著作権重要判例要旨[トップに戻る]







テレビ番組の企画制作会社の注意義務
「世界のSLビデオ映像放送事件」
平成240322日東京地方裁判所(平成22()34705 

【コメント】本件は、世界各地の蒸気機関車(SL)を撮影したビデオ映像の著作者及び著作権者である原告が、当該ビデオ映像が被告らによってテレビ放送用の番組に編集され、テレビ局に販売されてテレビで放映されたことにより、同ビデオ映像に係る原告の著作権(複製権、頒布権及び公衆送信権)及び著作者人格権(同一性保持権、氏名表示権及び公表権)が侵害されたと主張して、被告らに対し、不法行為に基づく損害賠償金等の支払を求めた事案です。 

 被告らの故意又は過失の有無について
 被告オスカ企画が本件テレビ番組を制作し,被告オスカ社が同番組をテレビ局に販売し,販売先のテレビ局が同番組をテレビで放送したことにより,本件ビデオ映像に係る原告の著作権及び著作者人格権が侵害されたことについては,前記で説示したとおりである。
 また,被告オスカ企画はテレビ番組の制作等を業とする者として,被告オスカ社はテレビ用映画フィルムの配給等を業とする者として,それぞれ,本件テレビ番組の制作ないし販売に当たり,本件ビデオ映像の著作権の帰属について十分な検討をするとともに,本件ビデオ映像の撮影者である原告の認識を確認するなどの調査を行えば,本件ビデオ映像の著作権が原告にあることを認識することが可能であったにもかかわらず,必要な検討及び調査を行うことなく,同映像の著作権を被告オスカ企画が有するものと安易に判断して,上記侵害行為を行ったものである。したがって,被告オスカ企画は本件テレビ番組を制作したことにつき,被告オスカ社は本件テレビ番組を販売したことにつき,少なくとも過失があったというべきである。
 さらに,…によれば,被告オスカ社は,被告オスカ企画が制作した映像の販売等を行う会社であり,また,被告Bは,上記侵害行為がされた当時,被告2社の株式のすべてを保有し,両社の代表取締役を務めていた者であり,被告Bの自宅を被告オスカ企画の制作室として使用し,被告Bの意向により上記侵害行為が行われたものであることが認められる。
 
このような,本件テレビ番組の制作及び販売における被告らの緊密な関係に鑑みると,本件テレビ番組の制作及び販売という一連の侵害行為について,これを全体的に考察すれば,被告らは共同して上記侵害行為を行ったものと認められる











相談してみる

ホームに戻る