著作権重要判例要旨[トップに戻る]







公衆送信権侵害を否定した事例
「ニコニコ動画無断リンク事件」平成250620日大阪地方裁判所(平成23()15245

【コメント】本件は、原告が、被告において、原告が著作者である動画を、自社の運営する「本件ウェブサイト」に無断で掲載し、これに原告を誹謗中傷する「本件記事」を掲載し、さらに本件記事下部のコメント欄に読者をして原告を誹謗中傷する書き込み(「本件コメント欄記載」)をさせ、これを削除しなかったことが、原告の名誉を毀損するとともに、原告の著作権(公衆送信権)及び著作者人格権(公表権、氏名表示権)を侵害するものであるとして、被告に対し、名誉権に基づき、本件ウェブサイトに掲載された本件記事及び本件コメント欄記載の削除を求めると共に、著作権及び著作者人格権侵害等の不法行為に基づく名誉回復措置としての謝罪文を本件ウェブサイトに掲載するよう求め、また、あわせて原告が、主位的に、著作権及び著作者人格権侵害の不法行為に基づく損害賠償金その他並びに名誉毀損の不法行為に基づく損害賠償金その他を請求し、予備的に、被告の上記行為は原告の肖像権を侵害するとして、被告に対し、肖像権侵害の不法行為に基づく損害賠償金その他並びに名誉毀損の不法行為に基づく損害賠償金その他を請求した事案です。

 なお、以下の「判断の基礎となる事実」参照:

(1) 当事者
 原告は,平成236月当時,株式会社ニワンゴ(以下「ニワンゴ」という。)が提供するインターネット上の動画共有などのサービス(平成245月以降「niconico」と総称されるが,当時は「ニコニコ動画」と総称されていた。)のニコニコプレミアム会員として,後記「ニコニコ生放送」による動画のライブストリーミング配信(テレビ番組におけるいわゆる生放送と同様,即時的な動画配信のことである。)等を行っていた。
 被告は,情報提供サービスなどを目的とする株式会社であり,様々なニュース等をとりまとめ,これに見出しと記事を加え,読者がコメントを投稿することのできるサービスとして,本件ウェブサイトを運営管理している。
 ニワンゴが「niconico」において提供するサービスには,ウェブサイト上で動画を共有してこれにコメントを付すことのできる「ニコニコ動画」,ライブストリーミング配信される動画を視聴することができる「ニコニコ生放送」などがある。「ニコニコ生放送」に配信される動画は,「niconico(平成236月当時はニコニコ動画)」の会員のみ視聴することができ,有料のニコニコプレミアム会員は,自ら「ニコニコ生放送」でライブストリーミング配信をすることもできる。また,「niconico」では,「タイムシフト機能」と称して,前記ライブストリーミング配信終了後も,一定期間,「ニコニコ生放送」の内容を視聴し得るサービスを提供している。
(2) 被告による本件ウェブサイトへの本件記事の掲載等
 原告は,平成2365日,カメラ等を持参し,自身が上半身に着衣をせず(頭に猫耳状の飾りと首に首輪状の飾りのみ。),大阪市内のマクドナルド店に入店する模様や,原告自身が店員や警察官と対応する様子等を撮影し,これを動画として,「ニコニコ生放送」にライブストリーミング配信した(以下「本件生放送」という。)。原告以外の第三者(特定されていない。)は,本件生放送のうち,原告がマクドナルドに入店する直前から,駆けつけた警察官と共に交番へ赴き,注意を受けるまでの約15分間の部分(以下「本件動画」という。)を,動画共有サイト「ニコニコ動画」にアップロードし(本件生放送又は前記タイムシフト機能によって配信された内容を第三者が録画した上,「ニコニコ動画」にアップロードしたものと推測される。),同サイトへアクセスした者であれば,いつでも視聴し得るようにした。…
 被告は,本件動画に着目し,同月9日,本件ウェブサイト内に「本件記事」を掲載するとともに,「ニコニコ動画」上の本件動画に付されていた引用タグ又はURLを本件ウェブサイトの編集画面に入力して,本件記事の上部にある動画再生ボタンをクリックすると,本件ウェブサイト上で本件動画を視聴できる状態にし,本件記事の末尾に,「参照元:ニコニコ動画」と記載した。』 


 公衆送信権侵害の有無について
(1) 被告は本件動画を送信可能化したか
 原告は,被告において,本件記事の上部にある動画再生ボタンをクリックすると,本件ウェブサイト上で本件動画を視聴できる状態にしたことが,本件動画の「送信可能化」(法219号の5)に当たり,公衆送信権侵害による不法行為が成立する旨主張する。
 しかし,前記判断の基礎となる事実記載のとおり,被告は,「ニコニコ動画」にアップロードされていた本件動画の引用タグ又はURLを本件ウェブサイトの編集画面に入力することで,本件動画へのリンクを貼ったにとどまる
 この場合,本件動画のデータは,本件ウェブサイトのサーバに保存されたわけではなく,本件ウェブサイトの閲覧者が,本件記事の上部にある動画再生ボタンをクリックした場合も,本件ウェブサイトのサーバを経ずに,「ニコニコ動画」のサーバから,直接閲覧者へ送信されたものといえる
 すなわち,閲覧者の端末上では,リンク元である本件ウェブサイト上で本件動画を視聴できる状態に置かれていたとはいえ,本件動画のデータを端末に送信する主体はあくまで「ニコニコ動画」の管理者であり,被告がこれを送信していたわけではない。したがって,本件ウェブサイトを運営管理する被告が,本件動画を「自動公衆送信」をした(法219号の4),あるいはその準備段階の行為である「送信可能化」(法219号の5)をしたとは認められない
(2) 幇助による不法行為の成否
 ところで,原告の主張は,被告の行為が「送信可能化」そのものに当たらないとしても,「ニコニコ動画」にアップロードされていた本件動画にリンクを貼ることで,公衆送信権侵害の幇助による不法行為が成立する旨の主張と見る余地もある。
 しかし,「ニコニコ動画」にアップロードされていた本件動画は,著作権者の明示又は黙示の許諾なしにアップロードされていることが,その内容や体裁上明らかではない著作物であり,少なくとも,このような著作物にリンクを貼ることが直ちに違法になるとは言い難い。そして,被告は,前記判断の基礎となる事実記載のとおり,本件ウェブサイト上で本件動画を視聴可能としたことにつき,原告から抗議を受けた時点,すなわち,「ニコニコ動画」への本件動画のアップロードが著作権者である原告の許諾なしに行われたことを認識し得た時点で直ちに本件動画へのリンクを削除している。
 このような事情に照らせば,被告が本件ウェブサイト上で本件動画へリンクを貼ったことは,原告の著作権を侵害するものとはいえないし,第三者による著作権侵害につき,これを違法に幇助したものでもなく,故意又は過失があったともいえないから,不法行為は成立しない
(3) 小括
 
以上より,公衆送信権侵害の不法行為が成立する旨の原告の主張は採用できない。











相談してみる

ホームに戻る