著作権重要判例要旨[トップに戻る]







日本舞踊の特定性
「日本舞踊振付著作権確認等請求事件」平成141226日福岡高等裁判所(平成11()358 

【コメント】本件は、日本舞踊A流の創始者で家元の地位にあった被控訴人が、その長女で、いったん二代目家元の地位を継承すると公表された控訴人らに対し、控訴人らは被控訴人にことわりなく同人が振付をした舞踊の公演をしたとして、著作権を有することの確認及び著作権に基づく今後の上演禁止等を求めた事案の控訴審です。
 本ケースで、控訴人らは、「著作権法は,これを侵害する者または侵害するおそれのある者に対し,差し止めまでを認めるものであるから,その保護を受けうるためには,係争当事者のみならず,無関係の第三者との間でもこれが特定できるほどの高い特定性が要求される。しかるに,本件各舞踊は,振書と音曲のみでは第三者はこれを再現することができないから,特定されていない。また,舞踊は,踊る人間の数や技量によって振りが異なるから,再現された舞踊が当初の舞踊と完全に一致することはありえない。よって,本件各舞踊は特定を欠いており,著作権法上の保護の対象たりえない。」と主張しました。 


 [特定について]
 控訴人らは本件各舞踊が特定されていないと主張する。
 しかし,舞踊著作物は同じ挙措動作を再現でき,鑑賞者が同じ舞踊であると認識できる程度に完成されていればそれで特定されていると解するのが相当である。そして,本件各舞踊が特定されていることは,原判決が的確に説示しているとおりであるから,これを引用する。
 [創作性について]
 本件第1舞踊は,A流のために作られた創作音曲に独自の振付がされたもので,同流派を象徴する舞踊である。
 本件第2ないし第4舞踊は,従前伝統芸能・民俗芸能として手本となる踊りがあったりするが,それとは離れて独自性のある振付がされたもので,前記のとおり,いずれも,日本民謡舞踊大賞コンクールで受賞する等,客観的にも芸術性が高い。
 
したがって,本件各舞踊は,いずれも,振付者の思想,感情を創作的に表現したものであるということができ,十分に著作物たりうる創作性を認めることができる











相談してみる

ホームに戻る