著作権重要判例要旨[トップに戻る]







建築の著作物の「複製」
「『シノブ設計』建築設計図事件」
平成30409日福島地方裁判所(平成2()105 

 ところで著作権法1016号の著作物の複製は、同項5号の「建築の著作物」の場合と異なり2115号の本文の有形的な再製に限られ、したがって建築設計図に従って建物を建築した場合でも、その建築行為は建築設計図の「複製」とはならない
 それで本件建物が本件設計図に従って建築された場合であっても、右6号の関係では複製とはいえない。
 しかして、設計図に従って建物を建築することが「複製」となるのは、「建築の著作物」(同法1015号)についてである。
 すなわち「建築の著作物」とは(現に存在する建築物又は)設計図に表現されている観念的な建物自体をいうのであり、そしてそれは単に建築物であるばかりでなく、いわゆる建築芸術と見られるものでなければならない
 
債権者は、本件設計図が図面の著作物(6号)に該当することから、直ちに本件建物の建築行為が、「複製」権の侵害となるとするものであるが、上述来説示のように、本件設計図に表現されている観念的な建物が「建築の著作物」に該当しないかぎり本件建物の建築行為は「複製」権の侵害とはならない











相談してみる

ホームに戻る