著作権重要判例要旨[トップに戻る]







庭園の著作物性
「『希望の壁』工作物設置続行禁止仮処分申立事件」平成250906日大阪地方裁判所(平成25()20003 

ア 著作物性について
 前記で述べたところによれば,本件庭園は,新梅田シティ全体を一つの都市ととらえ,野生の自然の積極的な再現,あるいは水の循環といった施設全体の環境面の構想(コンセプト)を設定した上で,上記構想を,旧花野,中自然の森,南端の渦巻き噴水,東側道路沿いのカナル,花渦といった具体的施設の配置とそのデザインにより現実化したものであって,設計者の思想,感情が表現されたものといえるから,その著作物性を認めるのが相当である。
 債務者は,本件庭園の構成や水の循環の表現形態がありふれたものであるとして,疎明資料を提出する。
 しかしながら,仮に池,噴水といった個々の構成要素はありふれたものであったとしても,前記構想に基づき,超高層ビルと一体となる形で複合商業施設の一角に自然を再現した本件庭園は,全体としては創造性に富んでいるというべきであり,これをありふれていると評価することは到底できず,債務者の主張は採用できない。
 (略)
ウ 著作物の範囲
 債権者は,本件土地から建物の存在部分を除いた本件敷地全体が,債権者の著作物である旨を主張する。
 債権者が新梅田シティ全体についての環境計画の作成を委託されたことは前述のとおりであるが,必ずしも庭園の一部とはいえない通路や広場までを債権者の著作物とすることは広汎に過ぎるというべきであり,著作物として認めることができるのは,債権者の思想または感情の表現として設置された植栽,樹木,池等からなる庭園部分に加え,水路等の庭園関連施設から構成される本件庭園と,これと密接に関連するものとして配置された施設の範囲に限られるというべきであるが,その範囲では,本件庭園を一体のものとして評価するのが相当である。
 
債務者は,本件庭園を一体として評価すべきではなく,通路等で区分される区画ごとに創作性の有無を検討すべきであると主張し,これを前提に,本件工作物が設置される区画には,水路等のありふれた要素しかなく,何らの創作性も認められないから,同一性保持権の行使は認められない旨を主張するが,上記説示したところに照らし,採用できない。











相談してみる

ホームに戻る