著作権重要判例要旨[トップに戻る]







仏画の侵害性が問題となった事例
「復原仏画事件」平成241226日東京地方裁判所(平成21()26053 

 被告仏画2は原告仏画2を複製又は翻案したものに当たるかについて
(1)ア 著作物の複製とは,既存の著作物に依拠し,これと表現上の実質的同一性を有するものを再製することをいい,著作物の翻案とは,既存の著作物に依拠し,かつ,その表現上の本質的な特徴の同一性を維持しつつ,具体的表現に修正,増減,変更等を加えて,新たに思想又は感情を創作的に表現することにより,これに接する者が既存の著作物の本質的な特徴を直接感得することのできる別の著作物を創作する行為をいう。そして,著作権法は,同法211号の規定するとおり,思想又は感情の創作的な表現を保護するものであるから,既存の著作物に依拠して創作された著作物が,表現それ自体ではない部分又は表現上の創作性がない部分において,既存の著作物と同一性を有するにすぎない場合には,翻案には当たらないと解するのが相当である(最高裁第一小判平成13628日参照)。
イ なお,原告仏画2は,いずれも菩薩又は如来を描いた仏教絵画(仏画)であり,描かれる菩薩又は如来の種類に応じて,印相,衣装,装飾品,持物,光背,台座等につき,一定のルールが存在するものと認められる。しかし,例えば,普賢菩薩像又は普賢延命菩薩についてみても,その姿態,持物等について種々の表現がみられることからすれば,そのルールは厳格なものではなく,また,どの時代のどの宗派のものを想定するかによっても,その内容は異なり得るものであることがうかがわれる。そうすると,このように選択の幅がある中において,個々の仏画の具体的表現において,制作者の何らかの個性の発現が認められるものであれば,創作性を認めることができるものと解される。そして,上記創作性の構成要素としては,@絵画の構造的要素(菩薩又は如来とその周辺の台座,光背,背景等の位置関係,菩薩又は如来の姿態,印相,足の組み方・配置,持物の種類・配置,装飾品の形状・配置,着衣・光背・台座の形状等),A色彩,B菩薩又は如来の顔の表情等が考えられるところであるが,これらの要素のうち,どの点を創作性の要素として重視するかについては,描かれる対象である菩薩又は如来の種類等,個々の絵画の具体的表現の内容によって異なるものと考えられるところである。
ウ 本件において,前記前提事実のとおり,被告仏画2(1)…については,原告仏画2…にそれぞれ依拠して制作されたものであることに争いがなく,また,…当裁判所の判断のとおり,被告仏画2(5)…については,原告仏画2…に依拠して制作されたものであると認められる。したがって,本件においては,原告仏画2の具体的創作的表現の内容を検討した上で,被告仏画2において,原告仏画2と表現上実質的に同一のものが再製されているかどうか,又は,被告仏画2が,原告仏画2の上記創作的表現に係る表現上の本質的な特徴を直接感得することのできる別の著作物に当たるかどうかを,以下において個別に検討する。
(2) 被告仏画2(1)@について
ア 原告仏画2(1)は,正面を向いた立像の観音菩薩を描いた彩色画であり,観音菩薩は,蓮台の上に光背を背にして立ち,左手には蓮の茎を持ち,右手は蓮のつぼみに添えたような姿で描かれている。着衣は,体の線に沿って流れるように描かれており,肩に掛けられた天衣は,腰の辺りで翻って腕に掛かり,その後,やや左右に広がりながら,足下の蓮華座の辺りに垂れて描かれている。なお,着衣には,大小の鞠のような模様が描かれている。観音菩薩の宝冠には中央に化仏が描かれ,その周囲に微細な模様が描かれ,宝冠の横に結ばれた冠帯は菩薩の体の背後に左右に広がりながら垂れ下がっている。観音菩薩の上腕,手首,胸元には装飾品が描かれており,首もとから掛けられた瓔珞は,腹部あたりの丸い飾りを経て足下に向けて伸びている。
 色彩については,背景は緑がかった黄土色,光背はそれよりもやや明るい黄土色を基調とし,天衣や蓮弁台座は主として緑色で描かれており,全体として,黄土色ないし緑色を基調とした柔らかな色合いが付されている。
 また,下半身の着衣は淡い朱色で描かれ,宝冠や装飾品,蓮弁の内側にも赤色が使われていることにより,華やかな明るさが加わっている。
 表情は半眼で,上まぶたの中央がやや下がって描かれていることから,やや下向きの視線であるとの印象を抱かせ,口角がやや上がって描かれていることから,微かにほほえんでいるような印象を与える。
 原告仏画2(1)には,これらの要素が,細部まで繊細に描き込まれていることにより,穏やかで落ち着いた,思索的な観音菩薩像の慈悲あふれる様子が,繊細な美しさで表現されており,このような点が,原告仏画2(1)における創作的表現であると認められる。
