著作権重要判例要旨[トップに戻る]







ノンフィクションの侵害性が問題となった事例(2)
「日航機墜落事故書籍事件」平成250930日知的財産高等裁判所(平成25()10027 

【コメント】本件は、被控訴人が、控訴人Xが著述し、控訴人集英社が発行する「控訴人書籍」に被控訴人の著述した書籍の複製又は翻案に当たる部分があり、その複製及び頒布によって被控訴人の著作権及び著作者人格権が侵害されたとして、控訴人らに対し、著作権法112条に基づき、控訴人書籍の複製・頒布の差止め及び廃棄を求めるとともに、民法709条及び719条に基づき、著作権侵害による著作権利用料相当損害金、著作権侵害及び著作者人格権侵害による慰謝料、弁護士費用、遅延損害金の各所定金額の連帯支払を求めた事案です。
 原審は、「控訴人各記述」のうち所定の各記述が、「被控訴人各記述」のうち所定の各記述の複製又は翻案に当たると認め、控訴人らに対し、複製又は翻案に当たると認められた控訴人各記述のある第3章(113頁ないし160頁)を不可分的に含む控訴人書籍の複製・頒布の差止め及び廃棄、著作権利用料相当損害金28560円、慰謝料50万円及び弁護士費用52856円の合計581416円並びにこれに対する遅延損害金の支払を命じる限度で被控訴人の請求を認容し、被控訴人のその余の請求をいずれも棄却しました。控訴人らがこれを不服として控訴したのが本件です。 


