著作権重要判例要旨[トップに戻る]







猫の写真の侵害性が問題となった事例
「百貨店テナント猫看板事件」平成26527日東京地方裁判所(平成25()13369 

【コメント】本件は、写真家である原告が、被告(百貨店)の店舗内に被告(会社)が設置した猫の写真等を多数並べて貼り付けた看板(「本件看板」)に原告が撮影した猫の写真(公表済み)又はその複製物を加工したものが使用されていたことについて、被告(会社)については原告の著作権(複製権又は翻案権)及び著作者人格権(同一性保持権及び氏名表示権)の侵害行為があり、被告(百貨店)については被告(会社)の上記侵害行為を幇助し、又は被告(会社)に看板の設置場所を漫然と提供したことに過失があると主張して、被告らに対し、不法行為(民法709条・719条、著作権法1143項)に基づく損害金等の連帯支払並びに著作権法115条に基づく名誉回復措置を求めた事案です。
 なお、「本件看板」は、「猫を被写体とする写真又はその複製物(等倍又は縮小若しくは拡大コピーしたもの)を猫の顔の部分を中心に切り取った上,猫の目の部分をくり抜く加工を施したものを多数並べて貼り付けたものである。本件看板の背後には照明が設置され,猫の目の部分から光が漏れるようになっている。」とするものです。


 被告(会社)による翻案権侵害の有無について
 原告は,(1)原告写真の現物又はコピーに猫の目の部分をくり抜く加工を施す行為,(2)これらを並べて本件各パネルを作成し,さらに本件各パネルを組み合わせて本件看板を作成する行為が原告の翻案権を侵害する旨主張するので,以下,検討する。
(1) …によれば,原告写真は,いずれも猫そのもの又は猫を含む風景を被写体とした写真であること,被告(会社)は,写真集に掲載された原告写真又はそのコピーに,猫の顔の部分を中心に切り取るか,又は猫のほぼ全身部分を切り取った上,更にその目の部分をくり抜く加工を施したことが認められる。これらの加工はいずれも定型的で単純な行為であり,これによって新たな思想又は感情が創作的に表現されたということはできない。したがって,この点について原告写真の翻案権侵害をいう原告の主張は失当というべきである。
(2) …によれば,本件看板は,目の部分をくり抜いた猫の写真ないしその複製物を色彩あるいは大きさのグラデーションが生じるように多数(正確な数についての主張はないが,全部で数百枚に及ぶことは明らかである。)並べてコラージュとしたものであり,全体として一個の創作的な表現となっていると認められる一方,これに使用された原告写真又はそのコピーのそれぞれは本件看板の全体からすればごく一部であるにとどまり,本件看板を構成する素材の一つとなっているということができる。そうすると,本件看板に接する者が,原告写真の表現上の本質的な特徴(原告が,それぞれの原告写真を撮影するに当たり,被写体の選択,シャッターチャンス,アングル,レンズ・フィルムの選択等を工夫することにより,原告の思想又は感情が写真上に創作的に表現されたと認められる部分。ただし,原告写真の表現上の本質的な特徴がどこに存在するかについて原告による具体的な主張はない。)を直接感得することができるといえないと解すべきである。
 
したがって,本件各パネル又は本件看板の作成行為が原告の翻案権を侵害すると認めることはできない。











相談してみる

ホームに戻る