著作権重要判例要旨[トップに戻る]







写真集における被写体作品の著作者の関与が問題となった事例
「人形作品の写真集出版事件」
平成190131日横浜地方裁判所(平成16()3460/平成190725日知的財産高等裁判所(平成19()10022 

【コメント】ここでの論点は、プロの写真家に自身が制作した人形作品(著作物)を被写体とする写真を撮影させた場合に、その被写体の人形作品の著作者が、一定の関与により、当該写真集の著作者と評価できるかどうかという点です。 

【原審】

 
次に,原告は,平成1336日の打合せの際等に,表紙に「飛行少年」という作品,巻頭には「King」という作品を掲載することや,本件各人形を作品のテーマごとに「飛行家たち」「スポーツマン」「サンタクロースたち」「カップル,恋心」「カウボーイたち」の各グループに分けて並べていくことを提案したと主張する。
 確かに,原告は上記のように供述し,本件写真集は上記主張のように制作されているとはいえるが,仮に,これが原告の主張するように,その提案に基づくものであったとしても,それだけで原告が本件写真集の著作者ということは困難である。すなわち,本件写真集の創作活動の中心は,人形の写真を撮影し,多くの写真の中から掲載する写真を選別し,これらを具体的に配置,配列していく点にあるのであって,このような観点からみると,原告はこれらの活動に何ら参加しているわけではない原告の上記行為は,せいぜいアイデアを提供したり,助言を与えたという域をでないものというべきであり,これをもって原告が本件写真集を創作したということはできない
 (略)
 … また,いずれにしても,写真集の題名を発案,決定することは著作物自体の創作とは異なるから,これに関与したということだけでは本件写真集を創作したということはできない

【控訴審】

 すなわち,前記の認定事実によれば,本件写真集に掲載された本件各人形の写真の撮影は,約20日間にわたって,Aによって行われたが,控訴人は,撮影に1回立ち会っただけであり,構図,カメラアングル,照明,絞り・シャッター速度等の写真撮影に対して意見を述べたり,希望を出したことはなかった。もっとも,控訴人は,上記撮影に立ち会った際,本件各人形の姿勢を修正したことがあるが,これは,Aらが,控訴人の制作した人形作品について,撮影のため設置した姿勢に誤りがある点を指摘して,正したものにすぎない。以上のとおり,控訴人は,本件写真集に掲載された本件各人形の写真の撮影行為を行ったものではないことはもとより,その撮影方法について特段の指示・要請等をしたものでもないから,控訴人が上記写真の著作者であると認めることはできない
 (略)
 
さらに詳述すれば,@前記認定のとおり,控訴人は,本件写真集に掲載する写真の選択,配列,レイアウト,写真以外の掲載記事を含む本件写真集全体の構成・内容等の打合せに参加したことはなく,また,A控訴人は,本件写真集のゲラ刷りの確認をし,裏焼き等の写真があることを指摘し,写真の差替え又は再撮影の要請をし,その要請を受けて裏焼き写真の一部が差し替えられたことがあったが,控訴人のこれらの行為は,明らかな誤りを指摘したものにすぎず,確認ないし校正作業の域を出るものではない(控訴人は,本件写真集のゲラ刷りにつき,本件各人形の作品名の誤記を指摘し,修正するよう要請をしているが,この指摘・要請も確認ないし校正作業の域を出るものではない。)。これらの事実経緯に照らすならば,控訴人が,本件写真集の掲載写真について作品のテーマごとにグループ分けして配列することなどを提案した点は,アイデアの提供あるいは助言にすぎないというべきであり,控訴人の行為をもって,Aらによって撮影された本件各人形の相当数の写真の中から本件写真集に掲載された写真を取捨選択し,選択した写真の配列,レイアウト等を決定し,本件各人形の写真の選択及びその配列をしたという,創作的な表現活動であると評価することはできない











相談してみる

ホームに戻る