著作権重要判例要旨[トップに戻る]







入れ墨の画像を書籍カバー等に掲載した行為を同一性保持権侵害と認定した事例
「入れ墨の書籍カバー事件」平成230729日東京地方裁判所(平成21()31755/平成240131日知的財産高等裁判所(平成23()10052 

※【 】…控訴審での付加箇所を表す。

 [同一性保持権侵害の成否]
ア 本件入れ墨と本件画像とを対比すると,本件画像は,陰影が反転し,セピア色の単色に変更されていることは,上記のとおりである。
 そして,被告らは,原告に無断で,原告の著作物である本件入れ墨に上記の変更を加えて本件画像を作成し,これを本件書籍及び本件各ホームページに掲載したものであり,このような変更は著作者である原告の意に反する改変であると認められ,原告が本件入れ墨について有する同一性保持権を侵害するものである。
イ 被告らは,本件画像は原告から無償譲渡された写真によるものであり,原告は当該写真の利用方法につき何らの制約も加えるところがなかったので,被告らが無償譲渡された写真を本件書籍に掲載する際,ネガとポジを反転し,モノクロ化したことは原告の許容した利用範囲にとどまり,原告の同一性保持権を侵害するものではないと主張する。
 しかしながら,原告が写真を譲渡したからといって,それだけで原告が上記のような改変を許容していたとは認められず,ほかにそのように認めるに足りる証拠はない。したがって,被告らの上記主張は採用することができない。
 【被告らは,本件入れ墨の写真画像について,陰影を反転させ,かつ,セピア色の単色に変更させた点は,被告Xの大腿部に施された入れ墨をそのまま使用することが相当でない点を考慮すれば,著作権法2024号所定の「やむを得ない改変」に該当すると主張する。しかし,本件入れ墨を撮影した写真を書籍に掲載することがふさわしくない事情があるからといって,本件入れ墨を改変して,本件書籍に掲載することが,著作権法2024号所定の「やむをえない改変」に該当するとして,その掲載が許されるものではない。被告らの主張は採用の限りでない。
 また,被告らは,原告と被告Xとの間において,明示又は黙示の著作者人格権不行使の合意が成立していると主張する。しかし,著作者人格権不行使の合意がされた場合に,その合意が効力あるものと解されるべきか否かの判断はさておき,本件全証拠によっても,著作者人格権不行使の合意が成立したことを認めることはできない。被告らの上記主張は,採用の限りでない。
 さらに,被告らは,本件入れ墨は,原告と被告Xの共同著作物であり,原告は,被告Xの合意なく,請求権を行使することは許されない,とも主張する。しかし,被告Xは,本件入れ墨について,画像の選択,観音像の顔の表情について希望は述べた事実はあるが,本件全証拠によるも,被告Xが,本件入れ墨の作成に,創作的に関与したことを認めることはできないから,被告らの主張は,採用できない。】
ウ 以上によれば,上記アの改変は,原告が本件入れ墨について有する同一性保持権を侵害するものであり,また,この点に関し被告らに少なくとも過失が認められることは明らかである。
 (略)
 [損害及びその額について]
(1) 被告らの責任
 前記によれば,被告らが原告に対し不法行為責任を負う範囲は次のとおりである。
ア 被告らは,平成1971日以降,本件入れ墨の著作者である原告の氏名を表示しないまま,本件入れ墨に原告の意に反する改変をした本件画像を本件書籍に掲載し,原告が本件入れ墨について有する氏名表示権及び同一性保持権を侵害したものであって,上記侵害について被告らには少なくとも過失が認められるから,被告らの上記行為は共同不法行為に該当する。
 よって,被告らは,原告に対し,連帯して,原告が上記共同不法行為により被った損害を賠償する義務がある。
 【被告らは,他人の許諾を得ない限り,自己の身体の利用ができないとすることは社会通念に照らし不合理であることから,被告らが,本件入れ墨の画像を用いて,本件書籍カバー等に掲載した行為に過失はないなどと主張するが,採用の限りでない。】
イ 被告Yは,平成1971日以降,本件ホームページ1に本件表紙カバーの写真を掲載し,原告が本件入れ墨について有する氏名表示権及び同一性保持権を侵害したものであって,上記侵害について被告Yには少なくとも過失が認められるから,被告Yの上記行為は不法行為に該当する。
 よって,被告Yは,原告に対し,原告が上記不法行為により被った損害を賠償する義務がある。
ウ 被告本の泉社は,平成1971日以降,本件ホームページ2に本件表紙カバーの写真を掲載し,原告が本件入れ墨について有する氏名表示権及び同一性保持権を侵害したものであって,上記侵害について被告本の泉社には少なくとも過失が認められるから,被告本の泉社の上記行為は不法行為に該当する。
 よって,被告本の泉社は,原告に対し,原告が上記不法行為により被った損害を賠償する義務がある。
(2) 本件書籍による損害
ア 著作者人格権(氏名表示権,同一性保持権)侵害による慰謝料
 本件入れ墨の制作過程や被告らによる著作者人格権侵害の態様,本件書籍の発行部数と実売部数,その他本件に表われた一切の事情を考慮すれば,被告らの著作者人格権(氏名表示権,同一性保持権)侵害により原告が被った精神的苦痛に対する慰謝料は20万円【10万円(控訴審で変更)】と認めるのが相当である。
イ 弁護士費用相当額
 本件訴訟の難易,請求の内容及び認容額その他諸般の事情を考慮すると,被告らの著作者人格権(氏名表示権,同一性保持権)侵害と相当因果関係のある弁護士費用相当額の損害は4万円【2万円(控訴審で変更)】と認めるのが相当である。
(3) 本件ホームページ1による損害
ア 著作者人格権(氏名表示権,同一性保持権)侵害による慰謝料本件入れ墨の制作過程や被告Yによる著作者人格権侵害の態様,本件ホームページ1における本件表紙カバーの写真の掲載期間,その他本件に表われた一切の事情を考慮すれば,被告Yの著作者人格権(氏名表示権,同一性保持権)侵害により原告が被った精神的苦痛に対する慰謝料は10万円【5万円(控訴審で変更)】と認めるのが相当である。
イ 弁護士費用相当額
 本件訴訟の難易,請求の内容及び認容額その他諸般の事情を考慮すると,被告Yの著作者人格権(氏名表示権,同一性保持権)侵害と相当因果関係のある弁護士費用相当額の損害は2万円【1万円(控訴審で変更)】と認めるのが相当である。
(4) 本件ホームページ2による損害
ア 著作者人格権(氏名表示権,同一性保持権)侵害による慰謝料
 本件入れ墨の制作過程や被告本の泉社による著作者人格権侵害の態様,本件ホームページ2における本件表紙カバーの写真の掲載期間,その他本件に表われた一切の事情を考慮すれば,被告本の泉社の著作者人格権(氏名表示権,同一性保持権)侵害により原告が被った精神的苦痛に対する慰謝料は10万円【5万円(控訴審で変更)】と認めるのが相当である。
イ 弁護士費用相当額
 本件訴訟の難易,請求の内容及び認容額その他諸般の事情を考慮すると,被告本の泉社の著作者人格権(氏名表示権,同一性保持権)侵害と相当因果関係のある弁護士費用相当額の損害は2万円【1万円(控訴審で変更)】と認めるのが相当である。











相談してみる

ホームに戻る