著作権重要判例要旨[トップに戻る]







出版者の注意義務(2)
HP掲示板投稿文章書籍出版事件」
平成140415日東京地方裁判所(平成13()22066 

【コメント】本件は、ホームページ上の掲示板に文章を書き込んだ原告らが、当該文章の一部を複製(転載)して「本件書籍」を作成し、これを出版等した被告らに対し、被告らの当該行為は、上記文章について原告らの有する著作権を侵害するとして、上記書籍の出版等の差止め及び損害賠償金の支払等を求めた事案です。
 なお、「本件書籍」は、被告森拓之事務所が執筆・作成し、被告光文社において、その出版・販売、宣伝広告を行っていました。 


 被告光文社には,著作権侵害について過失があるか
 被告光文社は,本件出版契約において,被告森拓之事務所から,「被告森拓之事務所は,本著作物が他人の著作権その他の権利を侵害しないことを保証する。」との保証を得ていること,及び原告らは,本件掲示板に書き込みをする際,ハンドルネームを表記してあるだけであって実名を明らかにしていないため,原告らの許諾の有無を調査することは極めて困難であることから,被告光文社には,著作権侵害についての過失がない旨主張する。
 
しかし,同被告主張は以下のとおり失当である。すなわち,被告光文社が,被告森拓之事務所との間に,上記のような保証を内容とする契約を締結していても,原告らが転載を許諾したか否かを調査,確認する義務を免れるものではないというべきであり,また,原告らが本件掲示板上にハンドルネームしか表示しておらず,原告らに直接に確認をすることが困難であるとしても,被告森拓之事務所に対して,原告らから許諾を得たことを示す資料の提供を求めるなどして原告らの許諾の有無を確認することは可能である。ところが,…によれば,被告光文社は,原告らの許諾の有無について全く調査,確認をしていないことが認められるから,被告光文社に著作権侵害について過失がないということはできない











相談してみる

ホームに戻る