 当裁判所は,被控訴人の請求は,控訴人らに対し,第3章を不可分的に含む控訴人書籍の複製,頒布の差止め及び廃棄並びに損害賠償として577720円及びこれに対する平成231019日から支払済みまで年5分の割合による遅延損害金の連帯支払を求める限度で理由があると判断する。その理由は以下のとおりである。
1 争点@(被控訴人の著作権の侵害の成否)について
(1) 控訴人各記述は被控訴人各記述を複製又は翻案したものであるか否か
ア 複製とは,印刷,写真,複写,録音,録画その他の方法により有形的に再製することをいうところ(著作権法2115号参照),言語の著作物の複製とは,既存の著作物に依拠し,これと同一のものを作成し,又は,具体的表現に修正,増減,変更等を加えても,新たに思想又は感情を創作的に表現することなく,その表現上の本質的な特徴の同一性を維持し,これに接する者が既存の著作物の表現上の本質的な特徴を直接感得することのできるものを作成する行為をいうと解される。
 また,言語の著作物の翻案(著作権法27条)とは,既存の著作物に依拠し,かつ,その表現上の本質的な特徴の同一性を維持しつつ,具体的表現に修正,増減,変更等を加えて,新たに思想又は感情を創作的に表現することにより,これに接する者が既存の著作物の表現上の本質的な特徴を直接感得することのできる別の著作物を創作する行為をいう(最高裁平成13628日第一小法廷判決)。
 そして,著作権法は,思想又は感情の創作的な表現を保護するものであるから(同法211号参照),既存の著作物に依拠して作成又は創作された著作物が,思想,感情若しくはアイデア,事実若しくは事件など表現それ自体でない部分又は表現上の創作性がない部分において,既存の著作物と同一性を有するにすぎない場合には,複製にも翻案にも当たらないというべきである。
 本件においても,控訴人各記述と被控訴人各記述との間で表現上の共通性を有するものについては,その共通性(同一性)を有する部分が事実それ自体にすぎないときは,複製にも翻案にも当たらないと解すべきであるし,それが,一見して単なる事実の記述のようにみえても,その表現方法などからそこに筆者の個性が何らかの形で表現され,思想又は感情の創作的表現と解することができるときには,複製又は翻案に当たるというべきである。
イ 以上を踏まえ,次に,被控訴人各記述と控訴人各記述との表現上の共通性を認定した上で,控訴人各記述が,被控訴人各記述と同一であるか,あるいは,被控訴人各記述の表現上の本質的な特徴の同一性を維持し,これに接する者が被控訴人各記述の表現上の本質的な特徴を直接感得することのできるものであるか,及び,被控訴人各記述のうち控訴人各記述と同一性を有する部分が思想又は感情を創作的に表現したものであるか否かを判断する。
() 控訴人第2記述について
 被控訴人第2記述と控訴人第2記述とは,朝元気に家を出た人が,その夕刻に死ぬなんて被控訴人にはどうしても信じられなかったこと,悪夢だと思ったこと,夫のいない生活を考えたこともなかったこと,これから一人になると思うと,涙が止めどなく溢れてきたこと,被控訴人は周囲に知られないよう涙をふいたことを著述している点及びその著述の順序においてほぼ共通し,同一性がある。
 控訴人第2記述は,上記認定の表現上の共通性により,被控訴人第2記述の表現上の本質的な特徴の同一性を維持しており,控訴人第2記述に接することにより,被控訴人第2記述の表現上の本質的な特徴を直接感得することができるものといえる。
 そして,被控訴人第2記述中の上記同一性のある部分は,被控訴人の当時の認識や行動に加え,夫が生存を期待し難い飛行機事故に遭遇したとの報に接した被控訴人の驚愕や困惑,悲しみや絶望感を表現したものであり,これらの感情の形容の仕方や叙述方法の点で被控訴人の個性ないし独自性が表れており,表現上の創作性が認められる。
 控訴人Xは,上記同一性のある部分は,被控訴人が当時抱いた感情ないしは当時の被控訴人の行動を記載したものであり事実の記載である,仮に,上記同一性のある部分によって被控訴人の感情が表現されているとしても,その表現はありふれたものである,上記同一性のある部分は極めて短い文章表現であり著作物性を満たさない,と主張する。
 しかしながら,上記同一性のある部分は,その記述全体を通じて,被控訴人が抱いた上記の感情が表現されたものというべきであり,上記同一性のある部分を構成する個々の記述を取り出した上,事実の記載にすぎないとかありふれた表現であるとみるのは相当ではない。上記同一性のある部分は,その内容に照らすと,被控訴人が自ら感じたところについて被控訴人なりに表現を選択して叙述を行ったものと認められるから,その表現には被控訴人の個性が表れているとみるべきであり,被控訴人の思想又は感情を表現したものではないということはできない。控訴人Xの上記主張を採用することはできない。
() 控訴人第4記述について
 (略)
() 控訴人第5記述について
