著作権重要判例要旨[トップに戻る]







肖像写真の複製権侵害の成否(2)
「都議会議員肖像写真無断利用事件」平成230209日東京地方裁判所(平成21()25767等) 

【コメント】原告は、職業写真家であり、「本件写真」を撮影した者です。被告は、「A調査会」ないし「A1調査会」の名称で政治活動を行っている者です。
 本件本訴は、原告が、被告に対し、公明党所属のB都議会議員(「B議員」)のウェブサイト(「本件サイト」)から本件写真の電子データ(「本件画像データ」)をダウンロードし、これを利用して「被告写真1」を「本件ビラ1」に、「被告写真2」を「本件ビラ2」に、「被告写真3」を「本件ビラ3」に掲載して街頭で通行人に頒布し、「被告写真4」を自らが管理するインターネット上のウェブサイトにアップロードして自己のブログ(「本件ブログ」)に掲載し、「被告写真5」を街宣車(「本件街宣車」)の車体上部に設置された看板(「本件看板」)に掲載した被告の行為は、原告の有する本件写真の著作権(複製権、譲渡権、公衆送信権〔送信可能化権〕)及び著作者人格権(同一性保持権)を侵害すると主張して、著作権法112条に基づき、@本件写真を掲載したビラの頒布の差止めと廃棄、A被告写真4をインターネット上のウェブサイトで送信可能化することの差止めを求めるとともに、不法行為による損害賠償請求権に基づき、B損害賠償金(著作権侵害による財産的損害、著作者人格権侵害による精神的損害及び弁護士費用)及びこれに対する遅延損害金の支払を求めた事案です。 


 複製権,譲渡権侵害の有無
ア 本件ビラ1,同3及び本件看板について
 被告が,本件ビラ1及び同3を作成,頒布した事実並びに本件看板を作成した事実は,いずれも当事者間に争いがない。
 上記各ビラ及び看板に掲載された被告写真1,同3及び同5は,いずれも本件画像データをダウンロードして利用し作成されたものであるから,本件写真に依拠したものである。また,本件写真と上記各被告写真とを対比すると,被告写真1は縦横の比率が若干横伸びしたように変更されており,被告写真1及び同3は色調がカラーからモノクロに変更されており,被告写真5は被写体の両目部分に目隠し様の白いテープが貼付されているが,いずれも本件写真の表現上の本質的な特徴の同一性が維持されており,その表現上の本質的特徴を直接感得するのに十分な大きさ,状態で,ほぼ全体的にその表現が再現されていると認められ,他方,被告による上記変更には,創作性があるとは認められない。したがって,被告写真1,同3及び同5は,いずれも本件写真の複製物である
 そして,被告は,本件サイト上から本件写真の画像データをダウンロードし,これを上記各ビラ及び看板に掲載した上,同ビラを頒布したのであるから,被告による上記各掲載は,本件写真の複製権を,被告による上記各頒布は,本件写真の譲渡権を,それぞれ侵害するものと認められる。
 これに対し,被告は,@本件写真は,一般に公開されているホームページ(本件サイト)に掲載されたものであり,これを使用しても著作権を侵害することはない,A仮に本件写真の著作権が原告に帰属するとしても,ホームページ上その旨が明記されていないため,被告としてはこれを知る由もなく,原告の著作権を侵害する意図はなかった,B本件看板における本件写真の使用については, 本件仮処分事件でも問題にされておらず,何ら違法性はないと主張する。
 しかし,@本件写真が一般に公開されているホームページ上に掲載されたからといって,これを著作権者に無断で使用できることになるわけではない。Aまた,本件サイト上には原告が著作権者である旨の表示はないが,被告は,本件写真が自分以外の者によって撮影されたものであることを認識しながら,その著作権の帰属について何ら調査することなく,無断でその画像データをダウンロードし,これを上記各ビラ及び看板に掲載したのであるから,上記の著作権(複製権,譲渡権)侵害について,少なくとも過失を認めることができる。さらに,B本件仮処分事件において,本件看板上に本件写真の複製物を掲載することが差止めの対象になっていなかったからといって,本件看板上に本件写真の複製物を掲載することが適法になるわけではなく,また,同事件において原告が被告に対し本件看板における本件写真の使用を許諾した事実も認められない。
 よって,被告の上記@〜Bの主張はいずれも失当であり,採用することができない。
イ 本件ビラ2について
 本件ビラ2に掲載されている被告写真2は,本件画像データを利用して作成されたものであり,かつ,これと本件写真とを対比すると,縦横の比率が若干横伸びしたように変更されているが,本件写真の表現上の本質的な特徴の同一性が維持されており,その表現上の本質的特徴を直接感得するのに十分な大きさ,状態で,ほぼ全体的にその表現が再現されていると認められ,他方,上記変更には,創作性があるとは認められない。したがって,被告写真2は,本件写真の複製物である
 (略)
 
したがって,被告は,本件ビラ2についても,本件写真の複製権及び譲渡権を侵害したものと認められる。











相談してみる

ホームに戻る