著作権重要判例要旨[トップに戻る]







著作権侵害の成否
「書籍『日照権−あすの都市と太陽−』事件」
昭和530621日東京地方裁判所(昭和52()598 

 著作権侵害の成否とは、要するに、思想そのものではなく、思想(それ自体独創性のあるものであると否とを必ずしも問わない。)についての創作性ある具体的表現が無断で利用されているかどうかということであ(る)











相談してみる

ホームに戻る