 被控訴人第5記述と控訴人第5記述とは,家族らが不安と疲労で敗残兵のようにバスから降り立ったことを著述している点及びその著述の順序において共通し,同一性がある。
 控訴人第5記述は,上記認定の表現上の共通性により,被控訴人第5記述の表現上の本質的な特徴の同一性を維持しており,控訴人第5記述に接することにより,被控訴人第5記述の表現上の本質的な特徴を直接感得することができるものといえる。
 そして,被控訴人第5記述中の上記同一性のある部分は,バスに乗車した被控訴人などの事故機の乗客の家族らの行動に加え,同人らが抱いていた不安や疲労の感情を表現したものであり,その感情の形容の仕方の点で被控訴人の個性ないし独自性が表れており,表現上の創作性が認められる。
 控訴人Xは,上記同一性のある部分は事実の記載にすぎないし,「敗残兵のように」との比喩表現はありふれたものであると主張する。
 しかしながら,「敗残兵のように」との比喩表現は,形容の仕方として一般的であるとかありきたりとまでいうことはできず,家族が抱いていた不安や疲労の感情を表現するための表現方法としては他の多様な表現方法もあり得ることからすれば,かかる表現がされていることを理由に,上記同一性のある部分が被控訴人の思想又は感情を表現したものではないということはできない。控訴人Xの上記主張を採用することはできない。
() 控訴人第7記述について
 (略)
() 控訴人第8記述について
 被控訴人第8記述と控訴人第8記述に関し,原審が複製又は翻案であると認定判断した部分は,体育館は折からのひどい暑さで,まるで蒸し風呂だったこと,昨夜から着ている服も汗まみれだったが,やむを得なかったことを著述している点及びその順序においてほぼ共通し,同一性がある。
 しかし,被控訴人第8記述中の上記同一性のある部分は,被控訴人の認識した不快感やそれに対する諦めの気持ちを表現したものとしてはありふれたものであり,表現上の創作性があるとはいえないし,記述の順序もありふれており,被控訴人の個性が表れているということはできない
 したがって,被控訴人第8記述中の上記同一性のある部分は,思想又は感情を創作的に表現したものであるとはいえない。
() 控訴人第9記述について
 被控訴人第9記述と控訴人第9記述とは,館内に日航の用意した新聞がたくさん積まれていたこと,第一面に単独機として過去最大の事故であることが大きな文字で記載されていたこと,犠牲者の顔写真の中には,夫の顔もあったこと,テレビでは,生存者の劇的な救出場面が繰り返しうつし出されたが,見ようとする人はほとんどいなかったことを著述している点及びその著述の順序において共通し,同一性がある。
 控訴人第9記述は,上記認定の表現上の共通性により,被控訴人第9記述の表現上の本質的な特徴の同一性を維持しており,控訴人第9記述に接することにより,被控訴人第9記述の表現上の本質的な特徴を直接感得することができるものといえる。
 そして,被控訴人第9記述中の上記同一性のある部分のうち,体育館内に日航の用意した新聞がたくさん積まれていたこと,第一面に単独機として過去最大の事故であることが大きな文字で記載されていたこと,犠牲者の顔写真の中には,夫の顔もあったことは,いずれも事実の記載にすぎない。これに対し,テレビでは生存者の劇的な救出場面が繰り返しうつし出されたが,見ようとする人はほとんどいなかったことについては,単にその事実を記述しただけでなく,生存者の劇的な救出場面を見ることに耐えられないほどに,被控訴人や乗客の家族らが深い悲しみの中にあったことやその無念さを表現したものである。そうすると,被控訴人第9記述中の上記同一性のある部分は,被控訴人が当事者としての視点から上記の各事実を選択して,当日の館内の被控訴人の置かれた状況や犠牲者の家族の様子を淡々と記述することによって,被控訴人や乗客の家族らの深い悲しみを表現したものとみることができ,上記同一性のある部分全体として被控訴人の個性ないし独自性が表れており,思想又は感情を創作的に表現したものと認められる
 控訴人Xは,上記同一性のある部分はいずれも事実の記載であり,仮に,上記同一性のある部分によって被控訴人や家族らの感情が表現されているとしても,その表現はありふれたものである,と主張する。
 しかしながら,上記同一性のある部分については,当日の体育館内の被控訴人が置かれた状況や犠牲者の家族の様子を淡々と記述しながら,テレビでの生存者の劇的な救出場面を捉えて,被控訴人や犠牲者の家族が抱いていた深い悲しみ等を表現したものであり,被控訴人なりに事実を選択してその叙述を行ったものと認められるから,その表現には被控訴人の個性が表れているとみるべきであり,被控訴人の思想又は感情を表現したものではないということはできない。控訴人Xの上記主張を採用することはできない。
() 控訴人第13記述について
 (略)
() 控訴人第14記述について
 (略)
() 控訴人第15記述について
 被控訴人第15記述と控訴人第15記述とは,一刻も早く親類の安否を知りたいと思う家族が日航の幹部を容赦なく罵倒し,F社長の顔に水を浴びせたことを著述している点及びその著述の順序において共通し,同一性がある。
