著作権重要判例要旨[トップに戻る]







新聞記事が名誉を毀損すべき内容の意味か否かの判断基準
「新聞記事名誉棄損事件」昭和310720日最高裁判所第三小法廷(昭和29()634 

 しかし、名誉を毀損するとは、人の社会的評価を傷つけることに外ならない。それ故、所論新聞記事がたとえ精読すれば別個の意味に解されないことはないとしても、いやしくも一般読者の普通の注意と読み方を基準として解釈した意味内容に従う場合、その記事が事実に反し名誉を毀損するものと認められる以上、これをもつて名誉毀損の記事と目すべきことは当然である。…
 
(略)
 
… また、新聞紙に事実に反する記事を掲載頒布しこれにより他人の名誉を毀損することは、単なる過失による場合といえどもこれを新聞の正当業務行為と目し得ないことはいうまでもないところであるから、論旨は採ることができない。











相談してみる

ホームに戻る