく,上記振付けは,ポプラ社書籍記載の上記動作と左右に揺らす部位が首であること及び対応する歌詞に違いがあるものの,特段創作性があるものとは認められない
 したがって,原告主張の上記振付けは,創作性を有する著作物であるものと認めることはできない。
 以上によれば,原告主張の「キラキラぼし」の振付けは,著作物には当たらない。











相談してみる

ホームに戻る