 しかしながら,被控訴人第15記述中の上記同一性のある部分は,犠牲者の家族らの日航幹部に対する怒りや一部の人達の行動等の,当時における客観的な事実を記述したものにすぎず,その表現としても被控訴人の個性が表れたものとはいえず,表現上の創作性があるとまではいえない
 したがって,上記同一性のある部分は,被控訴人の思想又は感情を創作的に表現したものとは認められない。
() 控訴人第16記述について
 被控訴人第16記述と控訴人第16記述とは,遺体収容がこの日から比較的身元確認の容易な後部座席が終わり,いよいよ尾根の上の方の収容が始まったらしいこと,細かく分断され,その上,火災に遭ったため,むざんな遺体が増えてきたらしいこと,確認が困難になってきたことを著述している点及びその著述の順序においてほぼ共通し,同一性がある。
 しかしながら,被控訴人第16記述中の上記同一性のある部分は,当時の遺体の収容状況や身元確認の困難さについての客観的な事実を記述したものにすぎず,その表現としても被控訴人の個性が表れたものとはいえず,表現上の創作性があるとはいえない
 したがって,上記同一性のある部分は,被控訴人の思想又は感情を創作的に表現したものとは認められない。
() 控訴人第19記述について
 (略)
() 控訴人第21記述について
 (略)
() 控訴人第22記述について
 (略)
() 控訴人第23記述について
 (略)
() 控訴人第24記述について
 (略)
() 控訴人第25記述について
 (略)
() 控訴人第26記述について
 (略)
ウ さらに,控訴人各記述が,被控訴人各記述に依拠して作成されたか否かについて判断する。
 この点,控訴人各記述のうち被控訴人各記述と同一性を有する部分は,いずれも,その対象となる事実や感情の選択や形容の仕方,叙述方法や記載の順序などが共通していることは,前記イにおいて検討したとおりである。これに加え,…によれば,控訴人Xは,控訴人書籍第3章部分の執筆のために,平成22521日から同月27日にかけて,A,被控訴人,BCなどの関係者に順次取材しているが,同月21日にAに取材した際には既に被控訴人書籍を閲読済みであり,これらの関係者への取材は,被控訴人書籍に記載された内容を踏まえて行われたと考えられること,控訴人X自身,被控訴人書籍中の被控訴人の認識についての記述はそのまま用いた旨供述していることなどに照らすと,控訴人各記述は,いずれも被控訴人各記述に依拠して作成されたと認めるのが相当である。
 控訴人Xは,控訴人各記述の一部について,被控訴人をはじめとする関係者への取材の結果確認した事実を記載したものであり,被控訴人書籍の記載のみを根拠に記載したのではないと主張する。しかしながら,控訴人各記述のうち被控訴人各記述と同一性を有する部分の対象となる事実や感情の選択や形容の仕方,叙述方法や記載の順序の共通性に照らすと,被控訴人各記述に全く依拠することなしに控訴人各記述を記述し得たと考えることは困難であり,控訴人Xが関係者に取材を行い,被控訴人各記述にある事実関係について確認を行ったことのみをもって,控訴人各記述が被控訴人各記述に依拠して作成されたことを否定することはできない。控訴人Xの上記主張を採用することはできない。
エ 以上のとおりであって,控訴人各記述のうち,本判決別紙「控訴人Xの主張」の当裁判所の判断欄に「〇」印を付した記述(以下「当裁判所が複製又は翻案を認めた控訴人各記述」という。)については,対応する被控訴人各記述を複製又は翻案したものと認められる。
(2) 控訴人Xは複製又は翻案及び譲渡に係る利用の許諾を得たか否か
 原判決…の「認めるに足りる証拠はない。」の次に,改行の上,次のとおり加えるほか,原判決…に記載のとおりであるから,これを引用する。
「ウ 控訴人Xは,被控訴人が控訴人Xに対して被控訴人書籍を用いて事実の正確な著述をするよう求めた以上,被控訴人による複製又は翻案についての許諾が存在する旨主張する。
 しかしながら,被控訴人が上記のとおり控訴人Xに対し事実の正確な著述を求めたからといって,これによって直ちに,被控訴人が被控訴人書籍について複製又は翻案することを許諾したと認めることができないのは明らかである。被控訴人書籍の複製又は翻案に至る程度にその記述を利用するためには,その旨の明示ないし少なくとも黙示の許諾が必要であるところ,被控訴人についてこれらを認めるに足りる証拠がないことは前記のとおりであり,控訴人Xの上記主張は理由がない。」
(3) 以上によれば,控訴人Xは,当裁判所が複製又は翻案を認めた控訴人各記述を不可分的に有する控訴人書籍の第3章を著述することによって,被控訴人の被控訴人書籍の著作権(複製権又は翻案権)を侵害し,控訴人集英社は,上記のとおりの控訴人書籍を頒布することによって,被控訴人の被控訴人書籍の著作権(譲渡権又は著作権法28条に基づく譲渡権)を侵害したと認められる。

