著作権重要判例要旨[トップに戻る]







確認の訴え
「推定相続人による仮装売買無効確認事件」昭和301226日最高裁判所第三小法廷(昭和27()683 

 確認の訴は、即時確定の利益がある場合、換言すれば、現に、原告の有する権利または法律的地位に危険または不安が存在し、これを除去するため被告に対し確認判決を得ることが必要かつ適切な場合に限り、許されるものであることはいうまでもない。











相談してみる

ホームに戻る