著作権重要判例要旨[トップに戻る]







公衆送信権侵害を否定した事例(2)
「‘Forever21’ファッションショー映像放送事件」平成250719日東京地方裁判所(平成24()16694 

【コメント】本件は、原告らが、被告NHKは、被告ワグ従業員を介して、原告らの開催したファッションショーの映像の提供を受け、当該映像の一部である「本件映像部分」をそのテレビ番組において放送し、これにより、原告会社の著作権(公衆送信権)及び著作隣接権(放送権)並びに原告Aの著作者及び実演家としての人格権(氏名表示権)を侵害したと主張し、被告らに対し、損害賠償金の連帯支払を求めた事案です。 

(1)ア 著作権法は,著作権の対象である著作物の意義について,「思想又は感情を創作的に表現したものであって,文芸,学術,美術又は音楽の範囲に属するものをいう」(著作権法211号)と規定しているのであって,当該作品等に思想又は感情が創作的に表現されている場合には,当該作品等は著作物に該当するものとして同法による保護の対象となる一方,思想,感情若しくはアイデアなど表現それ自体ではないもの又は表現上の創作性がないものについては,著作物に該当せず,同法による保護の対象とはならない。そして,当該作品等が「創作的」に表現されたものであるというためには,厳密な意味での作成者の独創性が表現として表れていることまでを要するものではないが,作成者の何らかの個性が表現として表れていることを要するものであって,表現が平凡かつありふれたものである場合には,作成者の個性が表現されたものとはいえず,「創作的」な表現ということはできないというべきである。
イ また,著作権侵害を主張するためには,当該作品等の全体において上記意味における表現上の創作性があるのみでは足りず,侵害を主張する部分に思想又は感情の創作的表現があり,当該部分が著作物性を有することが必要となる。
 本件において,原告らは,本件映像部分の放送により,本件ファッションショーの@個々のモデルに施された化粧や髪型のスタイリング,A着用する衣服の選択及び相互のコーディネート,B装着させるアクセサリーの選択及び相互のコーディネート,C舞台上の一定の位置で決めるポーズの振り付け,D舞台上の一定の位置で衣服を脱ぐ動作の振り付け,Eこれら化粧,衣服,アクセサリー,ポーズ及び動作のコーディネート,Fモデルの出演順序及び背景に流される映像に係る著作権が侵害された旨主張するものであるから,上記@〜Fの各要素のうち,本件映像部分に表れているものについて,侵害を主張する趣旨であると解される。したがって,上記@〜Fの各要素のうち,本件映像部分に表れているものについて,著作物性が認められることが必要となる。
ウ 原告らがどのような権利につき侵害を主張する趣旨であるかについては明確ではない点があるが,本件番組の放送により,原告会社の著作権(公衆送信権・著作権法231項)及び著作隣接権(放送権・同法921項)(いずれも,原告会社が原告Aから譲渡を受けたと主張するもの。)並びに原告Aの著作者及び実演家としての氏名表示権(著作者としての氏名表示権につき同法191項,実演家としての氏名表示権につき同法90条の21項)が侵害されたと主張する趣旨であると解される。このうち,公衆送信権侵害が認められるためには,「その著作物について」公衆送信が行われることを要するのであるから(同法23条1項),上記公衆送信は,当該著作物の創作的表現を感得できる態様で行われていることを要するものと解するのが相当である。そして,当該著作物の創作的表現を感得できない態様で公衆送信が行われている場合には,当該著作物について公衆送信が行われていると評価することができないとともに,「その著作物の公衆への提供若しくは提示」(同法191項)がされているものと評価することもできないから,公衆送信権侵害及び著作者としての氏名表示権の侵害は,いずれも認められないものというべきである。
エ 以上を前提に,まず,公衆送信権及び著作者としての氏名表示権の侵害の成否について検討する。
(2) 公衆送信権(著作権法231項),氏名表示権(同法191項)侵害の成否
ア @個々のモデルに施された化粧や髪型のスタイリングについて
() (略)
() しかし,上記化粧及び髪型は,いずれも一般的なものというべきであり,作成者の個性が創作的に表現されているものとは認め難い。
 また,本件映像部分における各場面は,約2秒ないし9秒間のごく短いものである上,動くモデルを様々な角度から撮影したものであることから,各モデルの顔及び髪型が映る時間は極めて短いものであるということができる。これに加えて,本件映像部分は,暗い室内において,局所的に強い照明を当てながら撮影されたものであるため,本件映像部分から,各モデルの化粧及び髪型の細部を見て取ることは困難であるというべきであり,原告らが主張するような,細部におけるアイラインの引き方やまつ毛の流し方,目元,唇等における微妙な色の工夫等を看取することはできないものである。そうすると,仮にこれらの点に創作性が認められるとしても,本件映像部分において,上記創作的表現を感得できる態様で公衆送信が行われているものとは認められない
