著作権重要判例要旨[トップに戻る]







刑法175条にいう「猥褻ノ図画」に当たるとされた一事例
「裸体写真塗りつぶし修正事件」昭和580308日最高裁判所第三小法廷(昭和54()1358
 

 (所論)は、刑法175条は性に関する表現行為を不当に制限するものであるなどとして、同条が憲法21条、13条、19条、31条に違反するというが、その理由のないことは、わいせつ文書の出版を刑法175条で処罰しても憲法21条に違反しないとする当裁判所大法廷判例(昭和32313日判決、同441015日判決)の趣旨に徴し明らかであり、(所論)は、わいせつの概念が不明確であるとして刑法175条が憲法31条に違反するというが、刑法175条の構成要件は、所論のように不明確であるということはできないから、所論は前提を欠き、(所論)は、いわゆるハード・コア・ポルノでない本件写真誌のようなものの出版について同条を適用するのは、憲法の前記各法条で保障された国民の諸権利を侵害するものとして違憲であるというが、その理由のないことは、前掲各大法廷判例の趣旨に徴し明らかなところであ(る)。
 
なお、本件各写真誌は、絡み合う男女の裸体写真を、その性器及び周辺部分を黒く塗りつぶして修正のうえ印刷・掲載したものであつて、いわゆるハード・コア・ポルノということはできないが、修正の範囲が狭くかつ不十分で現実の性交等の状況を詳細、露骨かつ具体的に伝える写真を随所に多数含み、しかも、物語性や芸術性・思想性など性的刺激を緩和させる要素は全く見当らず、全体として、もつぱら見る者の好色的興味にうつたえるものであると認められるから(最高裁昭和551128日第二小法廷判決参照)、これを刑法175条にいう「猥褻ノ図画」にあたると認めた原判断は、正当である











相談してみる

ホームに戻る