著作権重要判例要旨[トップに戻る]







独占的利用権の性質
「『子連れ狼』実写映画化契約事件」
平成260327日知的財産高等裁判所(平成25()10094 

 もっとも,控訴人の有する独占的利用権は著作権者の利用許諾に基づく債権的権利であるから,その後に著作権の全部又は一部の譲渡がされた場合には,我が国の著作権法上,譲受人に対抗することができないものである。そうすると,著作権の譲受人がその取得に先行する独占的利用権の存在を知っていたことのみから,譲受人の被許諾者に対する著作権の主張が権利の濫用になると解するのは相当でなく,その権利主張が権利の濫用に当たるか否かは,著作権の取得経過等に関する事情を総合的に考慮して決すべきものである。











相談してみる

ホームに戻る