2 争点A(被控訴人の著作者人格権の侵害の成否)について
 原判決を以下のとおり補正するほか,原判決…に記載のとおりであるから,これを引用する。
(1) 原判決…の「別紙対比表の当裁判所の判断欄に○と記載した被告各記述に対応する原告各記述について」を「当裁判所が複製又は翻案を認めた控訴人各記述に対応する被控訴人各記述について」に改める。
(2) 原判決…の「頒布した」を「印刷し頒布した」と改める。

3 争点B(控訴人らの故意又は過失の有無)について
 原判決…に記載のとおりであるから,これを引用する。

4 争点C(被控訴人の損害の額)について
 原判決を以下のとおり補正するほか,原判決…に記載のとおりであるから,これを引用する。
(1) 原判決…の「28560円」を「25200円」と改める。
(2) 原判決…の「原告各記述を」から…までを「当裁判所が複製又は翻案を認めた控訴人各記述は,合計すると控訴人書籍の約438頁分(79行÷18行/1頁)であり,本文290頁からなる同書籍の約15%分に相当する。」と改める。
(3) 原判決…の「2856円」を「252円」と,(原判決)…の「28560円」を「25200円」と,それぞれ改める。
(4) 原判決…を次のとおり改める。
 「(計算式)1680円×0.1×0.0152.52
 2.52円×1万部=25200円」
(5) 原判決…の「慰謝料の額は50万円とするのが相当である。」を「慰謝料の額は,著作権侵害に基づくものにつき25万円,著作者人格権侵害に基づくものにつき25万円の合計50万円とするのが相当である。」と改める。
(6) 原判決…の「52856円」を「52520円」と改める。
(7) 原判決…の「弁護士費用の額は,」から…までを「弁護士費用の額は52520円とするのが相当であると認める。」と改める。

5 以上によれば,被控訴人の請求は,控訴人らに対し,当裁判所が複製又は翻案を認めた控訴人各記述を不可分的に有する第3章(113頁ないし160頁)を含む控訴人書籍の複製,頒布の差止め及び廃棄並びに損害賠償として577720円及びこれに対する共同不法行為後の日であることの明らかな平成231019日から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の連帯支払を求める限度で理由があるから認容し,その余は理由がないから棄却すべきところ,原判決はこれとは異なる限度で失当であって,本件控訴の一部は理由がある。
 
なお,控訴人Xの主張には,控訴人書籍の一部についてのみ著作権及び著作者人格権侵害を認めながら,第3章を含む控訴人書籍を複製・頒布の禁止及び廃棄の対象とすることは過大であり違法であるとの部分がある。しかしながら,控訴人書籍の第3章が上記の著作権侵害等に係る記述を不可分的に含む以上,第3章を含む限度で控訴人書籍を差止め及び廃棄の対象とすることが過大であるとはいえず,控訴人Xの上記主張は理由がない。











相談してみる

ホームに戻る