著作権重要判例要旨[トップに戻る]







「著作物」に要求される創作性の程度(10)-製品取扱説明書の著作物性-
「浄水器取扱説明書事件」平成231215日大阪地方裁判所(平成22()11439 

【コメント】本件において、原告は、被告取扱説明書作成・頒布が、原告取扱説明書に係る編集著作権(主位的主張)、全体の著作権(予備的主張1)、各頁の著作権(予備的主張2)、法的に保護された利益(予備的主張3)を侵害するなどとして、被告各取扱説明書の作成・頒布の差止め等を求めました。 

 原告各取扱説明書は著作物かについて
(1) 全体としての著作物性
 原告が,原告各取扱説明書全体が著作物であるとする根拠は,個々の表現において,インパクトのある表現,わかりやすい表現,読み手の注意を惹く表現が選択されているというものである。
 しかしながら,原告各取扱説明書に記載されている内容は,逆浸透膜浄水器の説明,各部の名称,取扱説明書の説明,安全上の注意,設置方法,使用方法,メンテナンス,トラブル対処法,保証の範囲外となる場合についての説明である。
 そして,上記各事項は客観的事実に係るものである上,原告各取扱説明書においては,これらの客観的事実について,箇条書きあるいは短い文章により,正確を期した説明がされている。そのため,その表現は,必然的にありふれたものとならざるを得ないところ,原告は,これを超える表現上の特徴が存在すること,それが創作的表現であることについて,具体的に主張しない
 したがって,原告各取扱説明書が,全体として著作物であるとは認められない。
(2) 各頁の著作物性
 以下,原告が著作物性を有するという各頁について,個別に著作物性の有無を検討する。
 なお,著作物といえるためには,具体的な表現上の創作性が必要であるところ,原告が,著作物性の根拠として,「わかりやすい」,「簡潔」といった抽象的工夫について主張している部分は,具体的な表現について述べるものではなく失当であるので,以下では取り上げない。
ア 原告取扱説明書11
 上記取扱説明書の具体的記載内容は,別紙のとおりであるが,そのうち,原告が,著作物性があると主張する点については,次のとおりである。
() 2頁目
 大きく記載すること(上段),ダイヤグラムの使用(中段),具体的適用例の列挙(後段)は,いずれも,取扱説明書において頻繁に利用される,ありふれた表現形式である。
 また,浄水力,ミネラルバランス,衛生的といった単語の使用(中段)をもって,表現に創作性があるということはできない
 なお,NASAで開発されたことや,アメリカ水質協会やFDA(米国食品医薬品局)に公認されていることの記載,公認団体のロゴマークの掲載(上段)は,表現上の創意工夫について述べるものでなく,失当である。
() 4頁目
 図を並べて記載すること,説明に不要な部材の省略,重要部材の部分拡大,記号の使用,図面と同じ頁における部材名の記載は,いずれも,取扱説明書において頻繁に利用される,ありふれた表現形式である。
() 5頁目
 枠囲い,マーク,大きな文字等の使用や,「警告」という見出しの掲載は,いずれも,取扱説明書において頻繁に利用される,ありふれた表現形式である。
() 6頁目
 「必ずお守りください。」,「警告」,「厳守」,「禁止」といった見出しの掲載,大きな文字,枠囲い,マーク等の使用は,いずれも,取扱説明書において頻繁に利用される,ありふれた表現形式である。
() 7頁目
 「注意」,「厳守」,「禁止,」といった見出しの掲載,マーク,大きな文字,枠囲い,太字体,下線等の使用は,いずれも,取扱説明書において頻繁に利用される,ありふれた表現形式である。
() 8頁目
 イラスト図,矢印,マーク等の使用,「注意」,「禁止」といった見出しの掲載は,いずれも,取扱説明書において頻繁に利用される,ありふれた表現形式である。
() 11頁目
 表形式の採用は,取扱説明書において頻繁に利用される,ありふれた表現形式である。
() 12頁目
 枠囲い,マークの使用,「注意」という見出しの掲載,書体の変更や文字を大きくするといった手法は,いずれも,取扱説明書において頻繁に利用される,ありふれた表現形式である。
イ 原告取扱説明書12
 上記取扱説明書の具体的記載内容は,別紙のとおりであるが,そのうち,原告が,著作物性があると主張する点については,次のとおりである。
() 2481112頁目
 原告取扱説明書11に係る判断と同様である。
() 9頁目
 必要部分のみを選択した図面の掲載,矢印,マーク,大きな文字等の使用,「厳守」,「必ず実行して下さい」といった見出しは,いずれも,取扱説明書において頻繁に利用される,ありふれた表現形式である。
() 10頁目
 マークの使用,「注意」,「禁止」といった見出しの掲載,四角線で囲む,イラストの掲載といった手法は,いずれも,取扱説明書において頻繁に利用される,ありふれた表現形式である。
ウ 原告取扱説明書2
 上記取扱説明書の具体的記載内容は,別紙のとおりであるが,そのうち,原告が,著作物性があると主張する点については,次のとおりである。
() 257頁目
 原告取扱説明書1に係る判断と同様である。
() 1頁目
 大きな文字の使用,製品写真の掲載は,いずれも,取扱説明書において頻繁に利用される,ありふれた表現形式である。
 また,取扱説明書であること,製品の種類,製品名,型番,ロゴ等の記載については,表現上の創意工夫を述べるものではなく,失当である。
 なお,掲載された写真の撮影に係る工夫については,本件で原告が主張している著作権が,取扱説明書(冊子)の各頁に係る著作権であって,写真の著作権ではないことからして(そのため,当該写真の撮影者も,写真の著作権が原告にあることも,主張立証されていない。),意味のない主張である。
() 4頁目
 図面を並べて掲載したり,説明に重要な部材の選定や不要な部材の省略,記号の使用,図面と同じ頁で部材名を記載するといった手法は,いずれも,取扱説明書において頻繁に利用される,ありふれた表現形式である。
() 8頁目
 必要部分のみ選択した図面の掲載,矢印,マーク,枠囲い等の使用,「注意」,「禁止」といった見出しの掲載は,いずれも,取扱説明書において頻繁に利用される,ありふれた表現形式である。
() 11頁目
 フロー図の使用は,取扱説明書において頻繁に利用される,ありふれた表現形式である。
エ まとめ
 
以上のとおりであるから,原告各取扱説明書の各頁も,著作物であるとは認められない











相談してみる

ホームに戻る