() したがって,これらの点には著作物性がなく,また,仮に著作物性が認められる点があるとしても,これが本件映像部分において公衆送信されているものとは認められない。
イ A着用する衣服の選択及び相互のコーディネート,B装着させるアクセサリーの選択及び相互のコーディネートについて
() (略)
() しかし,上記衣服及びアクセサリーは,いずれも既製品であり,かつ,そのほとんどは「Forever21」の商品であって,大量販売が予定されているものということができるところ,このような衣服及びアクセサリーについては,消費者がこれを適宜選択して様々に組み合わせ,身に着けることが当然に予定されているものというべきである。そうすると,このような衣服又はアクセサリーの選択及び組み合わせについては,通常考えられるところと著しく異なる特殊な組み合わせ方であるなど,組み合わせを行った者の独自の個性の表れとみることのできるような特殊又は特徴的な点がない限り,ありふれたものであり創作性がないものと解するのが相当である。
() 本件映像部分に表れた上記衣服及びアクセサリーの選択及び組み合わせ方に,上記のような特殊又は特徴的な点を認めることはできないから,これらの点に創作性は認められず,著作物性は認められない。
ウ C舞台上の一定の位置で決めるポーズの振り付け,D舞台上の一定の位置で衣服を脱ぐ動作の振り付けについて
() (略)
() 各モデルの上記ポーズ又は動作は,ファッションショーにおけるモデルのポーズ又は動作として特段目新しいものではないというべきであり,上記ポーズ又は動作において,作成者の個性が表現として表れているものとは認められない。したがって,これらのポーズ又は動作の振り付けに著作物性は認められない。
エ E化粧,衣服,アクセサリー,ポーズ及び動作のコーディネートについて
 前記@ないしDの点がいずれもありふれたものであって創作性が認められず,又は創作的表現を感得できる態様で公衆送信が行われているものと認められないことは前述のとおりであるところ,これらの各要素が組み合わされることにより,作成者の個性の表出というべきような新たな印象が生み出されているものとは認められないから,前記@ないしDの点の組み合わせに著作物性を認めることはできない。
オ Fモデルの出演順序及び背景に流される映像について
() …によれば,本件ファッションショーには合計8名のモデルが,それぞれ2着ないし3着(合計20通り)の衣装を身に着けて出演したものであることが認められる。
 上記出演順序は,モデルの着替え時間やギフト配布のタイミング等の便宜的な要素を考慮して決定されたものであるとされるところ,上記出演順序が,ドレスの順序(モノトーンの次は明るい色彩に,その次はシックに,その後は再びカラフルに等)も考慮して決定されたものであるとされることを考慮しても,上記出演順序に,思想又は感情が創作的に表現されているものとは認められない。
 加えて,本件映像部分における場面…は上記出演順序の1番目,11番目,2番目,13番目に,場面…は上記出演順序の1番目,2番目,11番目,1番目,14番目,13番目に各対応していることが認められるのであって,本件映像部分は,本件ファッションショーの映像を順不同に流したものであることが認められる。
 そうすると,仮に上記出演順序に創作性が認められるとしても,本件映像部分において,上記創作性を感得できる態様で公衆送信が行われているものとは認められない
() 背景映像について
 (略)
 しかし,場面…における背景映像は,(証拠写真)とは明らかに異なるものであり,上記場面に同写真が映っているものとは認められない。
 (略)
 しかし,上記各場面においても,背景映像はややぼやけて映っている上,背景映像がスクリーン上で左から右に流れるように動いて映されているものであることから,上記背景映像が,(証拠写真)と同一であるか否かも判然としない。加えて,本件映像部分において,背景映像が映る時間はそれぞれ数秒程度と極めて短いものであることから,上記映像の具体的内容を看取することは困難であるというべきである。
 うすると,本件映像部分において,背景映像に係る創作的表現を感得できる態様で公衆送信が行われているものとは認めることができない
(3) 小括
 
以上によれば,本件ファッションショーのうち,本件映像部分に表れた点に著作物性は認められず,又は本件映像部分において,その創作的表現を感得できる態様で公衆送信が行われているものと認められないから,本件映像部分を放送することが,原告会社の著作権(公衆送信権・著作権法231項)又は原告Aの著作者人格権(氏名表示権・同法191項)を侵害するものとは認められない。

【控訴審】平成26828日知的財産高等裁判所(平成25()10068)参照











相談してみる

ホームに戻る