著作権重要判例要旨[トップに戻る]







大学教授が係わった学術的な三次元画像の著作者性
「マンモス3DCG事件平成231129日東京地方裁判所(平成22()28962/平成240425日知的財産高等裁判所(平成23()10089 

【原審】

 本件各画像の著作者及び著作権者
ア 前記で認定したとおり,本件各画像の作成作業は,原告及び本件スタッフによって行われたものと認められる。
 しかるところ,原告らの中において,本件各画像を創作するに当たって原告が果たした役割について考察するに,@本件各画像は,本件マンモスの研究に関する原告の記者会見の場における説明用の素材として作成されたものであること,A本件スタッフは,いずれも原告が所長を務める本件研究所に勤務し,その職務上,原告の指揮・監督を受ける立場にある者であること,B本件各画像の具体的な作成手順をみると,まず,原告が,作成すべき画像のイメージを記載した絵コンテを作成して本件スタッフに示し,その後の作業もおおむね当該絵コンテに示されたイラストのイメージやメモの内容に沿って進められていること,C原告は,本件各画像の作成過程でプリントアウトされた作成途上の画像に,修正すべき箇所やその内容を指示するメモを記載して本件スタッフに示しており,その後,現にこれらの指示内容に従った修正が本件各画像に施されていることなどの事情を総合考慮すれば,本件各画像の基本的な構成を決定し,その後の具体的な作成作業を主導的に行った者は原告であって,本件スタッフは,原告の指示,監督の下で,与えられた作業に従事していた補助者であったものと認めるのが相当である。
 したがって,原告が本件各画像を創作した者であって,その著作者であるものと認められる。
 この認定に反する被告の主張は,上記@ないしCに照らし,採用することができない。
() 上記アのとおり,原告は,本件各画像の著作者であると認められるから,本件各画像について著作者として著作権を取得したものと認められる。
() これに対し,被告は,@本件マンモスの発掘や運搬,展示等は愛知万博のプロジェクトの一つとして博覧会協会事務局によって行われており,いわば国を挙げての公共的事業として行われ,同協会の予算において実行されたものであり,その成果の一つといえる本件各画像について,原告個人が著作権を保有し,独占的な権利を有するような契約を締結しているとは考え難い,A本件各画像を被告が借用した際に原告が用意した借用書の宛名は,「東京慈恵会医科大学高次元医用画像工学研究所所長A1殿」となっており,原告個人ではなく,原告が本件研究所の代表者として画像データの借用を許可したものとなっているとして,原告個人が本件各画像の著作権を単独保有しているというのは不自然である旨主張する。
 しかしながら,上記@の点については,被告において,原告が著作者として取得した本件各画像の著作権を喪失したことを示す具体的事実については何ら主張立証しておらず,原告が本件各画像の著作権を喪失したことをうかがわせる証拠はない。
 また,本件各画像の著作権の帰属の問題と本件各画像のデータファイルの管理権限の帰属の問題とは別個の問題であるところ,上記Aの点は,本件研究所が本件各画像のデータファイルを管理していた事実を指摘するものにすぎず,これをもって原告が本件各画像の著作権を単独保有しているとの認定を妨げる事情には当たらない。
 したがって,被告の上記主張は採用することができない。
ウ 以上のとおり,原告は本件各画像の著作者及び著作権者であることが認められる。

【控訴審】

 本件各画像の著作者及び著作権者
ア 前記認定のとおり,本件各画像は,本件マンモスの研究に関する被控訴人の記者会見の場における説明用の素材として作成されたものであり,作成すべき画像のイメージを記載した被控訴人作成の絵コンテに基づき,また,その後も,本件各画像の作成過程でプリントアウトされた作成途上の画像に修正すべき箇所やその内容を指示した被控訴人のメモによる具体的指示に基づき,被控訴人及び本件スタッフによって作成されたものである。本件スタッフは,いずれも被控訴人が所長を務める本件研究所に勤務し,被控訴人の指示を受ける立場にある者であることに照らすと,本件各画像の基本的な構成を決定し,その後の具体的な作成作業を主導的に行った者は被控訴人であって,本件スタッフは,被控訴人の指示の下で,作業を行った補助者であったものと認めるのが相当である。
 したがって,被控訴人は,本件各画像を創作した者であって,その著作者であるものと認められる。
イ 控訴人の主張について
 控訴人は,愛知万博のプロジェクトの一つとして行われた成果の一つといえる本件各画像について,本件研究所が本件各画像のデータファイルを管理していたことからも,被控訴人が個人として本件各画像の著作権を単独保有しているというのは不自然であり,東京慈恵会医科大学の職務著作と見るべきである旨主張する。
 
しかしながら,職務著作の要件は,@法人その他使用者(法人等)の発意に基づくこと,A法人等の業務に従事する者が職務上作成したものであること,B法人等が自己の著作の名義の下に公表するものであること,C作成の時における契約,勤務規則その他に別段の定めがないことであるところ(著作権法15条),本件においては,前記認定の事実に照らし,少なくとも,上記@Bの要件を欠いていることは明らかであり,控訴人の主張は,採用することができない。
 なお,被控訴人は,本件各画像を雑誌「Newtonムック」にも掲載しているところ,その画像が被控訴人のものである旨の記載のある上記雑誌の送付を受けた東京慈恵会医科大学及び愛知万博の博覧会協会から,何らの異議も受けていない。また,借用書の宛名が「東京慈恵会医科大学高次元医用画像工学研究所所長Y殿」となっているとしても,被控訴人個人が著作権を有していることの妨げとはならない。
ウ 小括
 
以上のとおり,被控訴人は本件各画像の著作者であり,著作権者であることが認められる。











相談してみる

ホームに戻る