著作権重要判例要旨[トップに戻る]







三次元画像の複製権侵害の成否
「マンモス3DCG事件平成231129日東京地方裁判所(平成22()28962/平成240425日知的財産高等裁判所(平成23()10089 

【原審】

 本件各画像の著作権侵害の成否について
(1) 複製の成否
ア 複製とは,印刷,写真,複写,録音,録画その他の方法により著作物を有形的に再製することをいい(著作権法2115号参照),著作物の再製は,当該著作物に依拠して,その表現上の本質的な特徴を直接感得することのできるものを作成することを意味するものと解される。
 しかるところ,本件書籍中の被告画像1及び3は原告から被告に提供された本件画像1のデータファイルに基づき,被告画像2は同じく原告から被告に提供された本件画像2のデータファイルに基づき,それぞれ被告によって作成されたものであるから(これらの事実は当事者間に争いがない。),被告画像1及び3は本件画像1に,被告画像2は本件画像2に,それぞれ依拠して作成されたものと認められる。
 そこで,被告各画像において,本件各画像の表現上の本質的特徴を直接感得することができるかどうかを検討する。
() 被告画像1及び3について
 本件画像1と被告画像1及び3とを対比すると,被告画像1においては,カラー画像が白黒画像とされている点を,被告画像3においては,「<>IHDMI,Jikei Univ,1」の表示及び黒色の背景が削除されている点並びにカラー画像が白黒画像とされるとともに,明暗が反転されている点を除き,それぞれ本件画像1が忠実に再現されていることが認められる。
 してみると,本件画像1と被告画像1及び3とは,前記のとおり本件画像1が有する創作性のある表現上の特徴的部分の多くにおいて同一性を有するものであって,被告画像1及び3から本件画像1の表現上の本質的特徴を直接感得することができるものといえるから,被告画像1及び3は,いずれも本件画像1を有形的に再製したものということができる。
() 被告画像2について
 本件画像2と被告画像2とを対比すると,被告画像2においては,カラー画像が白黒画像とされている点を除き,本件画像2が忠実に再現されていることが認められる。
 してみると,本件画像2と被告画像2とは,前記のとおり本件画像2が有する創作性のある表現上の特徴的部分の多くにおいて同一性を有するものであって,被告画像2から本件画像2の表現上の本質的特徴を直接感得することができるものといえるから,被告画像2は,本件画像2を有形的に再製したものということができる。
() 被告の主張について
 被告は,本件各画像に見出し得る創作的部分は,いずれもその色彩の点に限られるとの前提に立った上で,被告各画像はいずれも白黒画像であるから,本件各画像の色彩に係る創作的部分は再現されていないとして,被告各画像は本件各画像を複製したものとはいえない旨を主張する。
 しかしながら,前記で述べたとおり,本件各画像において創作性が認められる表現は,いずれもその色彩の点に限られるものではないから,被告の上記主張は,その前提において理由がない。
イ 以上によれば,被告画像1及び3は,いずれも本件画像1に依拠してこれを有形的に再製したものであって,本件画像1を複製したものに該当し,また,被告画像2は,本件画像2に依拠してこれを有形的に再製したものであって,本件画像2を複製したものに該当する。
(2) 原告の許諾の有無
 (略)
(3) まとめ
 以上によれば,被告各画像は,いずれも原告の許諾なく,本件画像1又は本件画像2を複製したものと認められるから,被告が被告各画像を掲載した本件書籍を発行及び頒布する行為は,原告が本件各画像について有する著作権(複製権,譲渡権)の侵害に当たるものと認められる。

【控訴審】

 本件各画像の著作権侵害の成否について
(1) 複製の有無
ア 控訴人各画像について
() 依拠性
 前記のとおり,控訴人書籍中の控訴人各画像は,被控訴人がAに提供した本件各画像のデータファイルを基にして控訴人によって作成されたものである。
 よって,控訴人各画像は,本件各画像に依拠して作成されたものである。
() 控訴人画像1について
 控訴人画像1においては,カラー画像が白黒画像とされている点を除き,本件画像1が再製されている。
 
よって,本件画像1と控訴人画像1とは,前記のとおり本件画像1が有する創作性のある表現上の特徴的部分の色彩以外の部分において同一性を有するものであって,控訴人画像1から本件画像1の表現上の本質的特徴を直接感得することができるものといえるから,控訴人画像1は,本件画像1を有形的に再製したものということができる。
() 控訴人画像2について
 控訴人画像2においては,カラー画像が白黒画像とされている点を除き,本件画像2が再製されている。
 
よって,本件画像2と控訴人画像2とは,前記のとおり本件画像2が有する創作性のある表現上の特徴的部分の色彩以外の部分において同一性を有するものであって,控訴人画像2から本件画像2の表現上の本質的特徴を直接感得することができるものといえるから,控訴人画像2は,本件画像2を有形的に再製したものということができる。
() 控訴人画像3について
 控訴人画像3においては,「<C>IHDMI,Jikei Univ, Y」の表示及び黒色の背景が削除されている点並びにカラー画像が白黒画像とされるとともに,明暗が反転されている点を除き,本件画像1が再製されている。
 よって,本件画像1と控訴人画像3とは,前記のとおり本件画像1が有する創作性のある表現上の特徴的部分の色彩以外の部分において同一性を有するものであって,控訴人画像3から本件画像1の表現上の本質的特徴を直接感得することができるものといえるから,控訴人画像3は,本件画像1を有形的に再製したものということができる。
イ 控訴人の主張について
 控訴人は,本件各画像に見いだし得る創作的部分は,いずれもその色彩の点に限られるとの前提に立った上で,控訴人各画像はいずれも白黒画像であるから,本件各画像の色彩に係る創作的部分は再現されていないとして,控訴人各画像は本件各画像を複製したものとはいえない旨を主張する。
 しかしながら,そもそも,本件各画像において創作性が認められる表現は,いずれもその色彩の点に限られるものではないから,控訴人の上記主張は,その前提において理由がない。
ウ 小括
 以上によれば,控訴人画像1及び3は,いずれも本件画像1を,また,控訴人画像2は,本件画像2を,それぞれ複製したものということができる。
(2) 被控訴人の許諾の有無
 (略)
(3) 小括
 
以上によれば,控訴人各画像は,いずれも被控訴人の許諾なく,本件画像1又は本件画像2を複製したものと認められるから,控訴人が控訴人各画像を掲載した控訴人書籍を発行及び頒布する行為は,被控訴人が本件各画像について有する著作権(複製権,譲渡権)の侵害に当たるものと認められる。











相談してみる

ホームに戻る