著作権重要判例要旨[トップに戻る]







ネット上の写真を個人のブログに掲載した者の注意義務
「ハワイの写真ブログ無断掲載事件」
平成241221日東京地方裁判所(平成23()32584 

【コメント】本件は、原告らが、「本件写真」について、原告A(ハワイ居住のアメリカ合衆国国民)が著作権を、原告会社(ハワイ州法に基づき設立された有限責任会社)が独占的利用許諾権をそれぞれ有していることを前提として、被告は、その運営するブログに無許諾で本件写真を掲載し、著作権(複製権・公衆送信権)を侵害したなどと主張し、被告に対し、不法行為に基づく損害賠償請求として所定の金員の支払を求めた事案です。 

 被告の過失の有無について
(1) 被告は,本人尋問において,本件写真をダウンロードした経緯について,概ね次のとおり供述する。
 まず,インターネットの検索サイトであるYahoo!から「ハワイ」を入力して画像を検索し,その検索結果から本件写真を選択した。本件写真(1)を選択すると,新しい画面が表示されたので,その画面下部に記載された壁紙LinkのURLをクリックした。そうすると,壁紙Linkのサイトの画面が表示され,その下部のURLをクリックすると,別の画面が表示された。そして,その画面に表示された本件写真(1)をクリックすると,更に別の画面が表示され,そこには「デザイナーズ壁紙は海外のショップでフリーの素材として販売していたものを収集したもの,及び,海外のネット上で流通しているものを収集したものです。無料ダウンロードした写真壁紙は個人のデスクトップピクチャーとしてお楽しみください。また,掲載の作品をホームページ素材として,お使いいただく場合にはリンクをお願い致します。」と記載されていたので,フリー素材,無料であると誤信した。本件写真(2)も同様の手順であり,上記の記載と同様の記載があった。
(2) しかしながら,被告は,本件提起前の永田弁護士との交渉において,永田弁護士に送付した文書には,「この写真の提供先は,ヤフーの画像からハワイと入力して,頂きました。写真には,名前のサインも入力されていないことを確認して『一期一会』のポエムにのせました」,「ヤフーを検索し,画像から趣味のブログ更新の為,ハワイのキーワードを入力しました。画像も持ち主が写真家様と知らず,(サインの記入もなかった為)写真家様の画像との認識もないまま軽率にも趣味のブログにて写真家様の画像を掲載してしまった事を心から謝罪させて頂きます。」,「私も2度とYahoo!画像から趣味のブログへの写真を掲載致しません。」と記載しているのみであって,永田弁護士に対し,本件写真が壁紙Linkの記載からフリー素材であると誤信した旨を述べていない。
 そうすると,被告が上記(1)の手順で本件写真をダウンロードしたとは容易に認めることができないし,上記の各記載に照らすと,被告は,壁紙Linkの記載を閲覧することなく,Yahoo!の画像検索結果から本件写真をダウンロードした蓋然性が高いというべきである。
(3) もっとも,被告が上記(1)の手順で本件写真をダウンロードしたとしても,上記(1)の「海外のショップでフリーの素材として販売していたもの」あるいは「海外のネット上で流通しているもの」との記載は,一定程度の注意をもって読めば,壁紙Linkが本件写真の利用許諾を受けていないことについて理解ができるものである。
(4) そうすると,被告は,本件写真の利用について,その利用権原の有無についての確認を怠ったものであって,本件写真をダウンロードして複製したこと及びアップロードしてブログに掲載し公衆送信したこと(複製権及び公衆送信権の侵害)について,過失があると認められる。











相談してみる

ホームに戻る