著作権重要判例要旨[トップに戻る]







著作権制度の意義
「携帯電話機向け‘釣りゲーム’事件」平成240808日知的財産高等裁判所(平成24()10027 

 著作権法は,著作物の利用について,一定の範囲の者に対し,一定の要件の下に独占的な権利を認めるとともに,その独占的な権利と国民の文化的生活の自由との調和を図る趣旨で,著作権の発生原因,内容,範囲,消滅原因等を定め,独占的な権利の及ぶ範囲,限界を明らかにしている











相談してみる

ホームに戻る