イ 被告仏画2(1)@は彩色画である。
 被告仏画2(1)@の全体的構成における構図は原告仏画2(1)とほぼ同一であり,細部における表現を見ても,菩薩の姿態,印相,着衣の皺・流れ,装飾品の形状,蓮弁台座の形状が,その一部につき簡略化されている点はあるものの,細部に至るまで,ほぼ同様の構成で描き込まれており,これらの点において,原告仏画2(1)の表現とほぼ同一のものであると認められる。
 他方,色彩については,全体に柔らかな色合いが付されているものであるが,背景に赤みがかった部分と緑がかった部分がみられ,光背及び蓮弁台座に赤色が使われており,着衣も上半身・下半身ともに赤色で描かれていることから,全体的に赤色を基調とした印象を受け,背景や光背,瓔珞に金が施されていることなども相俟って,より明るく華やかな印象を受けるものとなっている。
 また,菩薩の顔の表情は,半眼であり,穏やかで慈悲深い印象を与えるものであるものの,上まぶたの線がほぼ直線であることから,視線が前方を向き,どちらかといえば看者を見守っているかのような印象を抱かせるものとなっている。
 被告仏画2(1)@は,以上のとおり,原告仏画2(1)と,その構図が同一であり,細部の構成についても,隅々まで同一のものが繊細に描き込まれており,また,柔らかな色彩が付され,慈悲深さを感じさせる表情が描かれているものであって,これらにより,被告仏画2(1)@からは,原告仏画2(1)から感得される,穏やかで落ち着いた菩薩の慈悲深さや繊細な美しさが,同様に直接感得できるものということができる。しかし,被告仏画2(1)@が,上記のとおり,色彩や顔の表情の点で原告仏画2(1)とは異なる点を含むことから,被告仏画2(1)@においては,思索的というよりは看者を見守るような様子の菩薩が,明るく華やかな印象の下で表現されているものということができ,これらの点は,被告によって新たに付加された創作的表現に当たるものということができる。
ウ 以上によれば,被告仏画2(1)@は,原告仏画2(1)の本質的特徴を直接感得することのできる別の著作物に当たるものであり,原告仏画2(1)を翻案したものに当たると認められる。他方,被告仏画2(1)@は,原告仏画2(1)の表現に上記のとおり変更を加え,新たな印象を与えるものとした部分があり,原告仏画2(1)を複製したものには当たらない。
(3) 被告仏画2(1)Aについて
ア 原告仏画2(1)は,前記(2)アでみたとおりのものであるところ,被告仏画2(1)Aの全体的構成は原告仏画2(1)とほぼ同一であり,菩薩の印相,着衣の形状,手足の位置,台座の形状等も,原告仏画2(1)とほぼ同一であるということができる。
 しかし,被告仏画2(1)Aは,線描画であって色彩が付されておらず,菩薩の髪や蓮華座など,原告仏画2(1)において濃色で表現されている部分が白抜きのまま残されており,光背は,円光を除いて省略されており,また,着衣の模様が描かれず,装飾品も大幅に省略して描かれていることが認められる。また,菩薩の顔は,原告仏画2(1)がやや横長でふくよかであるのに対し,被告仏画2(1)Aは縦長であり,眼は原告仏画2(1)よりも開いた印象に描かれており,腕も前腕がやや細長く描かれている。また,被告仏画2(1)Aには,菩薩の周囲の余白に直線が引かれ,「化仏(けぶつ)」「宝冠(ほうかん)」などの説明が付されている。
 被告仏画2(1)Aは,上記のとおり,原告仏画2(1)と比較して,その表現が大幅に省略又は簡略化され,また,菩薩の表情が大きく変更されていることにより,原告仏画2(1)よりも現代的な印象を与えるものとなっていることが認められる。また,被告仏画2(1)Aは,線描画であって彩色が付されておらず,細かい部分が描かれず,濃色の部分も白抜きで残されており,更に,説明文が加えられていることにより,鑑賞の対象というよりは説明図又は未完成図であるという印象を与えるものとなっているということができる。
 これらの変更点が存在することにより,被告仏画2(1)Aからは,原告仏画2(1)において表現されているような,穏やかで落ち着いた菩薩の慈悲深さや,繊細な美しさを感得することはできないものというべきであって,被告仏画2(1)Aは,原告仏画2(1)の本質的特徴を直接感得させるものとは認められない。また,上記のとおり,被告仏画2(1)Aは,具体的表現において,原告仏画2(1)に大きく変更を加えたものというべきであるから,原告仏画2(1)と表現上実質的に同一のものであるともいうことができない。
イ したがって,被告仏画2(1)Aは,原告仏画2(1)を複製又は翻案したものに当たらない。
 
(以下、略)











相談してみる

ホームに戻る