著作権重要判例要旨[トップに戻る]







手続補正書の編集著作物性
「『模様入りおにぎり具』手続補正書事件」平成230427日東京地方裁判所(平成22()35800 

【コメント】本件は、原告が、被告の商品台紙等に掲載した取扱説明文及び写真は、いずれも原告の著作物である「手続補正書」(原告が実用新案登録出願の願書に添付した明細書及び図面を補正するため特許庁に提出した同庁昭和5717日受付の手続補正書。以下「本件手続補正書」といい、このうち明細書部分を「本件明細書」、図面部分を「本件図面」という。)を複製又は翻案したものであり、被告の上記各掲載行為は、原告の有する本件手続補正書の著作権及び著作者人格権を侵害すると主張して、被告に対し、損害賠償の支払を求めた事案です。 

 本件手続補正書の著作物性について
(1) 編集著作物としての著作物性
 原告は,本件手続補正書は,「ごはん」,「おにぎり」,「ふりかけ」,「具」,「型当て板」の各素材を編集した編集著作物であり,その選択及び配列に創作性が認められると主張する。
 しかしながら,編集著作物とは,編集物でその素材の選択又は配列によって創作性を有するもの(著作権法121項)をいうところ,本件手続補正書は,本件願書に添付した明細書及び図面を補正するために作成されたものであって,「ごはん」,「おにぎり」,「ふりかけ」,「具」,「型当て板」の各用語も,本件明細書の本文中において,使用する器具又は具材を示すものとして通常の意味,方法で用いられているにすぎず,それ以上に,何らかの編集方針に基づいて,上記各用語が編集の対象である素材として選択され又は配列されているとは認められない。したがって,本件手続補正書は編集著作物とは認められない
 原告は,「ごはん」に「型当て板」を当て,「ふりかけ」をかけて「ごはん」に模様を入れる料理法は,本件出願当時,どの料理雑誌にも載っていない初めての料理法であり,当然同料理法の説明書もなかったものであるから,その素材である「ごはん」,「ふりかけ」,「具」,「型当て板」の取捨選択にも個性が表れているし,この料理を作る順序による素材の配列にも個性,独自性が現れているとして,新しい料理法(思想)の説明書(表現)は個性,独自性のある表現であると主張する。
 しかし,著作権法上の保護を受ける著作物とは,思想又は感情を創作的に表現したものであって,アイデアや着想がそれ自体として著作権法の保護の対象となるものではなく,この理は編集著作物においても同様である。これを本件についてみると,上記料理法は,御飯に模様を入れる料理法というアイデアそのものであるから,それ自体は著作権法によって保護されるべき対象とはならない。したがって,原告の上記主張は失当というほかない。
 
以上によれば,本件手続補正書に編集著作物としての著作物性を認めることはできない。











相談してみる

ホームに戻る