著作権重要判例要旨[トップに戻る]







著作者でない者に著作権を原始的に帰属させる契約は有効か
「書籍『頭脳開発シリーズ』vs.『新頭脳開発シリーズ』事件」
平成151128日東京地方裁判所(平成14()23214/平成160331日東京高等裁判所(平成16()39 

【原審】

 
なお,著作権は,著作者が著作物を創作した時点で直ちに著作者に生じる権利であるから,いまだ著作物が創作されておらず,著作物の内容が具体化される前に,あらかじめ合意によって,著作権の原始的帰属を決定することはできないものというべきである。

【控訴審】

 
また,著作権の原始的な帰属主体は,上記のとおり,著作者である(著作権法17条)から,客観的に著作者としての要件を満たさない者について,著作権が原始的に帰属することはあり得ず,仮に,当事者間において,著作者でない者につき著作権が原始的に帰属する旨の合意が成立したとしても,そのような合意の効力を認めることはできないと解さざるを得ない。











相談してみる

ホームに戻る