著作権重要判例要旨[トップに戻る]







著作権移転登録(3)
「ビデオ背景音楽作曲依頼事件」平成120630日東京地方裁判所(平成11()3101/平成130712日東京高等裁判所(平成12()3758 

【コメント】本件は、原告(JASRAC/控訴人)が、「補助参加人」は、同人が作曲した「本件楽曲」の著作権(「本件著作権」)を、原告に対して信託的に譲渡しており、原告は本件楽曲の著作権者であるところ、被告は、原告に無断で、本件楽曲を複製している、と主張して、被告(被控訴人)に対し、著作権侵害による損害賠償を求めた事案です。
 これに対し、被告は、次のように主張しました:「被告は、補助参加人に対し、自己が制作する本件ビデオの背景音楽として使用する目的で、本件楽曲の作曲を依頼し、本件ビデオの背景音楽として本件楽曲を複製することについて、補助参加人から許諾を得た。被告は、補助参加人に対し、右複製許諾を含む本件楽曲提供の対価として本件支払金を支払った。したがって、被告は、原告の本件著作権の著作権登録原簿への登録の欠缺を主張するにつき、正当な利益を有する第三者であるところ、補助参加人から原告への本件著作権の移転につき著作権登録原簿への登録がされていないから、原告は、被告に対して、著作権者であることを主張できない。」 


【原審】

 著作権法771号は、著作権の移転又は処分の制限は、登録しなければ、第三者に対抗することができないことを定めているから、著作権の移転は、登録をしなければ、第三者に対抗することができない。
 前記のとおり、本件著作権については、著作権登録原簿への登録がされていないところ、本件信託契約による本件著作権の原告への移転は、右登録がなければ、第三者に対抗することができず、右第三者とは、登録の欠缺を主張するにつき、正当な利益を有する第三者をいうと解するのが相当である。
 … これらの事実に前記で認定したその余の事実を総合すると、補助参加人と被告との間において、本件支払金は、本件ビデオの複製許諾料を含むものとして合意されたと認めるのが相当である。
 (略)
 そうすると、被告は、本件楽曲の作曲者である補助参加人から、本件楽曲を本件ビデオの背景音楽として複製して使用することについて許諾を受けた者であるから、本件著作権の移転に関する、原告の著作権登録原簿への登録の欠缺を主張するにつき、正当な利益を有する第三者であるというべきである。
 
以上の次第であるから、補助参加人から原告への本件信託契約に基づく本件著作権の移転につき、著作権登録原簿への登録をしていない原告は、右登録の欠缺を主張するにつき正当な利益を有する第三者である被告に対して、本件著作権に基づく本訴請求を行うことは許されない

【控訴審】

 
以上によれば,被控訴人が本件楽曲の複製許諾を得ていたとは認められず,被控訴人は,本件信託契約に基づく,補助参加人から控訴人への本件著作権の移転についての著作権登録原簿への登録の欠缺を主張する正当な利益を有する第三者には当たらないものというべきである。そうすると,被控訴人は,本件楽曲につき,控訴人の複製許諾を得るべきであったのに,少なくとも過失により許諾を得ないまま複製行為をしたことになり,控訴人に対し,著作権侵害の不法行為に基づく損害賠償の責任を負う。











相談してみる

ホームに戻る